FC2ブログ

胆石と、睡眠の関係

去年の12月に、人間ドッグを受けた。

その時の、お医者さんとの面談で、
「胆石の治療に漢方薬とありますが、漢方薬では胆石は治るわけがない。
まぁ、痛みをごまかすくらいでしょうねぇ・・・」

と言われた。

そこで、お医者さんと、西洋薬と漢方薬の議論を戦わせてもしかたがないので、

いい大人のワタシは、
「そうですか」
と答える。

そんなワタシに、お医者さんは、
「治ると信じて、漢方薬を飲んでいるのに、
治らないなんていうと、がっかりしちゃうよねぇ?」

と。


ワタシは、漢方薬を信仰している訳ではないから(笑)、
別に、がっかりもしないので、
「いえ」
と答えた。


漢方薬で胆石を治す・・・それは西洋薬の考え方。


漢方でも、胆石を出すチカラの薬はある。
金銭草(キンセンソウ)というのは、石を出すチカラの生薬だし、
インチンコウトウという、胆石を出すお薬もある。
実際、これを処方されたこともあった。

けど、今の漢方医先生に、
「あなたには、インチンコウトウはふさわしくない。」と言われた。
誰にでも、石を出すチカラのインチンコウトウがいい訳ではない。

ワタシは、血が少なく、
血が少ないと肝臓がちゃんと働いてくれない。
ということは、血を増やせば肝臓がちゃんと働いてくれる。
肝臓がちゃんと働いてくれると、肝臓についている胆のうもちゃんと働く。
胆のうの働きを良くして胆石をだそうという考え方だ。

インチンコウトウは確かに、石を出す力はあるけれど、
冷やしてしまう薬が多く、
胃腸が弱いワタシには、ふさわしくないと言われたのだ。


ワタシが飲んでいる薬は、胆石の人全員を治す薬ではなく、
「ワタシの胆石」を治すために、ワタシの体の働きを正常にする薬だ。


・・・なんてことも、
面談してくれたお医者さんには、信仰にとられちゃうのかな?


でも、いいんだ。
「ワタシの胆石」を治すために飲んでいるお薬は、
同時に、ワタシの乾燥肌も、長年の便秘も、肌のくすみも解消してくれる。
そして、脂っこい物を食べた後の胃もたれもなくなり、風邪もひかなくなった。

ここ何年かの中で一番体調がいいのは、なによりワタシが一番わかってる。



ただ、残念なことに、エコーにはまだ胆石が映っていた。
薬は飲んでいても、睡眠時間がちゃんとしてないと、
ちゃんと血は作れない。
つまり、まだ肝臓の働きが不十分だということだ。

ちなみにここで書いてある血は、必ずしも血液検査の結果と一致しない。
もともと貧血気味のワタシで、
鉄剤を飲むように注意されたこともあったけど、
今回は、異常なし!

ただ、胆石を出すのには十分ではないということだ。


前記事にも書いたけど、
せっかく漢方薬を飲んでも、薬膳しても、
ちゃんと寝ないことには、せっかくのものが100%のチカラを発揮できないのだ。


・・・ってここまでわかっていたら、やっぱり眠るしかないでしょ~

でもね、わかっちゃいるけど、
血が少ない人って、眠りに入りにくかったり、眠りが浅かったりするの。
そして、寝ないからまたまた血が作れない、負のスパイラル

そんな時には、こんな赤い実を使って・・・
DSC05757_R.jpg
手前はナツメ、奥はクコの実。

中医学では、赤い食材は血を作ると言われている。
特にナツメには、気持を安定させるチカラもある。

これらを、そのままノンカフェインのお茶や、
ホットミルクに入れて飲んでもいい。

後は、軽めの夕飯で、
できるだけ早めの夕飯をこころがけて、
胃腸の働きを休ませるだけだ。


・・・ってこれだけわかってるんだから、実行しろよ!ワタシ
今年は、いい睡眠を目標に頑張ります!
(・・・って毎年書いてるような気がするけど 笑)


みなさんに、今年の人間ドッグの結果が自慢できるように?、
漢方薬でも、十分に胆石に対抗できると、胸を張って言えるように、
生活の養生も気をつけていきます~
(・・・あ、言っちゃったやるしかないよねぇ・・・)



これは、文中にもありますが、「ワタシの胆石」の治療方法です。
「あなたの胆石」には、「あなたの胆石」にふさわしい、治療方法があります。
漢方薬を処方させている方で、効き目がない方は、もしかしたら「「あなたの胆石」にふさわしいお薬ではないかもしれないです。信頼できる漢方薬局さんで、しっかりと体質をチェックしてもらい、ふさわしいお薬をもらってください。
(保険が効かないのですから、なおさらです)
他にも、西洋薬や、手術で取り除く選択もあります。

たった1つの自分の体です。
信頼のできる(ここ大切!)お医者さんと相談し、
後悔のない選択をしてくださいね。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



来年の1/26(水)に、
「簡単!プチ薬膳で免疫力UP」の講座をします。
ぜひ、遊びにきてくださいね。

毎月、15日発行の「かながわ子育て情報局」の
メールマガジンにも、薬膳記事を書いてます。
よかったら、登録してくださいね~

(どちらも詳しくはコチラから・・・)




スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: