天気の悪い日の雑穀米

この更新頻度!!すごいぞ!私~笑

さてさて、月の前半のスケジュールは、「おうち食医™養成講座」がめじろ押し。
午前と午後と講義があるときは、お弁当持参でいきます~

ここのところ、台風やなんやらで、
天気の悪い日が多かった。

外からの湿気は、胃腸や消化器官の働きを悪くなり、
食べたものがしっかり吸収されません。

そうすると、
せっかく薬膳を意識して食べても、
せっかく栄養豊富なものを食べても、
体に必要なものに変えられずに、
むしろ、体に不要な「湿」になってしまいます。

私の授業、講座、講演会に来てくださった方は、お分かりだと思いますが、
私が、食材の効能にこだわり過ぎないのは、
そういった意味があるんですよ~

せっかく効能にこだわって100%の薬膳料理を作ったとしても、
受け入れられる、私の胃腸がなければ、無意味ですもんね~

そして、そんな胃腸の働きが悪くなる、湿気の多い日。
体の中も外も湿気だと、だるくなりやすいです~

そんな時のお弁当は、「除湿」を心がけます。
IMG_5103_R.jpg

これ、わかるかな~?
写真は相変わらず下手くそですが(笑)

白米に、
除湿の
ハトムギ、
緑豆。
これらは、除湿もするし、からだの余分な熱も取ってくれるから、
蒸し暑い時にはオススメのコンビ!

夏の薬膳での定番食材だけど、
まだ暑いときはいいよね~笑

そして、血の少ない私は、秋になると乾燥が進みやすい。
しかも、人前で頭をフル回転でしゃべるのは、
ものすごく血が消耗するんです~

ということで、血を補うなら、赤いものと黒いもの。
赤い実のクコと、
黒米
もいれてね。

本当は、黒豆も入れたかったんだけど、見つからず~笑
その代わりに?黒ゴマをパラリとかけときました~笑

今週も、傘マークの多い日が続くようなので、
みなさんもしっかり除湿して、軽やかにお過ごしくださいませ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

もろもろのご案内です~

10月開講!
おうち食医™養成講座

こちらは、薬膳の連続講座です。
1か月に1度、薬膳のルールをしっかり学びましょう!という講座です。
詳細はこちらから

今回開講のクラスは、
①第二火曜日 13:30~15:30 (残席3名)
②第二土曜日 13:30~15:30 (残席7名)

のどちらかをお選びくださいませ。
お申込み&お問い合わせは、
ouchisyokui@gmail.com
からお気軽にどうぞ~

連続講座はハードルが高いけど、
単発講座なら~という方は、こちら↓

〈今後のイベントなど〉


 ibeえびな 秋のりんどう祭
日時:10月2日(日)10:00~17:00
場所:リコーフューチャーハウス2階(ららぽーと海老名向かい)

10:00~11:30 薬膳お話会「テーマ:頭痛」
お話会は、テーマについてのお悩みを参加者みなさんでシェアします。
私はみなさんへ体質別のアドバイスをさせていただきます。
参加費:1500円(定員10名)(残席5名)

13:00~17:00 薬膳セラピー
こちらは、マンツーマンで体質チェックをして、
おすすめの食&生活養生のアドバイスをさせていただきます。
こちらは残席わずかです。
気になる方はお早めに。
20分 2000円

どちらのお申し込み&お問い合わせも、こちらから

そして、もう少しがっつり、中医学&薬膳のお話を知りたい方は、
「わかりやすい東洋医学講演会 冬」
冬の養生が、来年の1年の元気を左右するといっても過言ではありません。
気になる方は、ぜひ!!
日時:11月26日(土)10:00~12:00
場所:リコーフューチャーハウス 2階

こちらのお申込み&お問い合わせは、こちらから

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


スポンサーサイト

秋は酸味

台風一過で?
暑すぎるお天気~笑

でもでも、もう、立秋を過ぎたので
暦の上では秋なんです。

風もなんだか湿気をおびていて夏の風でなく、
乾燥した秋の風になってきてます。

薬膳には五味という考え方があります。
酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味(塩辛い味)です。

5つの味は、それぞれ、
肝・心・脾・肺・腎の五臓に働きかけ、活性化するといわれております。

では、秋は何味をとったらいいでしょうか?

実は、秋は酸味をとるといいのです。

夏は体の熱を発散させるために、体のベクトルは外向きでした。
でも、だんだん涼しくなってくるのに、いつまでも熱を発散させていると、
体は冷えすぎてしまいます。
だから、秋からはベクトルを少しずつ内向きにしていかなくてはいけません。
ベクトルを内向きにする味は、酸味なのです。

そして、乾燥の秋。
甘酸っぱい味は体に水を作り出してくれます。
ほら、レモンや梅干しって想像すると唾が出てくるでしょう?
それって、体に水が作り出されている証拠です~笑

ということで、酸味のものをとりましょう~

最近、出回っている、秋のフルーツも甘酸っぱいものが多いです。
DSC09115_R.jpg
薬膳ではあまりにも有名な、「蒸し梨」?

梨の芯をくりぬいて、そこに戻した白きくらげやクコ、氷砂糖などを入れて蒸したものです。
梨はそのままでもおいしいけど、
蒸したり、煮たりすると、うるおい効果アップです。

DSC09463_R.jpg
8月のおうち食医™養成講座の薬膳茶も、
ハイビスカスとローズヒップのほんのりすっぱいお茶でした。

土用干しした梅干しも、
ピクルスも、
酢のものも、
秋におすすめですよ~

味の力も上手に取り入れて、
秋の養生をしましょう~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

そして、秋の養生、もっと知りたい~って方、
喘息、気管支炎、鼻炎、アトピー、乾燥肌に悩まされているって方、
こちらの講演会も必見です!!!!

↓↓↓
〈今日から出来る生活改善の知恵〉
~秋の生活が冬のからだを作る
「あなたのバリアは元気ですか?」


わかりやすい東洋医学講演会の第3弾は、秋の養生です。

喘息や気管支炎、鼻水ズルズル、乾燥肌、アトピー
これらは、全て別の病気ですが、
東洋医学ではすべて「肺」のトラブルにより起こる症状です。

「肺」は秋にトラブルを起こしやすいので、
秋には上記のトラブルが多くなります。

また、体のバリアが強いか弱いかも、「肺」の強さにかかってます。

「肺」を労わって、
風邪にも、
インフルエンザなどのウイルスにも
花粉にも、
負けないバリアを作りませんか?

風邪予防のお話も合わせてお伝えいたします。

日時:9月3日(土)10:00~12:00
場所:リコーフューチャーハウス2階
講師:千良のり子
(おうち食医™主宰・国際中医師・国際中医薬膳師)

参加費:前売券 2500円/ 当日券 3000円
★9/2(金)までのお振込みをもちまして、
 前売券価格とさせていただきます。
(お振込み先は、お申込み後ご連絡させていただきます)

★キャンセルポリシー
参加費お振込み後のキャンセルは、返金対応いたしかねますので、あらかじめご了承くださいませ。

※お申込み&お問い合わせは
こちらのフォームよりお願いいたします。
https://ws.formzu.net/sfgen/S64313223/  

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




期間限定!?喉に優しいシロップ作り

前記事の、陳皮(ちんぴってなに?はコチラ)と一緒に入っている、
この白いものはなんでしょう?
DSC09014_R.jpg


正解は、
DSC09002_R.jpg
です。


梨は、以前も記事にしたけれど、
本当に、神様がこの時期に用意してくれた!・・・と言っても過言じゃないほど、
この時期にピッタリの果物。


梨は、汗で失った身体に必要な水を作り出し、
身体にこもる、余分な熱をとってくれて、
乾燥の秋にやられやすくなるを潤してくれる。

しかも、前記事に書いたように、
夏に冷たいものや甘いもの、生ものや味の濃いものを食べ過ぎから、
脾臓(消化器官)がちゃんと受け入れられず、できてしまった湿気を、
身体はとして外へ出したいので、咳をする。

だけど、乾燥の時期のは、べっちゃりにくっついてるんじゃないの?ってほど、
かたくて、でにくくなっている。

そのを柔らかくして、出しやすくしてくれるし、
咳のし過ぎで炎症を起こし、熱をもってしまったの熱も、
すみやかにとってくれるスグレモノ!



とってもスグレモノの梨だけど、唯一の欠点?はその時期が短いこと
9月の終わりくらいから、10月くらいに、上のような咳の症状がでやすいけど、
その時には、もう梨はあんまり売ってない。

いつも「欲しい時に梨はなし!」←なにか? 笑


喘息娘と、この時期だけ喘息気味の気管支炎になる息子を抱えていたので、
毎年、どうにかして、この梨を長持ちさせる方法はないか・・・
と考えていた。


何年か前に、考えた
「梨&りんごのジャム」もその1つ。
DSC09011_R.jpg


今年は、適当な大きさに切った梨をハチミツで漬けました。
DSC09008_R.jpg

これに、陳皮を入れてもいい。
しばらくすると梨から水が出てくるので、シェイク!
水が多くなったら、冷蔵庫で保存しておきます。

それを、お湯に溶いて飲む。
このお湯ってとこが、大事です~。
冷たい水でわらないでくださいね。

今回は、梨と陳皮で作ったけど、
「大根飴」と同じ作り方だから、大根の角切りを一緒に入れてもいいと思う。
大根も、を出しやすくしてくれるから。

それから、同じ咳止め仲間?喉に優しい仲間?のかりんもあれば入れてもいいと思います。


だけど、すごくありがたいことに、
ここのところ、娘の喘息はほぼ完治。息子もあんまり咳をしなくなった。
夏に、冷たいものを控えているからだと思うけど・・・。

だから、残念ながら?実験ができない~

ということで、もし、みなさんのおうちでお試しになったら、
ぜひ、ご報告をお待ちしております。

でも、一番は、せっかく作ったシロップの出番がないことです。
だから、「あ、喉が乾燥してる!?」くらいのタイミングで飲んでいただくと、
ひどくならないかも。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


9月から、スタジオ『自由空』で定期的に薬膳講座をさせていただくことになりました。
水道橋駅から徒歩3分の素敵なスタジオです。
遊びに来てくださいね~

講座のご案内
9月15日(土)15:00~16:15 「マイボトル薬膳茶」
 
9月15日(土)16:45~18:00 「まんまる美人塾・アンチエイジング」

お問い合わせ、お申し込みはコチラまで


また、10月の講座はまだHPのカレンダーにアップしてありませんが、
10月3日(水)11:00~12:15 「楽膳朝ごはん」
10月3日(水)14:00~15:15 「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」
10月27日(土)10:00~11:15「マタニティ&産後の楽膳講座」
10月27日(土)16:30~17:45「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」

を予定しております。
ぜひ遊びに来てくださいね~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 













秋薬膳は、疲れた消化器官の回復から

朝晩涼しい時もあり、秋への移り変わりを感じる日もあるけど、
まだまだ暑い日が続きます。

でも、『薬膳は1日にしてならず』なので、
秋の薬膳にシフトチェンジしないとね・・・だからちゃんと更新しないとね 苦笑

まだ、蒸し暑い日もあるけど、だんだんと乾燥してくる秋。
五臓の中でも乾燥に弱い、がやられやすくなる。

薬膳では、「乾燥の秋はを潤しましょう!」が定説だけど、
実は、ちゃんと元気なは、元気な臓(消化器官)からしか作られません。
とくに、暑いからと言って、夏に冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎたりした人は要注意!!

冷たいもの、生もの、脂っこいもの、甘いもの、味の濃いものは、
臓(消化器官)に負担をかけるため、食べたものが身体に必要な水や栄養に変わりにくいんです。

じゃ、食べたものはどこへいっちゃったのか?

「しっかり体重になっちゃってるよ!夏太りしちゃった」
なんて人もいるかも。

身体に必要なものに変わらなかったものは、余分な湿気として体内に残っちゃうんです。
そして、その湿気、意外と重い!
もしかして、夏太りの原因はそれかもしれませんよ?


ただの夏太りですめばまだいい。(←よくない?)
最悪なのは、身体は不要な湿気をとして外へ出したいので、咳が出ること。

だけど、この時期のは、にべっちゃりくっついってんじゃないの?
と思うくらい、水分も少なく、外へ出にくい。

すると、を出したくて咳がいつまでも続き、
やがて、炎や、気管支炎、喘息なんかになったりする。
ただでさえ、乾燥で弱ってるが、炎症を起こし、ますます困ったことに!!

たしか、昨年も秋に肺炎が流行ったでしょう?
それって、マイコプラズマなんかの、菌のせいだけじゃないかもね。
もしかして、自分の体にも問題があったのかも。
だって、昨年も猛暑だったから・・・。
そりゃ、せっせと冷たいものも食べるよねぇ・・・


これを聞いて、「やばい!」と思った方。
これからでも遅くないです!

余分な湿気を作り出す、臓に負担をかけるものをできるだけ避けましょう。

そして、前にご紹介したナツメも、消化器官を元気にしてくれるけど、
他にも、穀類・イモ類・豆類・カボチャなどもオススメです。
ただし、これらのものを取り過ぎても余分な湿気ができてしまうので、
(胃もたれなどがそのサインです)
適度に、めぐらすもの、香味野菜やハーブなどを上手に組み合わせてとりいれてくださいね。

消化を助ける、サンザシや紫蘇、大根などを上手に取り入れてもいいです。

ワタシのオススメは、
DSC04998_R.jpg
やっぱり、陳皮(ちんぴってなに?はコチラ)

臓の余分な湿気を乾かして、元気にしてくれる。
しかも、お腹の気の流れを良くするので、胃もたれ防止にもなります。

お茶パックに入れて、いつものポテトサラダをゆでる時にいれたら、
お芋の胃もたれ防止になるし、

お茶パックに入れて、ごはんを炊き、それで酢飯を作ったら
いつもの手巻きずしやちらし寿司の生ものもこわくない!?


お醤油のぼとるに、お茶パックにいれた陳皮を使ってもいいし、
ミルサーでパウダーにしていろんな粉モンにまぜてもいい。
いろいろとご活用くださいませ。

DSC09014_R.jpg
これは、先日仕込んだ1品。

これにも陳皮が入ってるのがわかります?
この白いものは?
なにを仕込んだのかは?

また次回~笑 (思いのほか、長くなってしまったので


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


9月から、スタジオ『自由空』で定期的に薬膳講座をさせていただくことになりました。
水道橋駅から徒歩3分の素敵なスタジオです。
遊びに来てくださいね~

講座のご案内
9月15日(土)15:00~16:15 「マイボトル薬膳茶」
 
9月15日(土)16:45~18:00 「まんまる美人塾・アンチエイジング」

お問い合わせ、お申し込みはコチラまで


また、10月の講座はまだHPのカレンダーにアップしてありませんが、
10月3日(水)11:00~12:15 「楽膳朝ごはん」
10月3日(水)14:00~15:15 「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」
10月27日(土)10:00~11:15「マタニティ&産後の楽膳講座」
10月27日(土)16:30~17:45「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」

を予定しております。
ぜひ遊びに来てくださいね~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



















薬膳ランチ会と、秋ハンバーグ

気のおけない仲間との、薬膳ランチ会は、
遠慮なく、新作の実験もできる~

先日の薬膳ランチ会での新作は、
DSC07562_R.jpg
「秋の潤いハンバーグ」

テーマは、食感☆
秋に嬉しい潤い食材満載の1品になりました。


ハンバーグのお肉は豚肉をチョイス。
ランチだから、鶏肉でもよかったけど、
ここは、潤い重視で、豚肉を・・・ってたまたま家に豚肉しかなかったんだけどね(笑)

種には、我が家のいつものハンバーグに入れる、
玉ねぎやセロリ、陳皮パウダー(って何はコチラ)の他、

免疫力アップのしいたけ、
「秋の白い食材」(って何はコチラ)で潤いアップのれんこん、山芋が入ってる。


消化を助ける、たっぷりの大根おろしと、水菜。
潤いの松の実の炒ったのを砕いてトッピング。

仕上げに、市販のポン酢にやはり潤いのクコの実を1晩ひたしておいたのをソースに。
クコの実の自然の甘さで、ポン酢のとんがった酸っぱさもやわらぎ、
クコの実も、1晩浸しておくことで、やわらかくて甘くておいしい~

みんなにも、
「クコの実って苦手だったけど、こんなに美味しいとは!」と大好評!

これ、オススメですよ~
いろどりもきれいだし!


イメージは、レンコン&水菜のシャキシャキ。
山芋のホクホク。
炒った松の実のナッツと、クコの実のいろんな食感が楽しめるかな~

・・・と思ったけど、山芋が思った通りにホクホクにならずに、
また工夫が必要だわ~・・・と。


他にも、お仕事で作らなくてはいけなかったレシピとか、
初挑戦で失敗したものまで、残らず、
「美味しい~」って食べてくれた仲間には、ホントに感謝している。


心の栄養にも、仲間とのランチは、とっても大切だけど、
心は楽しんでリフレッシュできても、
内臓がお疲れで、なんだか帰った後で、
「夕飯を作る気がしない~」というのがお決まり


食べた後、
「なんだか元気が出てきて、夕飯作りはりきっちゃった!」
と、いってもらえるようなランチ会が理想。

美味しいお茶も用意しておくから、
次回も、ワタシの新作の実験にお付き合いくださいませ~(笑)


実は、この潤いハンバーグ、目に見えないとこにも、
元気の素がたくさんです。


次回は、それを紹介しますね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

こんな感じの、食べた後も元気なれる、
お家でできる簡単薬膳のお話をしたいと思っています。
よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・


プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: