FC2ブログ

お手軽に、黒豆茶


先日、健康診断の結果が返ってきました。

「貧血」が要注意!と

いつも、薬膳の先生は、
「薬膳をやっている人が、体調を悪くしたら、説得力がなくなる」
と、いいます。


だってぇ~、卒園前で、幼稚園も忙しかったし、
役員の仕事もいそがしかったしぃ~
              -いいわけ劇場-

ものすごい貧血と言うわけではなく、標準値よりもやや少ないということで、
鉄剤を常用するにいたらず、病院の先生は、
「まあ、90点ってとこだね。 鉄のサプリメントでも飲んでね」
と、言われました。


ん~、サプリかぁ・・・食べ物でなんとかならないかなぁ・・・


で、ピンときたのが、前回書いた黒豆だぁ!!!


黒豆煮もいいけど、もっと気軽に黒豆を・・・・
ということで、今回は黒豆茶の紹介です。



 レシピ
 
-その1-
1. 黒豆を洗い、水気をきる
2. 1をフライパンで、豆の皮がはじけるまで、乾煎りする
3. 2を適量、急須またはカップにいれ、お湯をそそぐ(5分くらい蒸らす)


-その2- まあまあお手軽
1. 黒豆1回分くらいの量を耐熱皿に入れる
2. ラップをかけ、1分30秒くらい、レンジでチン
3. 豆の皮がはじけたらO.K.
4. 急須またはカップにいれ、お湯をそそぐ(5分くらい蒸らす)


-その3- とってもお手軽
1. 黒豆50gを水1Lにいれ、
2. 沸騰したら、できあがり!


でも、も~っとお気軽にとりたい時は、
こんなものも
黒豆茶 箱

ドラッグストアの健康茶コーナーにあります。
中身は、ティーバッグ状になっていて、使いやすい


ちなみにワタシはこれです。
我が家は体調により、お茶を何種類もつくっているので、
できるだけ後片付けも楽なものを


ちなみに、自動販売機にはこんなものも、
黒豆茶ペット


ただ、後ろを見ると、
DSC01226.jpg


黒豆の他に、黒茶(プーアール茶)が!
黒茶は、体を冷やすので、
体を温かくするのを目的に黒豆茶を飲むなら、黒豆オンリーの方が○

ただし、プーアール茶は、胃腸の調子を整え、余分な脂肪を出してくれるので、
黒豆のチカラ+ダイエットなどを目的にするなら、超お手軽だし、いいかも


そして、何日か黒豆茶を飲み続けているワタシですが、
嬉しい結果が
長年の悩みの、便秘が解消されたのです


ワタシは子どもの頃から便秘がひどく、卒論のテーマも便秘(笑)
現在は、漢方薬局で薬をもらっているのですが、薬の量を減らしてもO.K.に


おお、これぞ、「くすいむんごはん」マジック! 中国4千年のチカラ!!!



鉄のサプリに、こんな効果があるかしらん?

もちろん、鉄剤を処方されるくらいの方は、お医者さんの指示に従う方がいいですが、
ワタシのサプリは、しばらく黒豆茶でいこうと思いま~す。
ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: