冬の邪気とごはん

いよいよ12月になりました。


町はクリスマスムード一色で、一般のご家庭でもきらびやかにライトアップしてるし

子ども達も「クリスマスにサンタさんから何をもらおう」(←可愛いでしょ?)なんて、ウキウキ


そうそう。これから、クリスマス&お正月にむけて、イベント満載の楽しげなシーズン
・・・のはずだった・・・遠い昔は・・・


しか~し、アラフォーのりたまは、
「あらら・・・もう12月になっちゃった!  まだ、大掃除も手付かずだし、年賀状も買いに行ってないし、それどころか、今年やり残したこともたくさんあるのに~きゃーどうしよう!!」と焦るばかり


・・・と焦ってばかりもいられないので、1つずつ、地道にかたづけていかなくては!


ということで、今年まだ紹介していない、冬の邪気についてお話します。



春の邪気は「風邪」   そうそう、風が強いしね。
梅雨の邪気は「湿邪」  うん、ジメジメだもの。
夏の邪気は「暑邪」   今年も猛暑だったし。
秋の邪気は「燥邪」    今も引き続き、悩まされてるカサカサ。
・・・では、冬の邪気は何だと思いますか?


そのとおり!冬の邪気は寒邪」(かんじゃ)です。


寒邪」は、悪寒・腹痛・胃痛・下痢・冷えなどを引き起こす原因になります。

また、「気」や「血」がスムーズに動かなくなるため、痛みが出たり、高血圧や心脳血管疾患などを引き起こします。

もちろん、「気」や「血」の流れが悪くなれば、肩こりや頭痛、生理痛、しみ・くすみの原因になります。



熊やリスは、秋のうちに食べ物をたくさんとり、寒い冬は、こもってボチボチ過ごします
人間も、自然に新陳代謝を下げて、栄養分を体内に蓄えるようになってます。


中国では、冬は体を養う、最高の季節とされてるそうです。


だったら、上手に補って、補うばかりじゃパンパンになるから、上手に流してあげましょう
そして、上手に養ってあげましょう!



・・・ということで、冬の食材のポイントの1つ目は

1.体を温め、新陳代謝をよくするものをとる


そして、冬は、「」臓補ってあげる季節です。

なぜ、「」臓??(「腎」の働きを詳しく知りたい方はコチラ・・・


・・・というのは、「」は生命力の源で、元気の素を蓄えておくところ。
生命力の源だから、アンチエイジングにもいい。
アンチエイジングに関係の無い年齢層の方も、元気になれる。


寒さにも弱いこの臓器、しっかり補って、体を養いましょ!
冬の食材のポイント2つ目

2.「」を補う食材をとる




薬膳は、薬じゃないから、食べたらすぐに効果があるわけじゃない。
だけど、続ければ、次の季節も元気にすごせるようになる。


秋の「燥」邪の対策にとっていた潤い食材は、そのまま冬の風邪の予防に役立つ
特に、日本の冬は、乾燥がすごいから、ひきつづき潤い食材をとってくださいね。



そして、春にきれいな花をさかせるために、
冬にいい芽がでる元気な土づくりと、芽をだせるパワーを養ってあげましょう!


具体的な食材は次回・・・ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「自然に新陳代謝を下げて、栄養分を体内に蓄える」から
冬って太りやすいのかな。
私の場合は年末年始の蛮行が
体重に現れるって気もしますが……。
次回の記事、見逃せませんね~!

のりたまちゃん、こんばんは☆

身体を温めるくるみ、エビ、ニラ、これで炒め物でも作るといいね。

のりたまちゃん、だからね、バナナダイエットって、温かな地方の食べ物だから、身体を冷やすんじゃないかとそんな声もあるらしいですよ。

身体にとって大切な臓器なんだね。

前回もそうでしたが、毎回勉強になる記事ばかりで感心します・・・(*ノωノ)

便利な世の中になった一方、不便な事もたくさん増えましたね。
薬膳も古きよき時代には自然だったもの・・・。
添加物や加工食品にもっと敏感にならなきゃいけませんねm(_ _)m

ところで・・・
過去記事で薬師さまのお話が出ていましたね~e-267
賞を取られて素晴らしいです!
実は私、薬師さまフェチなのです(笑
お大師さまフェチでも、寺社フェチでもあります(笑
(フェチとは失礼な言い方ですがe-263

最近少々太ってきたような・・・
寒くて栄養を蓄えているのかな?
単なる食べすぎ?

冬は潤いの食材を心がけて摂取したいです~
次回の記事を楽しみにしてます^^

v-36 コメント、ありがとうございます!
今日は、冬らしい寒い1日でしたねv-290
そんな時こそ、「寒邪」にいい食材ですが、まだ記事にできなくてごめんなさいv-436


comichiko さん
多分、人間の体って、昔から、寒くなると自然と新陳代謝を下げて、保温できるようになってるんでしょうね。気も血も食べ過ぎた時の食べ物も、滞ったところには熱がたまるようになってるんです。
でも、v-154な状態、体には絶対よくないじゃないですか?
そんなときこそ、あったか「くすいむんごはん」です。
あったかくなれば、無理に滞ることも無く、代謝もあがるし体にはいいですよねv-218

年末年始、太りますよね~。年末年始は、食べ過ぎ・飲みすぎ・太りすぎ?の薬膳にしようかな~?



fuwari funwari さん
そのとおり!さすがに初期から見ていてくれる方は、よくご存知でv-353
「バナナダイエット」も冷え性の方や、寒い時にすると、脾臓や胃が弱り、かえって「湿」とかの余分なものがたまりって、太っちゃうかも!?
体質に応じてのダイエット、大切ですよね~v-290

冬場に、バナナとかを食べる時は、生姜紅茶やシナモンティーなどと一緒に!v-392



英華さん
ははは・・・賞は、ご住職に言われたことをそのまま書いただけですv-411
ワタシも、お薬師フェチですよ~(笑)
本堂にあげてもらえたのをいいことに、2人だけの世界で、語り合ってきちゃいましたv-411


それと、塩も水晶も大好き!あの、ヒマラヤ水晶のクラスター、ステキでしたねv-290
家もすごく似た形のクラスターがあります。(ブラジル産ですが・・・)



rantantaさん
いえいえ、それは、自然の摂理なのでしかたないですv-290
でも、冬場のダイエットも考えていきたいです。(自分のためにも 笑)

また、冬の食材も記事にしますので、ぜひ何か作ってみてくださいねv-392
また、まねっこさせてもらいま~す!

のりたまちゃん、こんにちは。
わぁ、英華ちゃんが来てくれたんだ。
嬉しいな☆
のりたまちゃん、英華ちゃんはのりたまちゃんと同じわたしの大切なお友達。
これからもわたし達にいい事を色々教えてね。
でも英華ちゃんが薬師さまフェチだとはビックリ(笑)
お二人とも神秘的ね。
益々お二人のファンになっちゃうな♪

masaさん
ははは・・・また同時でしたかぁv-411
はやり、薬膳の教科書が中国語で、日本人に身近な表現になっていないのでは?と思っているのですが・・・。

今回は、「補陽」ことを書きたかったのですが・・・う~もう一度書き直したい!(笑)
わかりやすく書くためには、もっともっと勉強が必要ですねv-411v-356

来年の冬には、がんばるぞ~v-220



fuwari funwari さん
以前、1度、英華さんが遊びに来てくれたときに、fuwari funwari さんがリンクしてあるのを見て、「素敵な偶然!」と驚いてましたよv-290
いろんなところでつながって、ブログってステキですねv-392

英華さんのブログに遊びに行ってみたら、ワタシの興味深い話が多くてびっくりしましたv-411
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: