FC2ブログ

「冷え知らずの冬にしよう!」講座無事終了☆

ぐっと冷え込んでいる毎日ですが、みなさん体調を崩さずにお過ごしですか?

先週の土曜日の、スタジオ自由空での「冷えとりは、からだの内と外から」の講座、
無事、終了いたしました。

今回は、健美セラピストの渡辺先生とのコラボ。
渡辺先生が、毎日の簡単ストレッチを教えてくれました。
とても簡単だけど、冷えだけでなく、ダイエットや、不眠にも効果的とか
いつもながらの、プロのレッスン素敵でした。

ワタシは、薬膳チャイと、薬膳スイーツをご提供し、
薬膳のお話をさせていただきました。
DSC09309_R.jpg

今回は、
●黒白wごまと、きなこのおはぎ
●安納芋のスイートポテト
●くるみ&杏仁のスノーボールクッキー

普通っぽいおやつだけど、薬膳の工夫は満載です!
おはぎのもち米は、体を温めパワーをつけてくれるけど、胃もたれのもとになってしまうのが
悩みの種。

だけど、お茶パックに陳皮を入れてごはんを炊くと、胃もたれ防止に
お正月にはお餅を食べる機会も多いので、胃もたれ防止のお餅の食べ方もご紹介しました。
ミルサーで粉にした陳皮をお醤油に入れてもいいし、
きなこにいれてもいい。

陳皮がない人も、柚子や三つ葉など、香りのものと組み合わせても◎

同じく、芋類の胃もたれ防止にも、陳皮を(ちんぴってなに?はコチラ)。
さつま芋のオレンジ煮とかあるから、さつま芋とみかんって相性がいいんですよね。

くるみ、杏仁などのナッツ類は冬にとったほうがよいもの。
いい種を作るには、いい種を食べるのが一番ですからね。(いい種って?はコチラ)
くるみのほろ苦さと、杏仁の香りのよいクッキーです。
クリスマスっぽく、スノーボールにしてみました

今回も、素敵なご縁があり、
ワタシが3月に参加した、
東関東大震災の復興支援のイベントにきてくださり、お話をさせていただいた方が、
その後、ずーーとこのブログを読んでいてくださり、参加してくださったんです。

とっても嬉しかったのと、なかなか更新できないブログですが、
ぼちぼちでもがんばっていこう~!という気持ちになりました。

今年の講座はこれでおしまいです。
今年、拙いワタシの講座に参加してくださった方、本当にありがとうございました。
素晴らしい出会いがたくさんあり、講師のワタシが教わることもたくさんあり、
とても感謝しております。

ワタシ自身、毎回、反省することはありますが、
今よりも、次へ、少しでもレベルアップして、
できるだけ身近で分かりやすい言葉で伝えられる様に、
日々勉強をしていきたいと思いますので、
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


・・・って、ブログはまだまだつづきますけどね 笑


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: