FC2ブログ

クコの食べ方

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

【講演会のお知らせ】
その不調、もしかしていつもの生活から作っているかもしれません。
そして、それを治せるのは、名医でも、妙薬でもありません。自分自身です。

・・・こんなシンプルなことですが、なかなか実践できない・・・

毎日の生活の中で、簡単に取り入れられる養生の知恵をお話いたします。
ちょこっとだけ冬の養生も。

どの季節の養生も大事ですが、
来年1年を元気に過ごせるかどうかは、
冬の養生にかかってるといっても過言ではありません。

たくさんの方に聞いていただきたいお話です。
ぜひ、いらしてください。

日時:11月10日(土)10:00~12:00
場所:ユニコムプラザさがみはら(相模大野駅徒歩3分)
講師:萌木のり子(国際中医師)

お申込み&お問い合わせは、
中医養生事務局まで
youjyou2018@gmail.com

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さて、これも先日のおうち食医養成講座での授業中のこと、

「クコやナツメを買ったはいいけど、使い方がわからないから教えてください!」
の質問がありました。

授業中にも伝えているはずなんですが、
もしかして、画像があったほうがわかりやすい?
なんて思って、
過去記事をいくつか貼り付けておきます~

・・・リブログってできないのかしら?
そもそもそんな機能ないのかしら??
調べるのも、覚えるのも面倒くさいから、
原始的な方法で失礼いたします~笑

今回は、クコのお話
IMG_4961.jpg



まずはそもそも、クコってなに?の人はこの記事から~


そして、
毎日食べるな、そのままつまむより、お料理に加えるのがおすすめ~


クコがそもそも嫌いな人の食べ方(ちなみに私、クコ嫌い~~笑)


どうか、棚のすみで寝かせたままにしないでくださいね。
肺を潤すから、風邪予防にも、
腎を補うから、アンチエイジングにも、
肝を補うから、目にも
嬉しい、スーパー薬膳食材ですから~笑

でもね!食べればいいってわけでもないの!!!
せっかく食べても、
生活養生がなってなければ、このクコでも病気の原因になってしまうかも!?
棚のすみで寝かせたままのほうがまだよかった・・・
なんてことにならないように、

ぜひ、
11月10日(土)の講演会で生活養生を聞いてみてくださいね~
お申込み&お問い合わせは、
youjyou2018@gmail.com
からお気軽にどうぞ~~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 
スポンサーサイト

いちご牛乳でクコも食べられる!?

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

【お知らせ】
4月開講のおうち食医®養成講座ベーシックコース、
5月開講のおうち食医®養成講座アドバンスネクストコースは、
おかげさまで満席となりましたので、これにて受付を終了させていただきます。
ありがとうございました。

次回の開講は、今秋となります。
募集は、8月ごろからとなりますので、よろしくお願いいたします。


【募集開始】
①6月開講の、私の師匠、于先生の中医学の講座を募集開始いたしました。
日本ではまだ知られていない中医学の神髄を教えてくださいます。
詳細はこちらから→
お申込み&お問い合わせは、
youjyou2018@gmail.com
からお気軽にどうぞ~

②1day講座*薬膳調理実習&プチ薬膳講座いたします。
日時:5月20日(日)10:00~13:00
参加費:3500円(材料費込)
場所:海老名駅近郊
詳細は、こちらから

お申込み&お問い合わせは、
youjyou2018@gmail.com
からお気軽にどうぞ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

クコ嫌いの人に知らずにクコを食べさせるいちごジャム(←そんな名前ではない 笑)
のことを、先日、記事にいたしましたが


私もクコが嫌いですが、
うちの息子もクコは大嫌い(笑)

でもね、私と同じように、薄くて小さい舌をしてて、同じく血が少なく、

加えて、
鶏が先か、卵が先かじゃないけど、繊細で気づかいの性格は、ますます血を消耗させる。

加えて、
部活で長距離を走る息子は、長時間、筋肉を使わないといけないので、ますます血がなくなる~

そういえば、最近は「スポーツ貧血」なるものもあるらしい。
仕組みは、またゆっくりお話ししますが、
スポーツをする子は、血を補った方がいいということです。

でもね、
クコ嫌い・・・(笑)

クコでなくて、赤い色のものも血を補うけど、
トマトも、人参も嫌い(笑)

なので、クコを隠したいちごジャムを使って1品。
IMG_7514.jpg
いちご牛乳~

実は、市販のいちご牛乳も大好きな息子。
でも、あれは甘すぎる~~

本当はあまり、冷たいものもいけないけど、
市販のいちご牛乳よりはまだまし(笑)
IMG_7332.jpg
手作りだから、甘さも控えめだからね。
いちご牛乳を飲んだ満足感もあるし。

そして、クコを食べなかったらゼロだけど、
こういった形でもたべたらゼロじゃない~

いちごジャム、
パンや、ヨーグルトに入れるのもいいですが、
こんな使い方もありますよ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

クコ嫌いの人へ、クコの上手なとりかた

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

【お知らせ】
4月開講のおうち食医®養成講座ベーシックコース、
5月開講のおうち食医®養成講座アドバンスネクストコースは、
おかげさまで満席となりましたので、これにて受付を終了させていただきます。
ありがとうございました。

次回の開講は、今秋となります。
募集は、8月ごろからとなりますので、よろしくお願いいたします。


【募集開始】
①6月開講の、私の師匠、于先生の中医学の講座を募集開始いたしました。
日本ではまだ知られていない中医学の神髄を教えてくださいます。
詳細はこちらから→
お申込み&お問い合わせは、
youjyou2018@gmail.com
からお気軽にどうぞ~

②1day講座*薬膳調理実習&プチ薬膳講座いたします。
日時:5月20日(日)10:00~13:00
参加費:3500円(材料費込)
場所:海老名駅近郊
詳細は、こちらから

お申込み&お問い合わせは、
youjyou2018@gmail.com
からお気軽にどうぞ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

鹿児島の話など、まだまだ書きたいことがありますが、
シーズンが終わってしまう前に・・・

クコの実。
最近では、ゴジベリーなどとおしゃれな名前で呼ばれてますが、
中医学では生薬の1つです。
IMG_3815_R.jpg
杏仁豆腐の上にのってることで有名ですが、ちゃんとしたお薬です。

どんな効果があるかというと・・・

体に血と水を補い、体を潤してくれます。
女性は一生、血を補って生きなくてはいけないので、
女性には必須の生薬。

また、食べる目薬ともいわれているので、
女性でなくても、PCやスマホを見ることが多い人、
細かい作業をすることが多い人にはおすすめの食べ物です。

また、春は、肝臓の血が必要となるので、
肝臓の血を補うクコは、この時期、おすすめの食材でもあります。

え?
どこも出血していないから、
私は補う必要がない・・・・

・・・もしかして、
最近、爪がかけやすくないですか?
最近、足がつりやすくないですか?
最近、寝違えたり、筋をいためやすくないですか?
最近、新しい環境で気を遣ってませんか?
最近、眠りが浅くありませんか?

・・・当てはまることがある人とは、肝臓の血がなくなってるかもしれません。

そんな人は、クコの実がおススメです。
杞菊茶_R
お茶に入れたりとか、

IMG_5676.jpg
スープに入れたりとか、

使いやすい食材ですが、
意外と好き嫌いがあります。

実は、私もクコをとらないといけない人なのですが、
なんと、なんと・・・
クコ、嫌いなんです~笑

いやいや・・・私以外にも、
いつもと違う食材が、ご飯に入っていると、嫌がる人っていますよね??

そんなクコ嫌いの人も知らずに食べちゃう、この季節ならではのメニューを1品。

IMG_7332.jpg
いちごジャム~~~

IMG_7297.jpg
いちごを煮る時に、お茶パックに入れたクコの実も水から一緒に入れます。

嫌いじゃない人は、お茶パックに入れずに、いちごと一緒につぶしちゃってもいいけど、
我が家は、お茶パックに入れて、十分エキスを煮出しちゃったら、
クコのみ、捨てちゃいます~(ごめんなさい)

だって、私は我慢して食べられるけど、
息子はクコが混じると食べないんだもん~~

ゴジベリー・・・てくらいだから、ベリーと相性が悪いわけがない(笑)
一緒に煮ても、普通のいちごジャムと変わりません。

違うといえば、
普通のいちごジャムよりも、血を補う力が強いことと、
クコの実を食べない息子も、ものすごく食べることくらい。

ジャムの甘みにはちみつを使ってあげたら、
うるおい効果もアップします。

クコ嫌いの方!
ぜひいちごの時期に、お試しくださいませ~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 






タケノコ注意報!その2~タケノコとのうまい付き合い方~

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

【お知らせ】
4月開講のおうち食医®養成講座ベーシックコース、
5月開講のおうち食医®養成講座アドバンスネクストコースは、
おかげさまで満席となりましたので、これにて受付を終了させていただきます。
ありがとうございました。

次回の開講は、今秋となります。
募集は、8月ごろからとなりますので、よろしくお願いいたします。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さてさて、前回、タケノコの食べすぎは注意してください~と書きました。
(こちら

それでも、
「たくさんいただいちゃったんだもん~」
というかたもいらっしゃるかもしれません。

「一年に一度の楽しみの季節なんだもん~」
というかたもいらっしゃるかもしれません。

それなら、上手に付き合っていきましょう!

まず、タケノコは、胃腸の弱い人には負担がかかりやすいので、
せめて胃腸に負担をかけないように、
胃腸のパワーを補う、ナツメと一緒に煮る。
IMG_7404_R.jpg

水からナツメを入れておいて、その水でタケノコを煮ます。
このナツメは大きいから、いつの煮物なら1粒ですが、
タケノコの時は、3粒使いました。

後は、普通の煮物と同じように煮ます。
ナツメが入ってるから
コクのある自然の甘みが出るので、
お砂糖、みりんなどの甘味料を減らせるかな?
IMG_7408_R.jpg
ナツメはエキスが出ているから、別に食べなくても構いません。

ナツメは、最近は、大きい乾物屋さんや自然食品のお店などでも手に入りますが、
こちらの会社でも通販で取り扱っております。
おうち養生研究所 https://ouchiylab.thebase.in/

それでも、我が家のタケノコはナツメ入りだけど、
量を食べすぎたら、やはり不調のもととなります。

なので、薄味をつけて煮たものを、ジップロックに入れて冷凍しておきます~
使うときは、解凍し、しっかり味に煮直してます。

これだと、タケノコご飯もすぐ出来て便利~♪

つい食べすぎちゃう人は、今年はぜひぜひ冷凍してくださいね。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 







タケノコ注意報!・その1

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

【お知らせ】
4月開講のおうち食医®養成講座ベーシックコース、
5月開講のおうち食医®養成講座アドバンスネクストコースは、
おかげさまで満席となりましたので、これにて受付を終了させていただきます。
ありがとうございました。

次回の開講は、今秋となります。
募集は、8月ごろからとなりますので、よろしくお願いいたします。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さてさて、更新が滞っておりましたが、
怒涛の3月をすごしておりました。
そして、
4月になればスケジュールが空くかと思いきや、
お陰様で、怒涛の4月をすごしております(笑)

なぜ怒涛の3月か、
なぜ怒涛の4月か、
書きたいことはたくさんあれど、

まずは、旬の話題で、のお話から。
IMG_7404_R.jpg



筍って美味しいですよね~
トウモロコシのようなほくほくした感じや、(似てません?笑)
香りも大好き。

いただくときはあちこちから頂いたり、
作るとたくさんできちゃうから、
毎日のように食べてませんか?

私も、一度煮ると、キッチンの通りがかりに、つまみ食い。
ご飯の支度をしながら、つまみ食い。
洗い物しながら、つまみ食い。

・・・でもね、これ、気を付けないと大変なことになります!!

筍って、畳を突き破って生えるほど、生命力が強い。
その強さに、胃腸が弱い人は負けてしまう場合があるんです。

これね、筍だけだけじゃなく、他の食材にも言えますが、
どんなに栄養価が豊富でも、
胃腸の弱い人は、ちゃんとその食材を自分の胃腸が受け入れて栄養に変えられるか
考えてみてください。
ちゃんと胃腸が受け入れられなければ、ただの余分な「湿」になっちゃいます。

筍は、特に強い食材だから、胃腸の弱い人は要注意です!!!!

筍を食べたら、鼻水が出た、咳が出た、喉の奥が痛い・・・・なんかはまだ序の口で、
アトピーや喘息などのアレルギーを持っている人は、
それを引き起こすもとともなっちゃう。

蕁麻疹や、かゆみの元にもね。

もしかしたら、そのかゆみ、
花粉や黄砂のせいじゃないかもしれませんよ?

かゆみの元は、体の中からもできるんです。

だから、美味しいからって、食べすぎちゃだめですよ~
特に胃腸の弱い人はね。

でも、旬の筍、楽しみたい~~~
って方は、次回はコツをお話したしますね。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: