FC2ブログ

薬膳おせち☆黒豆

みなさん、新年を迎える準備は着々と進行していますか?

今回は、予約投稿です。
今、現在のワタシは、実家の和菓子屋の餅つきの手伝いに行っているはず。
実家は、前日から徹夜の仕事になるので、
お昼のお弁当をもって、手伝いです。


さてさて、昔は、9のつく日は「苦」だからと、
29日には、おせちの準備をしない人が多かったのですが、
ワタシは、30日は疲れて帰ってくるのが予想されるので、
自分の「楽」のために、あえて29日におせちの一部を作ります。


おせちの『黒豆煮』は、息子の大好物。
今回は、甘く煮ました。
DSC07840_R.jpg

「冬は黒豆」とばかりに、
このブログでも登場回数も多いけれど、

血を補い、血を流す黒豆。
腎臓にもいいので、アンチエイジングや疲労回復にもオススメだし、
「種のもの」をとるべき冬には、とても適した食材だ。(なんで?コチラ)
しかも、冬食材の「黒」だしね。(なぜ黒?はコチラ)

すごいよね、日本人。
この時期ピッタリの黒豆を、
「まめに働けるように」って、洒落?までつけて
おせちに入れちゃうんだもの。

でもね、いくらスグレモノも、
たくさん食べ過ぎると、余分な湿の原因になっちゃう

ただでさえ、暴飲暴食の新年だもの。
脾臓(消化器官)はお疲れ気味。
余分な湿を発生させて、咳や痰、鼻水などの、
新年そうそうのトラブルも面白くない。


・・・ってことで、ちょびっと薬膳。
DSC07832_R.jpg
我が家は、煮汁に、陳皮とナツメをお茶パックにいれて。

陳皮は、余分な「湿」の発生を抑えてくれるし、
脾臓を元気にしてくれる。

ナツメは、血と気を補う食材。
これを入れると、自然の甘味で、ちょっとお砂糖が減らせるしね。

あとは、その家の作り方で作るだけ~
ちなみに我が家はコチラ
Cpicon おせちだけではもったいない!黒豆★ by のりたま@くすいむん


ちょっとお疲れ気味、。パワーを補いたい人は、
甘味をハチミツにしてもいいし、

冷え性や、肩こりに悩まされる人は、
甘味を黒砂糖にしてもよい。


我が家は、粗製糖とハチミツブレンド。


今日、おせちを作る方も多いことでしょう。
ちょっとした工夫で、今年の黒豆煮、薬膳にしてみませんか?


では、久々のお店番。
しっかりお勤めしてきます~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ












スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: