おうちごはんを、『疲労回復薬膳』に

昨夜、娘が2泊3日の修学旅行から帰宅した。

何年か前の先輩が、京都・奈良で大暴れした?とかで、
娘の中学が出入り禁止になったとかならないとか・・・。

そんなこんなで、何年か前から、田舎の民家にホームステイして、
農作業や家業のお手伝いをすることが修学旅行。

滋賀に行くのに、琵琶湖も彦根城も、もちろんひこニャンも、
観光は一切なし!

行く前は、「合宿だと思えばいい。2泊3日の辛抱だし!」と、
自分にいいきかせ、出かけて行った娘。
おいおい、修学旅行って、もっとワクワクしたもんだよねぇ・・・。

でも昨夜、笑顔で、「楽しかった~!」と帰宅。

普段、あまり話さない友だちとも、たくさん話して、仲良くなったって。
それが一番楽しかったという娘。

観光名所も、名物も、大人になれば、自分のお金で手に入れることはできるけど、
友だちとの経験は、今しか手に入れることはできない大切なもの。

ホントにいい修学旅行だったと思う母でした。


いろんな経験をした娘、興奮気味ではあるけれど、体も気持ちもお疲れのはず。

・・・というわけで、用意した夕飯メニュー
DSC08642_R.jpg
慌てて撮ったから、なんだか薄暗い写真でごめんなさい~

●親子丼
 ・ヒミツのお出汁(何?はコチラ)
 ・ナツメ
 ・塩糀が入ってる。

これは、娘の大好物!
ヒミツのお出汁と、塩糀で、とーっても深みのある味わいになる。
甘味にナツメを加え、お砂糖・みりんは控え目に。

気も遣っただろうから、気血を補う、鶏肉と卵、ナツメ、しいたけ。


●アスパラ、キャベツの温野菜&Wポテトサラダ
 ・長芋とじゃがいものWポテサラ。もちろんお疲れの消化器官を補う陳皮いり(ちんぴって?はコチラ)
 
アスパラも、キャベツも、疲れた消化器官(脾臓)にはありがたい。
アスパラ、長芋とも疲労回復にもいいし、
お菓子をいつも以上に食べ過ぎて、たまった余分な湿気を出してくれる。


●あさりのおみそ汁
 
アサリなどの貝類は、とっちらかった気持ちを落ちつけてくれる。
たくさんの経験をして、興奮気味だからね~
あさりも、除湿に◎だし!


普通の地味なうちごはんだけど、ちょっとの工夫で、
『疲労回復薬膳』になるでしょ?


たまたま帰宅が早かった、ダンナと息子には、
「せっかくだから、外食しようよ~」との大ブーイングだったけど、

帰宅した娘は、
「あ~、うちの味は落ち着く!やっぱり、ママのごはんは一番おいしいよ!!」と。

な~んて、言葉が言えるようになったのは、
一番の修学旅行の収穫かな~笑

時間が無くて、お土産もほとんど買えなかったけど、
母はいいお土産をいただきました~ ありがとう。


遠足や、修学旅行、キャンプ、などの行事がある時期。
お子さんじゃなくても、出張帰りとか、ここのところ忙しいとか、
お疲れ気味の人に、
こんなごはん、いかがですか?


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




こんなふうに、いつものごはんを簡単薬膳にアレンジする方法、ご紹介します。

7月から、秦野カルチャーセンターで、『薬膳ノススメ!』の講座をさせていただきます。

こちらは、薬膳茶を飲みながら、
薬膳料理をご自分で作るポイントをお話します。(座学です)

毎月第1火曜日13:00~14:30 
受講料 2、625円(教材費別途)
DSC08320_R.jpg

その講座に先駆けて、
6月に無料体験講座があります。
日時:6/5(火)13:00~14:00
場所:秦野カルチャーセンター
   (小田急線秦野駅前 神奈中ホテル内)
教材費:500円(薬膳茶試飲&プチ薬膳ギフト付)

こちらも、ぜひ遊びに来てくださいね~ 
 
お申込み&お問い合わせは、
0463-80-4411 秦野カルチャーセンターまで


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


そして、毎年、花粉症に悩まされてるあなた!
体質を改善しないと、また来年も花粉症になってしまいます

花粉症を本当に治したいなら、夏が大チャンスです!!

ヨガのインストラクターでもあるセラピストの渡辺さんと、 薬膳とのコラボです。

健美UPワークショップ Ki-rakuヨガ&薬膳

日時:6月17日(日)
場所:WatanabeNaokoPrivtesalon(茅場町駅から徒歩8分)

テーマ『夏バテしない体づくり』
夏バテしない体をつくれば、
秋冬の風邪予防や、春の花粉症予防につながります。

ワタシの娘は、夏の過ごし方で、花粉症を治したと言っても過言ではありません。
花粉症で毎年悩まされてる方、必見です!!

11:00~12:00 Ki-rakuヨガ
12:00~12:30 薬膳座学
12:30~13:30 薬膳ランチ

料金:5,000円(薬膳ランチ付)
定員:10名
持ち物:動きやすい服装

薬膳夏ランチをご用意します。
毎回、できるだけ3ステップで完成する簡単レシピをご紹介しています。
暑い夏、手順が少ない方がありがたいですからね~

ハト麦・緑豆の「夏の除湿コンビ」も登場します~

ぜひ、遊びに来てくださいね~



お申込み&お問い合わせは、
くすいむんごはんのメールフォームまたは、直接サロンまで

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




 




スポンサーサイト

マイナス10歳肌も薬膳から

先日、肌年齢のチェックをしたら、
なんと、マイナス10歳肌!

「なにかしてるんですか?」と聞かれたけれど、
ワタシの使っている化粧品は、特に年齢化粧品のようなお高いものじゃない。
むしろ、家庭の主婦であるワタシ、ドラッグストアで手に入るようなものだったりする。

していること・・・あえていうなら、薬膳と漢方だけ~

「もともと、質のいい肌なんでしょ?」と思われた方もいるかもしれなけど、
実は、10数年前のワタシの肌はボロボロだった。
秋冬や、季節の変わり目は、特に乾燥が激しく、粉がふいていた
意味もなく、皮がポロポロむけたりね。


中医学では、が少ないと、乾燥肌の原因になる。
もともとが少ないうえに、
10数年前のワタシは、妊娠・出産・授乳・・・女性としてが消耗することばかりだ。


ついでに言うと、が少ないと、白髪や、髪がパサパサの原因にもなる。

その後、薬膳・中医学と出会い、
季節の体と薬膳を心がけたり、
がもともと少ない自分の体質に、を補うように心がけた。

実は、髪のパサパサは、自分でも無くなってきたと感じてたけど、
今回、肌年齢も若返った!!
文明の利器で、チェックしてもらい、実証できてよかった~

きっと、10年前に、肌年齢をチェックしていたら、実年齢よりも上だっただろう。

肌のアンチエイジングは、
なにもお高い化粧品を使うことじゃない。

食べ物で、からだの内側からケアしてあげるだけでも、
十分アンチエイジングになります。

特に、10年前のワタシと同じように、
妊娠・出産・授乳期にある方は、血を補ってあげると、
グッと肌の調子もよくなると思います。


ドライフツーツや、トマトなどの赤いもの、
黒ゴマ・黒米・黒きくらげ・黒豆などの黒いものが
血を補いますので、積極的に食べましょう。

そして、今からでも、マイナス10歳肌、目指しませんか??

3/30(金)・31(土)の
『こころとからだの健康フェスタ


東京都立産業貿易センター浜松町館3・4階  10:00~17:00
では、アンチエイジングのお話もいたします。

ワタシは、からだの内側からのアンチエイジング。
お世話になる、WatanbeNaokoPrivatesalonの渡辺さんは、からだの外側からのアンチエイジングを
お話します。

よかったら、遊びに来ませんか?
マイナス10歳肌の、ワタシがお迎えいたします。(←って、ハードルあげてどうする??苦笑)


詳しいスケジュールは、
●3/30(金)
10:30~11:10 オフィストレッチ ココロ編
11:30~12:00 花粉症対策講座
13:00~14:00 アンチエイジングはからだの内と外から
14:30~15:00 オフストレッチ カラダ編 肩こり&腰痛編
15:30~16:00 セラピストにできる復興支援
16:20~17:00 オフィストレッチ 骨盤編

●3/31(土)
10:15~10:45 オフィストレッチ ココロ編
10:55~11:25 オフストレッチ カラダ編 肩こり&腰痛編
11:30~12:00 花粉症対策講座
13:00~13:40 オフィストレッチ 骨盤編
14:00~14:30 春のからだと薬膳
15:00~16:00 アンチエイジングはからだの内と外から
16:15~16:45 セラピストにできる復興支援


入場料は、当日券1000円、前売り券700円です。
前売り券は、ローソンなどでも購入可能です。

このイベントは、東日本大震災の復興支援のチャリティーイベントです。
ワタシ達の他にも、代替医療のブースがでます。

詳しいことは、コチラから
『こころとからだの健康フェスタ2012』

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 





こちらは、平日夜のイベントのお誘い。
前回紹介してたものが、日にちが変更になりました。
**『はじめての薬膳』講座のお知らせ**

「薬膳って、ホントのところどんなもの?」「薬臭いの?難しいの??」
という、薬膳初心者の方向けのイベントです。

まず、薬膳ディナーをお召し上がりいただき、
そのあと座学になります。

お仕事の都合で、「19:00に間に合わない~」という方も、大丈夫。
薬膳ディナーをお召し上がりいただきながら、講座を聞いていただいてもO.K.です!

日時:4/25(水)19:00~21:00(←18日から変更になりました。お間違えのないように・・・)
会費:5000円(薬膳茶・薬膳ディナー・プチ薬膳ギフト付)
定員:10名
場所:Watanabe Naoko Private salonにて (日比谷線・東西線茅場町より徒歩8分)

お申込み&お問い合わせは、「くすいむんごはん」のブログのメールフォームまたは、直接サロンまで

前回、「平日の夜だったら・・・」とのお声もありました。
働く、忙しい方にも来ていただけるように・・・と、
夜の時間に設定しました。

毎日、仕事が忙しくて、「薬膳なんて・・・」と思っているあなた!
頑張るあなたのその体、毎日の工夫でちょっとだけ元気にできたら・・・

これも、微力ながら、ワタシにできる応援。

ついつい遅い時間にお食事になってしまう方に、
夕食の食べ方の、中医学的にみた、ワンポイントアドバイスもお話しようと思っております。

からだにいい夕飯を食べながら、遊びに来ませんか?


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 










中医学的アンチエイジング再び!

なんだか時間の使い方が悪いワタシ・・・。
忙しぶって、バタバタしているのは、
自分の要領の悪さをさらしてしまっているようで、お恥ずかしい限り・・・


この場をお借りして、
みなさんのコメントや訪問も遅れがちになっております。
ゆっくりと、気持ちを落ち着けてPCに向かいたいと思っても、
なかなかかなわず・・・・大変失礼をいたしております。
本当に、ごめんなさい。


そんなお詫び代わり?に、
アンチエイジング講座にお越しいただけなかった
遠方の方にも、ちょこっと情報を・・・。


まず、
「七七(49歳)を過ぎたらどうなるの?」ですが、
実は、中国最古の医学書、黄帝内経(こうていだいけい)の素問には、
「女性は七の倍数で変化する」様子が書かれてますが、
どちらかというと、生殖機能がかかれているので、
閉経の七七(49歳)までしか、書かれてないのです。


現代の女性は、七七を過ぎても、30年も40年も長生きする時代。
・・・ということで、どこかにないかなぁ~と、
同じく黄帝内経(こうていだいけい)の霊枢(れいすう)にいいものがあったので、
引用しました。

*ちなみに、黄帝内経(こうていだいけい)には、
素問(そもん)編と、霊枢(れいすう)編に分かれており、
素問編は基礎理論。霊枢編は針灸など、実技が多く書かれております。



霊枢は、男女共通。
10代刻みで書いてあります。
以下、原文訳です。(赤字はワタシの言葉です)

10歳・・・五臓が成長し始め、気血がすらすらとめぐるようになる。
     気が下にあるので、走るのを好む。
     そうだよなぁ・・・じっとしてろ!って言っても走るしなぁ・・・
20歳・・・気血が旺盛になり、肌肉が勢いよく生長しているので、
     早足で歩くことを好む。

30歳・・・五臓が成熟し、肌肉がしっかりし、血気はさかんになるため、歩くのを好む

40歳・・・五臓六腑はピークに達し、盛→衰へ。肌のきめはあらくなり、顔の色つやが減り、
     髪は白髪やはげが始まる。発育は止まったため、座るのを好む。

50歳・・・の気が衰え始め、目がしょぼしょぼや視力低下する。
     は、目と関係の深い臓器。だから、老眼や目のトラブルが起こりやすくなる。

60歳・・・の気が衰え始め、悲しみ・憂いが多くなる。
     気血の流れが悪くなるので、横になるのを好む。

70歳・・・の気が衰え始め、皮膚が枯れてかさつくようになる。
     は、消化器官だから、他にも、消化不良や便秘や下痢が多くなる。

80歳・・・の気が衰え始め、言い間違いや言語錯乱が多くなる。
     中医学では、は『無意識』と関係が深いから、無意識のうちに言い間違いが多くなるということ。
     他にも、の気が弱くなると、風邪をひきやすくなったりします。

90歳・・・の気が衰え始め、気が蓄えられず、他四臓も満たされない。

100歳・・・五臓はみな衰え、気が無く、形だけになる死にいたる。


これを見ても、前記事を見ても分かるように、
エイジング(老化)は、自然な流れです。
そして、
1年に四季、
1日に四季、
があるように、人間の一生にも四季があります。

だから、自然の流れに逆らっては生きて行けないんです。

ただ、その時、その年にふさわしい養生をすることで、
エイジングは、緩やかになります。
これが、中医学でのアンチエイジングなんです。


ちなみに、ワタシのお年頃は、(六七の42歳)
もう、若い時と同じようには、も体もできません。

少しずつ、シフトダウンし、
「完璧を目指さない!今日のうちに全てをやろうとしない!」
が、大事なポイント。

ははは・・・ワタシの座右の銘は、
「今日できることを明日に延ばすな!!」だったのにね~

結婚式では、支店長に、
「完璧を目指さないこと!!」と言われるくらいの、
完璧主義者だったのにね~(苦笑)


意外にも、自分に厳しいストイックな人だったんですよ~

でもね、負担がかかることはやめたんです。
自分のに余裕をもつのは、他人にも優しくできることかなぁ~って。

も体もボロボロの、中医師や薬膳師のお話なんて、聞きたくないでしょ?
まずは、健康でなきゃ、説得力もない!!

だから、自分にも甘くなります~

・・・って、ここまで読んで、勘のいいみなさんは、おわかりだと思います。
そう!みなさんへの失礼への、長ーーーいいいわけ劇場でした~(笑)


実は、Buddyさまでの薬膳講座の前後も、
とっても素敵な出会いや、時間がありまして、
こちらも記事にしたいんですが、

「今日のうちに全てをやろうとしない」ので(笑)、気を長くしてお待ちくださいね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 





来月は、茅場町のエステサロンで、薬膳イベントをさせていただきます。


**はじめての薬膳**
3/6(火) 11:00~13:00
3/11(日)10:00~12:00
「薬膳って、ホントのところどんなもの?」「薬臭いの?難しいの??」
という、薬膳初者の方向けのイベントです。

どちらかご都合のよろしい日に遊びに来てくださいね。

両日とも、
会費:5000円(薬膳茶・薬膳ランチ付)
定員:10名
場所:茅場町のサロンにて (日比谷線・東西線茅場町より徒歩8分)

お申込み&お問い合わせは、「くすいむんごはん」のブログのメールフォームより

座学のあと、薬膳ランチを食べながら、いろいろなお話をしましょうね。
アンチエイジングには、もちろん毎日の食事も大事ですからね~


無理はしませんが、
ワタシの持てる精いっぱいのイベントにさせていただきたいと思います。

既に、何人かお申込みいただいておりますが、
お一人での参加も、お気軽にどうぞ~
お待ちしていますね。

DSC07951_R.jpg




ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 





お疲れに、薬膳ちらし寿司

今年の立夏は、5月6日。
立夏をむかえた途端に、夏のような暑さになった神奈川でした。


ちょっと遅くなりましたが、
立夏の日の、夕飯をご紹介~
前日5日は、実家の手伝いでヘロヘロの我が家。
夜中からの仕事や、立ちっぱなしの仕事は、久しぶりだから体がこたえました

若いころは、一晩眠れば治ったのに、
最近は、次の日の方が辛い・・・。
朝、起きると、四十肩やら、坐骨神経痛やら、体のあちこちが痛い・・・。
体の弱い部分が、全部、悲鳴をあげている感じ。


今夜は、息子と約束した、「ちらし寿司」だから、
せめて「」をしっかり補って、体をリセットせねば!
(「気」って何?はコチラ)

我が家の薬膳ちらし寿司をご紹介します。
DSC06743_R.jpg
おなじみ、手前の陳皮と、(陳皮ってなに?はコチラ)
右奥のナツメ、
奥の生薬のオウギ。(←ちょっとズル?苦笑)

これを使いました。


ナツメとオウギは、「」を補ってくれ、
陳皮は、その「」を流してくれます。
補うだけだと、パンパンになっちゃうから、
ほどよく流さないとね



オウギと、ナツメは、具を煮る時に。
オウギは、なんの癖もないし、
ナツメの自然の甘さも嬉しい~

陳皮は、ごはんに入れて炊きこみました。
DSC06760_R.jpg
酢飯になっちゃうから、誰もづかず~
っていうか、具の方も、誰もづかず~

DSC06772_R.jpg
できました~♪

買い物に行く元気もなかったから、
あるもので作った、シンプルちらし寿司。
でも、息子はご満悦

今回は、「気」を補うために生薬のオウギをつかったけど、
手に入らない方も、大丈夫!
シイタケも、「気」を補ってくれる、いい仕事をしれくれますから~

我が家では、戻して使った干しシイタケのじくの部分を、
再び、水に入れて出汁をとります。
DSC06765_R.jpg
こ~んなのが、

DSC06775_R.jpg
こ~んな感じに!(って、色の違いが分からないって? 笑)


このお出汁も、「気」が補えますので、捨てずに活用するといいですよ~

今日で、連休も終わりです。
明日から、疲れも出やすくなるでしょう。
そんな時にも、ぜひ、ご活用くださいね



それにしても、ワタシでこの疲れなのだから、
65過ぎても、いまだ現役で仕事をしている、
実家の父母の疲れは相当なものでしょう。
そんな思いで育ててもらったことを感謝します。
今日は、母の日ですからね



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


無駄な抵抗!?アンチエイジングティー

ここのところ、ワタシの住む神奈川では、さわやかな秋晴れが続いてます。


空気もだんだん、涼しく乾いてきましたが、
みなさんのお肌は元気ですか


ワタシの肌?・・・ほほほ、これだけ「くすいむんごはん」を続けてるんですもの、
状態は、よろしくてよ!

・・・・といいたいところですが、近年にないほどボロボロです



だってぇ、試験の前はほとんど寝てないしぃ・・・
お肌の手入れの時間があるなら勉強してたしぃ・・・

                  ーいいわけ劇場ー


しか~し、どんなにいいわけをしても、
夏の日焼け後の手入れや、秋の乾燥の手入れを怠ったアラフォーの肌は正直で、
しみシワ・乾燥の三重苦



そして、タイミングの悪いことに、今週末は弟の結婚式


いやいや・・・若いお嬢さんでもあるまいし、
誰もアラフォーのワタシなんかみてないし、大丈夫


・・・といいたいところだけど、
親戚の人も、このブログを読んでくれてるし、
「なぁ~んだ、薬膳やってても、よる年波には勝てないな~」

なんて、このままでは、説得力のない薬膳になってしまう 



ワタシが教わった薬膳の先生は、みんないいお年でも、
肌はツヤツヤ、背筋もピンとしてて、声もとおる・・・ものすごいアンチエイジングな方ばかり



説得力のある薬膳を   
のために、無駄な抵抗と知りつつ、先週からお手入れに励むアラフォーのりたま



 まず、しわの原因である乾燥をなんとかしなくては


秋は「乾燥」の季節ですが、ワタシは秋でなくても体が乾燥気味だから、しっかり潤いを与えないと!

いい睡眠でリセットしよう 参照)



と、牛乳マッサージ(牛乳マッサージでシワとり 参照)と、
ヨーグルトパック(「ヨーグルトパック」でやわからお肌に♪ 参照)を。


もちろん、外側からだけでなく、内側からも、
潤い食材をせっせととります潤い食材、大集合! 参照)




 そして、しみくすみの原因は、血の流れが悪いのが原因


これには、血の流れをよくする、

青魚・玉ネギ・サフラン・にら・ラッキョウ・しょうが・なす・にんにく・酢・
黒きくらげ・バラ系のお茶・紅茶・桃

などがオススメ!これらをせっせととり、



小麦粉と酢を1:1で、よくまぜたものをくすみの気になる部分にパックし、洗い流す。
(ただし、目のまわりはすごくしみるから、しないように!



そして、必殺技!
アンチエイジングティー」

DSC02130.jpg


 レシピ ・・・というほどでもないですが

菊花茶2,3個 と クコの実5,6個をお湯にいれるだけ

そして、お茶が飲み終わったら、クコの実も一緒に食べる!


よく登場する菊花茶のチカラは、
初期の風邪の喉痛や頭痛にもいいけど、それだけじゃなく、
目にもいい、そして、臓・にもいい。


クコの実のチカラは、
潤いを与えてくれる代表選手だけでなく、目にもいい、
そして、臓・臓・にいい。



中医学では、臓は、人の生命活動を維持するのに大切な臓器。
つまり、老化やアンチエイジングには大事なところ。


臓は、血液や気の流れにかかわる臓器。 しみくすみにもバッチリ!


そして、は肌とつながってるから、しっかりと、を潤わせておかないと!



このアンチエイジングティー
お肌の悩みのほかにも、


・目にもいいから、ゲームやパソコンで疲れ目の人に
・喉も潤すから、人前で話すことの多い人に


もオススメです


我が家では、このお茶を、
視力が下がり気味の娘と一緒に飲んでます


さあ、今週末までにどういった状態になるか・・・


まあ、すぐに結果はでなくても、潤いは風邪対策になるし、
疲れ目にもいいし、ま、いいか。(笑)



















ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: