急募!!6月食医塾「花粉症対策薬膳」

緊急で募集です!!
来週の火曜日、6月24日(火)13:00~
6月の食医塾として、「花粉症対策薬膳講座」をやっちゃいます~

このブログを、以前から読んでくださってる方には、
もはや、常識となってしまったかもしれませんが(笑)、

花粉症を体質から改善するには、夏しかありません!!

先日、こんな話を花粉症の方としていたら、
「夏はほとぼりが冷めたころだから、忘れちゃうんだよね~」
・・・そのとおりですよね~

そして、花粉が飛び始める時期、
早い人なら、年を明けたころくらいかな?花粉症を気にしだすのは・・・

でもね、それで、毎年、薬を飲みますか??
ずーーっと飲み続ける薬は、だんだん効かなくなってきて~なんてお話も聞いたりします。

花粉症がつらくなった時に飲むお薬は、
その場の症状を鎮める、対症療法にしかなりません。

実は、薬膳でも、花粉症の時期に症状に合わせて食べたりしたらいいものもありますが、
それも、その場の辛さをとりのぞく、対症療法です。

やはり、体質から改善するには、その症状が出ていない夏しかないんですよね~

では、なぜ夏か?
理由はたくさんあるのですが、
一番は、夏は体に熱がこもりすぎないように、体が発散の方向にあるので、
ベクトルは外向きです。
それに合わせて、体の奥にたまった余分な湿気を出し切ることができるからです。

この湿気、胃腸がちゃんと働かなかったり、水分代謝の悪さから発生するのですが、
これが、花粉症のもとになったりするんです。
出せる時期に、ちゃんと出し切ること!それが大切です。

矛盾しているようですが、体内に湿気がたまりやすいのも夏。
冷たいものをとりすぎると、胃腸の働きは弱くなり、食べたものから湿気を発生させます。

花粉症の体質を改善したい人は、
夏に冷たいものの取りすぎを控えること・・・これだけでも、立派な薬膳になります。
無理のない範囲で、やってみてくださいね。

「もっと詳しく聞きたい!」
「今年の夏こそ、花粉症体質を改善したい!!」
という方は、

今週の火曜日に、
花粉症体質改善の薬膳
講座をいたします。

日時:6月24日(木)13:00~14:30
場所:海老名市近郊
(小田急線・相模線・相鉄線海老名駅より徒歩15分/小田急線厚木駅より徒歩10分)
※お申し込み後お知らせいたします。
参加費:3000円
定員:10名 現在、残席8名 4名です

お申込み&お問い合わせは、このブログ右下のメールフォーム、
または、コメント欄に鍵コメにて、よろしくお願いいたします。


単発講座は、ここのところほとんどやっていないので、
薬膳に興味のある方も、この機会にぜひどうぞ~

DSC09427_R_20140411091307b87.jpg
花粉症の薬膳茶一例

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

【6月のイベントお知らせ】
I be cafe ebina

6月23日(月)10:00~16:00
サンドグラスカフェ(海老名駅徒歩1分)にて


いつもみんなのために頑張る、女性のココロとからだを応援したい!
月に1回の、ほんのひとときくらい、自分を甘やかしてシンデレラになってもいいじゃない?
そんな発想から、海老名で活躍するセラピストさんたちを中心に、
月に1回、海老名駅徒歩1分の、サンドグラスカフェさんをお借りして、
癒し(セラピー)イベントです。

ココロとからだを癒す、いろんなブースが全10出展いたします。
またまた、海老名を中心として活躍するアーティストさんによる、
みただけで女子力があがっちゃいそうな物販もございます~
詳しくは、I be cafe ebinaのブログより

お時間のある方は、お買い物やランチのついででも、ぜひお立ち寄りくださいませ~

ワタシは、イベント限定の『薬膳セラピー』で出展しております。
簡単な体質チェック後、ライフスタイルに合わせた無理のない食&生活養生をアドバイスいたします。
現在、花粉症や冷え症などのお悩みのある方は、体質改善のアドバイスも致します。
20分 2000円です。(チェックシート記入などを含めると約30分です)

現在、
12:00~
12:30~
15:00~

ご予約可能となっております。


お問い合わせ&ご予約は、右下のメールフォームまたは、
コメント欄空よろしくお願いいたします。
コメント欄をご使用の場合は、からなず鍵コメントでよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 
スポンサーサイト

【花粉症対策薬膳講座】のレポート

なかなか更新できないけど、ワタシは元気です!笑
最近、更新してないと、体調を崩したのでは?と、心配をかけてしまうようなので~

更新できなかったうちの、講座のレポートです。

5月末に、「花粉症対策薬膳」の講座を、原宿にある薬膳カフェ、
ORIENTAL Recipe Cafeにてさせていただきました。

IMG_1908_R.jpg

今回の講座は、
大学の後輩でもあり、千葉で薬膳クッキーの工房をやってらっしゃる、
n*cafeさんの依頼だったのですが、
その、n*cafeさんが、ORIENTAL Recipe Cafeさんに、クッキーを卸してるご縁で。

集まってくださった皆さんは、大学や他のところで薬膳を学んだ方がほとんどでした。
実は、花粉症は、中国ではあまり症例がなく、
中医学の教科書などには載っていないんです。

ですから、ワタシは、娘の花粉症体質を改善したことや、
ワタシの生徒さんが、1年間で少しずつ体質改善し、花粉症が軽くなったことの
統計で、お話をさせていただきました。

花粉症が出る季節に、その症状を軽くする薬膳は対症療法にすぎません。
もちろん、症状が出てしまってたら、その時期の過ごし方や薬膳も大事だけど、
中医学の強みは、来年の花粉症をどれだけ体質改善して楽に過ごすかにあると思います。

そのためには、この夏が絶対大事!!

ですから、いつも花粉症講座の依頼があると、
「夏にやらせてください!」ってお願いしてます。

来年の花粉症を少しでも楽に過ごしたいなら、この夏、冷たいものを食べすぎないようにしてくださいね。

・・・といいながら、
参加者のみなさんは、温かいお茶を飲まれる中、
ワタシがcafeでオーダーしたのは、
IMG_1907_R.jpg
キヌア入りのゴママンゴーオレンジ(だったかしら?笑)

だって、午前中も別のところで話してきたから、
のどが渇いてたんだもの~笑

しかもこの色、惹かれますよね~!!
(・・・って言い訳劇場ですが 笑)

ORIENTAL Recipe Cafeさんのジュースには、氷が使われていないので、
これも大事なポイントです。

氷が入ると、氷点下になっちゃいますからね~
我が家も氷を使うのは、炎天下に部活に出かける息子の飲み物のみ。
炎天下で悪くならないことが一番ですからね~笑

その息子も、家では、氷を飲み物にいれません。

娘は、夏でも温かい飲み物を持参してます。
なによりも、冷たいものの取りすぎで、花粉症や喘息などの、体調を崩す辛さを知っているから。

花粉症のみならず、喘息やアトピーのある方は、
体質改善を考えるなら、まず、この夏冷たいものを控えてくださいね。

氷入りよりは、氷なし。
冷たいものより、温かいものですよ~

そして、
花粉症体質や、喘息体質を改善したい!
この湿気による、不調をなんとかしたい!!
という方は、こちらの講座はいかがでしょうか?
夏養生の薬膳
日時:6月14日(土)10:00~12:00
場所:小田急線・相模線・相鉄線 海老名駅近郊(徒歩15分)
    小田急線厚木駅近郊(徒歩10分)
   ※詳しくは、お申し込み後、ご連絡いたします

ご受講料:ゲスト様 4000円
       ※「薬膳とは?」プチ講座ご受講の方は、プラス500円

ちなみに、『おうち食医養成講座』会員様も、お振替&2年目アドバンスコースの方も再受講可能ですが、
受講料の形態が、ゲスト様とは異なりますので、お問い合わせくださいませ。

明日開催ですが、若干名空きがございます~

お問い合わせ&お申し込みの方は、このブログの右下のメールフォームから、
もしくは、コメント欄に鍵コメにて(その際は、メールアドレスをご入力くださいませ)
よろしくお願いいたします。

連続講座は難しいけど、単発で参加したい!
10月から開講のクラスを検討しているけど、雰囲気を知りたい!
・・・ってかたも、ぜひぜひお待ちしておりますね☆

018 (2)
夏の薬膳食材の試食もございますよ~
      
ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

【6月のイベントお知らせ】
I be cafe ebina

6月23日(月)10:00~16:00
サンドグラスカフェ(海老名駅徒歩1分)にて


いつもみんなのために頑張る、女性のココロとからだを応援したい!
月に1回の、ほんのひとときくらい、自分を甘やかしてシンデレラになってもいいじゃない?
そんな発想から、海老名で活躍するセラピストさんたちを中心に、
月に1回、海老名駅徒歩1分の、サンドグラスカフェさんをお借りして、
癒し(セラピー)イベントです。

ココロとからだを癒す、いろんなブースが全10出展いたします。
またまた、海老名を中心として活躍するアーティストさんによる、
みただけで女子力があがっちゃいそうな物販もございます~
詳しくは、I be cafe ebinaのブログより

お時間のある方は、お買い物やランチのついででも、ぜひお立ち寄りくださいませ~

ワタシは、イベント限定の『薬膳セラピー』で出展しております。
簡単な体質チェック後、ライフスタイルに合わせた無理のない食&生活養生をアドバイスいたします。
現在、花粉症や冷え症などのお悩みのある方は、体質改善のアドバイスも致します。
20分 2000円です。(チェックシート記入などを含めると約30分です)


お問い合わせ&ご予約は、右下のメールフォームまたは、
コメント欄空よろしくお願いいたします。
コメント欄をご使用の場合は、からなず鍵コメントでよろしくお願いいたします。

現在、
11:00~
11:30~
12:00~
12:30~

は空きがございます。

単発講座も難しいけど、梅雨や夏にこういうトラブルがあるけど、
何を食べたらいいの?・・・ってかたも、お待ちしておりますね~




にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 






夏こそ!!花粉症体質改善

このブログを、以前から読んでくださってる方には、
もはや、常識となってしまったかもしれませんが(笑)、
実は、
花粉症を体質から改善するには、夏しかありません!!

先日、こんな話を花粉症の方としていたら、
「ほとぼりが冷めたころだから、忘れちゃうんだよね~」
・・・そのとおりですよね~

そして、花粉が飛び始める時期、
早い人なら、年を明けたころくらいかな?花粉症を気にしだすのは・・・

でもね、それで、毎年、薬を飲みますか??
ずーーっと飲み続ける薬は、だんだん効かなくなってきて~なんてお話も聞いたりします。

花粉症がつらくなった時に飲むお薬は、
その場の症状を鎮める、対症療法にしかなりません。

実は、薬膳でも、花粉症の時期に症状に合わせて食べたりしたらいいものもありますが、
それも、その場の辛さをとりのぞく、対症療法です。

やはり、体質から改善するには、その症状が出ていない夏しかないんですよね~

では、なぜ夏か?
理由はたくさんあるのですが、
一番は、夏は体に熱がこもりすぎないように、体が発散の方向にあるので、
ベクトルは外向きです。
それに合わせて、体の奥にたまった余分な湿気を出し切ることができるからです。

この湿気、胃腸がちゃんと働かなかったり、水分代謝の悪さから発生するのですが、
これが、花粉症のもとになったりするんです。
出せる時期に、ちゃんと出し切ること!それが大切です。

矛盾しているようですが、体内に湿気がたまりやすいのも夏。
冷たいものをとりすぎると、胃腸の働きは弱くなり、食べたものから湿気を発生させます。

花粉症の体質を改善したい人は、
夏に冷たいものの取りすぎを控えること・・・これだけでも、立派な薬膳になります。
無理のない範囲で、やってみてくださいね。

「もっと詳しく聞きたい!」
「今年の夏こそ、花粉症体質を改善したい!!」
という方は、

今週の木曜日に、
花粉症体質改善の薬膳
講座をいたします。

日時:5月29日(木)15:00~16:30
場所:ORIENTAL Recipe Cafe (原宿駅竹下口から徒歩2分)
参加費:3000円

お申込み&お問い合わせは、このブログ右下のメールフォーム、
または、コメント欄に鍵コメにて、よろしくお願いいたします。


DSC09427_R_20140411091307b87.jpg
花粉症の薬膳茶一例

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

【6月のイベントお知らせ】
I be cafe ebina

5月19日(月)10:00~16:00
サンドグラスカフェ(海老名駅徒歩1分)にて


いつもみんなのために頑張る、女性のココロとからだを応援したい!
月に1回の、ほんのひとときくらい、自分を甘やかしてシンデレラになってもいいじゃない?
そんな発想から、海老名で活躍するセラピストさんたちを中心に、
月に1回、海老名駅徒歩1分の、サンドグラスカフェさんをお借りして、
癒し(セラピー)イベントです。

ココロとからだを癒す、いろんなブースが全10出展いたします。
またまた、海老名を中心として活躍するアーティストさんによる、
みただけで女子力があがっちゃいそうな物販もございます~
詳しくは、I be cafe ebinaのブログより

お時間のある方は、お買い物やランチのついででも、ぜひお立ち寄りくださいませ~

ワタシは、イベント限定の『薬膳セラピー』で出展しております。
簡単な体質チェック後、ライフスタイルに合わせた無理のない食&生活養生をアドバイスいたします。
現在、花粉症や冷え症などのお悩みのある方は、体質改善のアドバイスも致します。
20分 2000円です。(チェックシート記入などを含めると約30分です)


お問い合わせ&ご予約は、右下のメールフォームまたは、
コメント欄空よろしくお願いいたします。
コメント欄をご使用の場合は、からなず鍵コメントでよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

アトピー・花粉症の薬膳@薬膳コンシェルジュ

昨日は、薬膳コンシェルジュ協会で、講義でした。

テーマは、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患。

日本人は、海に囲まれて、湿気の多い環境や、
ストレスをため込みやすい性格により、胃腸の弱い人が多い。
そうすると、食べたものが、ちゃんと体に必要なものに変えられずに、
余分な湿として、体内に発生してしまう。

しかも、アレルギー疾患は、薬を飲み続けている人も多いから、
それだけで、胃腸には負担がかかってるわけだしね。

その負担がかかった胃腸では、より余分な湿を作り出しやすい。

その湿気がアレルギー疾患のもととなったりするんです。

だから、薬膳の講義をしつつも、本当は食べ物だけのアプローチじゃ足りないと思ってます。
だって、弱い胃腸では体に必要なものに変えられるチカラも落ちてますもんね。

ということで、午後9時から午前3時までの、眠りのゴールデンタイムの睡眠や、
入浴時間などの生活養生などもあわせてご紹介いたしました。

あとは、何を食べるよりも、
胃腸により負担をかける、
甘いもの、脂っこいもの、味の濃いもの、生もの、冷たいものなどを避けるとかね。


花粉症も、ぜんそくも、克服した娘の体験談などを交えて。
とても3時間の講義時間じゃ足りないけど、
あまり話しすぎて、生徒さんが混乱しないように気をつけつつ、お話させていただきました。

昨日は、花粉症の薬膳茶をお出ししました。
025 (4)_R
くしゃみや、水っぽい鼻水が止まらないタイプの花粉症用の薬膳茶。
シソ茶をベースにしたお茶です。

ほんのりのシソの香が好評でした

花粉症でお悩みのみなさんへ
本当に体質改善をしたいなら、残念ながら夏から始めないといけないので、
もう、今年はちょっと遅いです。

でも、これから先、秋・冬の季節に、ゴールデンタイムの睡眠と、
入浴を午後9時前にする。遅くなる場合は、さっとすませる。
そして、夕飯はできるだけ早い時間で軽めのものに。

・・・これに気をつけるだけでも、少しでも楽になると思います。

「夏はすぎちゃったから、もういいや~」ではなくて、
少しだけでも始めれば、花粉の量に関係なく、少しずつ楽になっていきますから~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

前回、ご紹介いたしましたが、
11月17日(日)11:00~17:30
代官山のCARATO 71
で、セラピストフェスタ 2013に出典いたします。

詳しくは、こちらのHPから
ワタシは、薬膳セラピーとして参加です。

前売り券も数枚ございますので、気になる方は、右下のメールフォームから
お問い合わせくださいね。

詳細は次回記事にします。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

花粉症ミニアドバイスと、ミニ花粉症講座

なかなか更新できないうちに、世間では花粉症ですごいことに!?

前記事では、息子が、
「俺のクラス、俺意外みんな花粉症!」と言ってて、
そんな訳はなかろう!!・・・と思っていたけど、

最近、電車に乗ると、
「ワタシ以外、みんな花粉症!?」と思ってしまうほど、
周りは、大変なことになっている。

・・・そんな訳もないんでしょうが 笑
確かに、症状がひどい人もたくさんいっらっしゃるようだ。


ということで、先日、秦野カルチャーセンターで、1dayの花粉症講座をさせていただいた。

西洋医学では、「花粉症は一度かかったら、なかなか治すことが難しい」とも言われているけど、
薬膳のもととなる、中医学では、体質改善をすることで、
花粉症になりにくい体にすることができる。

花粉症にオススメの食材や、タイプ別の対処方法などをお話させていただいたけど、
実は、一番の薬膳は、「無理して食べないこと」だとも思っている。

花粉症の症状が出ていて、胸になんだかつかえてたり、お腹が動いてないような感じがして、
食欲がなかったら、

無理して食欲が増すように、スパイスたっぷりのものや味の濃いもの、
食べやすいように、生のフルーツや野菜、冷たいものなどを食べるようなら、
無理して食べずに、量を減らしたり、あっさりしたものを少量食べるのもオススメ!

お腹がすかないのは、からだが、
「これ以上食べても、ちゃんと消化しきれないよ!」と、自分に教えてくれてるサイン。

ちゃんと消化しきれなかった食べ物は、
体に必要なものに変われずに、からだに不要な湿気となり発生してしまう。
その湿気が、ますます花粉症の症状を悪化させる原因ともなりかねない

他にも、甘いものや、脂っこいものなども胃腸や消化器官に負担をかけて、
食べ物から余分な湿気を発生させやすいので、この時期は要注意!!

こんなお話を、3//24(日)にもさせていただきます。

ワンコイン花粉症ミニ講座■

セラピーフェスタ ♪せらふぇ♪に、『めぐるうるおい♪くすいむん&happiness♡ 』
というブースで、出店いたします。コチラ

フェスタ自体は、10:00~18:00まで開催していますが、
ワタシの、花粉症講座は、

10:30~、11:30~、13:00~、14:00~

の4回いたします。

座席の関係で、定員最大3名の、セミプライベートレッスン。

日時:3月24日(日)10:00~18:00
場所:プロミティあつぎ(小田急線本厚木駅から徒歩4分)
入場料:前売り券2000円/当日2500円
    イベントには、ヨガや各種マッサージなどいろんな癒しブースが出店いたします。
    このチケットは、後日、サロンでの割引券として使えるところもあるそうです。

ワンコイン花粉症ミニ講座料金:500円(30分)

30分で短めですが、席の関係上、2~3名のセミプライベートレッスンになるので、
体質別にアドバイスできると思います。

他にも、花粉症のためのお茶や、春の薬膳茶もおいてあります。
よかったら、遊びに来てくださいね~。

DSC09427_R.jpg
こちらは、花粉症のお茶。

「薬臭いのかな?と思ってたけど、飲みやすい~」と、なかなか好評です。
24日は、試飲もできますので、ぜひ~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

聖徳大学オープンアカデミーのお知らせ
ご縁があり、今年、千葉の松戸にある、
聖徳大学のオープンアカデミー(SOA)で講師をさせていただくことになりました。

5/17(金)・5/31(金)・6/14(金)の全3回の講座で、
時間は、13:00~14:25
受講料は、5200円(内・教材費 700円)
です。

今回のテーマは薬膳いろは

第1回 『い』つもの食材がおくすりに
第2回 『ロ(ろ)』ハスな薬膳ルール
第3回 『は』じめての薬膳ごはん

です。
いろはがるたを真似て、ちょっと言葉遊びをしてみました~笑

薬膳って何?から、最後は簡単な初夏の薬膳の組み立て方までご紹介できたらいいな・・・
と思ってます。

3月末がお申し込みの締め切りです。

お申込み&お問い合わせの方は、
聖徳大学生涯学習課 047-365-3601
ホームページはコチラから

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ










プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: