FC2ブログ

超簡単☆作り置きシリーズ最終回・腎を補うおかず

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

長く続いた、作り置きシリーズ?も最終回です(笑)
作り置きシリーズ?の全体像はこちらから~

最後は、これまた私の大好きな1品、
「ブロッコリーの切イカあえ」
IMG_6835.jpg

まずは、なぜこれが冬の薬膳か?ですが、
冬は、来年1年をすごすための、いい種を作る季節とお話しました。

いい種とは、春になって元気に芽を出せるパワーをたくさん蓄えてます。
だから、私たちも、体の中の貯蔵庫に、たくさんのパワーを蓄えておきましょう!
中医学では、体の中の貯蔵庫は、「腎」です。
でも、その腎は、寒さにとても弱い~

なので、寒さに負けないように、しっかりを腎を補っておきましょう~
今回使ってる、
ブロッコリーも
イカも、
腎を補うものなんです。

切イカは、お好み焼きとか作る時に買ったはいいけど、
そのあとなんとなく余っちゃうものだけど、
こうやって和え物につかうと、いい出汁が出て、
かつお節とはまた違った感じ~♪

せいろで蒸したブロッコリーを、
切イカをチョキチョキしたやつ(切らなくてもいいけど、切ったほうが和えやすい)を
ちょびっとの麺つゆであえただけ~笑

これまた簡単!

しかもね、
炊飯器で大学芋、
1つのコンロで小松菜ゆでて、
1つのコンロでせいろで蒸す。

薬膳的には、ゆでたり、蒸したり、煮たりする調理方法は、
消化も助けるし、
この時期は潤いもアップするし、
おすすめの調理方法なんですよ。

そして、3か所同時に調理できるから、時短!!笑
娘にはいつも、
「ママって、効率しか考えてないよね~」といわれる始末ですが、
このくらいでいいんですよ。
だって、毎日のことだもの~
楽ちんが一番!(笑)

作り置きシリーズにお付き合いいただき、ありがとうございました☆

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 









スポンサーサイト

作り置きおかずで陰を補う♪

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さてさて、お弁当に入ってた、残り2品も
「なぜ、冬の薬膳か?」を紹介します~
IMG_6836_R.jpg
今回は、卵焼きの隣にある、小松菜の和え物から~

これは、生徒さんに教わったレシピ。

冬は陰の季節です。
陰の食べ物をたくさん食べるの、養生法としてはふさわしいのです。
陰のものとは?太陽に直接あたってないものなので、
土の中の根菜類、
海の中の魚介類、海藻類、
お肉なら豚肉などです。

この小松菜の和え物、茹でた小松菜を、ツナ缶と塩昆布であえただけなんだけど、
ツナも、昆布も陰の食材。
そして、小松菜は根菜じゃないけど、陰を補ってくれる食材なんです。

ちなみに、冬でなくても、女性は一生陰を補ったほうがいい生き物なので、
女性には1年中、嬉しい一品。

これに使うツナ缶は、ちょっとオイルが入ってた方が美味しいかも?
普段私は、ノンオイルのを使ってるんだけど、
このためにオイル入りのを買っちゃくらい~笑
(もちろん、ノンオイルでも美味しく作れますよ)

これ、お弁当はもちろん、
ご飯のおかずが寂しい時も、
お酒のおつまみにも、とてもいいです~♪

教えて下さり、ほんとうにありがとうございます。
それまで、小松菜あまり好きじゃなかった我が家の、
ヘビーローテーションです~笑

最後の1品は、また次回~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ






3分薬膳クッキング(笑)揚げない大学芋

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

ログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


さて、前回の作り置きおかず、なぜ冬の薬膳としてもよかったのか?
ピックアップしてみていきます。

まず、炊飯器で作る、揚げない大学芋
IMG_6868_R.jpg
これ、一番反響が大きかったメニューです。
10分シリーズが続いてますが、
こちらは、3分で調理は終了!あとは炊飯器にお任せ(笑)


人間は自然の一部と考える中医学。
といことは、その辺の草木と私の体は一緒ということです。

今、自然界の草木はなにをやってるか?
「紅葉真っ盛り!」
・・・ですよね~笑

でも、もう少しすると、葉っぱは落ちて、草木は枯れてきます。
そして、土の中で種になっています。

その種が、来年、私たちが元気に芽を出す種だと思ってください。

その種が、パワーたっぷりの「いい種」なら、
来年の春は元気な芽が出るし、
夏には、大きく成長し、
秋には、たくさんの実りがあるでしょう。

人間に置き換えると、1年間元気に活動できるということです。
言い換えると、
1年間元気に活動できるかどうかは、
冬の間に、どれだけ「いい種」を作ったかにかかってきます。

体の中に、「いい種」を作りたいなら、
種を食べましょう~~


種とは、
豆類、ナッツ類、芋類、卵など。

ほら、
大学芋のさつま芋はもちろん種だし、
ゴマも小さいけど種です!

つまりは、種コンビ!!(笑)

しかも、薬膳では、揚げるという調理方法はあまりオススメではないので、
炊飯器で蒸すというのも、調理方法としてはオススメ。
油をつかってないのでヘルシーだし、
なにより火加減の調節もなく、スイッチオンで勝手に出来上がる(笑)

「レシピを教えてほしい~」とも言われたので、
簡単すぎるレシピをば(笑)

「揚げない大学芋」

(材料)
さつま芋 1本(200g~400g) ※これ大きさが違ってもなんとなく同じ味になる(笑)
砂糖 大さじ2
水 大さじ1
醤油 少々
黒ゴマ ※私は甘さをみてゴマ塩にしちゃうことも

(作り方)
黒ゴマ以外を、炊飯器に入れ、普通に炊く。
出来上がったら、黒ゴマをふり、木べらでまぜるだけ(笑)

※あれば陳皮をミルサーで引いたものをちょびっと炊飯器に入れると、
胃もたれせずに食べられます。(ほんのりオレンジもいい感じ)

ほら、レシピを載せるのがお恥ずかしいほど、簡単~~~笑
お弁当じゃなくても、ちょっとおかずが寂しい時の1品にもなるから、
作りおいておくと便利ですよ~


ログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



超簡単!冬の薬膳おにぎり

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

さてさて、昨日の薬膳おにぎりを、
先日、Facebookに投稿したところ、
「なぜ冬の薬膳なの?」
「レシピを教えてほしい~」
とのコメントをいただいたので、
ブログにアップいたします。

おにぎりにする前はこんな感じ~
IMG_6871.jpg
切り干し大根とツナの炊き込みご飯です。


【レシピ】 約3~4人分
(材料)
・米 2合
・切り干し大根 30g
・ツナ缶 1つ
・人参 5cmくらい

(調味料)
・白だし 大さじ2
・みりん 大さじ1
・しょうゆ 小さじ1
・酒 小さじ1
・塩 小さじ1/2

(作り方)
1.米をあらい、水を切っておく(30分くらい)
2.にんじんを千切りにしておく
3.炊飯器に、米と分量の水、2のにんじん、切り干し大根、ツナ缶を汁ごといれる
4.調味料をすべて炊飯器に入れ炊く

IMG_6875.jpg
おにぎりにするなら、切り干し大根をちょきちょきキッチンばさみで切っておくと
握りやすいです。(絡まらないからね 笑)

なぜ薬膳か?は、
「冬の大根は病気をしない」といわれているので、切り干し大根を、

冬は「陰の食材」もオススメなので、根菜のにんじんと、魚介類のツナを。

こんな簡単なもので、冬の薬膳です~笑
包丁もほとんど使わないので、ぜひ作ってみてくださいね~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 






焼き豚のレシピ

またまた、お久しぶりな更新ですが、元気です 笑

さて、10月から、おうち食医™養成講座ベーシックコースがスタートしましたが、
今回も、たくさんの方々にご受講いただいております。

先日の講座では、
生徒さんたちの自己紹介がありました。

その中で、

「以前、どこかで、先生の焼き豚の写真を見て、おいしそうだと思ったんだけど、
ホームページも、ブログも、facebookも、どこにもレシピが載っていないのですが、
どこにあるのでしょうか?」

と質問を受けました。

ごめんなさい~
ずーーーっと更新していないのですが、
その昔に、クックパッドに投稿していて、
その時の写真なのではないかと~

多分、それ以外、焼き豚の写真撮ってないからね~笑笑

レシピはこちらです(うまくリンクが貼れてるかな~笑)
Cpicon 薬膳ノススメ!簡単♪とろとろ焼き豚 by のりたま@くすいむん

冬は陰の時期。
豚肉は陰たっぷりだし、
陰たっぷりのジューシーなフルーツのソースで、
陰の極まる季節にはぴったりです。

薬膳でなくても、
普通のごはんやおもてなしの時にも、
ちょっと甘めのソースが美味しい焼き豚です。

ちなみに、我が家もこのレシピ
でも、煮込むときに、
胃腸の調子を良くするナツメや、
IMG_4964.jpg

お肉の消化を助けるサンザシ、陳皮も入れてますけどね~
その辺は無くても、全然美味しいですから~笑笑

ぜひ、陰の時期に作ってみてくださいね~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


陰の極まる時期には、陰のもの!
もっと、中医学&薬膳のお話を知りたい方は、
「わかりやすい東洋医学講演会 冬」
がオススメです。

冬の養生が、来年の1年の元気を左右するといっても過言ではありません。
気になる方は、ぜひ!!
日時:11月26日(土)10:00~12:00
場所:リコーフューチャーハウス(ららぽーと海老名向かい)

こちらのお申込み&お問い合わせは、こちらから

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 









プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: