FC2ブログ

緊急!インフルエンザ回復ごはん

昨日のコメント欄にも書いたように、
息子のクラスでも、インフルエンザの学級閉鎖に

そのせいかどうか、昨夜、近所のドラッグストアに行ったら、
豆乳も、ヨーグルトもないじゃないの!!

クックパッドのワタシのメニューでも、
止めに・・・」
「のど痛に・・・」
の検索が多い。

薬膳云々はともかく、みんな食べ物で少しでも元になりたいと思っている。
その持ちを陰ながら応援したい。

インフルエンザって、予防も大事だけど、
病後もとても大事なんです。

予防は、薬膳の得意分野。
強いバリアを作るために、「」を補えばいいんです。
(「気」って?はコチラ)
強いバリアは、インフルエンザに限ったものではなく、
普通の風邪や花粉症にもお役立ち
DSC06577_R.jpg
「長芋の海苔塩焼き」(写真は相変わらずヘタクソです~

昨夜の夕飯のもの。
インフルエンザにかかっていない、子どもたちの予防にもなるし、
ここのところ残業続き、休日もなしのダンナの疲労回復にもね。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ






そして、お疲れや、不規則な生活・食生活、ストレス、
それから、前記事にも書いたように、
春で、体の表面が少しづつゆるみ、その上、強い風と一緒に体にはいりこんだり、
いろいろな原因で、インフルエンザウイルスにやられてしまった時は、
食欲がなければ、無理に食べない!食べさせない!

人間の体って、よくできていて、
邪魔もののウイルスを、外へ追い出す方に、全面的にチカラを注ぎたいんです。
だから、消化吸収など他の機能はちょっとお休みしててほしい。
そのために、食欲をなくしているのに、わざわざ無理に食べる必要はないんです。

なにか食べないと回復しないから、
せめて、好きなものや食べやすいものなら・・・
と、子どもたちにアイスやマックのポテトを買い与えていた昔もありましたが、
かえって、回復を遅らせていたことに、中医学を勉強して初めてづくワタシです

無理に食べなくてもいいです。
そのかわり、水分は絶対にとってくださいね。


それから、大切な病後です。
みなさん、インフルエンザと診断されると、
タミフルや、リレンザを処方されると思いますが、
これらの薬は、とても強く、体の中の水分をギューっと、絞りすくらいの汗をかきます。
体の水分がものすごく消耗され、体には隙間がたくさんできます。
その隙間に、外からの邪(病気の素)が入りやすくなってしまうんですよ。
まして、インフルエンザで、バリア(気)は弱っちくなってますから


だから、早く、体にいい水分と気を補ってあげないといけません。
ここで、いい水分をいかに早く補ったかが、病気を長引かせないコツです!
では、いい水分って?

冷蔵庫から出した、キンキンに冷やされたものや、
まして氷入りのものは、できるだけ避けてください!

できるだけ、常温やそれ以上のものにしてください。

確かに、熱のある時や、汗をたくさん書いた後の冷たいものはさっぱりした感じがするでしょう。
・・・のどごしの一瞬は。
でも、体にしみこんでいかないんですよ~
まして、弱った消化器官(臓)では、かえって余分な湿気になってしまう。
その湿気がになり、止まらないになってしまうんですよ~

同じように、甘い飲み物も避けてください。
スポーツ飲料なら、常温や常温に近いものを。


それから、水っぽい食事でも、フォローを!
水っぽい食事とは、お粥やスープ。
気と水分を同時に補ってくれる優秀食材!これも山芋
今回は、水っぽい食事?スープを紹介☆

DSC06483_R.jpg
「山芋とかぼちゃの豆乳スープ」
かぼちゃも、「気」を補ってくれて、弱った粘膜を修復してくれます。
豆乳も、体を潤してくれて、を出しやすくしてくれます。


DSC06301_R.jpg
「山芋とコーン豆乳スープ」
コーンも、「気」を補ってくれて、体の余分な湿気を外へ出してれます。
Cpicon 薬膳ノススメ!いつものコーンスープ by のりたま@くすいむん


他にも、キャベツやブロッコリーなどのスープもオススメです!
休んでいた消化器官(臓)に優しいからね
もちろん、休んでいた消化器官(臓)をびっくりさせないように、
どんなに食べたがっても(笑)脂っこいものや味の濃いものを避けてくださいね。

「体力回復には、美味しいご馳走!」・・・これも、
「食べないと治らない」と同じくらいの間違いだということに気付きました。


美味しいご馳走は、すっかり治った後で、ガッツリどうぞ~

ちなみにこの養生はインフルでなくても、
普通の風邪にもいえることですので、
風邪で高熱が出た時にもどうぞ~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ





スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: