秋の薬膳教室?レポートその5~デザート&グラタン~

昨日は、とても冷たい雨。
もうすっかり冬なのに、まだ「秋」の薬膳教室のレポートです

今回は、デザートの杏仁豆腐」
以前も書いたけど、
杏仁は杏の種。中医学では止めや便秘解消のチカラがあるといわれています。
体を潤してくれるから、乾燥の時期にピッタリ!


DSC04273_R.jpg

まだ暑さの残る10月には、「梨とりんごのジャム」をトッピングした。
ジャムの作り方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!簡単★梨&りんごジャム by のりたま@くすいむん

レモン汁をたして、すこしゆるめたものをのせて・・・。


実は、杏仁豆腐はワタシの好きなスイーツの上位にランキングされる。
食感は、とろとろ過ぎても駄目。
硬過ぎても駄目。

つるんとして、かたすぎない・・・そんな硬さをめざしてみた。


以前買った、杏仁をミルサーでひいてレシピに一緒に入れてみた。
DSC03634_R.jpg
茶色のツブツブは、杏の種の皮。

杏仁が手に入らない人は、製菓材料売り場で「杏仁霜(きょうにんそう)」という名前で売ってます。

詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!咳に、美肌に、杏仁豆腐★ by のりたま@くすいむん

これは、杏仁霜のみレシピです。
ハチミツを使っているから、更に体が潤います


この杏仁豆腐、くせがなく、
「杏仁豆腐はどうも苦手・・・」という方も、
「これなら食べられる」と言ってくれてます。
食べてくれたみなさん、お世辞じゃないよね??
良かったら、杏仁豆腐が苦手な方も「食べられるかどうか」お試しください!


忙しくって、杏仁豆腐なんて、なかなかつくってられなーい!
という方は、杏仁霜を使ったこんなレシピはいかが?

DSC02732.jpg

「杏仁カスピス」

Cpicon 咳止めにオススメ!杏仁カルピス by のりたま@くすいむん

これ、杏仁豆腐が苦手な息子も大好きです!(←え?息子、食べられないんじゃん
杏仁の甘酸っぱさと、カルピスがあってるの

冬寒いときに、肺が冷えてがコンコン・・・なんて時にオススメですよ~



実は、もう1品ありました!
DSC04352_R.jpg

なにが紹介されてないか、おわかりですか??



そう!正解は、これ!!
DSC04358_R.jpg

「ほうれん草と牡蠣の味噌風味グラタン」

「ほうれん草と牡蠣のグラタン」は、ワタシが国際薬膳師をとる前に、薬膳指導員の勉強をしていた時、
「秋の薬膳」として提出したら、先生にほめられたもの。

今回は、体をあたためる「味噌」を入れてみた。
だって、牡蠣と味噌ってお鍋でも相性がいいじゃない~?

実は、この「秋の薬膳教室?」の中でも一番に好評だったもの。
「あとで、レシピをお配りするね~」といいながら、はや2カ月・・・。
なんとまだ、レシピを作ってないの~ 
もっといえば、薬膳教室?以来一度もつくってないの~ きゃぁ~


きゃぁ~、ごめんなさい 今年中のアップを目指します! 

はぁ・・・やっと「秋」の薬膳教室?のレポートが終わりました。
次回は、冬メニューを紹介していきますね


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ<





スポンサーサイト

秋の薬膳教室?レポートその4~潤い、そぼろ丼~

しらないうちに、もう12月・・・
いったいいつから、こんなに1年が早く過ぎるようになったんでしょうねぇ・・・


以前も書いたけど、お料理もお掃除も家事が全般的に得意な人を、
ワタシはあまり知らない・・・。
モデルルームのように、チリひとつないお家に住んでいる方が、料理が苦手だったり、
お店に出せるような縫物ができるし、スイーツは得意なのに、料理が苦手だったり、

え??ワタクシ???
縫物も、お菓子作りも苦手だけど、一番苦手なのは掃除
その上、今回はあちこちにはみ出した、
薬膳食材や、お茶や、ラッピング材料を、3LDKの「狭いながらも楽しい我が家」にかたづけなきゃいけないのに、まだ手つかず・・・


はぁ・・・誰か代わりにごはんを作ってあげるから、なんとかしてぇ~


現実から逃避したいワタクシは、まだ秋の薬膳教室?のレポートなんぞをやっております


今回は、いよいよ主食。
今回、薬膳料理教室?をするにあたって、季節ごとのふりかけ&ごはんを作ることが目標だった。
ふりかけは、子どもは大好きだし、作っておけばおにぎりにしたっていい。
実際、薬膳教室?にきてくれた方が、夕方からお子さんの習いごとがあるということで、
おにぎり弁当にして持たせたこともあった。


ワタシのふりかけに求める条件は、2つ。
いつものとおり簡単に手に入る食材で、
材料費があまりかからないこと。

だって、所詮?ふりかけ。
メインのおかずより、豪華になってはいかがなものかと・・・。

ちなみに、
春のふりかけはコチラ
夏のふりかけはコチラ
冬のふりかけはコチラ

なんで、秋はふりかけじゃないか・・・というと、TVで見てそぼろ丼を作りたくなっちゃったんだもの

そぼろも余れば、ごはんに混ぜておにぎりにできるしね。


てなわけで、作りたくなったそぼろ丼です。
DSC04354_R.jpg

これ、ごはんに色がついているのがわかりますか??
最初に薄味で、豚ひき肉を煮て、その煮汁でごはんをたいているの。

DSC04569_R.jpg
ごはんの炊きあがりは、こんなかんじ。


そうすると、釜めし風の炊きあがりになります
そこへ、しっかり味付けをした、豚ひき肉そぼろと、炒り卵をトッピング。
香ばしくて、しっとりしたかんじで好評でした


詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!釜めし風★潤い二色そぼろ丼 by のりたま@くすいむん

なぜ、とりひき肉じゃなくて、豚なのかというと、
豚の方が、体を潤すチカラがあるからです。
とりにくは、体を温めるチカラがあるから、寒い日には鶏ひき肉にしてもいいですよね。


豚肉も、卵も人参も体を潤すチカラのもの。
更にしいたけで、免疫力アップ。
風邪の予防もねらってます


卵は、血も作るから、乾燥の季節じゃなくても、
生理中や生理後のから咳や便秘のあるかたにもオススメです!

冷え性の方や寒いところにお住まいの方は、ご飯を炊くときに、生姜の千切りをいれたり、
肉そぼろを作るときに、生姜をすりおろしたりと、工夫してみてくださいね



さぁ~て、ごはんで、「気」を補って、大掃除がんばらないとな~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




秋の薬膳教室?レポートその3~さっぱり白サラダ~

中医学では、秋に傷つきやすい臓器は「」といわれています。
乾燥に一番弱い臓器はだからです。
がやられると、とつながっているといわれる、
大腸や、鼻や、皮膚も乾燥します


からがでると、「が乾燥してますよ~!」というサインにですが、
大腸が乾燥し、便秘に
鼻が乾燥し、粘膜が傷つきやすくちょっとくしゃみをしただけで鼻血に
乾燥肌に・・・なんて、思い当たりませんか?


乾燥の秋には、にいい「白」い食材を食べるといいといわれています。
山芋・かぶ・大根・れんこん・・・などの白いものです。

ちなみに、薬膳では季節によってとった方がいいものの色があり、
春は、青いもの
夏は、赤いもの
梅雨時は、黄色いもの
秋は、白いもの
冬は、黒いものです。

すべての食材が、この色のかぎりではありませんが、
まもなく来る冬には、
前回紹介した、黒ゴマや、黒豆、こんぶなどの海藻、黒きくらげが、
冬に補うといい「」臓にいいとされる食材です。


薬膳教室では、この白い食材を使ったサラダを作りました。
DSC04357_R.jpg

山芋と大根&かいわれ大根の白い食材を使ってます。
さらに、体に必要な水分を作りだすきゅうりとトマトをいれて・・・。

詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 風邪・インフルエンザ予防にさっぱりサラダ by のりたま@くすいむん


ドレッシングにも、体の水分を作りだすレモンをたっぷりきかせました。
体を潤すチカラのハチミツも入れて・・・
DSC04366_R.jpg

詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!さっぱりレモンドレッシング by のりたま@くすいむん


サラダ&ドレッシングとも、体を潤す食材もいっぱいだけど、
今回の薬膳教室?で使用した、ゴマや豆乳、卵やチーズ、バターなどなど体を潤す反面、
体に余分な湿をうみやすく、胃や消化器官に負担がかかってしまいます。

せっかくのごはんも、もたれてしまっては、美味しさ半減・・・なので、
そうならないように、消化のいい大根や、
ドレッシングに、ゆず胡椒を入れました。
ゆずは、胃や消化器官の「」を流してくれるので、胃もたれなどをスッキリと解消してくれます

来月は、早くも12月。
たくさんのご馳走で、楽しいパーティーなども増えると思います。
そんな時には、このサラダで胃もたれスッキリ解消!
ってのもいいですよね。


ただ、薬膳教室?があったのは、まだ暑さものこる10月初め。
体を冷やす生野菜も、全然大丈夫でしたが、
今から冬にかけては、特に冷え性の方は、
野菜をきゅうり・トマト→温野菜にかえたり、
ドレッシングに、ゆず胡椒多めにしたり、
ニンニクや生姜のすりおろしを入れて、体を冷やさないようにしてくださいね


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ







梅雨&夏の薬膳教室?レポートその4~除湿コロッケ~

先日までの、梅雨っぽい陽気はどこへやら・・・
昨日の神奈川は、暑くて、夕立ちまで降っちゃって
すっかり夏らしい陽気・・・って、8月だもんね

なのに、まだ梅雨の薬膳教室のレポートをするワタシをお許しください

それから、前回の記事で、「とうもろこしのひげ」を紹介しましたが、
「もう捨てちゃた~」とコメントをたくさんいただきました

ですよねぇ~、捨てますよね~
ホントに、いつもながら記事が遅くなりごめんなさい
ぜひ、来年は、活用してくださいね


ということで、薬膳教室?の続きです。

ごはん、パンと紹介したので、今回はおかずのコロッケです
DSC03866_R.jpg

・・・ってあんまり、写真がきれいじゃない~(いつもながら・・・笑)

詳しい作り方はコチラ
Cpicon 夏バテ予防に★コーンかにクリームコロッケ by のりたま@くすいむん


何度も記事にしたように、とうもろこしは、除湿のチカラがあります。
今回は、
除湿のコーン、
除湿&体の余分な熱をとる蟹、
を使いました


本来は、油っこいもの、冷たいものは、消化器官に負担をかけるため、
湿気を体内に生み出さないように、なるべく避けた方がいいのです。

だから、今回は焼きコロッケもつくってみました

カロリーの気になる方、胃や消化器官の弱い方は、「焼きコロッケ」がオススメです。


それから、どうせ揚げ物を食べるなら、
除湿効果のあるものを食べる・・・という考えも(笑)

だって、夏でも梅雨でも、子どもたちは、コロッケ大好きだしぃ…


それでも、もたれちゃった人は、
ぜひ、天然の胃薬「陳皮(ちんぴ)」をどうぞ~

DSC03707_R.jpg


ま、ワタシは、もともと消化器官が弱いのか、
それとも胆石だからか、揚げ物の後は胃もたれがするから、
いつもお世話になっちゃいますが


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

梅雨&夏の薬膳教室?レポートその3~除湿パン~

これ、な~んだ??
DSC03878_R.jpg

ヒントは、夏の野菜の一部です。







正解は・・・
DSC04031_R.jpg
とうもろこしのひげです。



いつも、捨てちゃってたでしょ?
このモサモサしたひげ。


でも、このひげを天日干ししたものって、中医学では、立派なお薬なんです。

とうもろこしが、除湿のチカラがあるのは、以前も記事にしたけど、
このひげは、とうもろこしの実から一本一本生えている。
除湿のお薬にならないわけはない!

とうもろこしは、体の中から湿気を作らないように、臓にいいけど(詳しくはコチラ・・・)
ひげは、水分代謝のもとじめ、臓によく、膀胱にもいい(詳しくはコチラ・・・・)

むくみや、食欲不振、神経痛などに加え、
肝臓にもいいらしいから、高血圧の予防にもなるそうです。


これは、捨てちゃうのは、あまりにもったいない!!!


ということで、薬膳教室?では、
ひげとコーンで、コーンパンを焼きました
DSC04015_R.jpg

作り方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!HBで簡単ひげコーンパン★ by のりたま@くすいむん

豆乳も入っているから、の絡んだ咳にも嬉しいです。



ここで、お詫びです
ワタシがなかなか記事にできなかったため、多くのひげを捨ててきてしまった方もいると思います。
日本は広いから、「もう、ひげつきのとうもろこしが手に入らないよ~」という方もいるかも・・・
いつもながら、記事の遅さに心より、申し訳ないと思う次第です
まだ、手に入る方は、どうぞそのひげ捨てないで、使ってやってください



ワタシは、とうもろこしのひげを、天日干しし、
乾燥したところを、ミルサーで細かくしましたが、
ミルサーがなくても、はさみでちょきちょきで十分です

天日干しが雨でままならない方は、煎ってしまってもO.K.

今回は、パンに入れましたが、
いつものお茶と一緒に急須に入れてお茶にしてもいいです。
(その際は、煎った方がおいしいかも!)

以前紹介した、除湿コーンスープに入れて(作り方はコチラ・・・)
「さらに除湿コーンスープ」にしてもいいし

意外と使える、とうもろこしのひげ、いろいろお試しくださいね


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ





プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: