FC2ブログ

気象病?天気痛?・・・だから??

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

〈未病予防セミナー・今日からできる生活養生秋編〉
日時:2019年8月3日(土) 10~12時

場所:ユニコムプラザ さがみはら セミナールーム2 
(小田急線相模大野駅 徒歩3分)
相模原市南区相模大野3丁目3番2号 
bono相模大野サウスモール3階

講師:萌木のり子(国際中医師)

料金:(当日受付)
    一般 2500円 
    大学生以下 1000円

   (事前予約)
    一般 2000円
    大学生以下 1000円
    一般ペア割(大人2名様同時お申込み)3500円
    オンライン参加(1名) 2000円

詳細はこちらのページからどうぞ
IMG_9799.jpg


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

先日、わが子たちが
「なんかさ、世間では気象病ってのがあるらしいよ?」

「バカだよね~、天気のせいにしてさ(笑)それ湿だから!!早く寝ればいいのに・・・」

あぁ、わが子たち最高だ!!!(笑)

ちなみに、気象病って何?って方に、
気象病は、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々である。心臓発作や脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。(ウィキペディアより)

これ、私の講座やセミナーを1度でも受けたことがある人はご存知と思う、
「湿」が原因だ。

もちろん、この梅雨で外からの湿気が多いのはもっともだし、
そのせいで体調を崩しているのもわかる。
天気の良い日には別に何ともないんだから、気象のせいにしたいのもわかる。

でもね、だったら、みんな体調を崩すはずじゃない?
なんで、崩す人と、崩さない人がいるのか?
それは、自分の体の中に、「湿」が溜まっている人ほど、この梅雨時の湿気の影響を受けやすくなる。

つまりは、自分のせい!!

他人のせいや、ましてや天気のせいにしてたら、
自分の非には気づきにくい。
そうすると、改善もできない。
来年もまた、気象病だ。

すでに気象病になっている人、体質だとあきらめてませんか?
諦めたらそこで、試合は終了です(←試合? 笑)

それね、今のあなたの睡眠時間や食事の時間や割合、お風呂の時間と
全然関係ないことと思ってませんか?
あなたの、体はあなたの生活からできてます。
だから、体に起こることは、生活の中に原因があるんです。

それを体質だからとあきらめてしまったら、改善の機会がなくなってしまう。
つまりは来年もまた、いや梅雨が明けても、秋の台風が近づくたびに気象病だ。

あなたの生活からできた病気は、生活を変えないと治らない。
薬は一時しのぎです。

・・・詳しくは、8月の未病予防セミナーでお話しますが、
そのころには梅雨は終わってるし、今!聞きたい!!
・・・って方のために、
なんと2年前に、天気痛ってことで、私が記事を書いてました。

面白いね~それも同じ時期(笑)
ってことは、世間では、2年前も今も同じことで悩まされている人が多いってことだ。
リブログの仕方がわからないから、
貼り付けておきます。(すごい!私がんばったよ~⑥まで書いてる 笑)
よかったらご覧ください。
天気痛①
天気痛②
天気痛③
天気痛④
天気痛⑤
天気痛⑥

気象病、天気痛・・・・だったら何?
治さなければ、病名なんて知ったって意味がない(笑)
ぜひ、改善されて、みなさまのパフォーマンスが100%発揮されますよう。
世の中が機嫌のいい人であふれますように。

あぁ、2年前の私は優しかったなぁ~・・・(心の声 笑)

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ








スポンサーサイト



朝のフライトと、夜のフライト

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

〈未病予防セミナー・今日からできる生活養生秋編〉
日時:2019年8月3日(土) 10~12時

場所:ユニコムプラザ さがみはら セミナールーム2 
(小田急線相模大野駅 徒歩3分)
相模原市南区相模大野3丁目3番2号 
bono相模大野サウスモール3階

講師:萌木のり子(国際中医師)

料金:(当日受付)
    一般 2500円 
    大学生以下 1000円

   (事前予約)
    一般 2000円
    大学生以下 1000円
    一般ペア割(大人2名様同時お申込み)3500円
    オンライン参加(1名) 2000円

詳細はこちらのページからどうぞ
IMG_9799.jpg


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

全国的に梅雨ですが、
先週、私が出張で行っていた鹿児島もすごいことになっていたようです。
災害に遭われた方には、こころからお見舞い申し上げるとともに、
ご無事を祈っております。

私が滞在中も警戒レベル3とか、4とかなってまして、
あちこと土砂崩れなどあったようですが、
私は、おかげさまで何ともなく、帰ってくることができました。

鹿児島は、今回のような雨だけでなく
台風の影響や火山もあるところですから、
その土地の神様に、無事を祈り、感謝していたお陰かもしれません。

さて、飛行機ネタで、1つ。

どうも、出張で夜のフライトだと、
帰宅後、体は疲れているはずなのに、なかなか寝られない。

それを私の師匠に話したら、
「飛行機は短時間で空(陽)に連れていかれるから、
なかなか下がらずに寝られなくなるんだよ」と。

特に、私のように、自分の体に、
血や水の陰が足りない人は、特に陽に引っ張られて、気が下がらなくなる。

心当たりのある人は、
可能なら夜のフライトは避けた方がいい。

逆に、可能なら、その日の夜に帰らず、
翌日の朝のフライトで帰ってきて、その足で仕事に行けば、
気持ちは上がったまま、アゲアゲで仕事ができるそう。
陽の時間に、ぐっと陽に引っ張られるから、
「よっしゃー!今日もがんばるぞ!」ってなことでね。

んーーー体験したい!!!

でも、出張先が鹿児島の場合は、今回のようなことがあると心配だから、
飛べるときに帰った方がいい。

翌日は、キャンセル可能な仕事の時か、
出張先が別の場所の時にしよう!

こんな風に、陰と陽と考えていくと楽しいですよね。

まだまだ深い中医学の世界、
8月のセミナーでは、専門用語を使わずにお話いたします。
よかったら、ぜひお越しくださいね。
未病予防セミナー・今日からできる生活養生秋編のお申込み&お問い合わせは、
youjyou2018@gmail.com
中医養生事務局まで

また、私の師匠、于先生の中医養生塾は、
7月13日(土)から新クラスが開講いたします。
詳細は、こちらから
中医学の真髄を教えてくださります。
お申込&お問合せは
于先生の中医養生事務局まで u.youjj@gmail.com

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: