「気」のはなし

今まで、何度かでてきたの話をしたいと思います。


人の体をつくる大切なものに・血・水があります。


血・水は、読んで字のごとくですが、「」は、目に見えません。


簡単にいうと、「元の素」ですが、
具体的には、「」は次のようなシゴトをします。

・ 血、水、老廃物を動かす。
・ 内臓の機能を促す。
・ 体を温める。
・ 体内に病が入るのを防ぐ。
・ 必要以上の排泄(汗かき・鼻水たれ・頻尿・尿もれ・下痢など)、出血をふせぐ
・ 内臓を正常な位置に保つ。
・ たべものの栄養を血や水にかえ、不必要なものは汗、尿に変える。

などです。


「気」は、生まれながらに親の「」の気から受け継いだものと(先天の気)、生まれた後で、食べ物や大気から得るもの(後天の気)があります。


「気」は、やっかいなことに、少なくなったり(中医学では気虚という)、流れが悪くなったりします。(気滞という)


気虚」や「気滞」になると、上の「気のシゴト」が正常でなくなるので、

・ 病気になりやすい
・ ドロドロ血になりやすい → 肩こり・頭痛の素に
・ 冷え症になる
・ 疲れやすい
・ むくみやすい

などの症状をひきおこすことになります。



このように、「気」は、目に見えなくても、
生きていくためには、なくてはならないものなんですねぇ



実は、ワタシは気になることがありました・・・


妊婦の時につわりがひどくかったワタシは、何も食べられませんでした。
娘の時は、8㎏。 息子の時は、5kg、体重が減りました。
息子の時は、最後までリンゴしか食べられず、したくもないのに、強制リンゴダイエット

当然のことながら、「の気」はおろか、五臓六腑すべてに「気」がたりず、
お腹の子どもに「気」を分けてやることができず、
そのため、子ども2人とも体が弱いのか?・・・と。


薬膳の先生に聞いたところ、
『それだけが原因じゃないかもしれないけど、なきにしもあらず』と


現在、妊婦でつわり中の方、もしくは、過去の妊婦時代につわりがひどかった方、
ドキッとしました???


大丈夫


これからのごはんで、いっぱい「気」をとればいいのです


例えば、こんな食材・・・

小麦・大麦・もち米・とうもろこし・豆類・ねぎにらにんにく生姜かぼちゃ・山芋
かぶ・椎茸・サツマイモ・じゃがいも・サクランボ・ぶどう・牛肉・豚肉・鶏肉・イワシ

などです。

赤字は、体を温めるものなので、熱タイプは、食べ過ぎに注意!



まだまだありますが、比較的とりやすいものばかりでしょう?

疲れている時、病気の後で体力が落ちている時なんかも、オススメです。


これからも、「気」を補う食材や、それをつかったメニューをアップするので、
チェックしてみてね





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うむぅぅぅ・・・・。

こんばんわ(*´∇`*)
早速お邪魔させていただきます。

とーってもお勉強になりましたv-352
うーん。
私は気が足りなかったのかぁ・・・。
納得しちゃいました。

これからもお勉強に来ますので、今後とも宜しくお願い致します。(お互いの生存確認の意味もこめて・爆)

そして、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか? 良いお返事をお待ちしております。
ではでは、失礼いたします<(_ _)>

syu♪さん、早速きてくれたんだぁ。
ありがとうございます。

そうそう、体調を崩したあとは、しっかり「気」を補ってあげてねv-290


栄養士の腕がなるでしょ?v-391

リンク、ぜひよろしくお願いいたしまする。


「気」があいますねぇ、masaさんv-411

来る、春の前に、「気」の話をせねば・・・と。


理気ですか~。とりやすいのは、ピーマン(子どもが食べない)やらっきょう(もっと子どもが食べない 笑)ですかねぇ

我が家も玉ネギの出番が多いですv-356

なるほど、なるほど、とうなづきながら読んでいます!!
冷え性克服作戦では、ご紹介されている食材、冷蔵庫に張り出し、食事改善しました。思い出されます。

minさん、活用していただき、嬉しいですv-290


お医者さんの薬のように、即効性はないですが、続ければ、必ず効果がありますもんね。

家の病弱な息子も、以前は熱を出すと、1週間は当たり前だったのですが、
薬膳を始めてから、2,3日で回復するようにv-405


今年も多額の医療費控除を申告しましたが、千里の道も一歩から・・・ですね。

すごいなー!
こんな勉強もしていたのですね~
尊敬!

ちょいちょいお邪魔させてもらいますね★

cleoさん、遊びにきていただき、うれしいですv-290

いえいえ、尊敬なんて、しないでください。

まだまだま~だ、勉強の途中です。
なにせ、四千年の歴史!!ですから


気になる症状などありましたら、お気軽に質問してくだいね。

一緒に考えていけたらと思います。

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: