FC2ブログ

納得!小豆茶パワー

中薬の授業で、小豆の効能を教えてくれたいつもの漢方医先生。
先生は、中医学も、西洋医学もどっちもできるスペシャリスト
古代の中医学書の理解も深く、とても尊敬できる先生だ。
きっと、逆立ちしても、一生かかっても、ワタシは先生には追いつけない・・・。

でも、先生は、主婦ではない。
必要な生薬や食材の知識はたっぷりあるけれど、
メニューの幅はどうかなぁ~?
(・・・だって、いっつも「卵スープ」ばっかりススメられるし・・・笑)
そこをうまく、毎日のごはんにとりいれられるようにするのは、ワタシの仕事だと思ってる。


先日も、
「先生が授業でお話してた、小豆をお茶にしました~」と話すワタシに、
「え?小豆をお茶に??」と意外そうな顔の先生。


でも、
喘息の娘が、この時期毎年、耳やのどや鼻の奥が痒い感じがするのが、
小豆茶を飲みだしてから、なくなったんですよ~」

というワタシに、ちゃんとわかりやすい理由を教えてくださいました。


何度も記事にしていますが、
喘息の人や、花粉症の人、副鼻腔炎や中耳炎になりやすい人は、
体の中に湿や痰ができやすい人が多い

湿や痰のあるところには、がこもりやすく、
それが乾燥させて痒かったんです。

かゆみや不快感をとろうと思って、
耳や鼻?の奥の方までコソコソやったり、
のどの不快感をとろうと思って、冷たいものでのど越しをさっぱりさせても、
なかなかよくならなかったのは、
その湿もとれていなかったから

でも、この小豆はスグレモノ!
体の余分な湿をとってくれるから、
不快感がさっぱりするのだ!
だから、今まで以上に冷たいものをガブガブ飲まなくてもスッキリだ!


先日、花粉症の友達に、小豆茶をすすめたところ、
「常温のお茶がこんなにのど越しが気持ちがいいとは思わなかった」
と、嬉しいお褒めのお言葉。
でも、先生のお話を聞けば中医学的にも納得でしょ?


そして、先生によると、
「この夏に、体の余分な湿や夏をとっておけば、秋・冬の喘息が深刻化する時期や、
春の花粉症も、絶対楽になる!」
と。

「小豆茶、よく考えましたね。夏の間は続けるといいですよ~」と、お墨付きのお言葉も!

ちなみに、体の暑さや乾燥()はそんなでもないけど、
湿の方が多くって・・・という方は、小豆よりも緑豆がオススメだそう。

でもね、先生。緑豆がいいのは知ってるけど、これまた食べにくいんですよぉ~
豆がとっても青臭くて、味の濃いものにまぜても、子どもたちはどうも苦手~
ごはんに混ぜて炊いても、緑豆だけよける・・・
これもお茶にして、小豆とブレンドでもしてみるかぁ~?
ちょっと怖くてチャレンジしてないけど、チャレンジしたら、報告しますね

ちなみに、昨年沖縄で食べた「緑豆のぜんざい」
DSC04113_R.jpg
この緑茶色っぽい、小さい豆が緑豆です。

これは、ものすごく美味しくできていて青臭くなかったなぁ~
それでも、子どもたちは食べなかった

すでに、耳や鼻やのどの奥に不快感がある方(コメントで「分かる!」と報告をいただいた方はぜひ!)、
花粉症や、喘息や、副鼻腔炎、中耳炎になりやすい方はもちろん、
冷たいものの食べ過ぎで、お腹の中が冷えて、「湿」を作っている方も、
ぜひこのお茶を体感してみてくださいね


詳しい作り方は、コチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!夏バテ・熱中症予防に小豆茶 by のりたま@くすいむん


リンクさせていただいている、
オリジナルアクセサリーと布作品ブログ 「ipu-8  石と布」

のipu-8の陽子さんが、ブログの中で、「小豆茶」を紹介してくださりました。
陽子さんは、素敵な手作りの布作品を作っていられます。
素敵なコースターに載せてもらって、この小豆茶は幸せもんです。
陽子さん、ありがとうございました。


ちなみに、
「では、この秋・冬は、体質の変化を楽しみに待っていいですか?」
と、聞くワタシに、先生は、
「楽しみにしていていいですよ」
と、こちらも嬉しいお言葉が。


みなさんも、秋・冬、そして、花粉症の春。
それまで、しっかり養生して、楽しみに待ちませんか??


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ













スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: