京都陰陽旅~その3・東寺~

「ブルッときたのは、寒さのせいだけかなぁ。」
これは、JR西日本の東寺のキャッチコピー。

DSC06188_R.jpg

今回、ほんとは奈良の薬師寺に行きたかったのだけど、
なんせ、日帰りの強行旅 
薬師如来様にお会いするのを泣く泣く断念

・・・するはずだったけど、
偶然、その日の朝に、京都のYっちから
「東寺(とうじ)の、薬師如来は素晴らしいよ~」とメールが入る。


時間的も、まわれるのはあと1か所。
パワースポットである下鴨神社に行くつもりだったけど、
どうしても、薬師如来に会いたくなった。

ので、行ってきましたよ~東寺。


なんと出かけた21日は、弘法大師の命日。
京都では毎月この日を「弘法さん」というらしく、当時では縁日が開かれていた。

ちなみに、25日は、菅原道真の命日。
北野天満宮では、その日を「菅原さん」といい、やはり縁日があるらしい。

かならず、どちらかの日には天気が悪いらしく、
「今月は弘法さんが勝った」とか「菅原さんが勝った」とか、
京都のお年寄りは言うらしい・・・とタクシーの運転手さん談。


この日、21日も天気予報は午後から雨。
「もしかすると、弘法さんが負けかも・・・」なんて話をしながら到着。


曇っているから、ブルッとどころか、ブルブル・・・(笑)
でも、薬師如来と対面した時には、
ブルブルをとおりこして、目頭も、胸もあつくなる。
涙が出そうになりました。


素晴らしい仏様との時間を忘れるひととき。
そんな中で、仏教での「十界」についての説明がありました。


例えば、薬師如来・釈迦如来のように、「如来」がつくのは、
仏様として最高のランク。

薬師如来と、いつも一緒にいる
日光菩薩・月光菩薩などの「菩薩」は、
如来になれるように修行をしている仏様で、如来の教えをひろめようとしています。

・・・というのは、MY薬師寺?の日向薬師のご住職さんに、
ワタシが中3の自由研究の時に教えていただいたお話。
(国際薬膳師、中医師試験の時にお世話になった日向薬師はコチラ)


東寺には、十界すべての説明がありました。
例えば、人間界は、迷いが起こりやすいけれども、自制することができ、
恨みやねたみの気持ちがあっても、自分の至らなさを反省する努力を惜しまない人のことをいいます。


修羅界は、争いの絶えない世界。
いいことは自分のおかげにし、悪いことはすべて他人のせいにする。
嫉妬・自慢の多い世界。


愚痴の多い、畜生界。

物欲、不平、不満だらけの餓鬼界。


・・・撮影禁止だったもんで、まちがっているかもしれないけど、
だいたいこのような内容でした。

これにも見いってしまいました。



せっかく人間に生まれたのに、人間界にいない人の多いこと。
ワタシはどうだろう・・・?
こんな風に考えると、今度は身震いが


「せっかく、人間で生まれたのだから、人間でいたい。
迷いや、うらみ、ねたみがあっても、反省し、努力をしていきたい」

書いてしまうと簡単だけど、難しいことだ。


こんなワタシでも、ブログやメールで頼りにしてくれた方に、
心から、お答えすることができたのだろうか?
返信も遅くなり、失礼ばかりだったのではないか??

年末に、大きな反省をいただいたことが、なによりものお薬師様のご利益かもしれない。


あと数時間で来年になる。
来年はもっと人間になれるように・・・これが目標だ。


行けなかった下鴨神社は、まだ紅葉が残っていたらしい。
東寺は、かなりの葉は落ちてしまってたけど、
ワタシにとっては、紅葉よりもありがたい経験でした。

DSC06189_R.jpg

京都の陰陽旅は、駆け足だったけど、
たくさんのことを学ばせてくれました。



本年中は、たくさんの方と知り合えて、チカラをいただきました。
心から感謝いたします。ありがとうございます。
来年もまたよろしくお願いします。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



来年の1/26(水)に、
「簡単!プチ薬膳で免疫力UP」の講座をします。
ぜひ、遊びにきてくださいね。

毎月、15日発行の「かながわ子育て情報局」の
メールマガジンにも、薬膳記事を書いてます。
よかったら、登録してくださいね~

(どちらも詳しくはコチラから・・・)








スポンサーサイト

京都陰陽旅~その2・金閣寺~

前の記事にも書いたけれど、
中医学の基礎となる五行理論では、西の方角は金である。(この場合、金属のほう)

それが関係しているのか、どうなのか、
風水的にも、西はお金の方角。
よく、風水師さんが「西に黄色はお金持ちになる」といってますよね

今回、「京都に行く」と友だちにいったら、
「西ならぜひ、金閣寺に!」といわれた。

金閣寺・・・ものすごい金だものな~

全然、ノーマークだった金閣寺。
最初の旅の目的はどこへやら、縁起物なら行っておきましょ♪
・・・と出かけてきました。

DSC06186_R.jpg

おー!まさに金!(笑)
水面にうつる、金閣寺も素敵

でも、ワタシの心に残ったのは、この金色ではなくて、
シンプルな白と黒。
今回、特別公開されていた、方丈の襖絵。

狩野派の狩野外記が描いたとされていますが、
墨で描かれたそれは、とても素晴らしかったです。
お庭もとてもよかったので、寒くなかったら、何時間でも座っていたいくらいでした。

今回は、12月の末まで(だったと思う)特別公開でしたが、
ネットで調べると、ちょこちょこ公開もしているようなので、
お出かけの際に、チェックしてみてくださいね


そうそう、金閣寺まで移動したタクシーの運転手さんから、
面白いお話を聞きました。

京都御所の「右近の橘、左近の桜」ですが、
もともとは「右近の橘、左近の梅」だったそうです。
どちらも、その実は薬として、天皇や皇族の方たちの具合が悪くなると使われたそう。


橘などの柑橘類は、「気」を流すし、消化も助けます。
梅も、体に必要な「水」を作り出し、の多いなどにも効果的。

どちらも、湿気が多くて、のできやすい日本人にはありがたい実ですもんね。


唐の都、長安にならって作られた平安京。
中国の風水もとりいれているという話もあるので、
もしかして、中医学も取り入れられて作られているのかしら??


京都の屋根瓦に使われている、
「桃」や「菊」も中医学ではお薬だしね

思わぬ中医学に関する、いいお話を聞けて、
これも、「西の金」のお陰ですね



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ







クリスマスプレゼント

メリークリスマス

みなさん、よいクリスマスをお過ごしですか?
そして、クリスマスプレゼントはもらいましたか?


なぜか今年は、たくさんのプレゼントをいただいたので、
感謝の意味をこめて、記事にさせていただきます。


まずは、ちょっと早めにいただいた、クリスマスプレゼント(?)
DSC06133_R.jpg

このブログの初期の頃から、お友達でいれくれる、
「らしく」のFuwariFunwariさんのところで、
4周年アニバーサリーありがとうプレゼントの企画にダメ元で応募したら、
なんと!いただいてしまいました。

箱の中身は、
DSC06136_R.jpg
ロイヤルコペンハーゲンのマグカップ。
ワタシは、冬も夏も、一年中温かいお茶を飲むから、
マグカップは必需品。
このカップは、デザインも可愛いけど、口に触れた陶器の間隔も最高!
FuwariFunwariさん、大切にしますね。ありがとうございました。

一緒に、紅茶もいただきました~。
北欧のおじいさんが、ブレンドしているそう!
それを聞いただけで、トキメキます


それから、子どもたちが幼稚園の頃から、仲良くしているママ友から、
DSC06157_R.jpg
横浜フランセのお菓子~
クリスマスバージョンでかわゆい~

春頃、息子さんの花粉症や副鼻腔炎のことで相談されたけど、
すすめた薬膳は、効果があったらしく、こちらも嬉しいプレゼント!
一番、大事な夏に、中医師試験で余裕がなく、
フォローができなかったことが、一番の後悔です。
来年は、ばっちりフォローしていくからね


それから、まさに昨日のクリスマスイブに届いたプレゼント。
「薬膳deからだにe-Kitchen!」のmasaさんからいただいた、
DSC06234_R.jpg
竹筒に入ったプーアール茶なんですって!
なんですって!というのは、もったいなくて、まだ開けてないから(笑)


他にも、先日、
中医師試験の証書も無事、いただいてきました。
これは、自分からの大きなクリスマスプレゼント

それから、合格を祝っての、
大学のクラスメイト達とのお祝い会。
DSC06162_R.jpg
DSC06165_R.jpg
DSC06166_R.jpg 

パワフルで、大活躍中のお友達が、素敵なお店を選んでくれました。
このお店、謝朋殿さんは、大学の先輩が監修するお店。薬膳コースをいただきました。

他にも、中国語の先生をされている方や、薬剤師さん。
いろんな分野でのスペシャリスト達とのお話はとてもいい時間でした。
この時間も素敵なプレゼント。


たくさんの嬉しいプレゼントをいただいたけど、
一番は、こんな素敵な人たちとの出会いや、素晴らしい時間があったこと。

それから、長い間お休みをしても、
このブログを待っていてくれる、みなさんの存在。
更新も、訪問も、コメントのお返事も遅いワタシを、いつも応援してくれるみなさん。


無宗教だけど、キリストの誕生日。
そんなみなさんに、素敵なクリスマス&新年が訪れますように・・・心からお祈りします。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


京都陰陽旅~その1・晴明神社~

「そうだ!京都へ行こう」とばかりに、
昨日、日帰りの京都旅へ行ってきました。

なぜ?この師走に?と、思われるでしょうが、
中医師試験勉強に明け暮れたこの1年。
もちろん、願掛けには、いつもの日向薬師へ行ったし、
そちらのお礼まいりも済んだけど、
来年からは新しい仕事も入ることもあって、
気持ちも新たに薬師如来へご挨拶に・・・


・・・というのが、最初の目的。
合格発表を待ったので、年の瀬になってしまいました


まず、朝の9時から向かったのは、
薬師如来と並んでの、この旅のメイン!
「晴明神社」
パワースポット特集のTV番組で見たときから、ひとめぼれ。

ここは、陰陽師の安倍晴明を祀ってある神社。
実は、陰陽道の元となる五行は、中医学の基本ともなっている。
DSC06167_R.jpg
鳥居には、五芒星が
こんなところにも、ときめく!


修学旅行時期には、めちゃめちゃ混んでいるという境内。
平日だからか、朝一だからか、人はほとんどおらず。

DSC06178_R.jpg
ここにも、五芒星が!


DSC06176_R.jpg
これは、自身の厄を、この桃にこすりつけるといい、といわれる厄除桃。
中国では桃は不老長寿の実だし、
中医学でも、桃の種は、血を流す薬だ。

胆石や胃腸、記憶力?・・・体にもたくさんの悪いところがあるけれど、
ワタシは、心の悪いところがなくなりますように・・・と、心臓をなでつけてきました。


DSC06172_R.jpg
これは、「晴明井」
安倍晴明が、神通力で湧きださせたといわれていて、
水の流れるのは今年の恵方。
井戸の下に、十二支がかかれてるでしょ?

DSC06181_R.jpg
井戸までには、北斗七星が


DSC06210_R.jpg
これは、お守り。
左は、学業&営業力UPのお守り。
右は、厄除のお守り。


ちゃんと色にも意味があって、
五行にはそれぞれ色があるので、
学業&営業力UPは、土(黄)のねばりと、火(赤)の勢いが必要で、
厄除は、水(黒)の厄除と、厄除桃が描いてある。

ワタシは、営業力UPには、木(緑)の柔軟性も必要だと思うんだけどなぁ・・・
ちなみに、白は金(きん・・ではなく、かねのこと)。金は五臓六腑では肺。
だから、白い食べ物は肺にいいといわれいます。
大根とか、れんこんとか・・・お守りと関係ないけど(笑)


DSC06212_R.jpg
これ、可愛くないですか?
五行が描かれた、エコバッグです。
てっぺんの緑が木で、右回りで火・土・金・水。
これらの自然のものに、臓器の機能や性質を置き換えたものが、
中医学の基礎になってます。


このひとめぼれバッグ、帰った瞬間に娘にとられました
心の悪いところの厄除をしたのだから、
広い心で、怒らない、おこらない・・・っと。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


豚肉でおもてなし薬膳☆

まだまだひっぱる、豚汁カレー.

根菜がいいのはお話しましたが、
豚肉も、肉類の中では陰の多い食材で、この時期にオススメのもの。
(陰ってなに?はコチラ)

でも、陰の多いものは、体を冷やすものが多い。
ワタシの愛する沖縄でも、豚肉はよく食べられているけど、
暑い気候にはピッタリ

でも、今は寒い冬。
体を冷やしすぎないためにも、ゆっくり、じっくり火をとおしてあげましょう
火をとおす時間が少ない、
揚げものや炒めもの、焼き物などは、この時期にあまりふさわしくありません。
できたら、スープや、煮混み料理などがオススメ!


という訳で、こんなのを作ってみました~
DSC05939_R.jpg
「とろとろ焼き豚」
Cpicon 薬膳ノススメ!簡単♪とろとろ焼き豚 by のりたま@くすいむん


りんごや梨(あれば)を入れて、ちょっと甘めのタレがおいしい~



我が家では、消化器官(脾臓)に負担をかけないように、
DSC05927_R.jpg
お肉の消化をよくするサンザシ(手前)と、
消化器官(脾臓)を元気にしてくれる陳皮(奥)を、お茶パックに入れて一緒に圧力鍋へポン!

サンザシは、輸入食材屋さんなどでも手に入るけど、
たま~に、ドライフルーツなどと一緒に、観光地のお土産屋さんの片隅で売られていたりするから、
チェックしてみてください

写真のは、中華街で購入したものですが、
ドライフルーツとして売っているのは、ピューレ状にしたものを
長方形(のものが多い)に固めたものです。


そして、陳皮は、今が旬の温州ミカンの皮を天日干ししたものです。
消化器官(脾臓)の弱い我が家では毎日使う食材なので、生産が追い付かず、
我が家では漢方薬局で購入してますが・・・笑
(使えるヤツ!陳皮についてはコチラ・・・)


簡単だけど、おもてなし料理にもピッタリなので、
これから、宴会の増える時期に、
ウンチクつきで(笑)お客様にもいかがですか?


「ガッツリ、お肉を食べたけど、胃もたれしなかった~♪」
なんて言われたら、嬉しいじゃないですか?


次回は、またまた豚肉を使った一品を!



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



来年の1/26(水)に、
「簡単!プチ薬膳で免疫力UP」の講座をします。
ぜひ、遊びにきてくださいね。

毎月、15日発行の「かながわ子育て情報局」の
メールマガジンにも、薬膳記事を書いてます。
よかったら、登録してくださいね~

(どちらも詳しくはコチラから・・・)



ハスの実&山芋で下痢対策!?

前回、「根菜たっぷりの豚汁カレー」をアップしましたが、
思ったよりも、楽しみに待っていいただいた方が多かったので、
ここで1つ、お詫びのかわりに?いいわけ劇場を・・・(笑)


実は、当初載せた、黒豆ごはんのカレーの写真。
あまりにぼやけ過ぎていたので、
次回にカレーを作った時に撮りなおしてアップしようと思っていたのですが、
実は、脾臓(消化器官)が弱い我が家。
家族の体調が万全な時でないと、なかなかカレーは作れない

まずは、ワタシが風邪気味になり、材料は豚汁へ・・・(笑)
そして、治ったかと思ったら、ダンナがお腹の調子が悪くなり、
下痢が、10日くらい続いてました。
そんな時に、カレーだなんてとんでもない!


最初は、お腹にくる風邪だろうから、ウイルスは出した方がいいと、
下痢も止めずにいたけれど、
あまりに長く続く下痢に、明らかに消耗してくるダンナ。
やはり、止めないと!と薬膳をすることに。


ちょうど、中華街に仕入れに行った時に買ってきた、これがあった。
DSC06022_R.jpg
「ハスの実」

ハスの実には、脾臓(消化器官)を元気にし、下痢を止めるチカラがある。
その上、気持を落ち着かせるチカラもある。


これを、下痢の時の定番!おかゆにした。
DSC06033_R.jpg

これは、お米を洗って、みずからおかゆにしたものだけど、
ハスの実をお水で戻して、すこ~し柔らかくなったら、
おかゆに投入!
消化を助けるために、大根と大根の葉が入っている。


下痢の定番!・・・と書いたけど、
長く続くと、便と一緒に水分も出過ぎちゃうから、
思いのほか喉も渇く

体に必要な水分をとるためにもおかゆってありがたい



他にも、
山芋も、脾臓(消化器官)によく、下痢を止めるチカラがあるから、
いつものスープも一緒に。
同じく、体を潤すチカラの山芋は、水分補給にもなるしね


DSC05863_R.jpg
「カボチャと山芋のクリームスープ」



さすがにおかゆやスープは持っていけないけど、
ハスの実を炊きこんだごはんをお弁当にも!
DSC06041_R.jpg

酸っぱいものにも、下痢などの出過ぎを止めるチカラがあるから、
梅干しもIN!
手前の白っぽいものは、
「山芋の海苔塩焼き」だ。
Cpicon インフルエンザ予防に!?山芋のり塩焼き by のりたま@くすいむん

朝だから、フライパンを使わずに、
グリルで魚と一緒に焼きました。
ほくほく、カリッと美味しい~♪


そんなこんなで、ダンナも無事治り、
長らくお待たせいたしました、豚汁カレーの写真がコチラ・・・

DSCF0106_R.jpg
 
え?下痢の話の次にみたくない?
お詫びにも何にもならなかったわ

お食事中の方、失礼いたしましたー


これから、寒くなるとお腹の調子の悪くなる方が多い季節。
特に、前回お話した、体の中に「陽」の少ない方はなりやすいです。
(陽ってなに?はコチラ)
ハスの実、
山芋、
使えますよ~



今回、ダンナは治りましたが、
止まらない下痢には、他にも原因は考えられます。
長く続く不調には、病院での診察をしてくださいね




ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


こんな風に、お家で無理なく手軽にできる薬膳の講座をします。
来年の1/26(水)
海老名市のわかば会館にて
「簡単!プチ薬膳で免疫力UP!]
お申込み、お問い合わせはコチラ・・・

コンサイ、バンザイ!

冬は、体の中に種を作る季節だと、以前話しました。
できるだけ消耗をしないようにして、体の中に『陽』を保存する。
それが、いい種を作る秘訣です。
(どんなものを食べたらいいの?はコチラ)


では、どうしたら『陽』を逃がさずに保存できるのか・・・
それには、たっぷりの『陰』が必要です。


・・・え??陽?陰?
こんなに難しい言葉が出てきちゃ分かりにくいよ~
・・・と思ったあなた!大丈夫です


中医学の考え方の素となる、陰陽だけど、
かなり乱暴に言っちゃうと、ものごとは対立する2つに分けられるといったもの。
例えば、太陽のあたっているところは陽。日影は陰。
春・夏は陽。秋・冬は陰。
男性は陽。女性は陰。
といった感じ。


体の中にたっぷりの『陰』を作るには、
『陰』がたっぷりの食べ物を食べたらいい。


『陰』がたっぷりというとこは、日が当ってないということ。
だから、土の中で育っている根菜
そして、土より下のところは『陰』が多いので、海の中のもの。
魚や貝類、海藻だ。


でも、困ったことに、この『陰』の多いもの。
生のままだと体を冷やすものが多い。
冷え性さんでなくとも、冬の寒い時期に体を冷やすのは良くない。


だから、ゆ~っくり火を通してあげる。
煮込み料理やスープなどで、じっくりゆっくり
そうすることで、体を冷やしすぎなくなる。


ということで根菜たっぷり豚汁カレー
DSCF0106_R.jpg
写真を前回と替えてみたが、いかがでしょうか?


作り方は簡単!
豚汁の具をだし汁で煮て、最後に市販のカレールー。


作り方というほどではないけれど、詳しいレシピはコチラ
Cpicon 和風だしが決め手★豚汁カレー by のりたま@くすいむん

「里芋がいい感じ~♪」と好評
お出汁がきいていて、お蕎麦屋さんのカレーっぽいから、
カレー嫌いの娘も、これなら大丈夫!



いつもの漢方医先生は、
奥さん(=女性=陰)が、優しく包み込んであげれば、
ダンナさん(=男性=陽)が、外に遊びにいっちゃわないとの例えだった。


が、
海老蔵さんの奥さんは、優しく包み込んでいると思うんだけどなぁ・・・
男と女は、中国何千年もの学問をもってしても、解決せず・・・いと難し。


12/1号の広報海老名でも募集してましたが、
来年の1/26(水に、海老名市のわかば会館で薬膳講座をします。
簡単!プチ薬膳で免疫力UP
興味のある方は、遊びに来てくださいね。


それから、メルマガにも、薬膳記事をちょこっと載せてます。
よかったら、登録してみてくださいね。

どちらも、コチラから・・・



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: