あぁ不養生~病後の回復には~

体調を崩したワタシは、お陰さまでなんとか熱が下がり、
翌日の、息子の学習発表会に、無事出席できました。

・・・が、熱が下がった後の体はだるい~
ランチの約束は泣く泣くキャンセル~

汗をかいたことで、体にできた隙間は、早く埋めないと、
その隙間に、また邪気(病気の素)が入り込み、病気が長引く原因になっちゃう。


ワタシは、週末にまたまたはずせないお約束があったので、
ちょっとズルして、「生脈散(しょうみゃくさん)」という漢方薬を飲みました。

これは、失った水分をうめてくれるお薬。
夏の暑い時期に、熱中症の予防や対策にも使われる。

注:使用の際には、お医者さん、薬剤師さんに相談してみてくださいね)

生脈散には、元気の素の人参が含まれているから、
パワーもでてくる。

「生脈散(しょうみゃくさん)」がなくても、
常温以上の水分をきちんととると、回復も早いです。

しっかり、水分を補うと元気も出てきます。
食べ物も、スープや、お粥、煮混み料理など、水気の多い調理方法のものをね!

オススメの食材は、元気と潤いを補う山芋。
DSC07049_R.jpg
これは、山芋入りのかぼちゃのスープ。
かぼちゃも、元気を補うから、オススメです。


あとは、やはりゴールデンタイム(午後9時~午前3時)の睡眠。
その時間に元気が作られます。
免疫力や抵抗力、治癒能力にも置き換えられるかも。

体に必要な水もその時間に作られます。


いつもは、忙しくてなかなか眠れない人も、
忙しい人だからこそ、病気を長引かせないように、睡眠に気をつけて
早目に回復してくださいね。

・・・って、ワタシに言われても説得力がないかぁ。
また、体調を崩して強制的に寝かされないように、
一年に一番寝なきゃいけないこの時期、しっかり早寝を心がけます~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
スポンサーサイト

あぁ不養生~のど痛の風邪の時には~

イベント続きの先週。
外食がいつもより多かったせいか、
はたまた一年のうちで、一番睡眠をとらなくてはいけない時期なのに、
寝るのが遅かったからか、

とうとう、先週末、
朝起きたら、「のどがいたーーい!!」
なんだか熱っぽいし、ホントに久々にやられましたー

飲食の不摂生や、生活の不養生は、病気の原因になる。
風邪のウイルスや、安定しない気候のせいばかりでなく、
ちゃんと自分側にも問題があったりする。

・・・って、しっかり体調を崩したワタシに言われたくはないと思いますが(苦笑)


やられてしまったものはしかたない。
早目に対処しないとね

のどが痛い時、まずはじめに登場は
菊花茶
DSC07723_R.jpg

これにお湯を注ぐと、
DSC07728_R.jpg
きれいに花が咲きました~

・・・と、のんきに花を見る余裕もなく、
2,3杯がぶ飲みすると、じんわりと汗をかく。

菊花には、毛穴を開いて、汗とともに、邪気(病気の素)を外へ追い出すチカラがある。
汗のかきかたは、抗生剤なんかよりも、ずっと優しく、まさにじんわり~


それでも一日、食欲もなく、体もだるい

食欲がないのは、体が、
「今、ワタシは全面的に病気を追い出すために戦いたいので、
胃腸の消化吸収などの余分な活動はできませんよ~」のサイン。

だから、わざわざ無理に食べなくてもよし!

注:でも、水分はしっかりととってくださいね)

・・・ということで、無理して食べずに、
一日、スープやさ湯を飲んで過ごす。

母の辛いところは、体調が悪く外出したくない日でも、
子どもの送り迎えの仕事があること。

てなわけで、外出から帰ったら、
またまたこの菊花茶をチョイ冷ましてうがい~

菊花は、殺菌のチカラもあるので、うがいにもピッタリ!

ワタシはいい大人なので、ごっくんとは飲まないけど、
小さなお子さんが、間違えて飲んじゃっても安心なうがい薬だ


結構、調子が戻ってきたけど、
夜は大事をとって、銀翹散(ぎんぎょうさん)を。
110303_1144131_R.jpg
初期ののどの痛みから、
もう少し体の奥へ邪気が入ってしまった時にも対応できる漢方薬。

注:風邪のタイプは人それぞれなので、必ず薬局でご相談ください)


そして、本気で治したいワタシは、夜10時に布団へ入る。

講座でも、いつも話しているけれど、
体調が悪い時、本気で治したいなら、
やはり夜9時~夜中の3時までのゴールデンタイムの睡眠は、なによりの薬。


ワタシも、ホントは、ゴールデンタイムの9時には寝たいところだけど、
娘の塾があったので・・・しかたなしに。


寝てると、またまた汗をじんわりとかいて、
朝には、すっかり熱も引き、喉の痛みもとれ、
無事、翌日の息子の学習発表会へ行けました。


飲食の不摂生や生活の不養生が原因でなった不調は、
体調を崩すことにより、強制的にリセットさせられました。

みなさんもこうならないように、お気を付けくださいね。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


風邪には、熱が下がった後の養生も大事!
次回は、そのご紹介をします。


7の倍数の誕生日に、薬膳ポテトコロッケ

急に寒くなってきて、あぁ冬だなぁ~と実感してます。
みなさんは体調を崩されてないですか?

先日の息子に引き続き、今日は娘の誕生日。
休みの前だし、外食でも・・・といきたいところだけど、
あいにく、今夜は塾。
しかも、ダンナもいつも通り遅いし・・・

という訳で、娘の大好物のうちごはん。
DSC07717_R.jpg
ポテトコロッケにした。

「揚げものは、臓(消化器官)に負担をかけるから、余分な湿を発生しやすくなっちゃうんじゃないの?」

・・・とおもうでしょ?
実は、なんのヘンテツもない、まさにおうちコロッケだけど、
実は、『薬膳おうちコロッケ』なのだ

どこが薬膳かって?
先日の講座でも、具体的にどれをどういう風にしたらいいのかも、
質問があったので、ご紹介~

DSC07712_R.jpg
まず、じゃがいも中4個に対し、
長芋5cmくらい。
じゃがいもよりも、小さめに切ってゆでる。


長芋は講座でもお話したけど、
余分な湿気をとって、臓(消化器官)を元気にしてくれ、
潤すべきや粘膜は潤し、
にもいいので、アンチエイジングや、疲労回復にも一役買ってくれる。


お鍋になんか入ってるのは、コチラ
DSC07711_R.jpg
セロリの葉6~7枚と、お馴染の陳皮(チンピって何?はコチラ)を小さじ1。

セロリは、お腹の気を流してくれるから、胃もたれ防止に。
陳皮も、同じく、お腹の気を流してくれるし、
山芋同様、臓の余分な湿気を取り除き、元気に働かせてくれる。


コロッケに、一緒に入れるのはコチラ
DSC07713_R.jpg
潤いの豚ひき肉と、
セロリのみじん切り。
勝手にもどったシイタケ(なんで勝手にもどるの?はコチラ)と、
冷蔵庫のあまり野菜(笑)

衣にもひと工夫。
我が家の揚げものの定番、陳皮をミルサーでひいた
『陳皮パウダー』をひとつまみ、小麦粉やパン粉に入れている。
DSC04965_R.jpg


これで、我が家の揚げものは、
臓の弱い子どもにも、
胃下垂の娘にも、
胃もたれなし&余分な湿の発生も防げているはず。

『大好物が胃もたれなしで食べられる』
これが、母からの誕生日プレゼントだよ


『大好物を胃もたれなしで食べられる』
当たり前のことだけど、食べた後も、気持ちよくいられるのが一番嬉しい!

家庭でのひと工夫で、薬膳になる。
そんなくすいむんごはんを提供できたらと思う。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ





続きを読む

薬膳講座と、冬眠ノススメ!

先日、かながわ子育て情報局さんの薬膳講座が、無事、終了いたしました~
参加いただいた方、ありがとうございました。

今回の参加者は、初心者の方もたくさんいらしてたので、
予定を急遽、変更し、
いつも以上に、薬膳の専門用語を使わない講座にしました。

薬膳を勉強されている方はお分かりになるかもしれませんが、
・津液」も、「五行」もなしでしたから~

ものすごーーくかみくだいて~

でも、終了後に、「わかりやすかった」とのご意見が多かったので、
ホッとしました。

薬膳にはじめて触れる方に、
「参加したけど、よくわからなかった。やっぱり、薬膳って難しい」
と思われなくてよかったです。

DSC07682_R.jpg
みなさん、熱心に聞いてくださってます。
赤ちゃんをおぶってまで、メモしてくださり、感謝!


今回の講座のテーマは、『冬の養生』
上手に過ごして体質改善をしよう!ということ。

特に大切なのは、睡眠

立冬から冬至までは、一年で一番夜が長い。
なぜか?

それは、たっぷり眠るため。

冬は、中医学的にみると「貯蔵」の季節。
体の消耗をできるだけおさえて、春に芽を出すための養分をたくわえる季節。

養分とは、のことです。
これらのものは、しっかり眠ることで作られます。

何度も書いてますが、
眠りのゴールデンタイムは、午後9時~午前3時。
この時間は、一日のうちで冬の時間帯にあたります。

だから、やはり消耗をおさえることで、
次の朝からの(春)芽を出すための養分をたくわえる時間帯となるのです。

冬のこの時期は、冬の時間帯に、ちょっとでも多く休まないとね

お忙しい人は、自分比で構いません。
いつもよりも、ゴールデンタイムに、少しだけでも長く眠るように心掛けてくださいね。

この時期にちゃんと睡眠をとらないと、
いい種が作られず、春からいい芽がでませんから~
そして、夏にはなにも生長できず、
秋には、エネルギー切れ?になり、風邪をひきやすくなったり、
体調を崩す元になってしまいますからね。

自然界が用意してくれた、この夜の長い時期。
しっかり『冬眠』を心がけてくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ






薬膳五色クッキーinバザー

本日は、まさにバザー日和!

バザー前は、バタバタしていて、商品の紹介もできなかったのに、
「ブログにのってた杏仁のお菓子はどれですか?」とか、
「ブログで見たから、杏仁のはチェックしていた」とか、
嬉しいお言葉をいただきました。


お陰さまで、杏仁クッキーも、杏仁豆腐もなんとか出来上がり、
無事、バザーに出品することができました。

DSC07677_R.jpg
無事、杏仁クッキーも加わり、『薬膳五色クッキー』になりました。

薬膳では、
酸・苦・甘・辛・塩辛いの五味、
それから、
青・赤・黄色・白・黒の五色が
そろっているが、バランスがとれてよい状態。


今回は、小松菜&チーズの青。
DSC07658_R.jpg
海老名市でよく作られている小松菜。
消化器官を元気にし、血も補ってくれる。

なにかのお菓子に使えないか・・・と思ってたので、
今回は、クッキーにチャレンジ!

ココア&ドライベリーの赤。
きなこ&陳皮の黄色。
杏仁の白。
黒ゴマの黒。

と、五色そろえました。


なんとなく、薬膳や中医学はよくわからないけど、
五味・五色をそろえるならなんとかなる・・・というかたは、
気にかけてみるのもいいかもしれません。

お弁当の中に、
青・赤・黄色・白・黒をいれるとかね~


今年もお買い上げ、ありがとうございました

薬膳茶も、杏仁豆腐も、それからこのクッキーも、
今日のみなさんのお疲れをとるのに、
少しでもお役に立てますように・・・


ワタシも、おやじの会のお父さんから、
差し入れをいただきました。

111113_135625_R.jpg
うぅ、相変わらず上手に撮れなかったけど、すっごく綺麗な黄色の焼き芋。

他にも、お餅やタコ焼きも~

ワタシも、しっかり疲れをとらせていただきましたわ~
ご馳走様です


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。
普段のお料理を薬膳にする秘訣?もお話できたら・・・と思います。

今日の、バザーで薬膳に興味をもたれた方、
ワタシに口説かれた方、

よかったら遊びにきてくださいね

それから、かながわ子育て情報局さんのメルマガに、
薬膳記事を書かせていただいてます。

ブログの更新が滞ってても、PCをのぞかなくても、
タイムリーに、季節の薬膳情報が届けられます。
興味のあるかたは、ご登録お願いします。

薬膳講座も、メルマガも、
詳しくはコチラ・・・


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ








咳止め&便秘に杏仁

昨日は、立冬。暦の上では冬になった。

今年の秋は、喘息、気管支炎、などのひどい咳の人が多かった。
現在も、ひどい人もいるかもしれない。

そんな人に、オススメな杏仁
DSC07611_R.jpg

お馴染、杏仁豆腐の素にもなってるけど、
杏の種だ。
だから、ほんのり甘酸っぱい香りがする。

種のものは、だいたいが、たくさん脂をもっている。

杏仁も、ミルサーでひくと、
ベッタベタで、まさに脂たっぷり。

この脂が、肺や大腸を潤してくれるから、
咳止めや、便秘にも使われることが多い。

中医学では、肺と皮膚もつながってるから、
お肌の潤いにも効果的



この杏仁は、中華街で買ったものだけど、
なかなか中華街に出かけれられない人は、
『杏仁霜(きょうにんそう)』という、
杏仁に、お砂糖などをちょっとまぜたものが、
スーパーの製菓コーナーにおいてあるので、そちらを使ってもよい。

ちなみに、ホットミルクやホットカルピスにいれても飲みやすいし、
なかなか止まらない咳の方は、
陳皮(・・・ってなに?はコチラ)を濃いめに煮だしたお湯で
杏仁霜を溶かして飲んでもいいかも。


この杏仁を使ったスイーツを、
11/13(日)に、相模みのり幼稚園でのバザーに、出品しようと思っている。

この杏仁を使った、杏仁クッキーは、
なぜかファンが多い。

昨年、失敗しちゃって、杏仁クッキーだけ出品しなかったら、
ブーイングがあった。

今年は、上手に焼きあがった出品するので、お楽しみに~
・・・って予定は未定だけどね。
なんせ和菓子屋の娘なのに、お菓子作りが苦手だからね(笑)

今年は、何年かぶりに、
杏仁豆腐も出品しようかと思っている。
けど、こちらも予定は未定~

ピスタチオのコーナーで販売するので、
何が成功するのかでるか、当日のお楽しみ~
遊びにきてくださいね☆


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


今週はなにかとバタバタのワタシ。
昨日は、中目黒のKEYAKI cafeさんで、お仕事の打ち合わせ。
111108_100201_R.jpg
KEYAKI cafeさんだからか、カップソーサーがわりに木
素敵なカフェラテをいただきながら、
素敵な女子との打ち合わせ。
素敵なアイディアもたくさん浮かびました。
正式な形になりましたら、またブログで告知しますね。


今日は、娘の中学の合唱祭。
娘のクラスは担任の先生が音楽科の先生だからか、
鳥肌が立つくらいの、素敵なハーモニーでした。
娘のクラスは、学年の最優秀賞!
賞も素晴らしいけど、楽しく青春している姿がほほえましい

もちろん、他の学年&クラスも素晴らしい!!
素敵な時間を過ごせました。



11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。
普段のお料理を薬膳にする秘訣?もお話できたら・・・と思います。

よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ











冬じたくの毎日ごはん

前回は、とても素敵な薬膳コースだったけど、
もちろん毎日、そんな特別ご飯を食べてる訳じゃない。

只今、11/8の立冬前の土用真っ最中。

土用の養生は、臓(消化器官)を元気にして、
次の季節を元気に迎えるためのクッションの役目。


だから、臓に負担をかける
甘いもの・油っこいもの・生もの・冷たいもの・味の濃いものなどを
できるだけ避けて、


穀類・豆類・イモ類・かぼちゃ・とうもろこしなど、
臓を元気にするものをとるといいのは、
以前も記事にした。



以前紹介したナツメが、の果だとすると、
の穀は、

粟には、うるち米種と、もち米種があるけど、
うるち米種がベスト。


それから、まもなく来る暦の上での冬に備えて、
黒米を加えて。

以前紹介した、
『白』は秋の色だけど、
『黒』は冬の色。

だから、冬は『黒』い食材をたくさんとるといい。
黒米もそうだけど、黒豆・黒ゴマ・黒きくらげとかね。



という訳で、我が家のごはんはコチラ
DSC07634_R.jpg

これは、2週間くらい前のだったかな?
粟がメインで、黒米はちょっとだ。

そして、最近のごはん
DSC07636_R.jpg
黒米の割合が多くなってるのが、分かりますか??

これは、ダンナのお弁当だけど、
土用にふさわしい、かぼちゃや豆類。
冬の『黒』いひじきも入ってます。

お弁当のごはんは、つい最近まで、
『白』ゴマメインでかけてたけど、
明日は、立冬。
『黒』ゴマにシフトしないとな~とおもってます。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。
普段のお料理を薬膳にする秘訣?もお話できたら・・・と思います。

冬にピッタリの薬膳茶も用意して、お待ちしています。

よかったら遊びにきてくださいね







謝朋殿での薬膳イベント

先週の土曜日、謝朋殿大崎店で行われた薬膳イベントに、
審査員?として、ちょこっとだけお手伝いさせていただいた。

まずは、北京中医薬大学の薬膳科で講師をされている、
桜林先生の講義。

桜林先生とは、3年前に、国際薬膳師の勉強をしている時に教わって以来。
何年たってもお美しく、説得力のある薬膳講師は、こうでなきゃな~と、
改めて感心。

もちろん、講義も充実したもの
広くて、深い世界の中医学&薬膳。
いろんな先生の、いろんな切り口の講義は、
自分が講義をする時にも、とっても役に立つ。

わかりやすい説明はもちろん、癒し感あふれる話し方も、とても勉強になる。


お勉強の後は、美味しいお食事

謝朋殿さんの薬膳メニューは、
大学の先輩で、中薬科で通訳をしてくださってる
yucariさんが監修している。

イベント用に、特別に、昼夜のメニューを上手に組み合わせてくださったようですが、
とってもボリュームがある、美味しいお食事~

111029_123554_R.jpg
フェンネルの薬膳酒で乾杯~

フェンネル、生薬名は、小ウイキョウだけど、胃腸の「気」を流してくれるから、
食前酒には、ピッタリ~

この食前酒は、甘い香りで美味しかったけど、
あまり美味しくない薬膳酒を美味しく飲む方法も、yucariさんから教わりました。


実は、今、考えている薬膳スパイスにも小ウイキョウを入れてる。
実際に、胃もたれがしないかは実験中~

続いて、前菜の
111029_123520_R.jpg
五味五色の冷菜

あまり、このブログでは五味とか五色にふれてないけど、
薬膳的には、これもとても大事なこと。

ちょこっとずつ、いろんなものが食べたいワタシには、嬉しい♪

そして、生うにとフカヒレのスープ
111029_125933_R.jpg
濃厚で、いかにも”潤い”そうなスープ。

111029_131540_R.jpg
天然エビと秋の旬野菜 ワサビ醤炒め

なんと、この器、さつまいもでできてるんです~
若いころ、エビラーと言われたエビ好きのワタシ。
ぷりっぷりのエビが嬉しい~

後で、謝朋殿の料理長さんから、エビをぷりっぷりにする秘訣を教わりました~

111029_133211_R.jpg
米沢一番豚のスペアリブ 黒酢煮込み

このスペアリブ、20cmはあったかな~?
とっても大きいの!

これも、料理長さんより、3時間蒸していると
どおりで、お箸でお肉がきれちゃうほど、トロットロ~

一緒にのってるのは、りんごとカブ。
こんなとこにも”潤い”食材~

秋に嬉しい酸味の黒酢です~

111029_134421_R.jpg
真鯛の青唐辛子ソース蒸し

この真鯛も、とーーても大きいの
あっさりしてて、美味しかったなぁ~

111029_141455_R.jpg
紫野菜のチャーハンと、スープ

スープには、ドライいちじく・蓮の実・白きくらげ・ウコッケイなどなど、
秋冬にオススメ食材満載のスープ

この後、グループのみんなで考えた
”潤い”薬膳メニューの発表があり、そこで審査員をしました。

発表の合間に、デザートの
さつま芋入りもちもち杏仁豆腐と、りんごのスティック春巻きが配られました。
とても美味しかったけど、下げられる前に・・・と急いで食べたので(笑)
写真を撮る余裕はなし!

同じグループになった方は、
それぞれが、いろんな経歴をお持ちの方で、
とっても勉強になりました。

一緒に、審査員をした、薬膳カレーのKa・Ku・Raの店長さんも、
とても素敵な方だったし、

たくさんの学びと、素敵な出会いの1日でした。
企画と準備をありがとうございます。ぐっさん。
そして、お疲れ様でした。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。
普段のお料理を薬膳にする秘訣?もお話できたら・・・と思います。

美味しいお料理と、学びで、いただいたパワーを、
今度はみなさんに届けられたら・・・と思ってます。

よかったら遊びにきてくださいね


詳しくはコチラ・・・


















プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: