ハロウィンといえば、土用のお話

今日は、ハロウィンです。
そして、ハロウィンといえば、土用!

そう、何度も記事に書いているけれど、
土用は、何も夏のウナギを食べる日だけじゃない!

立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間が土用の期間。
夏は、立秋の前の18日間のうちの丑の日に、ウナギを食べている。

今年の立冬は、11/8。
ということは、今は土用の真っ最中。


土用の食養生は、次の季節を元に過ごすために、
臓(消化器官)の調子を調えること。


だから、臓に負担がかかる
甘いもの・油っこいもの・冷たいもの・生もの・味の濃いもの(特に秋は辛すぎるもの)
を控えるといい。


ちなみに、臓を元にするのは、
穀類・イモ類・豆類・とうもろこし、そして、かぼちゃ



という訳で、
かぼちゃを使って、サラダを作った。
DSC07638_R.jpg
お弁当にも、イン。


でも、穀類・イモ類・豆類・とうもろこし・かぼちゃは、
たくさん食べ過ぎると、逆に臓に負担をかけてしまうから、
予防のため、かぼちゃを茹でる時には、
陳皮をお茶パックに入れて・・・(陳皮って何?はコチラ)

陳皮は臓を元にするし、胃腸の「」のめぐりをよくしてくれるので、
胃もたれ予防にも◎

陳皮をお持ちじゃないかたは、
セロリの葉っぱを茹でる時にお茶パックに入れたり、
もちろんそのものを食べられる人は、
サラダに加えたりするといい。

ちょっと加えるだけで、後味がスッキリできますよ~


我が家は、陳皮にプラスして、ナツメも!
DSC07643_R.jpg

ナツメの自然の甘さが、かぼちゃと相性がいいんだぁ~

ナツメは、『の果』といわれるほど、脾臓を元にしてくれるスグレモノ。
土用にはありがたい。

もちろんそのまま食べてもいいけど、
ドライフルーツだから、好き嫌いもある。
だったら、お料理に使って、エキスをいただくのもいい。


土曜日の薬膳イベントで、ご一緒させていただいた
大学の先輩で、中薬科の通訳もされている
yucariさんから差し入れの生のナツメをいただきました

111029_142732_R.jpg

実は、お初の生ナツメ。
お味はりんごみたいで、ワタシは生の方が好きかも~
yucariさんご馳走様でした


きっと、かぼちゃのお料理が増えると思われる今夜の食卓。
みなさんもいろいろと工夫して、
楽しいハロウィンをお過ごしくださいね~




ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。
普段のお料理を薬膳にする秘訣?もお話できたら・・・と思います。

よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・

スポンサーサイト

ヒミツのお出汁の活用法

もったいぶるほどじゃない(笑)ヒミツのお出汁の活用法を・・・

ちなみに、このハンバーグ、
DSC07562_R.jpg

こうして蒸し煮にしてある。
DSC07565_R.jpg

以前も記事にしたけれど、
『焼く』という調理方法は、実は、薬膳的にはあまり適さない。
どうしても、火を通す時間が短時間になってしまうからだ。

ちなみに、『揚げる』も、高温で短時間だから、同様だ。


逆に、適した調理方法は、『煮こむ』
ほら、薬膳というと思い浮かべるお粥もスープも煮こんであるでしょ?


だから、ハンバーグも蒸し『煮』にしてみた。
そして、この煮こんでいる汁こそ、
干しシイタケと、昆布で作った、ヒミツのお出汁。

強制的に戻ってきちゃった(笑)シイタケも、
ちゃんとみじん切りにして、ハンバーグに入ってる。

緑の浮いてるのは、セロリの葉っぱ。
ドライセロリ葉(って何?はコチラ)にしてパラリもいいけど、
煮こみ料理の時に、そのまま入れちゃってもいい。

セロリは、「」を流してくれるから、胃もたれ防止にもなるし。


スープや、味噌汁にはもちろん、煮ものにも便利なヒミツのお出汁。
ぜひぜひ常備を~

ちなみに、この鶏のさっぱり煮も、ヒミツのお出汁で。
DSC07494_R.jpg

この炊き込みご飯も
DSC07596_R.jpg
こちらは、強制的に戻った(笑)昆布も入っている。

ほら、使えるやつでしょ?
ヒミツのお出汁。


これは鶏つくね。もちろん『煮』てある~
鶏は、ランチにピッタリなので、お弁当にも~
DSC07609_R.jpg
朝連に持っていく娘のお弁当だから、早朝、パチリでうす暗い(いい訳劇場 笑)


ははは・・・やっぱりもったいぶるほどじゃないけど、
こんなお手軽まいにち薬膳が、体質改善のヒミツ



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。

よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・

喘息予防にも!?ヒミツのお出汁

この秋、で苦しむ人や、肺炎や、
治っていたと思っていた喘息に苦しんでいる人が多いという。


秋は、乾燥の季節。
そして、乾燥に弱いのは『肺』

でも、秋に乾燥しているのは、何も今年に限ったことじゃない。
なぜ、今年、肺のトラブルが多いのかは、以前も記事にしたけど(詳しくはコチラ)、

ふと思った、
「そういえば、今年、我が息子は全然が出てない!!」

娘が喘息持ちなのは、以前から記事にしているけど、
娘は、お陰さまで、ワタシが薬膳を始めてから徐々によくなり、
ここ何年かは、ひどい発作はなくなり、
「とてもあやしい」(←喘息っ子をお持ちの方、この表現わかります?)ことも年に1,2回あるかないか。


ところが息子は、喘息持ちでないにもかかわらず、秋のこの時期だけは、弱く、
が止まらなくて、苦しくて、ひと晩中眠れない日が必ずあったのだ。


ところが、今年はない!!!

もしかして、みなさんは思うかもしれない。
「どうせ、のりたまさん家の子だから、好き嫌いもなく、
薬膳料理も、バクバク食べるんでしょ?
夏も、余分な湿ができないように、ちゃんと常温以上のものばかり食べてるんでしょ?」と。


いえいえ、お恥ずかしながら我が息子。
甘いものや脂っこいもの、味の濃いものが大好き!

カップラーメンや、スナック菓子が大好き!
マックも大好き!かき氷も大好き!
極めつけは、アイスが大好き!!

ほら、喘息の原因の湿がたまりやすいものは、彼の大好物
毎年、秋にが止まらないのはわかるでしょう~?(笑)

もちろん、食べないのが一番いいけど、
『心の栄養』もあるので、全部はとりあげたくない。
夏休みのお楽しみでもあるしね☆

優しい中医師で薬膳師の母は、
その中から、1日に1つだけ彼に選ばせた。
「今日は、カップ麺を食べたから、他の甘いもの脂っこいものはなしね~」と。

そして、食べる時間は、昼間。
遅くとも、夜の7時までに食べる。

ちゃんと体が受け入れる前に寝てしまうと、
やはり、「湿」を作る原因になっちゃうからね。

それから、いつもの生薬はお料理に・・・。
オウギやナツメ、陳皮は、毎日どっかの料理に入ってる。


でもね、実はこれって、毎年の夏のこと。
今年に限ったわけじゃない。


ということは、勝因は別にある。

今年の夏、我が家が心がけたのは、
夕飯に、必ず汁ものを飲んでたこと

いや、むしろ食欲がない日でも、他のものは食べなくても、汁ものだけは飲ませていた。

これ、初夏にやった薬膳講座でも、多分に記事にもしたけど、

夏は、消化能力が落ちるから、食欲がなくても当たり前。
無理に食べさせようとせずに、汁ものだけはちゃんととって!

・・・とお話したとおもう。


なかなか暑い日は汁ものを飲みたがらなかったり、
母も、「飲まないなら・・・」と作らなかったりするけど、
あえて、「汁ものだけ食べたらいいよ!」にした。


それから、

ヒミツ?の出汁を毎日使っていた

ヒミツなんて大げさに書いたけど(笑)、
実践している人は日課のようにしていると思う。

それは、
「干しシイタケと昆布のお出汁」

作り方は簡単!
干しシイタケと、昆布を水に浸しておくだけ。

これが我が家では常に冷蔵庫に入っている。

以前もたまに作っては入れてたけど、
今年は、放射能のことも気になるので、

免疫力アップのシイタケと、
デトックスの昆布のお出汁を毎日使うようにした。


シイタケが安い時は、ベランダで干しシイタケ作りも。
DSC07495_R.jpg

このお出汁、ものすごく使えます。
汁ものにしてもいいし、煮ものにもいい。

和食はもちろん、中華にも合うし・・・。

そして、嫌でもシイタケは戻ってくるから、
いろんなお料理に刻んで使いまくる~


もちろん、息子が成長し体力がついてきたのもあるかもしれないが、
実は、このお出汁の効果が以外とあるのではないか・・・と思ってる。


このお出汁、これから風邪やインフルの流行る時期の予防にもなるので、
ぜひぜひ、お試しくださいね~

・・・って、このお出汁の活用方法を書こうと思ってたのに、
あまりに長い記事に・・・

次回に持ち越させていただきます~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

前回は、猛暑の過ごし方の お話をしましたが、
今回は、冬の過ごし方のお話をしたいと思ってます。

喘息などの体質改善は一日にしてならず!!です。
お家でできる簡単薬膳で、体質改善のお話もしたいと思ってます。

よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・





薬膳ランチ会と、秋ハンバーグ

気のおけない仲間との、薬膳ランチ会は、
遠慮なく、新作の実験もできる~

先日の薬膳ランチ会での新作は、
DSC07562_R.jpg
「秋の潤いハンバーグ」

テーマは、食感☆
秋に嬉しい潤い食材満載の1品になりました。


ハンバーグのお肉は豚肉をチョイス。
ランチだから、鶏肉でもよかったけど、
ここは、潤い重視で、豚肉を・・・ってたまたま家に豚肉しかなかったんだけどね(笑)

種には、我が家のいつものハンバーグに入れる、
玉ねぎやセロリ、陳皮パウダー(って何はコチラ)の他、

免疫力アップのしいたけ、
「秋の白い食材」(って何はコチラ)で潤いアップのれんこん、山芋が入ってる。


消化を助ける、たっぷりの大根おろしと、水菜。
潤いの松の実の炒ったのを砕いてトッピング。

仕上げに、市販のポン酢にやはり潤いのクコの実を1晩ひたしておいたのをソースに。
クコの実の自然の甘さで、ポン酢のとんがった酸っぱさもやわらぎ、
クコの実も、1晩浸しておくことで、やわらかくて甘くておいしい~

みんなにも、
「クコの実って苦手だったけど、こんなに美味しいとは!」と大好評!

これ、オススメですよ~
いろどりもきれいだし!


イメージは、レンコン&水菜のシャキシャキ。
山芋のホクホク。
炒った松の実のナッツと、クコの実のいろんな食感が楽しめるかな~

・・・と思ったけど、山芋が思った通りにホクホクにならずに、
また工夫が必要だわ~・・・と。


他にも、お仕事で作らなくてはいけなかったレシピとか、
初挑戦で失敗したものまで、残らず、
「美味しい~」って食べてくれた仲間には、ホントに感謝している。


心の栄養にも、仲間とのランチは、とっても大切だけど、
心は楽しんでリフレッシュできても、
内臓がお疲れで、なんだか帰った後で、
「夕飯を作る気がしない~」というのがお決まり


食べた後、
「なんだか元気が出てきて、夕飯作りはりきっちゃった!」
と、いってもらえるようなランチ会が理想。

美味しいお茶も用意しておくから、
次回も、ワタシの新作の実験にお付き合いくださいませ~(笑)


実は、この潤いハンバーグ、目に見えないとこにも、
元気の素がたくさんです。


次回は、それを紹介しますね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

こんな感じの、食べた後も元気なれる、
お家でできる簡単薬膳のお話をしたいと思っています。
よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・


薬膳なごはんの献立

先日、おうちで薬膳ランチ会をしたときに、
友だちから、

「給食の献立表みたいな薬膳の毎日の献立表が欲しい~!」
と言われました。

一昨年、自宅でやってた薬膳教室?にも参加してくれてた彼女。
結構、以前から薬膳の話もしてたし、季節ごとに相談ものっていたし、
「何をいまさら・・・」と思うけど、

『普通の人』は、一年中、薬膳のことを考えながら生活してる訳じゃない。
それが当たり前だよね。


同業者や、大学の仲間などと話していると、分からなくなっちゃうけど、
『普通の人』の意見はとてもありがたい。


「のりたまちゃんの家の、毎日の献立を聞きたい!」ともいわれ、
そんなもんだよなーとも。


ということで、今日は、先日作ったもの
DSC07494_R.jpg
鶏肉のさっぱり煮~

秋は、自然の「酸味」をとるといいといわれている。
ほどよくとることで、冬向けの体を作りやすくなる。



お酢を使ったさっぱり煮だと、お肉のほぐれも良くて食べやすい~

朝に元気なニワトリは、朝や昼食に食べるのがベストだけど、
これは夕飯でした(笑)

お肉を煮こむ時には、やはり自然の酸味のサンザシを加えて
DSC04577_R.jpg
中国や台湾では、屋台でも売ってるサンザシ。
消化を助ける働きがあるから(特にお肉の消化に◎)、
脂っこい中華にはもってこいなんでしょう。

これは、サンザシの実を乾燥させた干しサンザシ。

サンザシというと、ペーストにしたものにちょっと甘味を加えて
棒状にして売ってるものの方が手に入りやすいけど、
これなら、煮ものの時に砂糖やみりんを加減してもいい。


ちなみに、臓(消化器官)の弱い我が家は、
このサンザシと、陳皮(って何?はコチラ)のWコンビが、
たびたびお茶パックに入れられて煮こまれてる。


今夜は市販のカレールーでのカレーだけど、
(家族はみんなこれが好き 笑)
もちろん、このWコンビが煮こまれてる。
他にも、水の半量をお茶にしてみた。
先日、中国緑茶の龍井茶の入ったカレーが胃もたれがなかったから、
今日はそれの応用!

家族は誰も気づかない、薬膳カレーだ

そうそう、サンザシないよー!という方は、
セロリの葉をお茶パックに入れて煮こんでもいい。
サンザシのように消化を助けるチカラではないけど、
気を流すチカラがあるので、さっぱり感がある。

こんな、簡単薬膳ごはんの献立でよかったら、
できる限り載せていきたいと思いますので、
何度も何度もしつこく同じことを書くワタシに、
よろしくお付き合いくださいね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

こんな感じの、お家でできる簡単薬膳のお話をしたいと思っています。
よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・













イベント続きの秋に、ケアごはん

秋は、イベントが目白押しだ。
学校の行事も多いし、
我が家はあんまりないけど、プライベートでお出かけする人も多いでしょう。

今週、木曜日に、息子の小学校は遠足があった。
電車を使っての、箱根方面への遠足だったので、
そんなにめちゃくちゃ歩く訳じゃない。

それでも、普段と違うことが苦手な息子。
づかいも人一倍だから、班行動でもかなりを遣うはずだ。

そうなってくると、になってくるのは、
の消耗。

筋肉を使うとが消耗するし、
を遣うとが消耗する。


気・が消耗すると、体のバリアも弱くなり、体調を崩しやすくなる。

加えて、翌日金曜日は、10月なのにプールの授業
ワタシたちの市では、学校のプールの安全性が確認されないとかで、
学校にプールがあるのに、今年から使用禁止になった。

だから、市の公園にある、温水プールを各学校が順番で授業に使うのだ。
保護者の多くは、夏に学校でのプールを希望するのに、
市との思惑にはすれ違いがあるようだ。

ともかく、市の公園のプールで水泳の授業がある。
秋のカラリとした涼しい風の中、ろく髪もふかず(苦笑)に帰ってくることは間違いない。

こんな時に、バリアが弱っていると、
「風邪をひきたい~」と言っているようなものだ。


しかも、今週はここで終わらない
今日の土曜日は、午前中は授業参観。午後は学校のPTA主催のイベントがある。

なんとしででも体調を崩せない時には、
やっぱり、くすいむんごはんで予防しなきゃね


てなことで、ここ何日かの我が家の夕飯~
DSC07049_R.jpg
お疲れちゃんで、「かぼちゃのスープ」もいいけれど、
(お疲れちゃんスープはコチラ)
山芋やかぼちゃ、ナツメなんかが、お疲れの体には嬉しい♪

DSC07590_R.jpg
そぼろ丼と、ほうれん草のソテー

そぼろには、
気を補うシイタケと、を補う人参がたっぷり!
コーンは、気を補ってくれる。

ほれんそうは、言わずと知れた、を補う食材。
パラリとゴマもかかっている。
DSC07593_R.jpg
写真が下手でよくわからないと思うけど、
今回は、潤いの白ゴマと、血を補う黒ゴマのWゴマ~


昨夜は、
DSC07596_R.jpg
きのこたっぷり炊き込みご飯

シイタケ・しめじ・えのきをオイスターソースで炒め、
人参、ごぼう、ひじき、昆布とともに炊飯器へ~

きのこは免疫力を高めてくれ、
オイスターソースは、血を補ってくれる。

ひじき、昆布の海藻類は、放射能汚染の予防にもなるからね~

こちらもしつこく、白ゴマパラリ~


食材では、できるだけフォローしたから、
あとは、夕飯の時間を早めて、
早寝をして、しっかり体に受け入れてもらうようにしよう。



来週も、週末は、娘の演奏会があったり、
息子のマラソン大会があったり、

さ来週の10/29(土)は、ワタシもお手伝いさせていただく、
薬膳イベントもあったり、(詳しくはコチラ)

ほんとに秋はイベントが多い。

秋のイベントを、心も体も楽しむために、
みなさんも上手にケアしてあげてくださいね~


ちなみに、
気を補うのは、穀類・豆類・イモ類・とうもろこし・かぼちゃなど
血を補うのは、赤い食材と黒い食材です。


あ、こうしちゃいられない~
授業参観へ、学校へ行かなくちゃ

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

疲れた時などに免疫力が下がった時に、
どんなものを食べたらいいのか、どんな食べ方がいいのか、

お家でできる簡単薬膳のお話をしたいと思っています。
よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



猛ダッシュで中華街

昨日は、新横浜で、
中国最古の医学書である、『黄帝内経』のお勉強。

この医学書、紀元前に書かれたものだけれど、
そんな古い書物なのに、今にも通づる養生法がたくさんのっている。

北京中医薬大の授業でも、たびたび教授が原文を紹介し、
今でも、中医学の世界では現役の教科書だ。

人間の体の基本は、何千年も前から変わっていないということなんだろう。
よく、師とする漢方医先生は、
「人間のすることなんて、大きな宇宙や地球の動きに比べたらちっぽけなもの」
と話しているが、
まさにその通りなんだなぁ・・・と。


天文学もなかった時代なのに、この『黄帝内経』には、
月や太陽の動きから、暦が作られている。
この暦により、
「この年はどんなことが起こりやすい年だ。」
「天災の多い年だ」
などと読み取っていたそう。

そう思うと、ホントに、大きな流れにのせられている
ちっぽけな存在なんだなぁ・・・と謙虚な気持ちになる。


勉強を終えた後は、猛ダッシュで中華街へ
11月の講座と、幼稚園のバザーに出品するために使う薬膳材料の仕入れへいざ!

なぜ猛ダッシュかというと、息子の習いごとへ送る時間までに帰宅しないといけないから。

甘栗大好きなのに、甘栗売りおにいちゃん、おねえちゃんに目もくれず、
とっとといつもの店2,3件へ行き、一瞬で買い物を終わらせる。

美味しいものがたくさんある中華街なのに、
お昼御飯を食べる時間もない

買い物が一瞬ですんだので、電車の時間まで駅の近くのお茶屋でお茶することに。
111011_140238_R.jpg

気が張ってたので、ちょっとだけリラックスをねらって、
ジャスミン茶の工芸茶に。

中華菓子のおまけつきで。
杏のクッキーでした。
なかには、杏が入っていて甘ずっぱ~い

杏は、体を潤すし、自然な酸味も、この時期にぴったり
ほんの20分くらいの時間だったけど、癒されて、パワーをいただきました。



DSC07587_R.jpg
戦利品

今日の、子育て情報局さんとの打ち合わせに、
この一部を使って、試作品をもっていきました。

O.K.がでたので、講座にお出ししま~す

11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

どんなものが出るのか、興味のある方は、
ぜひ遊びに来てくださいね。

詳しくはコチラ・・・

それから、かながわ子育て情報局さんで、
月1でメルマガに薬膳の記事を載せていただいてます。
こちらは、依頼されたお仕事なんで、タイムリーに記事を書いてます。
(更新のおさぼりもなしね 笑)

毎月15日発行だけど、15日当日だと、メルマガが送られてこないかも!
忙しくてなかなかPCは開けないけど、
勝手に携帯に送られてくるならお手軽だし、読めるかも!

・・・と思われる方は、ぜひご登録を

詳しくはコチラ・・・




ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


今日こそは、早く寝ると誓ったのに、(誰に?)
こんな時間


『黄帝内経』の時代には、電気もないから、夜更かしもできない。
あぁ、見習わなきゃ・・・




秋の咳の話

世間では、ここのところで苦しんでいる人が多いようだ。

TVでも、炎のことが話題になったり、
電車の中でも、こんで苦しむ人が多い。

ワタシのブログでの検索キーワードでも、関係が多い。

みなさんはいかがですか?


実は、この状態、ワタシはとても恐れていました。

この夏は、猛暑に加えて節電。
冷房の温度をあまり下げられない&冷房を使わないなどの
暑さを紛らわすために、みんな冷たい食べ物に走りませんでしたか?

TVでも、氷をいれた冷たいお鍋や、『ひんやりグルメ』の大特集。
「猛暑対策にはどうしてますか?」のレポーターの質問に、
「アイスを毎日食べてます」と答えてた人もいたっけ。


でもね、このブログでも、初夏の薬膳講座でも、お話したように、
夏は冷たいものを避けないといけないんです


恒温動物である人間の体は、外の気温が40度になったからと言って、
体温も40度になるわけじゃない。

体の熱を外向きに発散させることによって、
体温の上昇のし過ぎを防いでるんです。

ということは、夏、一番アツイのは手足などの末端。
逆に、お腹の中は冬よりもずーっと冷えてるんです。

ただでさえ、臓(消化器官)は、冷たいものが苦手なのに、
さらに冷えている夏に、冷たいものを食べたら・・・
ちゃんと働かなくなってしまうのは、当然ですよね?

臓がちゃんと働かなくなると、
食べたものが、ちゃんと体に栄養分として吸収されず、
体に余分な湿気となってしまうんです。


体の奥底に湿気があると、いつまでたっても喉が渇いたり、
湿気が熱をもって、鼻や耳や喉の奥の、手の届かないところがかゆくなったりするんです。

本来は、体のベクトルが外に向いている夏が、
体の奥底の余分な湿気を出しやすい季節。
体の余分な湿気が素でなりやすい喘息や花粉症の人には
改善する大チャンスの季節なんです。

・・・が、上手に湿気を出すどころか、
湿気を作ってためてしまった人は、
秋のこの時期に、より乾燥しやすくなってしまうんです

そして、乾燥に弱いがやられやすくなってしまいます。
体の中には、湿気はあるのに、潤って欲しいところは潤ってくれないんです。

からが続いている人がいるかもしれませんが、
もしかして、奥底に余分な湿気があってそれがになって外に出たがってるのかもしれません。


逆に、夏に冷たいものをとり過ぎず、上手に過ごした人は、
いつもの秋よりも、調子がいいかもしれません。

実は、我が娘の喘息や花粉症が年々楽になって行くのは、
夏の過ごし方が必勝ポイントだと思ってます。

「あぁ・・・夏をもっと気をつけてすごしたらよかった・・・」
とお思いのあなた!

過ぎたことを言ってもしかたありません。


これから気をつけて、少しでも楽に過ごしましょう!

もし、夏に冷たいものをとりすぎた記憶のある方。
別にアイスでなくても、冷たい冷ややっこやサラダ、
口当たりのよかった生ものや生野菜など、
もしかしてとりすぎちゃったかも・・・・と思われる方。

秋は潤いが大切ですが、
同時に、臓(消化器官)に負担をかけないようにお過ごしください。

ポイントは、
甘いもの・油っこいもの・辛すぎたり味の濃いもの、
それから生もの・冷たいものを控えて、
じっくり煮込んだおかゆやスープなどにして、消化吸収の良いものを心がけてくださいね。


穀類・イモ類・豆類・かぼちゃ・とうもろこしなどがオススメですが、
特にオススメなのは山芋。
臓を元気にし、を潤してくれる、この時期にありがたい食材です。

DSC07506_R.jpg
これは、ナツメ入りの粟のおかゆ
ナツメは、「の果」ともいわれるくらい臓にいいですし、
粟も脾臓にオススメ。

さらにお粥で体に負担をかけない~

あわは、うるち米種ともち種がありますが、
もちあわではなく、ぜひうるち米種のものを・・・



陳皮(ってなに?はコチラ)も、消化器官を乾かして、元気にしてくれます。
既にできた湿気も出しやすくしてくれますので、
上手にご活用ください。


そして、今現在、炎で苦しむ方・・・
できるだけ早めの睡眠を心がけてくださいね。
(って言ってもなかなか眠れず苦しいかもしれませんが・・・)

多分、病院から処方されたお薬を飲んでいると思いますが、
ゴールデンタイム(午後9時~午前3時)にしっかり眠ると、
薬の効きも全然違うと思いますよ~


食欲がなかったら無理して食べなくても大丈夫です。
水分だけはちゃんととってくださいね。
そして、お大事にしてください。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



強いは、強い脾臓からそして、それらは強い種から・・・
来年の夏こそは夏バテせずに、
来年の秋こそはや喘息のトラブルがなくすごしたいあなた!
人間の体はつながってます。

病気の少ない1年になるように、一緒に考えてみませんか?

ということで、
11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

ぜひ、遊びに来てくださいね!
詳しくはコチラ・・・





ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ








試験に☆頭スッキリ茶と、お疲れちゃんスープ

今日から娘は中間テスト。

昨夜は、なんだか遅くまでゴソゴソゴソ・・・・。

朝は、ボーっとしてる。
だから母はいつも言っているのに、

「勉強のゴールデンタイムは!!!」
夜はおさらい程度にして、早く休んで、を作った方が記憶力もあがると。

なのに、準備不足の最後の悪あがき
母も、経験あるから、わかるけどね。


ともかく、夜更かししちゃったものは仕方ない

覚めない目は、覚めさせて、
ボーっとした頭は、少しでもスッキリするように
応援してあげましょう。

DSC07571_R.jpg
「頭スッキリ茶」

中国緑茶の龍井茶と、ミントティーのブレンド。

緑茶も、ミントも頭や目をスッキリさせるチカラがある。
でも、どちらも体を冷やすから、
冷え性さんはお気を付けくださいね。


試験中とか関係なくても、
ちょっと仕事が煮詰まっている時とか、
のどの痛みがある時もオススメ。

昨日、自宅で久しぶりに薬膳料理会をしたのですが、
その時に、のどが痛かったお友達にも出しました。
菊花のトッピング付でね


今朝は寒かったから、娘もホットで飲ませました。

体が欲していたからか、
「美味しい~」とおかわりしてました。

おいおい・・・ほっこりするのはいいけど、しっかりね!



今日は、午前中で試験が終わりだから、
疲れた体に優しく、明日も頑張れるように、

「お疲れちゃんスープ」を昼食に作りました。
DSC07573_R.jpg

臓(消化器官)を元気にして、パワー回復の、かぼちゃ・山芋。
疲れをとるための、山芋・ブロッコリー。
イモ類、かぼちゃ類の胃もたれ防止に、セロリ(+葉)・玉ねぎ。


これをペーストにして、潤いの豆乳でのばす。

・・・って、いつものスープだけどね、
名前はつけたもん勝ちです(笑)

我が家は、これに必殺?生薬も投入!
DSC07574_R.jpg

オウギ・・・元気アップ!急に寒くなったから、体のバリア強化にもね。
ナツメ・・・これはドライフルーツ。かぼちゃと相性ピッタリ!
陳皮・・・お馴染、愛する陳皮ちゃん。温州ミカンの皮を天日干ししたもので、臓を元気に&胃もたれ防止にも◎


このスープ、急に寒くなって・・・の風邪予防にもオススメです。
寒暖の差に体がついていかず、なんだかだるい時もね

あ、病後の回復にもいいですよ~


今週末は、国際薬膳師、国際中医師の試験があります。
先日卒業した、北京中薬大のクラスメイトの何人かも、
卒業式でお話した何人かも、受験予定。

残り少ない何日か、体調を崩さずにがんばってくださいね~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

「頭スッキリ茶」のように簡単に飲める薬膳茶のお話や、
風邪予防の話もできたらと思ってます。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

ぜひ、遊びに来てくださいね!
お待ちしています~



詳しくはコチラ・・・








北京中医薬大卒業式と、梨ジャム

先週の土曜日は、北京中医薬大日本校の卒業式でした。

北京中医薬大日本校の植松理事長から、
中医中薬科の卒業証書を受け取りました。

薬膳や中医関係の、いろんなところで理事をしてらっしゃる植松理事長。
これまでも何度か証書をいただいたことがありますが、
これで、最後かな?
そう思うと、とても感慨深いです。


授業を受け持って頂いた、韓先生、金先生を始め、
薬膳科や気功科の先生方からお祝いの言葉をいただきました。

どの先生方も素晴らしいですが、
韓先生、金先生は、とても素晴らしく、経験・知識も豊富で尊敬できる先生。
ここまで素晴らしい中医学の先生って、なかなか出会えないと思うので、
本当に貴重な出会いだったと思っています。


3年間勉強してわかったことは、
中医学の世界は、広く深く、ワタシが一生かけて勉強しても、足りない・・・ということ。

卒業はしましたが、また聴講に行きたい科目もあるし、
来年からは薬膳研究科でお世話になろうと思ってます。

また素敵な出会いがあるといいな・・・と期待して。


素敵な出会いと言えば・・・卒業式後の懇親会。
今年は、小石川後楽園の中のお店で行われました。

そんな中、「のりたまさんですか?」と声をかけていただきました
その方は、薬膳科の卒業生で、管理栄養士さんで、ご自身でもお料理教室を20年もしてらっしゃる方。
ワタシのブログをよく読んでくださっているそうです。
そんな栄養学のプロの方に、
「のりたまさんの薬膳は、簡単でいつものごはんでいい!」と、お褒めの言葉をいただきました

ワタシが、今年一度も作っていない(笑)梨ジャムを、
無農薬の梨の皮入りで作ってくださったそう。
ありがたすぎます

梨はこの季節に乾燥しやすい肺を潤してくれます。
ワタシのレシピにはハチミツ入り。
ハチミツも、体を潤してくれる嬉しい食材。



ちなみに、ダブル(トリプル?)潤いで、
白きくらげとのデザートにしてもいいし、
杏仁豆腐のソースにしてもいいですよ~

DSC04360_R.jpg
これは、杏仁豆腐にのせたもの。


梨ジャムの気になる方はコチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!簡単★梨&りんごジャム by のりたま@くすいむん


ワタシは、りんごとブレンドして作ってるけど、
梨オンリーでも美味しいそうです。
ジャムにすると保存も利くので、梨の季節のうちにお試しください


そんなふうに声をかけていただき、ブログを続けていてよかったなぁ~と。

ブログの方にも、たくさんの卒業祝いのお言葉をいただきました。
気にかけていただき、本当にありがとうございます。

これからも、簡単薬膳しか作れませんが(笑)、よろしくお願いします。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


実は今回、懇親会の時に、
薬膳科(1年)の方から、中薬科(3年)の編入に悩んでいる。
ということで、いろいろと相談されました。

「普段、なんのお仕事をされている方なんですか?」と聞かれ、
「専業主婦です」と答えました。

見かけどおり?(笑)お金持ちでカルチャースクールに通う御身分でもなく、
なぜ、専業主婦のワタシが中薬科にすすんだかをちょっと書いておきました。

もし参考になれば・・・と、追記してたので、
興味のある方はコチラから・・・










続きを読む

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: