FC2ブログ

秋の薬膳教室?レポートその3~さっぱり白サラダ~

中医学では、秋に傷つきやすい臓器は「」といわれています。
乾燥に一番弱い臓器はだからです。
がやられると、とつながっているといわれる、
大腸や、鼻や、皮膚も乾燥します


からがでると、「が乾燥してますよ~!」というサインにですが、
大腸が乾燥し、便秘に
鼻が乾燥し、粘膜が傷つきやすくちょっとくしゃみをしただけで鼻血に
乾燥肌に・・・なんて、思い当たりませんか?


乾燥の秋には、にいい「白」い食材を食べるといいといわれています。
山芋・かぶ・大根・れんこん・・・などの白いものです。

ちなみに、薬膳では季節によってとった方がいいものの色があり、
春は、青いもの
夏は、赤いもの
梅雨時は、黄色いもの
秋は、白いもの
冬は、黒いものです。

すべての食材が、この色のかぎりではありませんが、
まもなく来る冬には、
前回紹介した、黒ゴマや、黒豆、こんぶなどの海藻、黒きくらげが、
冬に補うといい「」臓にいいとされる食材です。


薬膳教室では、この白い食材を使ったサラダを作りました。
DSC04357_R.jpg

山芋と大根&かいわれ大根の白い食材を使ってます。
さらに、体に必要な水分を作りだすきゅうりとトマトをいれて・・・。

詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 風邪・インフルエンザ予防にさっぱりサラダ by のりたま@くすいむん


ドレッシングにも、体の水分を作りだすレモンをたっぷりきかせました。
体を潤すチカラのハチミツも入れて・・・
DSC04366_R.jpg

詳しい作り方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!さっぱりレモンドレッシング by のりたま@くすいむん


サラダ&ドレッシングとも、体を潤す食材もいっぱいだけど、
今回の薬膳教室?で使用した、ゴマや豆乳、卵やチーズ、バターなどなど体を潤す反面、
体に余分な湿をうみやすく、胃や消化器官に負担がかかってしまいます。

せっかくのごはんも、もたれてしまっては、美味しさ半減・・・なので、
そうならないように、消化のいい大根や、
ドレッシングに、ゆず胡椒を入れました。
ゆずは、胃や消化器官の「」を流してくれるので、胃もたれなどをスッキリと解消してくれます

来月は、早くも12月。
たくさんのご馳走で、楽しいパーティーなども増えると思います。
そんな時には、このサラダで胃もたれスッキリ解消!
ってのもいいですよね。


ただ、薬膳教室?があったのは、まだ暑さものこる10月初め。
体を冷やす生野菜も、全然大丈夫でしたが、
今から冬にかけては、特に冷え性の方は、
野菜をきゅうり・トマト→温野菜にかえたり、
ドレッシングに、ゆず胡椒多めにしたり、
ニンニクや生姜のすりおろしを入れて、体を冷やさないようにしてくださいね


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ







スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: