のりたま闘病記?その2

◆4月のイベントお知らせ◆
明日です!
I be cafe ebina

4月14日(月)10:00~16:00
サンドグラスカフェ(海老名駅徒歩1分)にて


いつもみんなのために頑張る、女性のココロとからだを応援したい!
月に1回の、ほんのひとときくらい、自分を甘やかしてシンデレラになってもいいじゃない?
そんな発想から、海老名で活躍するセラピストさんたちを中心に、
月に1回、海老名駅徒歩1分の、サンドグラスカフェさんをお借りして、
癒し(セラピー)イベントです。

ココロとからだを癒す、いろんなブースが全10出展いたします。
またまた、海老名を中心として活躍するアーティストさんによる、
みただけで女子力があがっちゃいそうな物販もございます~
詳しくは、I be cafe ebinaのブログより

お時間のある方は、お買い物やランチのついででも、ぜひお立ち寄りくださいませ~

ワタシは、イベント限定の『薬膳セラピー』で出展しております。
簡単な体質チェック後、ライフスタイルに合わせた無理のない食&生活養生をアドバイスいたします。
現在、花粉症や冷え症などのお悩みのある方は、体質改善のアドバイスも致します。
20分 2000円です。(チェックシート記入などを含めると約30分です)

現在、ご予約可能は時間帯は、
10:30~
11:30~
12:00~
12:30~
13:00~
13:30~
14:00~
15:30~
となります。
お問い合わせ&ご予約は、右下のメールフォームまたは、
コメント欄空よろしくお願いいたします。
コメント欄をご使用の場合は、からなず鍵コメントでよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

ちょっと、バタバタしていて、続きを書かなかったら、
関西に住む、幼馴染から「体調大丈夫?」と連絡が入った。

大丈夫です~
もう、すっかり良くなりました!
ご心配をおかけして申し訳ないです☆

さてさて、前回の続きです。
熱が下がって、調子に乗ったワタシは、その後の予定をこなす。
そういう時に限って、娘の定期演奏会とか、外せない用事が続く。

本当は、熱は下がったけど、病後の回復のために、
早寝したり、食事もものすごく軽くしないといけないんだけど、
夜寝るのも遅く、食事も不摂生に。

すると、からだは正直で、からだが受け付けなかった食べ物は湿に。
その湿をからだは出したくて、止まらない咳になる。

昔から、咳が出始めると、ひどくて長びくワタシ。
しばらく講座はなかったけど、早く治さないとまずい。

用事をひととおりこなした後は、やはりほぼ絶食の毎日。
夕飯は絶対に食べずに、朝昼はスープメインの食事。
どうせたくさん食べても、弱った体は受け入れてくれないから、
せめて少量でも咳にい薬膳スープを・・・と、
059 (2)_R

咳にいい百合根、
咳のしすぎで肺が炎症を起こして熱をもっちゃうから、
潤いのクコや、
からだに水分を増やす白キクラゲ、
痰を出しやすくし、胃もたれ防止に陳皮は、
マストアイテム。

これらを煮出してお茶にしたり、
冷蔵庫のあまり野菜をいれて、スープにしたりした。

美味しそうなチョコレートもいただいたけど、
咳が止まるまでは、
甘いものも、脂っこいものも、生ものも、冷たいものも我慢だ。

そして、何より気をつけたのは、早寝!
できるだけ、眠りのゴールデンタイム、夜9時~夜中の3時までは
1分でも長く眠るようにした。

心配した息子が、ワタシの愛読書のジャンプをお見舞いに貸してくれるが、

娘に、
「調子を悪くして、長びかせて、恥ずかしくないの?
早く治して、生徒さんに迷惑をかけないようにしろ!」と、
ジャンプをとりあげられ、怒られる。

もっともなことなので、反省して寝る・・・。

もちろん、ワタシの胃腸は、まだ100%回復してないから、
咳止めの薬膳でなく、肺のツボを刺激し、お灸をする。
無理して口からとっても、余分な湿が増えちゃうからね~

すると、1晩中咳がでたのは、1日だけ。
あとは、ものすごく楽になって、長びくこともなく治ったのです。

でもね、高熱の日や、咳がひどい日は、家族も心配をしていたけど、
あとは、不調と思っていたのは、ワタシだけ。
家族には、「あれ?調子が悪かったの??」って言われてた。

だって、不調のワタシよりも、他の家族の方が、痰はでるし、鼻水は出てる 笑
それでも、普段、痰も鼻水も出ないワタシにとっては、重症だったんだよ~
(たぶん、一般の人から見たら、ものすごく軽症です)

悔むべきは、息子の卒業&入学があり、
変化に弱い息子が、少しでも不安にならないようにと、
ほぼ2週間仕事をセーブしていたのですが、
それをすべて闘病につかってしまったこと。

ワタシに言われても全く説得力はないと思いますが、
春先の、高熱が出る風邪には、お気を付けくださいませ~

なによりものお薬は、睡眠です~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


スポンサーサイト

ヒミツのお出汁の活用法

もったいぶるほどじゃない(笑)ヒミツのお出汁の活用法を・・・

ちなみに、このハンバーグ、
DSC07562_R.jpg

こうして蒸し煮にしてある。
DSC07565_R.jpg

以前も記事にしたけれど、
『焼く』という調理方法は、実は、薬膳的にはあまり適さない。
どうしても、火を通す時間が短時間になってしまうからだ。

ちなみに、『揚げる』も、高温で短時間だから、同様だ。


逆に、適した調理方法は、『煮こむ』
ほら、薬膳というと思い浮かべるお粥もスープも煮こんであるでしょ?


だから、ハンバーグも蒸し『煮』にしてみた。
そして、この煮こんでいる汁こそ、
干しシイタケと、昆布で作った、ヒミツのお出汁。

強制的に戻ってきちゃった(笑)シイタケも、
ちゃんとみじん切りにして、ハンバーグに入ってる。

緑の浮いてるのは、セロリの葉っぱ。
ドライセロリ葉(って何?はコチラ)にしてパラリもいいけど、
煮こみ料理の時に、そのまま入れちゃってもいい。

セロリは、「」を流してくれるから、胃もたれ防止にもなるし。


スープや、味噌汁にはもちろん、煮ものにも便利なヒミツのお出汁。
ぜひぜひ常備を~

ちなみに、この鶏のさっぱり煮も、ヒミツのお出汁で。
DSC07494_R.jpg

この炊き込みご飯も
DSC07596_R.jpg
こちらは、強制的に戻った(笑)昆布も入っている。

ほら、使えるやつでしょ?
ヒミツのお出汁。


これは鶏つくね。もちろん『煮』てある~
鶏は、ランチにピッタリなので、お弁当にも~
DSC07609_R.jpg
朝連に持っていく娘のお弁当だから、早朝、パチリでうす暗い(いい訳劇場 笑)


ははは・・・やっぱりもったいぶるほどじゃないけど、
こんなお手軽まいにち薬膳が、体質改善のヒミツ



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。

よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・

喘息予防にも!?ヒミツのお出汁

この秋、で苦しむ人や、肺炎や、
治っていたと思っていた喘息に苦しんでいる人が多いという。


秋は、乾燥の季節。
そして、乾燥に弱いのは『肺』

でも、秋に乾燥しているのは、何も今年に限ったことじゃない。
なぜ、今年、肺のトラブルが多いのかは、以前も記事にしたけど(詳しくはコチラ)、

ふと思った、
「そういえば、今年、我が息子は全然が出てない!!」

娘が喘息持ちなのは、以前から記事にしているけど、
娘は、お陰さまで、ワタシが薬膳を始めてから徐々によくなり、
ここ何年かは、ひどい発作はなくなり、
「とてもあやしい」(←喘息っ子をお持ちの方、この表現わかります?)ことも年に1,2回あるかないか。


ところが息子は、喘息持ちでないにもかかわらず、秋のこの時期だけは、弱く、
が止まらなくて、苦しくて、ひと晩中眠れない日が必ずあったのだ。


ところが、今年はない!!!

もしかして、みなさんは思うかもしれない。
「どうせ、のりたまさん家の子だから、好き嫌いもなく、
薬膳料理も、バクバク食べるんでしょ?
夏も、余分な湿ができないように、ちゃんと常温以上のものばかり食べてるんでしょ?」と。


いえいえ、お恥ずかしながら我が息子。
甘いものや脂っこいもの、味の濃いものが大好き!

カップラーメンや、スナック菓子が大好き!
マックも大好き!かき氷も大好き!
極めつけは、アイスが大好き!!

ほら、喘息の原因の湿がたまりやすいものは、彼の大好物
毎年、秋にが止まらないのはわかるでしょう~?(笑)

もちろん、食べないのが一番いいけど、
『心の栄養』もあるので、全部はとりあげたくない。
夏休みのお楽しみでもあるしね☆

優しい中医師で薬膳師の母は、
その中から、1日に1つだけ彼に選ばせた。
「今日は、カップ麺を食べたから、他の甘いもの脂っこいものはなしね~」と。

そして、食べる時間は、昼間。
遅くとも、夜の7時までに食べる。

ちゃんと体が受け入れる前に寝てしまうと、
やはり、「湿」を作る原因になっちゃうからね。

それから、いつもの生薬はお料理に・・・。
オウギやナツメ、陳皮は、毎日どっかの料理に入ってる。


でもね、実はこれって、毎年の夏のこと。
今年に限ったわけじゃない。


ということは、勝因は別にある。

今年の夏、我が家が心がけたのは、
夕飯に、必ず汁ものを飲んでたこと

いや、むしろ食欲がない日でも、他のものは食べなくても、汁ものだけは飲ませていた。

これ、初夏にやった薬膳講座でも、多分に記事にもしたけど、

夏は、消化能力が落ちるから、食欲がなくても当たり前。
無理に食べさせようとせずに、汁ものだけはちゃんととって!

・・・とお話したとおもう。


なかなか暑い日は汁ものを飲みたがらなかったり、
母も、「飲まないなら・・・」と作らなかったりするけど、
あえて、「汁ものだけ食べたらいいよ!」にした。


それから、

ヒミツ?の出汁を毎日使っていた

ヒミツなんて大げさに書いたけど(笑)、
実践している人は日課のようにしていると思う。

それは、
「干しシイタケと昆布のお出汁」

作り方は簡単!
干しシイタケと、昆布を水に浸しておくだけ。

これが我が家では常に冷蔵庫に入っている。

以前もたまに作っては入れてたけど、
今年は、放射能のことも気になるので、

免疫力アップのシイタケと、
デトックスの昆布のお出汁を毎日使うようにした。


シイタケが安い時は、ベランダで干しシイタケ作りも。
DSC07495_R.jpg

このお出汁、ものすごく使えます。
汁ものにしてもいいし、煮ものにもいい。

和食はもちろん、中華にも合うし・・・。

そして、嫌でもシイタケは戻ってくるから、
いろんなお料理に刻んで使いまくる~


もちろん、息子が成長し体力がついてきたのもあるかもしれないが、
実は、このお出汁の効果が以外とあるのではないか・・・と思ってる。


このお出汁、これから風邪やインフルの流行る時期の予防にもなるので、
ぜひぜひ、お試しくださいね~

・・・って、このお出汁の活用方法を書こうと思ってたのに、
あまりに長い記事に・・・

次回に持ち越させていただきます~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

前回は、猛暑の過ごし方の お話をしましたが、
今回は、冬の過ごし方のお話をしたいと思ってます。

喘息などの体質改善は一日にしてならず!!です。
お家でできる簡単薬膳で、体質改善のお話もしたいと思ってます。

よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・





秋の咳の話

世間では、ここのところで苦しんでいる人が多いようだ。

TVでも、炎のことが話題になったり、
電車の中でも、こんで苦しむ人が多い。

ワタシのブログでの検索キーワードでも、関係が多い。

みなさんはいかがですか?


実は、この状態、ワタシはとても恐れていました。

この夏は、猛暑に加えて節電。
冷房の温度をあまり下げられない&冷房を使わないなどの
暑さを紛らわすために、みんな冷たい食べ物に走りませんでしたか?

TVでも、氷をいれた冷たいお鍋や、『ひんやりグルメ』の大特集。
「猛暑対策にはどうしてますか?」のレポーターの質問に、
「アイスを毎日食べてます」と答えてた人もいたっけ。


でもね、このブログでも、初夏の薬膳講座でも、お話したように、
夏は冷たいものを避けないといけないんです


恒温動物である人間の体は、外の気温が40度になったからと言って、
体温も40度になるわけじゃない。

体の熱を外向きに発散させることによって、
体温の上昇のし過ぎを防いでるんです。

ということは、夏、一番アツイのは手足などの末端。
逆に、お腹の中は冬よりもずーっと冷えてるんです。

ただでさえ、臓(消化器官)は、冷たいものが苦手なのに、
さらに冷えている夏に、冷たいものを食べたら・・・
ちゃんと働かなくなってしまうのは、当然ですよね?

臓がちゃんと働かなくなると、
食べたものが、ちゃんと体に栄養分として吸収されず、
体に余分な湿気となってしまうんです。


体の奥底に湿気があると、いつまでたっても喉が渇いたり、
湿気が熱をもって、鼻や耳や喉の奥の、手の届かないところがかゆくなったりするんです。

本来は、体のベクトルが外に向いている夏が、
体の奥底の余分な湿気を出しやすい季節。
体の余分な湿気が素でなりやすい喘息や花粉症の人には
改善する大チャンスの季節なんです。

・・・が、上手に湿気を出すどころか、
湿気を作ってためてしまった人は、
秋のこの時期に、より乾燥しやすくなってしまうんです

そして、乾燥に弱いがやられやすくなってしまいます。
体の中には、湿気はあるのに、潤って欲しいところは潤ってくれないんです。

からが続いている人がいるかもしれませんが、
もしかして、奥底に余分な湿気があってそれがになって外に出たがってるのかもしれません。


逆に、夏に冷たいものをとり過ぎず、上手に過ごした人は、
いつもの秋よりも、調子がいいかもしれません。

実は、我が娘の喘息や花粉症が年々楽になって行くのは、
夏の過ごし方が必勝ポイントだと思ってます。

「あぁ・・・夏をもっと気をつけてすごしたらよかった・・・」
とお思いのあなた!

過ぎたことを言ってもしかたありません。


これから気をつけて、少しでも楽に過ごしましょう!

もし、夏に冷たいものをとりすぎた記憶のある方。
別にアイスでなくても、冷たい冷ややっこやサラダ、
口当たりのよかった生ものや生野菜など、
もしかしてとりすぎちゃったかも・・・・と思われる方。

秋は潤いが大切ですが、
同時に、臓(消化器官)に負担をかけないようにお過ごしください。

ポイントは、
甘いもの・油っこいもの・辛すぎたり味の濃いもの、
それから生もの・冷たいものを控えて、
じっくり煮込んだおかゆやスープなどにして、消化吸収の良いものを心がけてくださいね。


穀類・イモ類・豆類・かぼちゃ・とうもろこしなどがオススメですが、
特にオススメなのは山芋。
臓を元気にし、を潤してくれる、この時期にありがたい食材です。

DSC07506_R.jpg
これは、ナツメ入りの粟のおかゆ
ナツメは、「の果」ともいわれるくらい臓にいいですし、
粟も脾臓にオススメ。

さらにお粥で体に負担をかけない~

あわは、うるち米種ともち種がありますが、
もちあわではなく、ぜひうるち米種のものを・・・



陳皮(ってなに?はコチラ)も、消化器官を乾かして、元気にしてくれます。
既にできた湿気も出しやすくしてくれますので、
上手にご活用ください。


そして、今現在、炎で苦しむ方・・・
できるだけ早めの睡眠を心がけてくださいね。
(って言ってもなかなか眠れず苦しいかもしれませんが・・・)

多分、病院から処方されたお薬を飲んでいると思いますが、
ゴールデンタイム(午後9時~午前3時)にしっかり眠ると、
薬の効きも全然違うと思いますよ~


食欲がなかったら無理して食べなくても大丈夫です。
水分だけはちゃんととってくださいね。
そして、お大事にしてください。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



強いは、強い脾臓からそして、それらは強い種から・・・
来年の夏こそは夏バテせずに、
来年の秋こそはや喘息のトラブルがなくすごしたいあなた!
人間の体はつながってます。

病気の少ない1年になるように、一緒に考えてみませんか?

ということで、
11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

ぜひ、遊びに来てくださいね!
詳しくはコチラ・・・





ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ








秋の喘息&咳に!くすいむんごはん

次回は喘息の具体的な対策を・・・と書いておきながら、またまた更新できずにいたワタシ
いつもながら、ごめんなさい。

今回は喘息のお話です。
これは、喘息と診断されなくても、管支の弱い子、喘息未満の子も
読んでいただけると嬉しいです。


秋の季節の変わり目、喘息もちさん&そのお母さんにとっては苦しい季節。
現在小6の娘は、幼稚園のころから喘息に悩まされている。
その苦しみは、十分すぎるくらいわかっている・・・

秋は、運動会、遠足などなど、大きな行事も多く、
なるべく健康な状態でのぞませたい・・・。そんな親心も十分すぎるくらいわかっている・・・。


朝、変なをしてないか、鼻水はどうか、チェックして、
夜、胸の音は平か、寝てるわが子に耳をあてる。
ドキドキの毎日

発作がでると、寝ると苦しいから、ひと晩中起きて、抱っこしながら寝かせる・・・
きっと、そんな経験をしているののは、ワタシだけじゃないはず・・・。


そんな苦労を、ただ「季節の代わり目だから仕方ない・・・」ですませたくない!
薬の他に、なにかワタシにできることはないだろうか・・・


・・・ということが、ワタシが薬膳を勉強し始めた理由の1つでした。
記事にしながらで申し訳ないのですが、喘息は奥が深く、原因も人によって違うため、
この子にはこれ!・・・といった明確な治療方法がワタシには示せないのです。

まして、舌の色も見れないし、一人一人の詳しいお話も聞けないブログでは、
ピッタリの解決方法ではないかもしれません。

それに、詳しいお話を聞けたとしても、まだまだ勉強不足のワタシには、
的確に答えられないかも・・・
もっとちゃんと分かるようになりたくて、国際中医薬膳師を取った後も、大学に通っていますが、
まだまだ、教授のように、ちょっと見ただけでぴったりの解決方法をいえません。

ほんとうに、ごめんなさい
でも、なにも始めないよりも、確実に少しづつだけど、前進します。
今から始めたら、次の季節の変わり目にはちょっとだけ楽になるはず!
そう、信じ続けて3年目の我が家の喘息対策のくすいむんごはんを書きます。



まず、前回の記事でも書いたとおり、
喘息の発作の真っ最中、くすいむんごはんは、まず無理です
発作が出た方は、すみやかに吸入などをしてくださいね


吸入を終えた後、お子さんのはすんなり出ますか?
なかなか出ないときは、こんなごはんはいかがでしょうか?

DSC04229_R.jpg

だし、止めにごぼうのサラダ

詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!咳・喘息予防にごぼうサラダ by のりたま@くすいむん

大根・ごぼう・レンコンは止めのチカラ。
大根・きゅうりで、体の熱をとり、炎症を起こしている肺の熱を下げてあげる。
ごまは潤いをあたえるから、
乾燥の秋の水分の少なく出にくいにオススメ


他にも、里芋・豆乳・梨・びわ・りんご・レモン・海藻類・烏龍茶なども効果あり


あと、我が家がよくつくるスープ、「豆乳コーンスープ」
今回は、秋バージョンで、更に体を潤しを出しやすくするように、
くず粉と卵も入れました
喘息やひどいで落ちている体力回復にもいいかも!
DSC03087_R.jpg
(う~、写真がぼやけてる~

詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 痰のからんだ咳に、中華風豆乳コーンスープ by のりたま@くすいむん

秋は、乾燥の季節だから(なぜ?乾燥?はコチラ)
このバージョンでいいけれど、梅雨時は卵やくず粉がない方がいいかも!
体内で余分な湿をうまないように・・・。
梅雨のバージョンは、豆乳、コーン缶、コンソメで洋風に

季節によって入れるものをかえる!
これも薬膳




長くなってしまったので、今回はここで・・・
しばらく、大学がお休みになるので、なるべく早めに更新しますね(予定! 苦笑)



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: