FC2ブログ

コンサイ、バンザイ!

冬は、体の中に種を作る季節だと、以前話しました。
できるだけ消耗をしないようにして、体の中に『陽』を保存する。
それが、いい種を作る秘訣です。
(どんなものを食べたらいいの?はコチラ)


では、どうしたら『陽』を逃がさずに保存できるのか・・・
それには、たっぷりの『陰』が必要です。


・・・え??陽?陰?
こんなに難しい言葉が出てきちゃ分かりにくいよ~
・・・と思ったあなた!大丈夫です


中医学の考え方の素となる、陰陽だけど、
かなり乱暴に言っちゃうと、ものごとは対立する2つに分けられるといったもの。
例えば、太陽のあたっているところは陽。日影は陰。
春・夏は陽。秋・冬は陰。
男性は陽。女性は陰。
といった感じ。


体の中にたっぷりの『陰』を作るには、
『陰』がたっぷりの食べ物を食べたらいい。


『陰』がたっぷりというとこは、日が当ってないということ。
だから、土の中で育っている根菜
そして、土より下のところは『陰』が多いので、海の中のもの。
魚や貝類、海藻だ。


でも、困ったことに、この『陰』の多いもの。
生のままだと体を冷やすものが多い。
冷え性さんでなくとも、冬の寒い時期に体を冷やすのは良くない。


だから、ゆ~っくり火を通してあげる。
煮込み料理やスープなどで、じっくりゆっくり
そうすることで、体を冷やしすぎなくなる。


ということで根菜たっぷり豚汁カレー
DSCF0106_R.jpg
写真を前回と替えてみたが、いかがでしょうか?


作り方は簡単!
豚汁の具をだし汁で煮て、最後に市販のカレールー。


作り方というほどではないけれど、詳しいレシピはコチラ
Cpicon 和風だしが決め手★豚汁カレー by のりたま@くすいむん

「里芋がいい感じ~♪」と好評
お出汁がきいていて、お蕎麦屋さんのカレーっぽいから、
カレー嫌いの娘も、これなら大丈夫!



いつもの漢方医先生は、
奥さん(=女性=陰)が、優しく包み込んであげれば、
ダンナさん(=男性=陽)が、外に遊びにいっちゃわないとの例えだった。


が、
海老蔵さんの奥さんは、優しく包み込んでいると思うんだけどなぁ・・・
男と女は、中国何千年もの学問をもってしても、解決せず・・・いと難し。


12/1号の広報海老名でも募集してましたが、
来年の1/26(水に、海老名市のわかば会館で薬膳講座をします。
簡単!プチ薬膳で免疫力UP
興味のある方は、遊びに来てくださいね。


それから、メルマガにも、薬膳記事をちょこっと載せてます。
よかったら、登録してみてくださいね。

どちらも、コチラから・・・



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: