できたよ~!かるかん!!

みなさん、覚えておいででしょうか?
「甘からず、辛からず、うまからず」だったかるかん。


いやっちゅうほど、試作して、
「ワタシ、一生分のかるかんを食べたな・・・」と思ったワタシだけど、
やっと成功したと思ったかるかんも、
娘の塾の送り迎えの合間に作ったから、ちゃんと調理時間なども覚えてなかった。


レシピは大丈夫なはずだから、もう1回成功したら、記事にするといってました。
思いのほか、かるかんレシピのリクエストもあり、
同じものが作れるか、ちょいプレッシャー(笑)をはねのけて、
できたよ~!かるかん!!!

DSC06988_R.jpg

詳しいレシピはコチラから・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!フープロで簡単☆かるかん by のりたま@くすいむん


和菓子職人の弟レシピからは、かなり、甘味も減らしたから、
また、弟には、
「ねえちゃんの菓子は甘味が足りない~」といわれるんだろうな。

でも、家庭のおやつはこれくらいでいい。
ホントのかるかん好きさんや、鹿児島出身の方からしたら、
邪道といわれてしまうかもだけど、
だったら、「山芋ケーキ」でもいいや~


フープロ1つでまぜて、
牛乳パックで蒸しているので、洗い物も極力少なくなったので、
忙しい主婦の方も、ちゃっちゃっと作れちゃいます~


山芋は、我が家には常備している野菜だけど、
梅雨時期に、やられやすい臓を元気にしてくれるチカラがあるし、
もともと、臓(消化器官)と、臓が弱い、子どもにはピッタリ♪
中国の小児科の名医で、山芋を生薬にした、山薬(さんやく)を多く処方するので、
「山薬先生」と言われている方がいるくらい、子どもにはオススメだ。

疲労回復やアンチエイジングにも嬉しいので、子どもでなくても嬉しい!

大学の教授にも、
「湿気の多い日本には、最適!」と言われる山芋。

ぜひ、みなさんもせっせととってくださいね~


湿気の多い梅雨&夏。
湿気によるトラブルがすでに出てきている方もたくさんいるんでしょう。

お料理、おやつと写真を撮ってあるのですが、
なかなか忙しぶっていて、記事にできないワタシをお許しください。

そして、みなさんへの訪問やコメントも遅れております。
こちらもお許しくださいね。


7月末の大学の卒業試験までは、まだバタバタします。
終わったら、ゆっくりと遊びに行かせてくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ







スポンサーサイト

子育て情報局の薬膳講座、終了!

昨日は、大谷のコープでの「簡単!プチ薬膳でクールダウン」の薬膳講座でした。
今年一番の猛暑日にふさわしい?テーマ

暑い中、お越しくださった方、ありがとうございました
みなさん、熱心にメモをとっていただき、真剣に聞いていただきました。
ホントにありがとうございます。


実は、1月の薬膳教室では、
「次の薬膳教室は、喘息や花粉症は夏に治そう!」のテーマで
・・・とお話していましたが、
3月の大震災により、この夏はなににおいても節電を心がけなければならないので、
体の中から涼しくなって、暑さをのりきろう!のお話にさせていただきました。

でも、夏の体にふさわしい生活や食べ物をとっていると、
体の中から涼しくなるし、
そんな生活は、余分な「湿」を発生させず、出しやすくするので、
結果として、秋の喘息や、冬の風邪、春の花粉症にもかかりにくくなるんです。


ブログでも、毎年のように同じ記事でしつこくなってしまいますが(笑)、
今年も、夏の過ごし方、紹介させていただきますね。


今日も、神奈川は驚くほどの猛暑でした。
昨日の講座でもお話したのですが、
中医学では、今年は、春の温かさも、5月の初夏のような陽気もほとんどなく、
梅雨入りをしてしまいました。

中医学的には、地球はそれを取り戻すように、
今年の夏は、暑くなるとも言われています。

その上、体は暑さになれていなくて、ウォーミングアップもできてない状態
そして、節電じゃ、みんな夏バテになっちゃう~

そんなときに、一番大切なのは、睡眠です。

梅雨明けして、夏本番になるまえから、しっかり睡眠をとって、
体力を蓄えておきましょう!

昨日もお話しましたが、
できるだけ眠りのゴールデンタイム、午後9時から夜中の3時は熟睡していましょう!
そして、午後9時は無理なら、せめて午後11時までに休みましょう!!



・・・って、こんな時間に記事を書いていて、
ホントに説得力がないですねぇ~


だってぇ、娘が試験前でまだ起きてるんだもん!
       ーいいわけ劇場ー

ホントは、夜遅くの勉強は頭に入らないんだけどね
夜はちゃんと寝て、血を補わないと、物忘れもしやすくなるしね~
オススメは早朝なのに・・・

・・・って、血が消耗していて、四十肩がきしみ気味のワタシに言われたくない??

みなさんは、こんな不養生親子を参考にしないでくださいね(笑)


娘ですが、お陰さまで随分とよくなってきました。
一番ひどい時は、抜けたかな?明日、試験最終日ですがね(苦笑)


薬膳講座きてくれた、Yっちが、娘と、夜中にアロマ拭き掃除をするワタシのために、
DSC06927_R.jpg
リフレッシャーと、マッサージオイルをもってきてくれました。

Yっちは、しっかりアロマを勉強していて、ワタシのブログを見て、
娘の体調を考慮してブレンドしてくれたもの。
ありがたくて、涙がでそうになりました~
ブログをやっててよかったぁ~
Yっちホントに、ありがとう
しっかり、喘息のツボ、鼻づまりのツボをマッサージしたよ~


それから、昨日の講座でお出しした薬膳茶
DSC06930_R.jpg
「爽涼茶(そうりょうちゃ)」と名付けました。
中国緑茶の龍井茶と、蓮の実の芯、「蓮心」ブレンドです。
心臓の熱を取り除き、気分爽快、頭スッキリに♪


昨日は、煮だして用意されていたので、茶色っぽかったですが、
急須やティーポットで、こんな綺麗な緑色になります。
色からも、爽やかさを感じてもらえるので、ぜひ☆


ちなみに、お出しした、「赤い美肌茶」は、こんなに綺麗な赤なんですよ~
DSC06842_R.jpg
色でも、女性らしく、綺麗になっちゃいそうでしょ?


明日は、新横浜で、
「中医学からみた、放射能対策について」の講座を聞きに行きます。
来週の、幼稚園での講座の時に、何かいい情報が提供できるよう、
しっかり勉強をしてきます。
血を補って、物忘れしないためにも、早く寝なきゃ(笑)


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ












梅雨のさしいれ、レモンピール

昨日の記事に載せたかったけど、長くなってしまったのでコチラにUP!

梅雨で外からの湿気の多い時期、
臓(消化器官)もやられやすく、体内からも湿を発生させやすくなる。


娘の主な症状は鼻水・鼻づまり。
みごとに湿の症状がでてきてる・・・。

体内からできるだけ湿を発生しないようにするには、
甘いもの・油っこいもの・冷たいもの・味の濃いものを控えた方がいい。

もちろん、冷たいものは飲んだり食べたりしてないし、
脂っこいものも、味の濃いものも避けている。
けど・・・勉強していると、甘いものが欲しくなるんだよねぇ・・・

母も、同じ女子学生(笑)だから、よくわかるわぁ~

ホントは、手作りのスイーツなんかを用意してあげればいいのはわかってる。
わかっちゃいるけど、母もバタバタ~
気持ちに余裕がなきゃ、ただでさえ苦手なスイーツ作りなんてできたもんじゃない

ほっておくと、冷蔵庫に常備している、チョコを食べちゃうから、
こんなさしいれ~
DSC06909_R.jpg
これ、レモンピールにお砂糖がかかってる。
実は、娘の大好物のお菓子。

柑橘類の皮は、陳皮(ちんぴってなに?はコチラ)に代表されるように、
「気」をながしてくれるから、弱っている臓の気が少しでもながれるといいなぁ。
陳皮には、臓を元気にし、湿気を乾かしてくれるチカラがあるから、
レモンピールにもそれを期待して☆

砂糖はできるだけついてないほうがいいけど、
まぁ、チョコレートを食べるよりはいいかぁ・・・。

いやいや・・娘よ、わかっちゃいるのよ。
陳皮入りで、お砂糖控えめの、手作りのスイーツのがいいんだけどね・・・

明日の薬膳講座が終わったら、作ってあげるかぁ・・・
薬膳講座の後、息子の授業参観、その後習いごとの送り迎えがあるから、
気持ちに余裕があったらね


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



6/22(水)9時30分~12時
神奈川県海老名市の大谷コープ


「簡単!プチ薬膳でクールダウン」
~暑さに負けない体作り~

中医学的には、春が寒かった分、
夏がイッキに取り返そうと、暑くなるかも??と言われています。
無理なく、体の中から涼しくなり、夏だけでなくその先の季節も元気に過ごしましょう!


お申込み・お問い合わせはコチラから


当日参加も、大丈夫!・・・と思います(笑)
いろんな形での除湿方法を、ご紹介します。
よかったら遊びに来てくださいね。



今日、判明したこと。
どうやら、塾での娘の席は、冷房がガンガンあたるらしい・・・。
そりゃ、塾に行くたびに体調が悪くなるはずだ・・・。

今夜も、いい感じで、回復してきて
「もう、大丈夫!治るのも時間の問題」と思っていたのに、
帰宅したら、ますます体調が悪くなってる
なんだか、痰の音も聞こえるし、喘息がでないといいなぁ・・・
ということで、今、娘は、首の喘息のツボにカイロをあてております。
(灸はできないからね)
これで、ちょっとでも回復してくれるといいんだけどねぇ。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ










梅雨のトラブル、口からとらない解決法

試験前になると、体調を崩す娘。
あぁ、専属の薬膳師がついているというのに、チカラ不足か・・・


何度も書いているけど、娘は、喘息持ちで花粉症。
もともと体が強い方ではないけれど、この時期は特に体調を崩しやすい。


いいわけ劇場ではないけど(笑)、
何年か前のこの時期に比べたら、ずーーーっと体は強く、体調も良くなってきたけど、
喘息も花粉症もなくなり、日ごろの鼻炎や、痰のつまりもなくなったがゆえに、
ちょっとの不調でも大騒ぎするようになった


もちろん、漢方薬や薬膳での対処もするけれど、
臓(消化器官)の弱い娘のこと、口から入れるものばかりだと、負担がかかる。
そして、負担がかかった臓は、余計に体内の「湿」を発生しやすくする。
今回の娘の主症状は『鼻水・鼻づまり』
「湿」の発生はできるだけ避けたい。


ということで、今回もお世話になる、アロマオイル。
鼻のとおりをよくし、炎症を抑える、ティトリーや、ユーカリ、ペパーミントのオイルを、
コットンにしみこませたり、ハンカチにしみ込ませたものを部屋中に置き、
時々、鼻にあててクンクンかがせる。

特に、夜は疲れが出やすく、症状が悪化するので、
先日は、夜の10時に、オイルをお湯に溶き、それにつけたタオルで、
娘の部屋中を拭き掃除したワタシを褒めてほしい(笑)


昨夜は、「お腹が張って眠れない~湿がたまってる~」と言われ、
せっせとツボをおす。
DSC06911_R.jpg

「針灸学」の授業が、こんな時に役に立つなんてね。

おへそより、指1本分くらい上の「水分のツボ」
ここをマッサージすると、お腹がチャプチャプいって、水が動くのが分かる。
大学帰りでお疲れで、四十肩&ぎっくり腰のワタシが、
せっせと娘のツボマッサージ・・・褒めてほしい(爆)


もともと臓(消化器官)の弱い娘。
テスト前だと、ストレスで、臓の働きが異常になり、
もっと臓を攻撃しちゃう。
攻撃された臓は、ちゃんと食べ物を消化吸収できずに、
ますます「湿」を発生させちゃう。
だから、お腹が動いていない感じがするんです。


梅雨時期は、湿気で臓がやられやすいから、
もしかして、娘のような症状を抱えている人もいるかも・・・。


そんな時は、
甘いもの・油っこいもの・冷たいもの・味の濃いものは控えてください。
ますます、脾臓の働きが弱ってしまいます。

「湿」で食欲がないからって、
大好きな、カレーや揚げものなら、喜んで食べてくれるからパワーをつけなくっちゃ!
・・・って、オヤゴゴロすごく分かりますが、逆に体調を悪くしてしまうかもしれません。
気をつけてくださいね。

ちなみに我が家の今夜のメニューは、
・カジキマグロの照り焼き。
・除湿コーンスープ
・小松菜の煮びたしでした。

試験前でもなく、サッカーの練習から帰った息子には、
大変、不評なメニューでしたけどね(笑)
彼は、寝る前に、
「あぁ、唐揚げが腹いっぱい食べたい~」と言っておりました。


息子よ、ごめん!
もう少ししたら、嫌っちゅうほど唐揚げを食べさせてやるから、辛抱してくれ~
娘も、後もう少し。体調が持つように、頑張ってくれ~


試験前のお子さんをお持ちの方、上手にこの時期をのりきってくださいね。
ワタシも上手に、この時期をのりきりたい~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


6/22(水)9時30分~12時
神奈川県海老名市の大谷コープ


「簡単!プチ薬膳でクールダウン」
~暑さに負けない体作り~

中医学的には、春が寒かった分、
夏がイッキに取り返そうと、暑くなるかも??と言われています。
神奈川では、輪番停電も気になるところ。
無理なく、体の中から涼しくなり、夏だけでなくその先の季節も元気に過ごしましょう!


お申込み・お問い合わせはコチラから


試験前であってもなくても、
この時期の「湿」のトラブルは気になるところ。
オススメな解決方法をご紹介します。
よかったら、遊びに来てくださいね。


少しバタバタしていて、みなさんへの訪問や、お返事も遅れています。
本当に、ごめんなさい。

それから、前記事のかるかん。
ありがたいことに、「レシピをぜひ!」とのお声が多かったのですが、
実は、あれから一度も作ってません
必ず、近いうちに作り、成功したら、レシピを載せますので
こちらも、しばしお待ちくださいね。

いつも訪問&応援、ありがとうございます。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ















念願のおやつ、完成~!?

あぁ、何度作っただろうか・・・
少なくとも、もう試食をしたくないくらいまでは実験している。

かるかん・・・。

あの、鹿児島のおみやげにもある「かるかん」
山芋をつかったお菓子だ。

山芋は、湿気の多い日本にはピッタリの食材で、
臓(消化器官)や肺の弱い子どもには、食べさせたいもの。


昨年、大学の先輩であり、大学で通訳をしてくださっている、
yucariさんの講座でもご馳走になったかるかん。

今回、7月に依頼されている、幼稚園での講座で、
梅雨&夏のおやつとして紹介したいと思い、試作を重ねていた。

DSC06801_R.jpg
これは、何回目かの試作の写真。

忙しい、幼稚園ママに紹介するのだから、面倒くさくてはいけない。
ポイントは2つ。
①手順が簡単なこと。
②洗いものが少ないこと。

おやつは、これくらい気軽じゃなくっちゃね


材料をフードプロセッサ1つでまぜる。
これで洗い物は省略!

最初は、炊飯器で蒸してみた。
・・・でも残念ながら食感が満足できず、失敗。

やはり、炊飯器では無理かと、蒸し器を使うことに。
そして、レシピも、和菓子職人の弟にもらってきた本格レシピに!
・・・でも、食感はいいけど、プロのレシピは甘いかも・・・
(弟には、「姉ちゃんの菓子は甘くなさすぎ」といわれるけど、家庭ではちょうどいいんです!)


水分を減らしてみたり、砂糖や山芋の分量を加減して、何度も試作。
もう、試食にも飽きてきたので、
「これで失敗したら、炒り豆をオススメおやつとして紹介すればいいや~」
と思っていたら、


・・・できました~~!
DSC06879_R.jpg
写真は、上のとどこが違うの~?
という感じですが、食感が全然違う~!

上のは、もっちりならぬ、べったり・・・
ようかん?ういろう?のような、重たい仕上がり

下のは、蒸しパンに近い食感。
食べた感じも軽い~


ぜひ、レシピを・・・と思いますが、
実は、娘の塾のお迎えの合間に作っていたので、
混ぜた加減などをよく覚えてない~

どうしよう・・・二度とできないかも・・・・
もう一度作ってみて、満足がいく仕上がりだったら、
レシピを載せますね


とりあえずは、自己満足の報告でした~(笑)


DSC06881_R.jpg
嬉しくて、小さく切ったのも撮っちゃいました(笑)
これで、軽さが伝わるかな??


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



6/22(水)9時30分~12時
神奈川県海老名市の大谷コープ


「簡単!プチ薬膳でクールダウン」
~暑さに負けない体作り~

中医学的には、春が寒かった分、
夏がイッキに取り返そうと、暑くなるかも??と言われています。
神奈川では、輪番停電も気になるところ。
無理なく、体の中から涼しくなり、夏だけでなくその先の季節も元気に過ごしましょう!


お申込み・お問い合わせはコチラから

こちらでは、「かるかん」は出せませんが、薬膳茶はお出しします。
ぜひ、遊びに来てくださいね。


少しバタバタしておりまして、みなさんへの訪問も遅くなっています。
ごめんなさい。







絶品!?めんつゆと、簡単活用法

自分が妊婦の時によく食べていた食べ物は、まんまお腹の子の好物になる。
・・・ホントかどうか、そんな話、聞いたことありませんか


息子がお腹にいた時は、つわりがとてもひどくて、ほとんど何も食べられず
6,7か月にあたる夏は、本来ならつわりも治まり、そこそこ食べられるはずだけど、
そうめんくらいしか、受け付けなかった

実家の母にも、「そんなにそうめんばかりじゃ、何の栄養にもならないよ!」と
言われたけど、食べられないもんはしかたない。それがつわりだ。


予想通り?、息子はそうめん好きとなった。


夏のお昼ごはんの定番のそうめんだけど、
冷やし過ぎてしまうのが、ちと困る。

夏はお腹の中は、冬よりも冷えているからね。(え?そうなの??はコチラ)
子どもは臓(消化器官)も弱いことだし、ますます余分な湿ができてしまう

ということで、今までは市販のめんつゆを、
陳皮やナツメなどで煮だしたお湯で割っていた。
(陳皮ってなに?はコチラ)


でも、今年は薬膳講座で紹介しようと、めんつゆを作ってみた
試作品は、上出来!
いつものごとく、「ワタシって天才じゃない?」の自画自賛(笑)

DSC06743_R.jpg
手前は陳皮、右がナツメ、奥がオウギを使って。

陳皮で、冷たいもので発生する湿を乾かして、臓(消化器官)を元気にし、
ナツメは気を補う力の他に、ドライフルーツなので、自然の甘味も嬉しい♪
オウギも同じく、気を補う、薬膳では有名過ぎる生薬。
どれも、体を温める生薬なので、そうめんの冷やし過ぎをフォロー


出来上がっためんつゆは、家族にも評判がよく、
そうめん好きの息子はもちろん、
そうめん嫌いの娘も、めんつゆにつられて、そうめんを食べる始末

実は我が家ではめんつゆは大活躍
簡単、なすの煮びたし風も作りました!
DSC06861_R.jpg

Cpicon お弁当にも!レンジで簡単★なすの煮びたし by のりたま@くすいむん

レンジでチン!して、めんつゆにひたすだけ~
あっという間に出来上がりだけど、こちらも家族の大好き料理。
なすは、体を冷やすから、体を温める生姜をトッピングしたり、
つけ汁のめんつゆに生姜をいれておいてもいいかも~

前に日に漬けておいて、次の日に、汁気をキッチンペーパーでよく拭き取り、
すりゴマやかつお節をたっぷりまぶして、更に汁もれを防ぎ、お弁当にも◎
お米を研いでいる間にできちゃうから、ラクチン♪

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


先日、試作品を、子育て情報局の方に食べてもらい、O.K.がでたので、
多分、6/22(水)の薬膳講座でも紹介予定です


6/22(水)9時30分~12時
神奈川県海老名市の大谷コープ


「簡単!プチ薬膳でクールダウン」
~暑さに負けない体作り~

中医学的には、春が寒かった分、
夏がイッキに取り返そうと、暑くなるかも??と言われています。
神奈川では、輪番停電も気になるところ。
無理なく、体の中から涼しくなり、夏だけでなくその先の季節も元気に過ごそう!


お申込み・お問い合わせはコチラから


ちなみに、息子がお腹にいた時は、
最後まで、ほとんどリンゴとスポーツ飲料の毎日。
ワタシ自身が特に好物でもないけれど、
一番、吐いた時にさっぱりしていたから。(お食事中の方、失礼します
どちらも、そうめんと同じく、今の息子の大好物だ。
やはり、その話は、一理ある??

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ






梅雨時のまかない飯

「ここのところ、胃腸が動いていない感じがして、食欲がない・・・」
なんてお悩みありませんか?

例年より早い梅雨入りで、すっかり体の外からも、中からも湿たまり、
そのたまった湿は、消化器官(臓)を弱らせます
内臓が動いていない感じがするのも、そのせいかも??



先日あった友だちも、
「最近なんだか食欲がわかなくて・・・」といってたけど、
この時期、特に夜は、無理に食べる必要はないけれど、
あまり食べないのも、よくない。

上手に『除湿』して、消化器官(臓)を正常に働くようにしてあげることが大事です。


というわけで、我が家のまかない飯?的な、ワタシのお昼ごはんを紹介☆

アジの干物や、鮭など、焼き魚にすると、
子どもが全部を食べきらず、1/3くらい残すことがある。
ワタシは、基本的には、夜はスープのみなので、身をほぐして翌日にとっておくことにする。

DSC06854_R.jpg

ごはんには、陳皮パウダーをまぜて酢飯にする。
DSC04998_R.jpg
愛すべき「陳皮(ちんぴ)」
温州ミカンの皮を天日干ししたもので、中医学では生薬のひとつ。
消化器官を元にし、余分な湿を取り除いてくれる。


DSC03267_R.jpg
これを、またもや愛すべきミルサーちゃんで、ひいてパウダー状にしたもの。
(写真が悪いけど、パウダー状にさらっさらになります)

それに、前日の残りのほぐしておいたを補う、アジと、黒ゴマ、
それから、消化器官(臓)のを流す紫蘇をまぜる。

味も(洒落ではない)さっぱりだし、
お腹の中もスッキリ!!

梅雨時にもピッタリなまかない飯
残り物の焼き魚がなければ、焼いたものを使ってもいいしね

酢も入っているから、お弁当にもオススメ!
DSC06810_R.jpg

残り物のまかない飯だけど(笑)、上手に除湿して、
梅雨時を元に乗り切りましょう♪


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


6/22(水)10時~12時
神奈川県海老名市の大谷コープ

にて、薬膳講座をさせていただくことになりました。

テーマは、
「簡単!プチ薬膳でクールダウン」
~暑さに負けない体作り~

中医学的には、春が寒かった分、
夏がイッキに取り返そうと、暑くなるかも??と言われています。
神奈川では、輪番停電もになるところ。
無理なく、体の中から涼しくなれるような、
こんな簡単まかない飯のように、毎日続けられる薬膳のお話をしたいと思ってます


お申込み・お問い合わせはコチラから












プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: