FC2ブログ

梅雨の養生で、花粉症克服!?

梅雨まっさかり
ここのところ、「朝、体が重くておきあがれな~い」なんてことありませんか?
原因は、ここのところ増えた体重か(ワタシだ 笑)
はたまた、昨日、そんなに疲れることをしたか??

いえいえ、これは湿のしわざ。


ワタシの周りでも、
体が重だるい人のほかにも、
痰のからんだ咳が多くなったり、
頭が重い感じでいたかったり、
便が泥状にゆるくなったり、
食欲がなかったり、
関節痛や神経痛がしたり、
こんな症状の人が増えてます。

これも「湿」が原因かも・・・・

クックパッドでも、こんな症状にからんだメニューの検索が多いようです。
Cpicon 痰のからんだ咳に、中華風豆乳コーンスープ by のりたま@くすいむん

Cpicon 薬膳ノススメ!そら豆のコーンスープ by のりたま@くすいむん



何度も書いていますが、
人間が食べ物を食べると、栄養分として吸収される時、一番大事な働きをするのが、
脾臓です。(ワタシはわかりやすく、消化器官という言葉を使いますが・・・)
ここがしっかり働いてくれないと、どんなに体にいいものを食べても、
それが余分な湿気となってしまうのです。

脾臓が最も嫌いなのは、湿っていることと冷えること。


だから梅雨の時期は、
脾臓湿る→湿がたまる→脾臓の働きが正常でなくなる→食べたものからまた湿がたまる
の悪循環!


脾臓に余分な湿を発生させてしまうものは、
甘いもの・油っこいもの・冷たいもの・生もの・味の濃いもの・お酒など。

脾臓の弱い人(花粉症・アトピー・喘息などがある人はこのタイプが多いです)は、
一年中これらのものを控えなくてはいけません!!!
・・・って、できますか?

ははは・・・ワタシはできません!
だって、脾臓に悪いものって、美味しいものが多いじゃないですか?
あと何回食事できるかわからないのに、我慢ばかりじゃつまらない!

美味しく食べるのが、「くすいむんごはん」。
だから、せめて湿をかわかし、脾臓の働きを正常にしてくれる
陳皮をオススメしているんです。(陳皮ってなに?はコチラ

他にも、脾臓にいいものは・・・
穀類・豆類・とうもろこし・かぼちゃ・イモ類などなど


でも、やっぱりできてしまう湿。
できてしまったら仕方ない!除湿してあげましょう♪


余分な湿気は、
①汗から出す。
②おしっこから出す。
③便から出す。

がありますが、
①の汗から出すは、梅雨時期のように、体の外側からべたべたジメジメがくると、
なかなかスッキリでにくくなります。

あとは、適度に生姜などの辛味野菜などを使って、汗を出すのもいいですよ~
(ただし、食べ過ぎは×)

それと、お風呂です。
ぬるめのお湯にゆっくりつかって~もいいですよ



②のおしっこから出すは、
瓜系の野菜や、ハト麦、とうもろこし、そら豆、緑豆、小豆、黒豆などの豆類。
春雨、もやし、昆布、ワカメ、ひじきなどの海藻類。

(がオススメですが、どれも食べ過ぎるとやはり湿を発生させる原因になるので、
こちらも食べ過ぎは×)


湿がたまるとわかってはいても、ジメジメ、ムシムシ・・・こんな陽気の時には、
口当たりのいい、さっぱりと冷たいものが欲しくなるもの。
脾臓が弱く、食欲がない人はなおさらです。

でも、ここでお腹を冷やしすぎたりすると、
これが花粉症の原因となります

花粉症?時期は終わったし関係ないわ~・・・といわずに、
除湿と冷やさないことを心がけてみませんか??
梅雨の深いな症状を改善しながら、花粉症の養生までできちゃうなんて、お得じゃないですか??

実はあったかいお茶も、汗をじんわりかき、結果としてスッキリするんですよ~
次回は、梅雨の時期に飲むお茶についてお話しますね


「また、先延ばし~?今日、飲むお茶が知りたいよ~」
という、あなた。

コンビニや販売機で買うなら、これはいかが?
DSC05490_R.jpg

ハト麦は、いつもお馴染除湿のチカラ。
雑穀類も、「湿」をとってくれるし、脾臓にもいい。
体の余分な熱をとり、利尿作用の高いものがたくさん入っている。

ただし、キンキンに冷えたものは飲まないように。
冷え過ぎると、「湿」が発生してしまいますから・・・

今日から1週間もはじまり。
朝のだるさは、早めにとりましょ~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

























スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: