夏太りと咳の解消法・2 湿出しスープ

このごろの更新頻度に、「ワタシってすごーい」って自画自賛をしております 笑

さてさて、前回の記事で、
夏太りした方、
今、咳や、喘息、気管支炎、乾燥肌に悩まされてる方、
「体にたまった余分な湿が原因じゃないですか?」とお話しました。

そして、これ以上、「湿」を作らないためには、
食べない選択もありですよ~と。 (こちらの記事です)


ではでは、既にたまってしまった「湿」はどうしたらいいのか・・・。
それは、もちろん、外へ出せばいいのです。


瓜類や、ハト麦、、海藻類、豆類には利尿効果があります。

瓜類の中で、特にオススメなのは、冬瓜
ただし、瓜類は体を冷やすものが多いので、スープや煮物などの温かい状態で食べるのがオススメ。

中国の言葉で、
「痩せてる人は冬瓜を食べちゃダメ!」というような言葉があります。
ということは、痩せたい人は、冬瓜をたべなさい・・・と。

冬瓜というと、和風の味付けが思い浮かぶと思うけど、
ミネストローネや、ミートソースなんかに入れてもいい。
冬瓜自体は、癖のない味なので、洋風のお料理にもいい感じです~

DSC05376_R.jpg

それに加えて、同じく利尿作用もあるけど、
臓(消化器官)を元気にしてくれる、ハト麦もプラスするのもいい。
またまた、ハト麦もやや体を冷やし気味なので、スープなどのとりいれた方がよい。
DSC04942_R.jpg

ハト麦は、中医学では、「ヨクイニン」というお薬の1つ。
漢方薬局で買ってもいいし、大きな乾物屋さんで買ってもいい。

DSC04944_R.jpg
ツブツブの入ってるのがわかりますか?
これがハト麦です。

このスープ、残ったら、次の日に余りご飯を入れて、リゾットにしてもいいしね。
DSC05151_R.jpg
これが、またまた美味しいんだ~

もちろん、リゾットも、水分が多いから、
お料理からでも、体に必要な水がとれます。

よく煮込んだスープのお野菜も、リゾットのごはんも、
臓(消化器官)の負担が少なくてすみますから~。

特に、夕飯には、このスープだけでもいいくらい。
夕食を軽くすると、睡眠も深くいいものになりますから~

前記事にも書きましたが、
「睡眠に勝る薬なし!」
ですから~


今日は、神奈川では雨が降ったり、朝晩冷えたり、とよくわからないお天気。
「暑いのか、寒いのか分からないお天気」は、体調を崩すもとなりますので、
こんなときの一番の予防も、よい睡眠です。

体調を崩さないようにお気を付けくださいね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



講座のご案内
10月23日(水)16:30~17:45 「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」 
10月23日(水)18:30~19:45 「マイボトル薬膳茶」

10月27日(土)10:00~11:15 「まんまる美人塾・アンチエイジング」
10月27日(土)17:00~18:15「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」

を予定しております。
ぜひ遊びに来てくださいね~
開催日2日前に〆切です。お早目のお申込みをお待ちしております。
お問い合わせ、お申し込みはコチラまで




それから、こちらの会場は海老名市です。
かながわ子育て情報局さんで、薬膳講座をさせていただくことになりました。

11/21(水)10:00~12:00

場所や、詳しい内容は未定となっておりますが、
決まり次第、またご連絡させていただきますね。

こちらのお申込み&お問い合わせは、
かながわ子育て情報局さん まで。

小さいお子さんがいなくても大丈夫ですよ~
ご参加、お待ちしております。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

スポンサーサイト

季節の変わり目に、「かかったかな?」と思ったら

今朝、ダンナが、
「鼻水とくしゃみが止まらない、なんとかして!」と言ってきた。

いつもは、全然、食&生活養生なんて実践しないクセに、
体調を崩すと頼ってくる。困ったものだ・・・。
薬膳って、ホントは予防が一番なんだけどね
・・・と言っても仕方ないので、漢方薬を飲ませた。

ここのところ、昼間は蒸し暑かったりするけど、
朝晩はかなり涼しかったり、急にものすごい勢いで雨が降ったり・・・。

こんな時に、
夏の間に冷たいものをたくさん食べて、からだの中に湿をため込んでる人や、
その湿のせいで、消化器官(脾臓)が弱り、
そのせいで、秋に弱くなりやすい肺が、ますます弱くなってる人は、
ダンナみたいな症状になってしまう人もいる。

ダンナは、仕事もあるので、早く解決を!と、漢方薬を使っちゃったけど、
くしゃみや、透明なサラサラの鼻水が止まらない時は、
生姜などもオススメですよ~。
お腹の中にたまってる湿もめぐらせてくれるので、一石二鳥!

だけど、やはり、
「睡眠に勝る薬なし!」なので、
食べ物や、薬にだけたよったりせずに、
可能な方は、早めの睡眠を心がけてくださいね。

眠りのゴールデンタイム、午後9時から午前3時までの間に、
どれだけ長く寝られるかが、早く治すコツ!といっても過言ではないです。


DSC05852_R.jpg
これは、生姜をピーラーで薄くスライスしたものに、
ひたひたのハチミツをつけておいた、『生姜のハチミツ漬け』
を、紅茶に入れたもの。

こういうのがあると、忙しい朝でもさっと対応ができて便利!
これに、シナモンを加えてもいいしね~。

そして、逆に、朝起きたら喉が痛かった・・・ってときには、
前記事の、「咳止めシロップ」
DSC09014_R.jpg
『梨のハチミツ漬け』をお湯に溶いて飲んでもいい。
咳が出てなくても、のどが乾燥していたい時にもオススメです。

喉が痛い時は、間違って、生姜の方を飲まないようにしてくださいね~。
「しょうがのど飴」なんてのも売ってるけど、
痛みで炎症を起こしている喉は、冷やさなきゃいけないのに、
生姜で温めると、ますます痛みが増してしまう。
火傷に、お湯をかける人はいないでしょう?

菊花茶やミントティーは、ますます効果的だけど、
お子さんは飲みにくいかもしれないので、梨を上手に使ってくださいね。

「時間がないから、生姜や梨を朝、食べたり飲んだりできない!」

って人は、
例えば、スタバのホット(←ここ大事!絶対にホット!!)コーヒーに、シナモンを多めに入れたり、
生姜入りの味噌汁をコンビニで買ったり、
SBSH0062_R.jpg

ミント入りののど飴を買ったりしてくださいね。

今日からお彼岸。
昔から、「暑さ寒さも彼岸まで」言われるように、季節の変わり目。
薬膳は、予防が一番だけど、
「かかったかな?」くらいの早めの解決も、できたりします。
不調は早目に改善して、元気に乗り切ってくださいね~。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

9月から、スタジオ『自由空』で定期的に薬膳講座をさせていただくことになりました。
水道橋駅から徒歩3分の素敵なスタジオです。

DSC09015_R.jpg
こんなところです。

講座のご案内
10月23日(水)16:30~17:45 「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」 
10月23日(水)18:30~19:45 「マイボトル薬膳茶」

10月27日(土)10:00~11:15 「まんまる美人塾・アンチエイジング」
10月27日(土)17:00~18:15「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」

を予定しております。
ぜひ遊びに来てくださいね~
開催日2日前に〆切です。お早目のお申込みをお待ちしております。
お問い合わせ、お申し込みはコチラまで



それから、こちらは、千葉の鎌ヶ谷にあるお菓子の工房さんでの薬膳講座です。
『冷え取りごはん』
無理なく、毎日のごはんで冷え取りしたら、
「他の不調も改善しちゃった!?」そんな薬膳マジックを体感しませんか?
薬膳のいろはから、お話します。

11月2日(金)10:00~12:00
場所:n*cafe 
会費:3000円(薬膳スイーツ&薬膳茶付)

お申込み&お問い合わせは、
n*cafeさん、または、こちらのブログのメールフォームより 
定員となりましたので、〆切させていただきます。




今日は、ワタシの43回目の誕生日です。
お陰さまで、いいご縁がつながり、いろいろなところでお仕事をする機会をいただいております。
カルチャーセンターなどでは、自分よりも大先輩と、
子育て情報局や幼稚園では、若いママたちと、
サロンでは、OLさんたちとと、
いろいろなところで講師をさせていただく中で、
ワタシ自身もたくさん学ばせていただき、とても感謝しております。

なかなか更新できずにいるこのブログですが、
仲良くさせていただいているみなさま、
この拙いワタシの文で「中医学や薬膳の分からない時の参考にしてます!」と
言ってくださるみなさまにも、とても感謝しております。

プレゼントもケーキもない誕生日だけど、
この素敵なご縁が、なによりのプレゼントだと思ってます。
ほんとうにありがとうございます!

そして、もう1つの大きいプレゼント!
なんと、長年の夢がかない、来月、ワタシの製品が商品化されることになりました!
詳しくは、また後日、記事にしますね。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 





かさかさ唇ケアと反省

前回の記事を見て、なんて他人ごとのように書いてあるんだろう・・・ワタシ

先週の終わりから、病人続出の我が家。
まず、息子が発熱
流行りのインフルエンザじゃなかったものの、
熱により、唇がカサカサに

それを、指でひっぱってぺろ~んとむく!
痛いに決まってる・・・が、想像通り、
「痛くて、何も飲めないよ~なんとかしてよ~」と。
「絆創膏はって!」とかいう始末。

唇に絆創膏などはれるはずもなく、かわりに、
DSC06613_R.jpg
ハチミツをぬっておく。

ハチミツは、肌を潤すチカラがあるし、
ハチミツの甘味は、痛みをとってくれる。

なにより、薬じゃないから、舐めちゃっても大丈夫

案の定、しばらくすると痛みのとれた息子。
これ、熱でカサカサじゃんくても、小さい子の唇の荒れにも◎
1歳以下のお子さんには使用しないでください!)


その後、娘がインフルエンザに
普段はのんびり漢方で・・・なんて思うワタシだけど、
さすがに、期末テスト直前!
学校の他の人にうつしては大変だから、病院へ。
当然のことながら、リレンザを処方される。

すごいよね~西洋薬!
びっくりするほど、汗が出て、一瞬で熱が下がります。
熱の時は、水分だけで、何も飲まない娘だったけれど、
熱が下がった途端、いつものスープをおかわりする。
DSC06301_R.jpg
「いつものコーンスープ」
Cpicon 薬膳ノススメ!いつものコーンスープ by のりたま@くすいむん

なかなか咳のぬけない息子は、味噌汁好きで、コーンスープしか飲んでくれないから、
毎度、毎度・・・

前記事にも書いたけど、びっくりするほどかいた汗は、
いい水分で補わないとね。


気管支の弱い喘息娘。
インフエンザ肺炎にならなければ・・・と思うけれど、
今のところ、咳も鼻水も全くなし!
それだけは、幸いだ。

なぜか、試験の期間中に体調を崩すことの多い娘。
夏は、めったにならない副鼻腔炎になりかけたし
体調を崩すほど、勉強している訳じゃないんだけどなぁ・・・
これは、娘と、フォローするワタシの今後の課題です。

あぁ、親子で反省・・・



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



緊急!インフルエンザ回復ごはん

昨日のコメント欄にも書いたように、
息子のクラスでも、インフルエンザの学級閉鎖に

そのせいかどうか、昨夜、近所のドラッグストアに行ったら、
豆乳も、ヨーグルトもないじゃないの!!

クックパッドのワタシのメニューでも、
止めに・・・」
「のど痛に・・・」
の検索が多い。

薬膳云々はともかく、みんな食べ物で少しでも元になりたいと思っている。
その持ちを陰ながら応援したい。

インフルエンザって、予防も大事だけど、
病後もとても大事なんです。

予防は、薬膳の得意分野。
強いバリアを作るために、「」を補えばいいんです。
(「気」って?はコチラ)
強いバリアは、インフルエンザに限ったものではなく、
普通の風邪や花粉症にもお役立ち
DSC06577_R.jpg
「長芋の海苔塩焼き」(写真は相変わらずヘタクソです~

昨夜の夕飯のもの。
インフルエンザにかかっていない、子どもたちの予防にもなるし、
ここのところ残業続き、休日もなしのダンナの疲労回復にもね。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ






そして、お疲れや、不規則な生活・食生活、ストレス、
それから、前記事にも書いたように、
春で、体の表面が少しづつゆるみ、その上、強い風と一緒に体にはいりこんだり、
いろいろな原因で、インフルエンザウイルスにやられてしまった時は、
食欲がなければ、無理に食べない!食べさせない!

人間の体って、よくできていて、
邪魔もののウイルスを、外へ追い出す方に、全面的にチカラを注ぎたいんです。
だから、消化吸収など他の機能はちょっとお休みしててほしい。
そのために、食欲をなくしているのに、わざわざ無理に食べる必要はないんです。

なにか食べないと回復しないから、
せめて、好きなものや食べやすいものなら・・・
と、子どもたちにアイスやマックのポテトを買い与えていた昔もありましたが、
かえって、回復を遅らせていたことに、中医学を勉強して初めてづくワタシです

無理に食べなくてもいいです。
そのかわり、水分は絶対にとってくださいね。


それから、大切な病後です。
みなさん、インフルエンザと診断されると、
タミフルや、リレンザを処方されると思いますが、
これらの薬は、とても強く、体の中の水分をギューっと、絞りすくらいの汗をかきます。
体の水分がものすごく消耗され、体には隙間がたくさんできます。
その隙間に、外からの邪(病気の素)が入りやすくなってしまうんですよ。
まして、インフルエンザで、バリア(気)は弱っちくなってますから


だから、早く、体にいい水分と気を補ってあげないといけません。
ここで、いい水分をいかに早く補ったかが、病気を長引かせないコツです!
では、いい水分って?

冷蔵庫から出した、キンキンに冷やされたものや、
まして氷入りのものは、できるだけ避けてください!

できるだけ、常温やそれ以上のものにしてください。

確かに、熱のある時や、汗をたくさん書いた後の冷たいものはさっぱりした感じがするでしょう。
・・・のどごしの一瞬は。
でも、体にしみこんでいかないんですよ~
まして、弱った消化器官(臓)では、かえって余分な湿気になってしまう。
その湿気がになり、止まらないになってしまうんですよ~

同じように、甘い飲み物も避けてください。
スポーツ飲料なら、常温や常温に近いものを。


それから、水っぽい食事でも、フォローを!
水っぽい食事とは、お粥やスープ。
気と水分を同時に補ってくれる優秀食材!これも山芋
今回は、水っぽい食事?スープを紹介☆

DSC06483_R.jpg
「山芋とかぼちゃの豆乳スープ」
かぼちゃも、「気」を補ってくれて、弱った粘膜を修復してくれます。
豆乳も、体を潤してくれて、を出しやすくしてくれます。


DSC06301_R.jpg
「山芋とコーン豆乳スープ」
コーンも、「気」を補ってくれて、体の余分な湿気を外へ出してれます。
Cpicon 薬膳ノススメ!いつものコーンスープ by のりたま@くすいむん


他にも、キャベツやブロッコリーなどのスープもオススメです!
休んでいた消化器官(臓)に優しいからね
もちろん、休んでいた消化器官(臓)をびっくりさせないように、
どんなに食べたがっても(笑)脂っこいものや味の濃いものを避けてくださいね。

「体力回復には、美味しいご馳走!」・・・これも、
「食べないと治らない」と同じくらいの間違いだということに気付きました。


美味しいご馳走は、すっかり治った後で、ガッツリどうぞ~

ちなみにこの養生はインフルでなくても、
普通の風邪にもいえることですので、
風邪で高熱が出た時にもどうぞ~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ





秋の咳・鼻水・鼻づまりには*その2 先手必勝!

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・・・図書館だけの出来事ではなかった・・・

我が家でも、最近は、朝、ダンナと娘がそんな症状。
特に、娘はほっとくと、すぐにや喘息になりやすいから、要注意!

止まらないくしゃみ、
ダラダラの鼻水、
鼻のつまり、
ケホケホのから

みなさん大丈夫ですか??

実は、これ、この時期に多い風邪の症状。
ちなみに、熱は出たとしても、あまり高くならない。
首のうしろあたり(うなじ)が強張って痛くなる。

実は、この風邪、寒くなると多くなる
風寒タイプの風邪の症状なんです。(風寒タイプの風邪って?はコチラ

思いっきり風邪!という症状にならなくても、
なんとなく、くしゃみが止まらないとか、
なんとなく、鼻水が止まらないとか、
なんとなく、鼻が詰まった感じがするとかも、
軽い風寒タイプの風邪です。

原因は寒さと、前記事に書いた、
乾燥によって、肺の働きが正常じゃなくなるから。


本来、風寒タイプの風邪には、
生姜やネギ、紫蘇、シナモン、香草などの辛味野菜や、黒砂糖なんかが効果的だけど、

今の時期は、それにプラスして、潤いも与えてあげましょう♪
潤い食材は、前回に書きましたが、(なに?はコチラ
他にも、ドライフルーツや、豆乳、牛乳、ヨーグルト、梨、ごまなんかもいい。

上手に組み合わせて、軽い風寒タイプの風邪なら、吹き飛ばしてしまいしょ!

我が家では、こんなものを飲んでます。
DSC05837_R.jpg
手前が杏仁(杏仁霜の素となる、杏の種)、奥が紫蘇茶です。

これをお茶にして、
DSC05838_R.jpg

杏仁も、紫蘇も中医学ではお薬で、
このコンビをつかった方剤は、杏蘇散(きょうそさん)といって、この時期のひどいのお薬だ。

でも、甘酸っぱい杏仁と、紫蘇・・・あまり美味しくない・・・・
(いやいや、好みの問題ですが・・・)

あまり無理して飲ますのは、長続きしない。
ということで、我が家の朝食にここのことろ登場するのは、
DSC05852_R.jpg
お馴染?生姜紅茶」


朝、楽なように、あらかじめ生姜をハチミツ漬けにしておき、
それを紅茶に入れる。
今回は、生姜自体も食べられるように、
皮むき器で、うす~ぅくむいたけど、だれも食べる者なし!(笑)
でも、エキスはその方がでそうだから、ま、いっかぁ~

我が家は潤い重視で、ハチミツを使ったけど、
冷えてお腹の痛みがあったり、冷え性の人は、甘味を黒砂糖に変えてもいいですよ。
生理痛のある人なんかも黒砂糖がオススメです。

中国の人は、よく、風寒タイプの風邪にかかったかな?と思った時に、
生姜プラス黒砂糖をお湯で割って飲むそうですよ


風邪も、そのままほおっておくと、
がひどくなると、肺が炎症を起こし熱をもったりして、
体の表面は冷えているのに、内側は熱をもっているとか、複雑な症状になってきてしまう。
そうなると、なかなか食材だけでの解決は難しくなってくるから、
「かかったかな?」のうちに、
もしくは、「かかりそう?」のうちに、
食べ物で予防をしていきましょう♪

先手必勝です



前記事のコメントに、
ご自身やご家族が不調とのものがたくさんありました。
その後いかがでしょうか?
なるべく早めに対処していただけたら・・・と、
(ワタシにしては)早めに、更新しました。

どうか、お大事にしてくださいね

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ





プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: