FC2ブログ

春の酸味の取りすぎはNG!!

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

【4月開講☆おうち食医養成講座ベーシックコースのご案内】
4月から、1ヶ月に一度、一年をかけて(12回)、中医学&薬膳を学んでみませんか?
今回の開講は、
①通学クラス(12名定員 残席5名 満席となりました!
②オンラインクラス(8名定員 残席6名

詳細はこちらから

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

さて、先日の講演会で、
こんな質問がありましたので、
シェアさせていただきます。

先生が講演会の時に、春は積極的に甘いものを取る
・・・とおっしゃっていたところがイマイチ良く理解できませんでした。
相克のところだと思うのですが。

この原理で行くと、
夏は辛いもの
土用は塩っぱいもの
秋は酸っぱいもの
冬は苦いもの
ということですか?


これは、先日の講演会で、
私が、五行図を読んで説明していたところです。

ちなみに、あまりにプロジェクターの映りが悪く、
「ご質問の中で、もう一を五行図を見せてください」
というのもありましたので、
ここで貼り付けておきます。

IMG_9370.jpg

これだと、
木と同じ青い丸の中に、
春と、酸味がありますよね。

ですから、間違えやすいのは、
「春は酸味をとるとよい」
ということ。

・・・確か、私が勉強していた、薬膳の大学でもそう習っていたような・・・笑

でもね、ちゃんと、五行の性質を知っていると、
おかしいことに気づきます。

春はのびのびと芽を出す季節です。
のびのびと芽を出す・・・というのは、外向きの勢いです。

なのに、酸味は、「出すぎを止める」など、内向きの勢い。
これでは、のびのびと芽を出すことができません。

だから、春に酸味は取りすぎてはだめなんですよ。

※これは決して、春に酸味を取ってはいけないという意味ではなく、
ほかの、苦味、辛味、鹹味(塩辛い味)と同じくらいにバランスよくとった方が良いということです。

では、春は、何味のものを積極的にとった方がいいのか?
それは、「甘味」です。
これは、砂糖の甘さではなく、自然の甘味ということです。

なぜか?
春の入る、木の青い丸から、矢印が2本出てます。
一つは作り出す→
木が燃えるから火が起こります。
この関係を生み出す関係(母子関係)で、相生の関係といいます。

もう一つは、制御する→
木は土に根をはるので、木は土を制御します(いじめる)。
この関係を相克の関係といいます。

人間もそうですが?
ついつい、いじめやすい方へ行きがちです。
だから、なにもしないと、つい、春は木の肝臓が、土の脾臓(胃腸)をいじめます。

でも、いじめられる方を強くしたなら、そう簡単には、いじめに行けません。
強くするには、同じ丸の中にある味を食べたらいいのです。
土の味は甘味。
だから、積極的に甘味をとるといいのです。

すると、いじめに行けない木は
仕方なしに(笑)相生の火へ行くこととなります。
すると・・・火の丸の中にある、夏向きの体の準備が整うということです。

講座ではいつも伝えてますが、
春は春だけの季節ではありません。

冬からきて、夏へ向かう季節です。

今の、花粉症や、風邪、インフルエンザは、
冬の不養生が原因かもしれません。

そして、今、春の養生をちゃんとしておけば、
元気な夏を迎えることができます。

なので、春は自然の甘味を積極的に!
そして、酸味、苦味、辛味、鹹味(塩辛い味)は、バランスよくとってくださいね。
自然界はさすがです!
春野菜って甘いですよね?
ちゃんとその時期にふさわしいものを用意していてくれるんです。

ちなみに夏、秋、冬も同じことが言えますので、
夏になったら、辛味を
秋になったら、酸味を
冬になったら、苦みを
積極的にとってくださいね。

土用だけは、リセットするときなので、
甘味で大丈夫です。

「夏のショウガは病気をしない」と言われてますが、
夏は、辛味のショウガがおすすめということです。
(詳しくは、5月12日(日)の未病予防セミナー・今日からできる生活養生 夏編で~)

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



スポンサーサイト

春の甘いもの注意報!その1

【募集中!4月開講おうち食医®養成講座ベーシックコース】

薬膳に興味をお持ちの方、月に一度、1年をかけて学んでみませんか?
現在、4月生募集中です!
毎月第1火曜日午前クラス 満席
毎月第1水曜日午後クラス 残席9名

お申込み&お問い合わせは、
右下のメールフォームまたは、
ouchisyokui★gmail.com (メールの際は、★を@に変えてください)
から、お気軽にどうぞ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

この時期になると、甘いものがものすごく食べたくなる。

からだというよりも、目が気持ちが欲しい感じ。

この時期、環境の変化などでストレスがたまりやすくなる。
ストレスの影響を真っ先に受けるのは、五臓の中でも「肝」
その「肝」は、ものすごい勢いで胃腸である「脾」を攻撃にかかる。
いじめられたくない「脾」は、脾を補う甘いものを食べたくなる。

そのメカニズムで言うと、
ストレスがたまった人は、「脾」を元気にする甘いものを食べたらいいんです。
特に、春にとりたい味も甘いものだから、特にストレスが溜まってなくても、
食べたほうがいい味です。

・・・でも、ちょっと待って!!!
その甘いものって、お砂糖の甘いものじゃないんです。
豆とか、芋とかの自然の甘さ。
春野菜も甘いでしょう?

でもね、でもね、でもね、
わかっちゃいるけど、
お砂糖でできた甘いものを食べまくっちゃう私。

「心の薬膳」って言ってね(笑)

そうするとね、キャパを超えた胃腸はサインをくれます。
舌の真ん中あたりが、黄色い苔が多くなっちゃうんです。

舌のふちが黄色かったら、ますます要注意!
ストレスも溜まってますから~

気滞の舌

こんな舌だったら、香りのものも上手に取り入れてくださいね。
セロリや、香りのよいハーブ類などもオススメです。

こんなこともわかってるのに毎年同じことを繰り返す私を、
バカという(笑)

ちょっと戒めで書いてみました。
はい!気を付けます~

IMG_5759.jpg 
春のお花でも見て、ストレスを解消しよう(笑)

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

4月開講のおうち食医養成講座ベーシックコースでは、
こんなお話もします。
そして、ご自身の体質や、食べ癖?を改善して、
体質の改善もできます。

興味を持って下さったら、
お問い合わせお待ちしておりますね。

おうち食医養成講座ベーシックコース詳細はこちら

足の筋と血の関係

【今後のイベント&講座のご案内】

★わかりやすい東洋医学講演会 春

春の養生をわかりやすくお伝えいたします。
日時:2月26日(日) 10:00~12:00
場所:リコーフューチャーハウス(ららぽーと海老名向かい)
参加費:2500円(前売り) / 3000円(当日)
お申込み&お問い合わせは
https://ws.formzu.net/fgen/S13741778/ 

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


立春を過ぎて、思い立って、久しぶりに運動を始めてみることにしました。

長くこの仕事をやっていきたいこと、
今年は地方の出張も増えそうなこと、
そのためには、やはり足腰が大事!と思い立って~

実は、地味に毎日ストレッチをやっている私ですが、
足腰を鍛えるなら、ウォーキングや、ジョギングかな?と、
家族に話したところ、

「ママは目的もなくて、歩いたり、走ったりする人じゃないから、
テニスが好きなら再開したら(若いころにやってた)?
ボールを追いかけるなら走れるんじゃない?」と。

それもそうだと、久しぶりに始めたテニス。
ラケット持つのも久しぶりなので、
スポーツクラブの初心者の人向けのクラスでスタートすることにしました。

それでも、初回は、ちょっとだけで息が上がって、
「コーチ、ものすごい運動しました!」
「まだ、15分しかやってませんよ~」
の状態 笑

それでも、何回か通ううちに、運動にもなれ、昔の感覚も思い出し、
「私、意外と体が動くじゃ~ん」と調子に乗ってたら、

やっちまいました。
遠くの球をとろうとして、
足の筋をのばしちゃったのかな?
ぴきって音がして~~

途中で退場!笑

実はね、うすうすやるんじゃないかと思ってたんですよ~(笑)

もともと血が少ない私。
2月は息子の受験で心配し、血が消耗。
筋肉の潤滑油は血だから、当たり前といえば当たり前のこと。

しっかり血は補ってたのにな~
もっと補って早く治さないと!!

血を補うなら、赤いものと黒いもの。
IMG_2466_R.jpg
クコと黒豆のごはんに黒ゴマをプラスして
血を補います~

春は特に心配事や、運動をしたわけではなくても血が少なくなりやすい季節なのです。
だから、血を補わないといけない季節なのです。

なぜか?は、
明後日の日曜日、
2月26日(日)の、「わかりやすい東洋医学講演会・春」でお話いたします。

今年は早いのかな?
花粉症のお話もしようと思ってます。

興味のある方は、お待ちしておりますね~
お申込み&お問い合わせはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S13741778/ 

私も、講演会までに、足を治してヒールがはけるように頑張ります!!
実はね、血がないと筋のトラブルも起きやすいですが、
そこを修復するためにも血が使われちゃうんですよ~~
ますます血がなくなる~~~
あと、2日!!!
しっかり血を補って、がんばるぞーーー笑

みなさまも、血がなくなりやすい春、いつものことをやっても、
筋を痛めやすくなります。
しっかり血を補って、予防してくださいませ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


甘い春野菜

春は、冬につくった「いい種」から、のびのびと芽を出す季節。

からだがのびのびするために、頑張ってもらわないといけないのは、
五臓の中では、肝臓

その肝臓が頑張り過ぎちゃうと、負担がかかるのは、
五臓の中では、脾臓。
脾臓とは、西洋医学で言う脾臓ではなく、中医学では消化器官を指している。

だから、しっかりと脾臓(消化器官)をいたわってあげないといけないのだ。

脾臓をいたわるには、自然の甘味がオススメ。
穀類・豆類・イモ類・カボチャなどがオススメだけど、
春に出回るお野菜たちも、自然の甘味がたっぷりある。

DSC09447_R.jpg
我が家では、これらの野菜はせいろで蒸して温野菜にするんだけど、
この甘いことといったら~

反対に、脾臓に負担をかけるのは、
お砂糖などの甘いもの、脂っこいもの、味の濃いもの、冷たいもの、生ものなど。

ということは、春は、生野菜よりも、温野菜の方が断然オススメだ。
味も、ちょっと火を通した方が、グッと甘くなるでしょう?
トマトとかも、ちょっと火を通すと生よりもぐーーっと甘くなるでしょう?

その自然の甘さが、脾臓を補って元気にしてくれる。
そうすると、はりきり気味の肝臓にも、そんなにいじめられない強い脾臓になれるのだ。

今日から、新年度。
新しい環境で、ストレスが知らずにたまると、これまた肝臓に負担がかかる。
そして、その肝臓は脾臓を攻撃をするから、ますます脾臓を強化しないといけないからね。

ほら、イライラいた時に、甘いものが欲しくなる・・・ってのは、
知らずに脾臓を補おうとしているのかも。
そんな時は、できるだけお砂糖を使った甘いものでなく、
野菜や果物の自然な甘さでね。

それでも、「やっぱりチョコじゃなきゃ、このイライラはおさまらない~!!!」ってかたは、
我慢せずに、心のお薬だと思ってチョコを食べてもいいです。

「毒を食らわば皿まで?」しっかりその時は楽しんで、
明日は、負担をかけてしまった脾臓に優しい自然な甘さをとればいいんですから~

無理せず、気軽に薬膳生活!
これが一番大事ですからね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

カルチャーセンターで薬膳スープ

今日は、月に1度の、秦野カルチャーセンターの、『薬膳ノススメ!』講座でした。

いつもは、薬膳茶を毎回お出しし、
お茶受けに、ちょっとした薬膳スイーツを作って行くのですが、
今回は、生徒さんからのリクエストがあり、薬膳スープをお持ちしました。

スープ

薬膳は、必ず目的やテーマをもって作られます。
だから、目的にかなっていれば、たとえ生薬や薬膳食材を用いなくても薬膳できるんです。

逆に、目的がないものは、たとえ生薬や薬膳食材を使っていても薬膳とは言えません。

今回のテーマは、大きく3つ。
●インフルエンザや風邪も流行っているので、強いバリアを作る。
●只今、土用の真っ最中。消化器官(臓)を元気にし、余分な湿気を外へ出す。
●少しづつ春に向かってるので、芽を出す勢いのもの(陽)をとりいれる。
です。

鶏の手羽元からとったスープに、
オウギ・ナツメ・陳皮・蓮の実・生姜・ネギ・松の実・大根・長芋などが入ってます。

インフルエンザに対抗する、強いバリア作りには、
オウギ・ナツメ・松の実・長芋など。

土用で、消化器官(臓)を元気にする、
オウギ・ナツメ・陳皮・蓮の実・生姜・長芋など。

余分な湿気を外へ出す、
陳皮・金針菜・大根など。

そして、パワー(陽)の食材、
鶏肉・ネギ・生姜を。

いつもは、こんなに薬膳食材を入れないのですが、
今回は、生徒さんに味見をしていただきたかったので、意識して多めに入れました。

味付けは、塩・胡椒程度なのに、鶏のうまみがでて美味しい~
ルクルーゼで昨日から煮込んでたのですが、お肉も、骨からするりととれるほどトロトロ~

素材の味を感じてもらえるように、ものすごくシンプルな味付けにしたのですが、
なかなか好評でした。

今回は、薬膳スープなので、薬膳スイーツは用意していかなかったのですが、
なんと!生徒さんから嬉しい差し入れ~

yakuzenpan
薬膳パン~

以前、パン作りが得意な生徒さんに、
「クコの実もパンに入れると美味しくなるんだけど、ワタシにはその技術がないので、
ぜひ作って~!!」
と言っていたのを覚えていてくれて、アレンジした薬膳パンを作ってきてくださいました。

ラム&オレンジリキュールに漬けてある、クコの実とクランベリー、
それからクリームチーズが入ってます。

これがね、とーーーっても美味しいの!!
クコってこんなに美味しかった???って感じで。

実は、クコもワタシがオススメした美味しいクコを使ってもらってるのですが、
その美味しさが、リキュールに漬かってるから倍増~
しかも、大好きなラムだし~

酵母も天然酵母と、とってもこだわりパン。
ありがたく、みなさんでいただきました。

そして、パンの生地には、「くすいむんスパイス」を入れてくれてます。
DSC09239_R.jpg

こんな素敵なパンのお仲間に入れていただき、本当に幸せ者のスパイスだわ~
これで、食べ過ぎても、胃もたれが軽減できるかも

「受験生の娘さんへのお夜食に」と、別のお惣菜パンもいただいちゃった
tamagopan
見るからに、美味しそう~!!

卵のフィリングがのってて、その味付けにもくすいむんスパイスを使ってくれてて、
本当にありがたいです。

娘には、これを食べて、しっかり頑張ってもらわないとね。
さもなきゃ、ワタシが全部いただいちゃうからね~

インフル予防の、スープもあることだしね 笑

このブログも、インフルエンザでの検索が増えてます。
みなさんも、お気を付けくださいね~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

秦野カルチャーセンターでは、年齢の幅は広いですが、
和気あいあいとした雰囲気で楽しくすすめています。

体験は随時できますが、コチラから秦野カルチャーセンター
3月には、花粉症の1dayレッスンもします。
もしよろしかったら遊びに来てくださいね。

*花粉症対策薬膳ノススメ!*
日時:3月19日(火) 10:30~12:00
会費:2625円 + 教材費500円

花粉症の方必見!花粉症で悩んでいる方、いつものごはんで体質改善をしましょう。
【薬膳茶試飲&薬膳茶プチギフト付】

お申込み&お問い合わせは、
秦野カルチャーセンターまで

0463-80-4411




コチラは、都内での薬膳講座を2つご紹介。

昨年も大好評でした、マイボトル薬膳講座です。
体質チェックをして、ご自分にあった薬膳茶をブレンドしていただき、
試飲していただき、お気に入りのブレンドを見つけていただけたらと思います。

マイボトル薬膳茶
日時:2月23日 10:00~11:15
場所:スタジオ自由空 (JR水道橋駅西口徒歩3分)
受講料:3000円 + 教材費500円

お申込み&お問い合わせはコチラまで自由空




漢方&薬膳美人塾・Myボトル薬膳茶
体質チェックをして、茶葉と、いろいろな薬膳食材をブレンドしていただきます。
お好きなブレンドをしていただき、試飲をしていただき、お気に入りの『My薬膳茶』を
作ってみてくださいね。
薬膳茶・薬膳スイーツ付です。

日時:2013年3月2日(土) 10:00~12:00
場所:カモミール 世田谷区宮坂2-26-24-1F 
(小田急線豪徳寺駅徒歩2分または、東急世田谷線山下駅徒歩1分)
参加費:会員3,000円/非会員3,500円  + 材料費500円

お申込み&お問い合わせは、お電話にて 03-5426-2123
または、下記HPより 

申込み締め切り:2013年2月23日(土)

コチラのHPに詳しくは掲載されております。
ハーバリスト倶楽部

どちらの講座も、薬膳スイーツ・ご自身でブレンドした薬膳茶付です。
ぜひ遊びに来てくださいね。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: