FC2ブログ

先週のツイキャスは『乾燥肌対策』でした

『体調だけでなく、思考も、病気も、自分からできるものは、すべて自分の生活と食からできてます。
改善しようと思ったら、そこを改善するしかありません。
病気を作るのも自分、治すのも自分です』
あるときは、説教ママ、
あるときは、保健室の先生、
そして、中医学で世界が救えると本当に思って、
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

ブログ、お引越ししたはずですが、
中医学や薬膳の知恵のお話だけではない、
私が個人的に思っていることで、特に皆さんに推奨しているわけではないので、
あえてこちらにアップします。
よかったらお読みください

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

さて、久しぶりの更新となります。
秋分を過ぎてから、急に朝晩が涼しくなり、日中も涼しくなり、
一気に秋になった感じです。

そうなると、気になるのは、乾燥!
みなさん、
咳が出ませんか?
鼻水、鼻詰まりはいかがでしょうか?
喘息をお持ちの方は、息苦しくありませんか?
最近便秘気味では?
鼻の奥の粘膜が乾いたりしませんか?
はたまた乾燥肌やアトピーはいかがでしょうか?

これらは、乾燥に弱い臓器が弱ることで起こりやすいトラブルです。

先週のツイキャスは、乾燥についてお話してます。
よかったら聞いてくださいね~

月曜日:月曜日は生活養生の日。乾燥にもやっぱりこれが必要です。

火曜日:乾燥させやすい食べ物は?
すでに乾燥の症状が出ている人は、これらの食材を控えてください。

水曜日:食材の水曜日は、潤いアップに「小松菜」です。
小松菜は潤いアップのファーストチョイスではないけど、
最近スーパー出やすいので(笑)
最近便秘気味の人にもおすすめですよ~

木曜日:乾燥にも朝スープ
朝は一日の水分の土台を作るとき。
汁物は絶対に必要です!

金曜日:手荒れに
最近、乾燥して手荒れがひどい人が多いと聞いて、生放送で行いました~



夏に湿をためた人ほど、秋には乾燥しやすいです。
猛暑で、つい冷たいもの、生ものが多かった~・・・って人は、
このツイキャスで、乾燥対策してくださいね~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

中医学・薬膳っておもしろいな~って思った方へ

☆10月から通学でおうち食医®養成講座ベーシックコースがスタートいたします。
毎月第二土曜日13:30~15:30
修了生、卒業生の皆様も、よかったら復習にいらしてくださいね。
詳細は、こちらです⇒⇒⇒

通信講座は、随時受け付けております。
おうち食医養成講座ベーシックコースの通信講座は、
通信講座でもご受講いただけます。
録画データをご覧いただき、添削課題に取り組んでいただきます。
詳細は、こちらです⇒⇒⇒

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
スポンサーサイト



今週のツイキャスは、『秋の養生』でした(笑)

『体調だけでなく、思考も、病気も、自分からできるものは、すべて自分の生活と食からできてます。
改善しようと思ったら、そこを改善するしかありません。
病気を作るのも自分、治すのも自分です』
あるときは、説教ママ、
あるときは、保健室の先生、
そして、中医学で世界が救えると本当に思って、
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

ブログ、お引越ししたはずですが、
中医学や薬膳の知恵のお話だけではない、
私が個人的に思っていることで、特に皆さんに推奨しているわけではないので、
あえてこちらにアップします。
よかったらお読みください

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

さて、ここのところ、残暑は少し和らいで、
朝晩は涼しい風が吹いたりしてます。

過ごしやすいはずなのに、
疲れを感じている人はいませんでしょうか?

もしや夏バテ?いやいや、もう、立秋をすぎているので、
それは、
『秋バテ!』です。

先週のツイキャスは、そんな秋バテの時に気を付けるべき
秋の養生です。

月曜日:秋の午後の生活養生

火曜日:秋の薬膳前に、まずは入り口から

水曜日:秋の薬膳食材 梨

木曜日:秋の薬膳食材 梨と白木耳

金曜日:美容 乾燥肌対策


ちなみに、ツイキャスは台本無しで、全くのフリートークで私が話してます。
おうち食医®の生徒さんは、講座の初めに、私が、その季節の養生や注意点を話してますが、
そんな感じです。
なので、言っていることに
筋道が立っていないとか、
オチは?
なんてあるかもしれません。
まぁ、それはフリートークの良さで、良しとします(笑)

が、おうち食医®の講座や、セミナーでは、
きちんと順序だてて、ちゃんとオチもつけて?話してます。
よかったら、9月5日(土)に、
「中医学未病予防セミナー・今日からできる生活養生秋編」
聞きに来てくださいね。
詳細はこちらから⇒⇒⇒

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

夏バテ・秋バテ対策①自分の体が乾いているサイン

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

〈中医学未病予防セミナーのお知らせ〉
次回の中医学未病予防セミナー・今日からできる生活養生冬編は、
日時:10月26日(土)10:00~12:00
場所:ユニコムプラザさがみはら(小田急線相模大野駅より徒歩3分)

となります。
お申込み&お問い合わせは、中医養生事務局まで
youjyou2018@gmail.com

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

もう、攻撃的な暑さもなくなり(笑)
朝晩は過ごしやすくなってきたので、
熱中症や脱水って感じじゃないけど、
夏バテや、秋バテ予防にもなるから、
熱中症シリーズお役立てください。
熱中症対策① はじめに?
熱中症対策② 飲んでいるのに脱水のメカニズム
熱中症対策③ 誰も教えてくれない効率的な水の取り方

飲んだものが体に不必要な水(湿)なってしまっているということは、
体に必要な水はできていないということです。
そうすると、飲んでいるはずなのに、脱水とか、熱中症とかになってしまいます。
・・・ということは、
熱中症シリーズでも書いてますが、

がぶがぶ飲んでいるものが、湿になっちゃえば、
その湿は
体を潤さないし、
体の熱も下げないし、
のどの渇きも取ってくれない。
ただ、悪さをするだけです。

すると、私の体からしてたら、
汗はかいて水は失っているのに、
全然水を補ってくれない~!ということになるんです。

水がないとやばいので、
同じ液体の血が水に変わって勝手に応援に来ちゃう。

そうするとね、
体からは水不足のサインだけでなく、
血の不足のサインも現れてきます。

最近、
爪が欠けやすくないですか?
足がつりやすくないですか?
ぎっくり腰や、ぎっくり背中は大丈夫?
腱鞘炎などはどう?
これね、すべて血が少ないサイン。

こんなに大げさじゃなくても、
最近、ものを落としやすくない?
ちょっとしたところで、つまづきやすくない?
これも血が少ないサイン。

そして、血が少なくなると、
精神的なことまで影響が出てきます。
最近、物忘れがひどくない?
眠りが浅くない?
不安感やもの悲しさはどう?
もしかして、鬱っぽい?
これも血が少ないサイン。

これね、例年はでは9月に入ってからこの症状が多く出るんだけど、
今年は、どうも、8月の初めごろから周りで多い感じです。
みんな、乾くの早くない??(笑)

あんなに飲んだのに、
水も、血も、液体が全然ない状態で、
乾燥の秋を迎えることの怖さを考えてみてください。

外が乾燥する前から、
体の中は、からっからの状態を考えてみて~!!

特に、
もともと血が少ない体質の人や、
みともと水が少ない体質の人は、
ますます注意が必要です!!

これを読んで、私、
水だけでなく、血も応援に来ちゃってるよ~
と思った人は、
効率的な水の取り方を、今からでも遅くないから、
読んでくださいね。


そして、こんな話を、
わかりやすいパワポ付きでお話している
8月3日(土)の未病予防セミナー・今日からできる生活養生秋編
の動画データ、販売を開始しております。
詳細は、こちらから

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

潤いアップの秋養生、掲載されてます

『未病発見は、体からのサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

10月開講のおうち食医🄬養成講座のご案内です!
【おうち食医🄬養成講座ベーシックコース@リカフェのご案内】
「食で自分や家族の体調管理をしたい!」そんな方は、
月1回の講座で、1年をかけて、薬膳のお約束を学んでみませんか?

10月から開講のクラスは、平日夜です。
お仕事帰りの方も、
家族の夕飯作ってからのお勉強の方も、
お待ちしておりますね。
今回は男性の参加者もいらっしゃいます。
「薬膳気になるけど、女子ばっかりでしょう~ちょっと行きにくい」というかたも、
この機会にどうぞ~
(ちなみに、調理実習ではなく、理論を座学でお勉強するこの講座。
現在、企業様主催でも行っておりますが、
たくさんの男性にも楽しんで聞いていただいております。)

〈日時〉
毎月第1木曜日 19:00~21:00(定員12名)(残席2名)
第一回目 10月5日(木)
第二回目 11月2日(木)


※基本は上記日程となりますが、都合により変更になる場合がございます。
(約2か月前には決定いたします。「おうち食医」HPカレンダーにてご確認くださいませ)

<開催場所>
海老名市河原口379-1
tel 046-244-0739
小田急線・相模線厚木駅(本厚木駅でない)改札目の前

<募集人数> 12名(残席2名)

<内容>
◆10月ベーシックコース(全12回)
中医学・薬膳の基礎を知り、季節の養生ができるようになる。

詳しくはこちらから

お申込み&お問い合わせは、
このブログ、右下のメールフォームで、直接萌木まで
もしくは、
Recafeさんまでお願いいたします。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

秋分を過ぎてから、だんだんと過ごしやすい陽気になってきてます。
秋の風は爽やかで、最近は、金木犀の香りがほんわり~

金木犀といえば、みなさん、9月の初めくらいに金木犀の香りがしませんでしたか?
「今年は早いのかしら~?」なんてお話してたら、
生徒さんの1人が、
金木犀は、
咲く10日前くらいに一度、
咲く3日前くらいに一度、
強く香るんだそうです。

たしかに、その日から10日後くらいに咲いてます~
そんなふうにみていくと、面白いですよね。

さてさて、
秋といえば乾燥が気になる季節ですが、
このブログのバックナンバーにも秋の養生がいくつか書いてありますが、
こちらのサイトにも、まとめて記事を書かせていただきました。

さかのぼって読むのが面倒くさい~~という方は、
こちらのサイトでダイジェスト版?をご覧くださいませ。

開運と浄化が好きな人のための情報&コミュニティサイト
ツキハピ
https://omamori-mag.com/autum/


また、こちらで使っている、
クコや白きくらげなどの薬膳食材の一部は、
こちらのサイトでも購入できます~
よろしければどうぞ。

おうち養生研究所
https://ouchiylab.thebase.in/


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

喉の渇きをとるものランキング?(笑)

『未病発見は、体からのサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

10月開講のおうち食医🄬養成講座のご案内です!
【おうち食医🄬養成講座ベーシックコース@リカフェのご案内】
「食で自分や家族の体調管理をしたい!」そんな方は、
月1回の講座で、1年をかけて、薬膳のお約束を学んでみませんか?

10月から開講のクラスは、平日夜です。
お仕事帰りの方も、
家族の夕飯作ってからのお勉強の方も、
お待ちしておりますね。
今回は男性の参加者もいらっしゃいます。
「薬膳気になるけど、女子ばっかりでしょう~ちょっと行きにくい」というかたも、
この機会にどうぞ~
(ちなみに、調理実習ではなく、理論を座学でお勉強するこの講座。
現在、企業様主催でも行っておりますが、
たくさんの男性にも楽しんで聞いていただいております。)

〈日時〉
毎月第1木曜日 19:00~21:00(定員12名)(残席2名)
第一回目 10月5日(木)
第二回目 11月2日(木)


※基本は上記日程となりますが、都合により変更になる場合がございます。
(約2か月前には決定いたします。「おうち食医」HPカレンダーにてご確認くださいませ)

<開催場所>
海老名市河原口379-1
tel 046-244-0739
小田急線・相模線厚木駅(本厚木駅でない)改札目の前

<募集人数> 12名(残席2名)

<内容>
◆10月ベーシックコース(全12回)
中医学・薬膳の基礎を知り、季節の養生ができるようになる。

詳しくはこちらから

お申込み&お問い合わせは、
このブログ、右下のメールフォームで、直接萌木まで
もしくは、
Recafeさんまでお願いいたします。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さてさて、昼間はまだ夏のような日もありますが、
確実に秋の乾燥した空気になってきてます。

そうなると、なんだのどが渇いて・・・
飲んでも飲んでも喉が渇いて・・・ってかた、いらっしゃいませんか?

そしたらみなさんどうしてますか?
ガブガブ水を飲むならともかく、
口が渇いて仕方がないから、氷をなめてるなんて人もいらっしゃるんじゃないですか?

喉が渇いた時の水分の取り方として、
あくまで私の体感ですが(笑)
勝手にランキングにしてみました~

まず、
冷たい水は、却下(笑)
氷入りは、論外(爆)
これは、冷たいものは、胃腸に負担をかけるために、
飲んだものが体に必要な水(=体液)に変えられずに、
不要な「湿」になってしまいます。
喉の渇きをとってくれるのは、体液に変わる水だけです。
ほら、オレンジジュースを飲んでも、私たちの体液はオレンジ色じゃないでしょう?
これは、オレンジジュースをいったん胃腸が受け取って体液に変えてくれるのです。
だから、冷たいものを飲んだとしても、
のどごしが気持ちいいだけ、すぐにのどが渇いてしまいます。

そして、白湯。
これは、朝一で、しみじみと飲んでいる人も多いと思います。
白湯は、すーーっとしみわたる感じ。

でもね、それよりさらにいいのは、
何か入っている白湯(何か入っている時点で白湯ではない 笑)か、お茶。
例えば、白湯を沸かすときにクコの実やナツメ、白木耳をいれる。
もしくは、黒豆茶とかコーン茶とか、できたら茶葉ではないお茶。
このお茶にクコとか棗とか、白きくらげとか入れちゃってもいい。
白湯が縦に直線的にしみわたるとしたら、
これは、横にもしみわたる。
全身に広がるって感じでしょうか・・・

そしてもっといいのは、
豆腐とか、山芋とかの水気の多い食材をスープなど水気の多い調理方法にすること。
食事の時に意識して水気の多い食材を水気の多い調理方法にするだけで、
潤いが全然違うし、持続力もあります。

例えば、水気の多い梨を蒸したもの。
蒸すのも水気の多い調理方法です。
梨の芯をくりぬいて、白木耳とか、クコとか氷砂糖とか入れて蒸したもの。
DSC09115_R_20170925220934f49.jpg
写真はアレですが(笑)、
インスタ映えをねらうなら、ぜひ作ってみてくださいね~(私、インスタやってないけど 笑)

蒸し器を出すのも、
芯をくりぬくのもめんどくさい~~~
って人は、こちらで。
梨の切ったのと、
白木耳と、
クコと、
ハチミツ、
レモンで煮たやつ~
IMG_4018_R_20170925220936d57.jpg
全て潤いの食材を、煮るっていう水気の多い調理方法にしてます。
これ、今年何回作っただろう~~笑
今年ほど、作った年はないかも(笑)

全て私の体感で書いてますが、
みなさんもぜひお試しくださいませ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: