FC2ブログ

令和の226事件 その②・昼食の時間の見直し

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

【4月開講☆おうち食医養成講座ベーシックコースのご案内】
第1回目は各クラスともスタートいたしましたが、
2回目からでも十分についていけると思います。
気になる方は、おうち食医事務局までお気軽にお問い合わせください。
o.syokui@gmail.com

4月から、1ヶ月に一度、一年をかけて(12回)、中医学&薬膳を学んでみませんか?
今回の開講は、
①通学クラス(12名定員 残席5名満席となりました。ありがとうございます。
②オンラインクラス(8名定員 残席4名

通学クラスは、満席となりました。
オンラインクラスは、まだお席がございますので、
気になる方は、この機会にぜひどうぞ~

詳細はこちらから

〈講演会のお知らせ〉
中医学、はじめの一歩にはこちらがおすすめです!
季節の養生をわかりやすい言葉でお伝えしております。
~中医学未病予防セミナー~ 今日からできる生活養生夏編
日時:5月12日(日) 10:00~12:00
会場:ユニコムプラザさがみはら(小田急線相模大野駅から徒歩5分くらい)
※会場にお越しいただけない方は、ZOOMを使ったオンラインでもご受講できます。

詳細はこちらから
お申込み&お問い合わせは、
中医養生事務局まで
youjyou2018@gmail.com
IMG_9385.jpg


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

さて、先日、令和の226事件として、一日の食事の割合を記事にしましたが、(こちら

昼食時は、
1日の中で一番太陽が出ているとき。
つまりは一番「陽」が多い時間帯です。
なので、その時間は、
胃腸の働きも一番活発になる時間帯なのです。

胃腸がしっかり働いてくれないと、
食べたものが、ちゃんと体が吸収できずに、体に余分な「湿」になってしまう。
せっかく栄養バランスを考えて作ったお料理も、
薬膳料理でさえも、
胃腸がしっかり働いてくれないと、
体にとってはただの余分な「湿」となってしまう。

だから、胃腸が一番活発な、昼食は、1日の中で一番しっかり食べるのが理想的です。
1日の食事量の半分を食べるなら、断然!昼食!!
栄養バランスよく食べれば、食べただけ、ちゃんと吸収できますからね。
なので、できるだけ、
パスタ!
うどん!
ラーメン!
みたいに単品ではなく、
ご飯と、汁物、お肉やお魚、野菜もバランスよく・・・なんて定食みたいなのがおすすめです。

どうでしょうか、みなさん。
理想的な昼食を食べてますか?

昼食の時間がしっかりとれない人や、
昼食を食べると眠くなっちゃうから、わざと少なめにしている人、
多いんじゃないでしょうか?

昼食の時間をとれずに、食べながら仕事をしている娘に話を聞くと、
みんな食べなかったり(え?)、
仕事の手を休めずに食べているから、
そんな中で、ゆっくり食べるのは気が引ける・・・と。

まぁ、そうでしょうね(笑)

でもね、体だけでなく、思考も、食べ物が作っている。
それは、「湿」じゃなく、「栄養」が作っている。
それなのに、昼食をないがしろにして、
体に悪いだけじゃなく、
考えはまとまる?
いいアイディアは浮かぶ?
それを実行に移せる気力はある?

・・・って、娘のインターン先だけではなく(笑)
昼食をないがしろにするすべての人に言いたい!!!

でね、
昼食をたくさん食べると眠くなるから控えめに・・・の人は、
もしかしたら、睡眠が足りていないのかも・・・
これは、また次の記事にします(ほんとか? 笑)

そして、昼食をちゃんとバランスよく食べたら、
1日の中で半分くらいの量を食べる気持ちで食べたら、
夜はあまりお腹がすかなくなるから、
夕食は軽く済ませることができる。

時代も令和に変わったことだし、
昼食時間の見直し、してみませんか?

食事の割合の他に、どんなことを見直したらいいの?
・・・を知りたい方は、
5月12日(日)の未病予防セミナー・今日からできる生活養生夏編へ
ぜひともお越しくださいね。

お申込み&お問い合わせは
中医養生事務局まで
youjyou2018@gmail.com

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ







スポンサーサイト



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: