FC2ブログ

のどの痛みに「金蓮花(きんれんか)」、育ててます

神奈川では、G.W.後半は、ぐずついた天気が続きました
みなさんのお住まいの場所ではいかがでしょうか?


気温も、半袖でも過ごせたG.W.前半に比べ、後半は、肌寒い陽気
連休のお疲れもそろそろ出る頃に、この変化
ちょっと、のどが痛い・・・とか、咳が出る・・・とか、体調を崩してませんか??


病気のもとの邪気は、疲れなどで「気」が弱った時に入ってきやすいんです
この「気」は、体を守るバリアの役目をしているので、
病気の侵入を許してしまうんですね (勝手にこないで欲しいんですけど・・・)



そして、毎回のように書きますが、
風邪には早目の養生が大事です



ちょっと、寒気がしたときには、
「生姜紅茶」や「シナモンティー」などに黒砂糖を入れて飲んだりすると、
邪気が、体の奥深くまで侵入するのを防いでくれます


では、のどの痛みのときは?というと、
タイプでは、寒気のタイプとは逆で、体を冷やしてあげないといけません。


だから、コンビニやドラッグストアでよく目にする、
「生姜のど飴」は、なんの目的で作られているのか、よくわからな~い??
だって、のどの炎症に生姜で温めたら、
やけどに、お湯をかけるようなものだもの・・・


みなさん、出先で「急にのどが痛い・・・」と思ったときは、
迷わず、ミント系ののど飴を買ってくださいね



出先では、お茶が煎れられないから難しいけど、
ワタシは家では、のどの痛みには、もっぱらこれです

DSC01996.jpg


右側は、おなじみ菊花茶
菊の花を乾燥したもので、
中医学では、初期の風熱タイプの風邪のお薬です。(風熱タイプの風邪って?はコチラ

のどの痛みや、頭痛、めまいなどに効果があります。
菊花茶のチカラ、詳しくはコチラ・・・


そして、左側が「金蓮花茶」です。
これは、リンクをさせていただいている、
「食材処方館」のmasaさんから、昨年北京のお土産でいただいたもの。
袋には、中国語で「清熱(体の余分な熱をさげること)」「利咽(のどにいい)」と書いてある。


ある日、のどの痛みがあったとき、
この2つを組み合わせて使ったところ・・・
DSC01998.jpg

ただのお茶なのに、あら不思議!
のどの痛みが和らいでいる~


風邪がのどからくるタイプのワタシは、のどの痛みがあると、
病院からもらっていた「カロナール」という、消炎鎮痛剤を使っていたけど、
このお茶があれば、「カロナール」は必要ないくらい

「カロナール」は、赤ちゃんにも処方されるから、そんなに問題はないのかもですが、
これは、妊婦さんや、授乳中のママにも最適と、
いろんな人にあげまくっていたら、だんだん在庫がなくなってきた


きっと、ネットでも買えるだろう・・・と、いくら探してもみつからない
もしかして、日本では売ってないのかも??と、
masaさんに相談したところ、このお茶は、北京の国立薬草園(でよかったよね?)で買ったとのこと。


「じゃあ、やっぱり北京でないと無理なのぉ~」と焦るワタシに、
親切なmasaさんは、種なら売っているところがあるよ・・・と教えてくれました

そして、手に入れました!
DSC03619_R.jpg

「金蓮花」は、別名、ナスタチュームといい、結構有名なハーブだそうです。
ハーブ通の友達に聞いたら、このお花をサラダなどにして食べているそう
ピリ辛な感じだそうです。
ピリ辛??お茶にすると、甘く感じるのに、不思議だわ~

今、我が家のベランダでは、着々と育ってきています。
DSC03542_R.jpg


masaさんにいただいたのは、八重の花だったけど、
この写真の花は、そうじゃない。
花の形が違うと効果はどうなのか?実験して見たいと思います。
花が咲いて~乾燥させて~のどが痛い時に飲んで~と気の長い話になりましが、
報告を待っていてくださいね


3月の薬膳教室?にきてくれた方にも、この種をプレゼントしました。
みなさん、芽が出てますか?
気の長いお話ですが、報告お待ちしてます


そして、このブログを読んでくださっている方も、
「金蓮花」、育ててみてはいかがでしょう?
のど痛みにいいお花なんて、ちょっと魅力的じゃないですか?

P.S.最近、友達に聞いた話だと、「金蓮花」の種は、100均でも置いてあるそうです。
ちょっとぉ~早く教えてよ~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ









スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: