寒い朝に、気持ちをアゲるチャイ

寒い日が続きますが、体調を崩さずにお過ごしでしょうか?

ここのところ、朝練に行く娘の、朝の飲み物は、『チャイ』
おやじ祭りでも、薬膳チャイとして売らせていただきました。

販売したものは、各種のスパイスが入っていたんだけど、
今回は、簡単チャイのご紹介~。

絶対に、あった方がいいのは、コチラ
DSC07878_R.jpg

「え?なんだか分からないって?」笑


これ、生姜を蒸したのを(私はレンジでチン!)
スライスして、天日干ししたもの。
DSC07875_R.jpg
干し始めはこんな感じ~


神奈川は、寒いけど、毎日乾燥している。
干すにはもってこい!

みなさんのところで、天気の悪い日が続いたりと、
天日干しに適した環境でないなら、
レンジやオーブンで乾かしてもいいです。


生姜を蒸して干したものは、
中医学では、乾姜(かんきょう)といい、
生の生姜とは、別のチカラをもっている。

冷え性の人には、この乾姜の方が温めるチカラが強い
冷えちゃって、下痢気味な人にも、ありがたい。


これがカラカラに乾いたら、ミルサーちゃんで、ひいて粉状に。
ミルサーがなかったら、フープロでも構いません。


他に、陳皮(チンピって何?はコチラ)や、
シナモンパウダーを、紅茶の葉っぱと一緒に煮だし、
そこへ牛乳を加えて、簡単チャイの出来上がり♪
あとは、お好みで甘さをつけてどうぞ~


乾姜と陳皮とシナモンパウダーと、茶葉をあらかじめブレンドしておくと、
朝の忙しい時も、さっとできていい

中学生といえども、女子は体を冷やさない方がいい。
ただでさえ、寒空にミニスカだからね。


それと、シナモンや生姜は、『陽』(パワー)の勢いをもっている。
冬に体の中に蓄えた種が、しっかりと、根っこや芽を出せるように、
パワーを加えてあげないとね。

朝は、1日のうちでも春の時間。
『陽』をとるのにふさわしい時間だから、
冷たい生野菜ジュースよりも、断然チャイやスープ。
具だくさんの味噌汁でもいい。ねぎとかをたっぷり入れてね。


『陽』の勢いは、気持ちもひっぱりあげてくれるから、
まだ夜もあまり明けてなくて、暗くて寒くても、
しっかり気持ちをアゲて出かけられるよね。


寒さも今週がピークと言われてます。
春はもうそこまで来てます。
気持ちも体もアゲていきませんか?



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



*中医学講座のご案内*

(株)Buddyリレーション様主催で中医学の講座をさせていただきます。
テーマは『アンチエイジング』

中国最古の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)』には、
女性の体は7の倍数で変化していく様子が書かれています。

人間の体は、紀元前からそんなに大きく変わりません。
古代の医学書からエイジング(老化)を学び、
無理のないエイジングケアをご紹介いたします。

「中医学、なんか難しそう…」と思う方も、大丈夫!
初心者向けの、分かりやすい言葉で、お話したいと思ってます。

●開催日:2012年2月20日(月)14時00分~16時00分
●会場:東京都中央区湊2-9-1第1オゾンビル2階 (株)Buddyリレーション内
    (日比谷線・八丁堀駅A2出口徒歩6分 有楽町線・新富町駅A7出口徒歩7分)



担当者の方が、このブログを読んでくださって、
「薬膳クッキーをぜひ!」とのリクエストがありましたので、
当日、お配りしたいと思います。


興味のあるかたは、ぜひ遊びに来てくださいね。

詳細&お申し込みはコチラ
目指せ健康美人★1dayセミナー
「中医学でアンチエイジング」~女性は7の倍数で歳をとる~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



スポンサーサイト

『飲めるうがい薬』の活用法

先日、都内での仕事の打ち合わせの帰り、
おりしも、帰宅ラッシュ時。

ワタシの前に立つ、オヤジの咳がひどい~
マスクもしてないオヤジの咳は、容赦なくワタシに~

オヤジよ。咳がひどいならマスクをしようよ~
ラッシュ時なんだからさぁ~


ともかく、持ちからも、風邪がうつってしまいそう

やばい、やばい、がかりになってしまうと、
そっちにが使われて、体のバリアがおろそかになっちゃう

先手必勝で、帰宅したら、早速、うがい薬のお茶を作る。

DSC07889_R.jpg
これは、菊花と金銀花と、板藍根(ばんらんこん)をあわせた、
風邪やインフルエンザの予防にもできるお茶だ。

喉が痛い風邪の時にもありがたい、このお茶だけど、
解毒のチカラのある生薬ばかりで、体を冷やすものが多い。


このままガブガブ飲むと、胃腸の弱いワタシは、
お腹が冷え過ぎて痛くなっちゃうんだよねぇ・・・。

ということで、ちょい冷ましてうがい薬とする。

喉がスッキリして、いい感じ~

これ、子どもにもオススメしたい。

好みもあるけど、あんまり美味しくないから、
「飲むのはちょっと・・・」
の方も、うがいでいいし、

市販のうがい薬と違って、間違って飲んじゃっても、
所詮はお茶だから安心だ。


ワタシは、絶~対にうつりたくないから、
7割うがい、3割飲みました。


娘の中学校でも、他学年は、インフルエンザで学年閉鎖に
中学が来ると、そのうち小学校も流行り出す。

これからしばらくは、このうがい薬、作っておかなきゃなぁ。


・・・と、ここまでは昨年までの使い方。
今年は、もし、このうがい薬が余っちゃったら・・・?

捨てるのはもったいないので、
我が家では、手を洗ったり、
洗面所の拭き掃除に使ったりしています。
殺菌の効果を期待して


先日の、『おやじ祭り』でも販売しました。
うがい薬他、お買い上げいただきありがとうございました。

ぜひ、この時期にジャンジャン使ってくださいね


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


都内でのセミナーやイベントや講座、
2月から続々?とあります。

詳しいことは、また紹介させていただきますので、
中医学や薬膳に興味のある方、
ぜひ、遊びに来てくださいね。








おやじ祭り2012

タイトル見て、「どんな祭り?」と思った人も多いでしょう(笑)

子どもたちが卒園した幼稚園で、お父さんたちの「おやじの会」があり、
そこが主催のバザーが、明日、
1月22日(日) 相模みのり幼稚園
にて、行われます。

ワタシも、薬膳商品をひっさげて参戦!
今年は、
DSC07877_R.jpg
びんがいっぱい~


これに、クックパッドで昨年末に、『つくれぽ100人』になりました、
愛されレシピのゆずジャムを入れて~
DSC07880_R.jpg

詳しい作り方はコチラ・・・


下準備で、かなり茹でこぼすから、皮まで柔らかくて美味しいと大評判!
お湯で溶いてゆず茶にもできるから、寒い日にも嬉しい~

使用しているゆず自体もジューシーで美味しいものなので、オススメです。


他にも、こんなものも出品します。
DSC07882_R.jpg

今年の新作は、コチラ。
DSC07887_R.jpg
『薬膳スパイス』

いつもワタシが思っているのは、
「忙しい人にも、もっと身近に、手軽な薬膳を!」
キッチンに置いておいて、市販の塩コショウ感覚で使えるものはないか?

ということで、昨年の後半から、研究してた『薬膳スパイス』
周りの人にもモニターさんになってもらい、
活用方法なども調査した。


お肉や魚などの下味付けはもちろん、
いろんなお料理の調味料としても使えるよう、
できるだけクセをなくして作りました。


コクのある和風と、
ハーブの香る洋風。

ただ、諸事情により、品数が多く作れなかったので、
出品数がちょっとだけになってしまいました


興味のある方は、お早めに~


明日は、寒いのかな?天気が悪いのかしら??
悪天候かもしれませんが、
ご来店、心よりお待ち申し上げます。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



戦える体づくりのために・その2

さてさて、前記事で長話になってしまったので、続きを~


薬膳を始めて、毎年少しづつ、花粉症や喘息が改善されていった娘。
現在は、漢方も飲んで対応しているけど、
体質改善のためとはいえ、やはり若いころから薬に頼らせたくない。


でも、頼るんだよねぇ・・・楽だから。
薬があるからいいと、何度注意しても12時近くに寝る娘。

まぁ、年末年始とTVの特番は面白かったし、
その生活スタイルがぬけないのもわかるけどね。


ワタシも若いころ、夜遊びして寝不足で、
でも、次の日は仕事を頑張らないといけないからと、
朝から、強壮剤を飲んだりしたもんなぁ~
家にいるだけ、娘の方がまだまし!ともいえるけど・・・・


でも、昔の自分は棚に上げて(笑)、娘に説教する母であった。

冬の眠りのゴールデンタイムは一番大事。
なぜかというと、
眠りのゴールデンタイムの午後9時から午前3時までは
一日の中の冬の時間。


そして、冬は春に芽を出し、夏に成長し、秋に収穫するための種を作る時間。

いい種じゃないと、
いい芽が出ないし、夏には生長するものもないし、秋には収穫どころか息切れだ。

ということは、
一日のうちの春(朝は)ボーっとし、
夏(昼間は)なにも吸収することができずに、
秋(夕方は)疲れちゃう

そして、今の季節も冬。
今の時期のゴールデンタイムに寝ないということは、
受験生になる春からボーっとし、
天王山の夏には、大きく成長もせず、
これから本番の秋・冬には、体調を崩しやすくなるということだ。

冬の季節の、一日のうちの冬の時間のゴールデンタイムに寝るということは、
とっても大切なこと。

逆に、午後9時以降の活動は、消耗を2倍にするとも!?


こんなに分かっているのに、寝ないバカはいないでしょう~
薬膳やっても、漢方飲んでも、寝なきゃだめなんだよ~


・・・ってな説教をながながと・・・・

あまりのワタシのうるささに、
だまされたと思って?ここのところ10時台には寝るようになった。

すると、娘の体に変化が!

朝はスッキリ起きられるようになり、
朝から、魂の入った顔になった。

そして、帰宅後は疲れちゃってダラダラしてたのに、
テキパキと(本人比 笑)行動している。
聞くと、帰宅後の疲れが全然違うそうだ。

喘息の発作じゃないけど、寒い日に出やすくなる、
ヒューヒュー(この表現、分かります?)もなくなった。
体に、余分な湿がたまってない証拠だ。


ゴールデンタイムに作ったいい種が、1日もってるよ~
もちろん、薬膳や漢方薬のきき目もグッと違ってくる


受験生のこの1年。
春のやる気。
夏の成長。
秋・冬に体調を崩さないように、
しっかり寝ようね~


これは、「戦える」体づくり。
受験で戦う人だけでなく、
仕事で戦う人、
育児で戦う人、
病気と戦う人、
花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー症状と戦う人、
みんなが、
「戦える体」をつくるために大切なことです。


まだまだ寒いけど、立春まであと半月。
「いい種」を作る冬の夜のゴールデンタイムに、しっかり寝ましょうね


・・・そして、こんなに分かっているのに、寝ないバカはワタシです。
腰痛とも、四十肩とも、顎関節症とも戦わないといけないのに、
年をとっても夜遊びしてる場合じゃないね(苦笑)


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 





戦える体づくりのために・その1

ワタクシ事ではあるけれど、4月から、我が娘は受験生になる。

神奈川県では、公立高校の入試のシステムが、娘の代から大きく変更される。
しかも、その詳細は、今年の秋にならないと分からないときてる

ここで言ってもしかたないことだけど、
かなり無理があると思いませんか?
システムいかんによっては、志望校の変更も余儀なくされるのに、
モチベーションもなにもあったもんじゃない

せめて、ちゃんとシステムがまとまったら導入してよ~
・・・と、思う親はワタシだけじゃないはず。


と、ぐちぐち言ってても、決まったものはしかたない!
頑張るのは本人だけど、
親はできるだけの応援をしましょう。
どんなシステムになっても、「戦える体」づくりのお手伝い。


またまたワタクシ事ですが、我が娘は、胃下垂だ。
小さいころから、喘息や花粉症もひどく、
一年中、鼻水や咳に悩まされていた。

娘がまだ小さいころ、薬膳をまだ勉強する前は、
周りの子と同じように頑張れない娘を、
それなのに、すぐに体調を崩す娘を、
とても情けないと思っていた。

薬膳や中医学を勉強した今では、そんな風に思ってたワタシを情けないと思う。
人それぞれ、違った体質なのにね。


その後、薬膳を毎日のごはんにとりいれるようになり、
喘息も、花粉症も改善され、体質が徐々に改善されていったけど、
テスト前など、疲労やストレスがたまる時期なると体調を崩しやすくなる。


漢方薬で、改善されるのは分かっていたけど、
「子どもに漢方なんて・・・」と飲ませるのをためらっていた。

でも、頑張ってたのに、最後の最後にふんばりがきかなくなるのはかわいそう。
と、昨年より漢方薬を導入。
DSC07874_R.jpg
補中益湯(ほちゅうえっきとう)

」は、内臓を定位置にとどめておくチカラがあるけど、
」が足りないと、内臓の下垂などの原因にもなる。
娘は、「」が足りないから、胃下垂で疲れやすい。

この補中益湯には、「」を補って、引っ張り上げてくれるチカラの生薬が
たくさん入っている。

これを飲み始めてから調子がよく、なんと昨年はテスト前に一度も体調を崩さなかった。
胃も、少しづつあがってきている。
疲れた朝も、これで元気に起きられる。

娘の胃下垂はこれで解消し、体調もよくなりましたが、
人それぞれ体質は違うので、あう漢方薬も違ってきます。
ご使用の際は、必ず、医師や薬剤師さんに相談をしてくださいね。)


でもね。
薬に頼り過ぎちゃいけないんだ。
ちょっと疲れても、「薬があるから大丈夫!」ってのは、全然大丈夫じゃない。


先日、いつもお世話になる漢方医先生曰く、
「疲れは、大事な体からのサイン。
疲れがあるから、休んで体をリセットしようとする。
だから、疲れるということはありがたい。」


さすが、尊敬すべき先生。
なかなか疲れをありがたいと思えるもんじゃない。


でも、おっしゃるとおり、
疲れは、薬や強壮剤、濃いコーヒーやお茶、甘いものでごまかさずに、
ちゃんと休んでリセットしなくちゃいけない。

そうでないと、今の疲れはごまかせても
そのうち大きく体調を崩して、強制休みをさせられてしまう

とういうことで、戦える体づくりの一番大切なポイントは、休みです。


・・・と、ここまで書いて・・・長すぎる~
次回に続きまする~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


春仕様の体の準備に、『陽』を

年が明けてから寒い日が続きますが、
みなさん、体調をくずされてませんか?


暦の上でも、「小寒」「大寒」と一年で一番寒い日が続きます。
でも、陰が極まれば陽になると中医学でもいわれるように、
その先には、春が待っています。


寒い日や、雪深いところにお住まいの方もいらっしゃるからピンときませんが、
2/4は立春です。
ということは、暦の上での春までには、もう1か月もない

人間の体は、
「明日から立春、ハイ!春仕様の体!!」というわけにはいかないので、
冬至をすぎたあたりから、少しずつ春仕様の体にチェンジしています。


暦の上での冬はあとわずか、
みなさん、たくさん冬眠をして、『いい種』は作れましたか?
この時期は、その種が芽を出すパワーをつける時。

そのためには、少しずつ芽を出す勢いのあるもの(『陽』のもの)を
食べていかないとけません。

冬にオススメな、
根菜、魚貝類、豚肉などの『陰』の食べ物、(なぜ、冬にオススメ?陰?コチラ)
種のものの、豆類、イモ類、ナッツ類(なぜ、冬に種?はコチラ)
に加え、

鶏肉や、鶏ガラスープ、ねぎ、生姜、シナモン、くるみ、えびなどの
『陽』の食材をちょっとずつ取り入れていきましょう!


難しく考えることはありません。
例えば、こんなごはんで~
DSC07866_R.jpg

冬にたくさん食べると病気をしないと言われる大根
根菜で、陰の食材だ。
それに、同じく陰たっぷりの豚肉。

圧力鍋で煮る時には、生姜やネギを入れて。

雑な白髪ネギもトッピング~
もこみち君は、水にさらして、さらしで水を切っていた。
でも、主婦は手抜きで~(爆)


『陽』食べ物は、体を温める物が多いから、
寒い時期にもありがたい~

みなさんもいろいろと工夫してみて、
元気に芽が出せるように、
少しずつ春仕様にチェンジしていってくださいね



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 






お詫びと訂正

全記事を読み直してびっくり!!

なんと間違えて書いてしまってました
中医学の最古の医学書、「黄帝内経」では、
人間、生活や食の養生をちゃんとして生きていけば、
100歳まで生きることができるとあります。

だから、100歳÷4(四季)=25歳
ということで、25歳がひとつの季節になります。

なんとお恥ずかしながら、計算間違い・・・新年早々、いいわけ劇場


だから、40をちょい過ぎたワタシは、
初秋ならぬ、まだ夏の盛りを過ぎた頃くらい

でもね、食&生活の養生ができてないと、
実際よりも、年をとってしまう

「初秋ね。うんうん・・・」と納得していたワタシは、養生不足なり
養生方法は、ちゃんと分かっているのに、実践できずにお恥ずかしい~


反対に、上手に養生できていれば、
アンチエイジングや、老化をゆるやかにすることができます。


ワタシも、養生してしっかりアンチエイジングしなくては!
計算間違いをしないようにね(苦笑)


そんな中身は初秋のワタシですが、
ただいま、来月の講座の資料をまとめております。
テーマは、「アンチエイジング」

その中で、今のワタシの年頃は、
若い時とは違うと考え、『完璧』を求めないこと。
それが、心に余裕をもって、上手にスローダウンすることになります。


今から、少しずつそういった考え方をすることが、
これからの更年期の準備にもなります。

だから、『完璧』は求めません~

・・・長い、いいわけ劇場でした(苦笑)



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


前記事は、カテゴリなどから改めて読んで下さるかたのことを考えて、
この訂正文を入れておきました。

読んで下さった、200人近くの方々、大変失礼いたしました。
今後も無いとは言い切れません
・・・が、できるだけ努めたいと思います。
ごめんなさい。

意外な発想!山芋とパスタ

今日でやっと子どもたちの冬休みが終わります。
そんなにちびっこではないので、家にいても手がかかる訳ではないけれど、
『気』がとっちらかってて、なかなか物を考えられず、落ち着いて仕事ができない
さすが、子どもは『陽気』のかたまりです。

中医学では、人間の一生を四季にすると、
だいたい20年を1つの季節にできる。
子どもたちは、ただいま『春』の真っただ中。
成長の『夏』へ向かって、『陽気』は全開

『陽気』は上昇の勢いがあるので、
それにのって、いろんなことが吸収されやすい。
だから、子どもはいろんなことを吸収して、成長していく。


反して、ワタシは初秋に足をつっこんだお年頃。
ただでさえ、上昇の勢いはないので(笑)、
静かなところでないと、頭が働いてくれないのだ
あぁ、深夜ラジオを聞きながら、勉強できたのになぁ~(苦笑)


先日、「初秋」に足を突っ込んだお仲間と会ってきた。
30年近くの付き合いの彼女らは、
仲間、友だち、親友、どんな言葉でも表すことのできない存在。

いいところも、悪いところもわかって、それでも分かり合える。
貴重な存在だ。

それぞれ離れていて、環境が違って、
それぞれ違う人間関係の中で、
周りの人たちといい距離感で付き合えるのは、
根っこに彼女たちの存在があるからだと思ってる。


年に2,3回しか会えない、彼女たちといくお店は、
「長居」が条件(笑)
今回は、コムサカフェに。
120103_122536_R.jpg
明太子と温野菜のパスタ

これ、山芋も入ってたんだけど、いい感じ~♪
山芋は、疲れた臓(消化器官)も元気にするし、
も潤すから、風邪予防や乾燥肌にも◎
しかも、アンチエイジングや疲労回復にもいい
から、
「初秋の」ワタシ達にはありがたい~

パスタにも使えるのね。意外な発想、意外と美味しい


明日からは、過剰な?「陽気」がなくなり、気持ちが落ち着き仕事がすすむ(はず
「初秋」は初秋なりに、発想を柔らかくして、
意外な組み合わせを考えていきたいと思います。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



昨年の12月に、鍵コメントをくださった何人かの方。
ありがとうございます。

申し訳ないことに、先ほど気づきました。

どれも北京中薬大に関する質問で、
返事をくれないな~と思われていたかもしれません。

大変申し訳ないことをしてしまいました。

アドレスがありましたので、
そちらへ伺わせていただき、お返事させていただきます。

今年は、できるかぎりそのようなことが無いように努めたいと思いますが、
なにぶん「初秋」なもんで、ご容赦いただけたら・・・と思います。


また、新年も明けてかなりたちますが、
まだまだご挨拶にうかがえていない&訪問できないでいるワタシも、
どうかご容赦くださいね。

過剰な「陽気」がなくなりましたら、ゆっくりとお邪魔させていただきます。




この記事を書いた後、間違いを発見!!
中医学では、100歳÷4(四季)=25歳を一つの季節とみなします。
詳しくは、コチラから
訂正とお詫び・・・








2012年も、無理なく薬膳

新年が明けまして、三が日も過ぎてしまいましたが、
遅ればせながら・・・

あけまして、おめでとうございます。

2011年は、地震や台風など、自然の脅威を感じる年となりました。
薬膳のもととなる、中医学では、
「人間は自然の一部」という考え方があります。

どんなに進歩した技術を身につけ、頑張ったつもりでも、
自然から見ると、人間はちっぽけなもの。

自然に逆らっては生きていきません。

そんなことを実感させれられた一年でした。


被害に遭われた方々に、直接、なにも応援することのできない自分を無力に感じ、
落ち込んだ日もありましたが、
直接的ではないかもしれないけれど、
ちょびっとだけでも、他人の役に立てるようなことを、
無理せずに、今年も引き続きしていこうと思っています。


・・・ということで、
「ちょびっと」のお役立ち?情報を~
DSC07750_R.jpg
これ、な~んだ??
(え?写真の撮り方が悪いって? 笑)


実は、醤油に陳皮(ちんぴってなに?はコチラ)を入れたもの。

DSC07752_R.jpg

みなさん、お正月の食べ過ぎで胃もたれしてませんか?

実は、和菓子屋の娘のワタシ。
あまり大きな声じゃ言えないのですが、
お餅って、脾臓(消化器官)に負担をかけるんですよ~

他にも、
甘いもの・油っこいもの・味の濃いもの・生もの・冷たいものなんかも。
お正月のお料理・・・思い当たる節も多いでしょう?

その上、食べ過ぎ&飲み過ぎ、ますます負担がかかってしまいます。


もともと脾臓(消化器官)の弱い日本人。
お醤油も重く感じる方もいるかもしれません。

だから、脾臓を元にする働きの陳皮を入れてあげるといいんです。

ところが、この写真ではそのまま陳皮をいれたところ、
醤油さしの穴が陳皮でふさがって、出がわる~い

ということで、今の我が家は、
陳皮をお茶パックにいれたものを醤油に入れています。
(実は、それでも出が悪い。醤油さしのふたをはずしながら使ってます。
でも、パラパラ陳皮が出てこないから、いいかな~)

このお醤油で、磯部まきを作っても美味しいし、
お雑煮のお醤油に使ってもいい。

お餅は、を補う食材で、
疲労回復にも役立ってくれる。
上手に、とりいれて、パワーアップしたいものね


他にも、生ものの時もいいから、お刺身やお寿司の時に使ってもいいし、
豆類・イモ類も食べ過ぎると胃もたれの原因になるから、
それらを煮る時に使ってもいい。


ただ、醤油に陳皮を入れておくだけだから、
無理せずに薬膳できるでしょ?(笑)


2012年初の写真が、とてもお正月らしくなくて地味ですが(笑)、
こちらも、無理なくね


こんな風に、今年も、無理なく簡単に続けられる薬膳や、
食べ物よりも、とても大事な生活養生のお話をしていきたいと思います。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


なんだか新年からバタバタしていて、
みなさんへのお返事や、新年のご挨拶&訪問も遅れがちです。
いつものことながら、ごめんなさい。

ゆっくりお邪魔させてくださいね。











プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: