薬膳講座@大和生涯学習センターシリウス

『未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

今日は、大和市の生涯学習センターで薬膳講座をしてきました。
18839575_1387984404621517_9209726863075707143_o.jpg

大和市生涯学習センター、シリウスさんは、昨年できたという
とてもきれいな建物。

下の階には図書館もあり、上には会議室や調理室がガラス張りになっていて、
日当たりもよく、気持ちがいい!
白を基調にした調理室は、入った途端明るくて、気持ちも上がります

参加者の人数は20名。
おうち食医®養成講座以外で、
久しぶりに、マイクも、プロジェクターもない、
資料とホワイトボードだけの講座。
一番、やりやすい人数と、両手が使えることのありがたさよ~

まずは私が監修した薬膳茶、月詠茶(旧シンデレラ茶)を飲んでいただきながら、
それに使われている生薬たちをご紹介。
月詠茶はこちらからご購入できます

18839106_1233299400129480_8968398031808727397_n_R.jpg
みなさん、なかなか目にすることのない、薬膳食材を、
メモを片手に真剣にお話を聞いていただきました。

「夏でも体は冷えている!?」というテーマでしたが、
真の冷え症?の方は、参加者の1/3くらい。

でも、一般の人でも、実はお腹の中は、
「夏こそ冷えています」

冷えにもタイプ別の薬膳があるのですが、
冷え症の人の数を見てから、冷えをメインに話をしようかどうか決めようと思っていたのですが、
1/3くらいだったので、

今回は、お腹が冷えてしまう、夏の体のメカニズム、
冷えの体質改善の方法、
花粉症の人も多かったので、その体質改善の方法、
いつもの生活養生から、夏の養生&オススメの食材まで
いろんなお話をさせていただきました。

来週は同じお部屋で調理実習です。
そう!苦手な調理実習です(笑)
でも、私ならではの、超簡単薬膳調理実習をしてこようかなぁ~と思っております。

最後に何名からか質問を受けた際に、何名かの舌もちょこっとだけ拝見しました。
血が少ない人が多かったから、血を補うお茶でも持っていこうかなぁと検討中です。
ご参加くださった方、お世話になったシリウスの職員さん、次回もまたよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


【今後のイベント&講座のお知らせ】
手のツボで全身セルフケア★ドゥワセラピー講座初級&ワークショップお話会
日時:6月20日(火)10:00~12:00 満席となりました
    7月1日(土)10:00~12:00 残席10名
場所:小田急線・相鉄線・相鉄線海老名駅より徒歩20分または、小田急線・相模線厚木駅より徒歩15分となります。
    (お申込後ご案内いたします)
【当日タイムスケジュール】
〈一部〉10:00~11:30 ドゥワセラピー初級講座 
    6000円 (テキスト・治療ペン・修了証込み) 
〈休憩〉11:30~12:00 
〈二部〉12:00~14:00 ワークショップ&ランチ会 
    3000円
    ≪シリーズ あなたはご自愛できていますか?≫ 
  詳細は、こちらから

わかりやすい東洋医学講演会・秋
まだ梅雨の前なのに??笑
8月7日の、立秋を過ぎたらもう秋です。
秋の止まらない咳、気管支炎、喘息、乾燥肌やアトピー、鼻炎などのトラブル、
これらすべて肺が原因と言われてます。
今年は、秋のトラブルの体質改善、早めに始めませんか?
お申込み&お問い合わせは、
i be事務局まで
日時:7月30日(日)10:00~12:00
場所:リコーフューチャーハウス(ららぽーと海老名向かい)
講師:萌木のり子(おうち食医®主催・国際中医師・国際中医薬膳師)

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

スポンサーサイト

手のひらで体質改善

『未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

今回は、おうち食医®の食医塾でも大好評だった
ドゥワセラピー講座開催のお知らせです。

ドゥワセラピー、別の呼び方は、高麗手指鍼というのですが、
韓国が発祥の、手のひら(ドゥワ)を使った、不調改善や、体質改善のことです。

手のひらを体に見立てて、そこの部位の痛みを止めたり回復を早くすることにも使えるのですが、
例えば、私、
何年か前に、足を骨折した時、
もちろん患部は痛くて触れないーーー!
でも、そこに相当する手のひらを、ぐりぐり刺激してたら、
痛みが和らいだり、回復が早まったりしたのです~

ぎっくり腰の時も、そこに相当する場所をぐりぐり・・・
首が回らないときも、そこに相当する場所をぐりぐり・・・
かなり、助けられてます~

他にも、お腹や肺、子宮などに相当する場所もあるので、
ちょっとした不調の時には、ぐりぐりしたり、
冷えて痛い時には、その場所にお灸をして温めたり・・・

私の目の前で咳をしている人は、肺のところをぐりぐりして、
咳が止まった人も何人もいます~

薬膳を伝えている私だけど、不調があるときは、
胃腸の働きも100パーセントじゃないから、
食べたものが薬膳として働かずに、余分な湿になってしまいやすい。
だから、食べ物じゃないアプローチもとても大事だと思ってます。

特に、できるだけ薬を飲みたくない、妊婦さんや、産後のママ、小さいお子さん
には、知っていて損はないドゥワセラピーだと思ってます。

そのドゥワセラピーの初級講座を、今年は、わが会社デアルナエで主催いたします。
初級講座なので、終了後には修了書が発行されます。

また、午後からは、ランチを食べながら、
≪あなたはご自愛できてますか?シリーズ≫
「テーマ 疲れとどう付き合ってる?」をテーマに、お話会をいたします。
中医学の観点で、疲れるってどういうこと?それって悪いこと?
などについて、みんなでお話ししたいと思ってます。

両方でなくても、
ドゥワセラピー初級のみでも、お話会のみでも、ご参加はokです!

この機会に、知ってみたい!!
という方は、ぜひお越しくださいませ~
お申込み&お問い合わせは、デアルナエまで

手のツボで全身セルフケア★ドゥワセラピー講座初級&ワークショップお話会

日時:6月20日(火) 10:00~14:00
    7月1日(土) 10:00~14:00
※どちらかご都合のよろしい方をお選びくださいませ

場所:小田急線・相鉄線・相鉄線海老名駅より徒歩20分または、小田急線・相模線厚木駅より徒歩15分となります。
    (お申込後ご案内いたします)

【当日タイムスケジュール】
〈一部〉10:00~11:30 ドゥワセラピー初級講座 
    6000円 (テキスト・治療ペン・修了証込み) 
〈休憩〉11:30~12:00 
〈二部〉12:00~14:00 ワークショップ&ランチ会 
    3000円
    ≪シリーズ あなたはご自愛できていますか?≫ 
  
★一部のみ、二部のみのご参加も可能です。
★一部、二部同時申込の場合は、参加費が8000円となります。
★ランチ会のお弁当をご希望の方は別途500円となります。
(お弁当注文が不要の方は、ご持参くださいませ)
★ドゥワセラピーを受講された方は、終了証を差し上げますので、お申込みは本名でお願いいたします。

〈一部〉10:00~11:30 ドゥワセラピー初級講座
 ドゥワセラピーとは、韓国生まれの 高麗手指鍼をベースにしたもので、「手」を活用したハンドトリートメント&セラピーです。
手は身体の縮図と言われており、手は脳が突き出た物とも言われています。
 身体全身にもツボがありますがこれとはちがう考えで手だけで、約360穴くらいあり、それを活用したトリートメントです。
 手は、毎日使っていますが、ケアすることってあまりないのではないでしょうか。なにより、手軽にできるのも「手」のいいところ。
 手と身体の相関関係を学んで養生生活に活用しましょう。

参加費:6000円 (テキスト・治療ペン・修了証込み)
講師:三枝千栄子(国際中医薬膳師・国際中医師・鍼灸学生・
ドゥワセラピーシニアインストラクター)

〈二部〉12:00~14:00 ワークショップ&お話会 
≪あなたはご自愛できてますか?シリーズ≫
「テーマ 疲れとどう付き合ってる?」

「最近疲れやすい」「なかなか疲れがとれない」
「疲れ」ってよく聞くけれど、どんなイメージでしょうか?
いいこと?悪いこと?どんなメカニズム?
その「疲れ」どう改善したらいいの?
お悩みをシェアして、あなただけの「疲れ」の解消方法を考えてみませんか?

ファシリテーター:おうち養生研究所研究員
          国際中医師 萌木のり子
          セラピスト 阿部亜希子
参加費:3000円(ランチをご注文の方は、プラス500円)

【お申込み&お問合せ】
こちらのメールフォームよりお申込みください。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=e1d51a2345d590dc

フォーム送信後、2,3日以内に確認、お振込先のご案内メールが届きます。
お振込完了をもって、申込とさせていただきます。ご了承ください。


主催
一般社団法人 デアルナエ
おうち養生研究会

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

もっとがっつり、中医学&薬膳のお話が聞きたいよ~という方は、
こちらをどうぞ!
わかりやすい東洋医学講演会・秋
まだ梅雨の前なのに??笑
8月7日の、立秋を過ぎたらもう秋です。
秋の止まらない咳、気管支炎、喘息、乾燥肌やアトピー、鼻炎などのトラブル、
これらすべて肺が原因と言われてます。
今年は、秋のトラブルの体質改善、早めに始めませんか?
お申込み&お問い合わせは、
i be事務局まで

日時:7月30日(日)10:00~12:00
場所:リコーフューチャーハウス(ららぽーと海老名向かい)
講師:萌木のり子(おうち食医®主催・国際中医師・国際中医薬膳師)

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

「わかりやすい東洋医学講演会」終了しました

なかなか更新できないうちにあっと言う間に
1週間たってしまいそうですが(笑)

先日、5月28日(日)、i be主催の講演会、
「わかりやすい東洋医学講演会・夏」が無事終了いたしました。

お休みのところ、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

この講演会、今回で6回を迎えますが、
リピーターさんも多いのですが、
中医学&薬膳、はじめましての方もたくさんいらして下さるのも嬉しいところです。

IMG_6229.jpg

今回は、日本人の弱い脾臓(胃腸、消化器官)が、1年で一番弱りやすい夏、
どうすごしたらいいのか?をお話しさせていただきました。

「冬病夏治(とうびょうかじ)」という言葉がございます。
冬の病気は夏治すということですが、
寒くなる時期に多くなる喘息はもちろん。
春の病気である花粉症も、発作期の春よりも、発作が出ていない夏こそが、体質改善のチャンとなります。
そんなお話もさせていただきました。

ご参加くださった方、どうぞ、無理のないところから、やってみてくださいね。

IMG_6231.jpg

次回は、
7月30日(日)
わかりやすい東洋医学講演会・秋
となります。
湿気に弱いのは脾臓ですが、
秋の乾燥に弱いのは肺となります。

8月7日の立秋を過ぎたら、暦の上では秋となります。
少し早いですが、
秋の養生と、風邪の予防&対策をお話いたします。

i be主催の講演会は、実はこれで最終回となります。
しばらく、海老名での単発の講演会はないかな~と思いますので、

中医学&薬膳に興味がある方、
秋に、止まらない咳、気管支炎、肌のトラブル、鼻炎などに悩まされる方、
風邪の時に、できるだけお薬を使いたくない方、
ぜひ、この機会にお越しくださいませ。

お申込み&お問い合わせは
ibe事務局まで、お気軽にどうぞ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: