春から、女子大生

これまた、遅ればせながらの報告で恐縮ですが・・・


ワタシ、このたび女子大生になりました


昨年の秋、国際薬膳師の資格をとり、薬膳の勉強としては、
これであ~がり なんですが・・・


さすが中国四千年もの歴史をもつ、中医学の世界は、奥が深く、
まだまだ知りたいことがたっくさん!

薬膳師では、内科までの勉強しかしないのですが、
中医学が得意分野とする婦人科や、皮膚科などの勉強もしたい
・・・と欲が出てしまいました


それに、ブログや薬膳教室?など、一般の方々へのお話は、
なるべく中医学の専門用語をつかわず・・・を心がけているワタシにとって、
難しい中国語の専門用語やニュアンスを、簡単な日本語に変換するためには、
まず、ワタシがその言葉を理解しつくしていないと・・・という思いもあります。



そこで、中医師を目指して、3年間勉強することにしました。


学校はどうしようか・・・と検討したところ、
薬膳の勉強をしていた、国立北京中医薬大には、編入できるのですが、
なにせ、中国人による中国語の教科書を使った、中国語での授業
もちろん、通訳の方はいますが、質問などどうしたらよいものか、質問魔もワタシは不安アルヨ
だって、アラフォーだしぃ・・・無謀かどうかの分別はつくしぃ・・・


もちろん、日本語で、日本語の教科書で授業をしてくれる学校もあり、
ものすごく迷ったのですが、
医師や薬剤師、栄養士や調理師などの資格を持たないワタシにとって、
「中医学を勉強するなら、まず間違いなし!」といわれる、北京中医薬大を卒業しておきたかったのです。


中医学は歴史のある、きちんとした学問なのに、
日本ではまだまだ、「おばあちゃんの知恵」的な(←実際そういうこともたくさんありますが 笑)、
占いやおまじない、迷信的な印象が強く、(陰陽とか、五行とかあるから無理ないけど・・・)
そこで、日本でのなんの国家資格をもたないアラフォーおばちゃんが、
「どーのこーの」言ったって、怪しい以外のなにものでもないかな・・・と


それに、この先も薬膳や中医学の勉強をすすめていくなら、
中国の原書も避けてはとおれないかなぁ・・・と。


そんなこんなで、大学への編入を決めたワタシ。
これで、4月から、隔週の土日で大学へ通う、女子大生になりました。




さて、蓋をあけて授業に出てみると、
どんな老師が出てくるのか・・・と思いきや、中医薬の先生は、お若い
でも、中医学の先生は、背筋もしゃんと、声もはりがあり、お肌もツルツル・・・と
実際よりも、ものすごく若く見える人が多いから、ほんとはいくつか謎だけど


最初の週は、中国語の授業についていくのがやっと
目も頭もチカチカ・・・
でも、1か月終わってみると、なんとな~く慣れたかなぁ?


先生のお話だと、
「3年生になれば、ほとんどの人が原書を読めるようになる」
・・・とのこと

はてさて、アラフォー女子大生の無謀な挑戦はどうなるか・・・
勉強したことが、このブログにも反映できたらいいなぁ・・・と思ってます。
ちょこちょこ経過はのせていきますので、これからもよろしくお願いします




リンクさせていただいている、「虹いろ・・MY WAY」のゆぷさんが、
いちごのヨーグルトムース」を作ってくれました
息子さんも気に入ってくれたとのこと。 とっても嬉しいです!
ゆぷさん、ありがとうございます




ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

ブログを読んで
中医学って言葉をはじめてしりました。
さすが4千年の歴史。奥が深いですね!

のりたまさんの幾つになっても自分の目標を追求する姿勢って、同じ女として憧れます。
お勉強頑張ってください。
もちろん女子大生もエンジョイしてくださいね。
くれぐれもお体に無理の無いように☆

No title

すっげー、いや、つい本性が・・・すごいですねぇ! 
中国で勉強って・・・下手に中国語を習うより、上達しますね、きっと。
あ、それが狙いじゃないんでしたね、失礼しました(笑)

隔週とはいえ、大学に通うなんて本当に凄い!
頑張ってくださいね! 

のりたまさんから知識を分けてもらっている身として、とても楽しみ&応援しています。

No title

のりたまさん、こんばんは~☆
女子大生、おめでとうございます!

目標に向かってチャレンジする姿、とっても素敵です!!
すごい!

&大学生活などのブログも、楽しみにしています☆

それにしても、うーんやっぱり、すごい!!

No title

おおお、女子大生!
それはまたラブリーな響き(笑)
でも、気持ちわかるな~。
いろんな事を知れば知るほど
もっと深く知りたくなってくるのって。
のりたまさん、応援してます!!!

No title

 「人間 死ぬまで勉強・・・。」と言いますが、それを実践される「のりたま」さんは凄い。(^_^)/
 安きに流れてしまっている自分がとても恥ずかしいです。(-_-;)

 「女子大生」頑張れ~・・・!

一期一会

女子大生!!なつかしい響き(笑)
がんばってね。
勉強もすばらしいけど、きっと素敵な出会いが待ってるはず。
たくさん吸収して、これからもイロイロと教えてください。

そういえば、私の父も67歳にして大学生です。
放送大学ですが・・・。

学ぶのって楽しいんだよなーと思い出しました。

No title

女子大生おめでとうございますv-308v-314

のりたまさんなら大丈夫ですよv-392

やはり勉強って大事ですね(^^)b

ワタシも思い切って勉強したいなあ・・・

とかいいつつ、まひごんが学校行くようになったら

一緒にそろばんを習おうか考えてますv-410

No title

v-462 たくさんのコメント、ありがとうございました。
みなさんに、たくさんほめていただいたのですが、まだ編入したばかりで、この先どうなることやら・・・というところなので、恐縮ですぅv-402

でも、初めて学費を自分で出すので、(昔、学生だったころは親任せv-356)元をとれるように、しっかり勉強してきたいと思ってます。(←金かよっ!v-411v-356

ちなみに北京中医薬大は、中国の国立大学ですが、日本校が水道橋にあります。
駅前のコンビニは、土曜の学校は、ナイターのお客さんに買い占められ、日曜の朝は、遊園地に行く家族連れ多しで、息子が小さかった時、「ヒーローショー」を朝一で見に行ったことを思い出しますv-392




kayoさん
中医学は、別名「東洋医学」です。 そっちの方が馴染みがありますでしょうか?
日本では、江戸時代に蘭学(あの杉田玄白の「解体新書」とか・・・)が入るまでは、中医学がメインの医療でした。
が、明治政府に禁止されてしまったのです。
「陰陽」とか、占いっぽいし、たぶん、おばあちゃんの知恵的なことも、この時代の中医学が根付いてのこととは思いますが、おまじないっぽいですもんねv-393

でも、中国では、医大で勉強するちゃんとした学問なんですよ~。

いえいえ、憧れるだなんて・・・そんな・・・お恥ずかしいv-402
でも、恥ずかしくないように、勉強をしていきたいですv-392




ピントさん
すっげーだなんて・・・全然すげくないですv-356
2年半後に、医学書を原書でスラスラ・・・中医師の試験に受かった時に、ぜひ、言ってくださ~いv-411

ピントさんの赤ちゃんのことも、迷っていたワタシの背中を押すきっかけの1つとなりました。
小児科も勉強するんですよ~。
ちょうど、進路を悩んでいた時に、小児科や婦人科、皮膚科などの質問が多く、やはり勉強は必要かな・・・と。
うまく、還元できるように、がんばってきますねv-91

そうそう、大学は日本校なので、残念ながら中国にはいきませんv-392



Jasmine さん
全然すごくないですv-356
昨年受けた、中国の国家資格である国際薬膳師の試験勉強のときに、あまりの自分の記憶力の衰えに、「なんてワタシはばかなんだ・・・子どもに何度いったらわかるの?・・・ってワタシだよ・・・」と頭をかかえたはずなのに、またまた無謀な挑戦ですv-411v-356

が、衰える頭にムチ打って、がんばってきますv-91



comichiko さん
そうそう、ラブリーでしょ? せめて、響きくらいわぁ~v-411v-356

タイトルに惹かれて、いたずらコメントをしたやつ、ざまーみろです(爆)


でも、実際は、衰える頭にまたまたムチ打ってなんですが・・・
昨年の試験の経験を学習せずに、また無謀な挑戦をするワタシ・・・その心意気が若々しい?v-411v-356



masaさん
いやいや・・腎虚なので、頭の衰えが・・・(笑)
でも、今やらないと、ますます腎虚がすすむので・・・v-411v-356

困った時は、頼りにしてますぅv-415




びんさん
いえいえ、男の人は、家族のために頑張っているんですもん。
安きに・・・なんてとんでもないです!

ワタシも旦那には感謝してます。
せめて、健康な食事で還元しないとねv-391


衰える頭に無理やりムチ打ってですが、「ぴちぴち(←死語?)の女子大生」がんばってきます!



nobuさん
nobuさんも、春から新しい環境だよねv-392
ワタシのスイートハニーが成長し、ワタシから離れていってしまい、勉強でもしてなきゃやってられません(爆)
きっと、nobuさんもそのうちわかるはず(かわいい息子くんが大きくなるとねv-391

お父様、すごいです~v-353
さすが、nobuさんのお父様だね!
お父さまを見習って、いつまでも、挑戦する気持ちを持ち続けたいですv-392




れこっぺ さん
ははは・・・そろばんですかぁ・・・
れこっぺさんらしく、「昭和チック」v-411
でも、暗算とか速くてかっこいいんだよね~v-353

いい情報を還元できるように、しっかり勉強してきますねv-392


初めまして

私も、北京中医薬大学に入学しようか悩んでいる者です。
今は薬剤師として働いているのですが、仕事の幅を広げたいと思いました。
のりたまさん、大学はどうですか?
ホームページを見ても、どうやって入学すればいいのかわからず、
探していたらここへやってきました。
10月入学はまだ間に合うのかな・・・。
あたしも頑張ろうって改めて思いました!!

No title

めぐみさん
初めまして。コメントいただき嬉しいですv-291

めぐみさんは薬剤師さんなんですよね?
すでに、いち主婦のワタシより立派な資格もお仕事もお持ちの方で、そんな方に意見をいうのも恐縮ですが・・・。

もし、興味があるのでしたら、ぜひ、中医学を勉強していただきたいと思います。

町の薬局に(パンダの置物のあるところでも)、漢方薬を買いに出かけると、ときどき「はぁ??v-394」というような処方をされることがあります。
たまたま中医学を勉強していたため、ワタシは購入しない選択ができますが、一般の方は薬剤師さんが処方してくれたものとして、それを頼りに高額のお金を支払って買っても、「なかなか効かなかった。やっぱり漢方なんて駄目じゃないか・・・」と思われる方も少なくないと思います。

めぐみさんのような方が、中医学を勉強して、西洋も東洋もどちらの薬も知った上で処方してくれたら、ものすごく嬉しいと思いますv-290

大学には、薬剤師さんはもちろん、鍼灸師さん、お医者さん、栄養士さん、一般のOLさんもたくさん通ってます。
みなさん意識が高くていろいろと勉強なります。

中医学を学べるところはたくさんありますが、教授も東洋も西洋の医学もわかる方なので、どちらの医学に偏見もなく、それぞれのいいところ、悪いところも良く分かり、とても尊敬できる方です。

10月生、まだ大丈夫と思いますので、ぜひ大学に連絡をとってみてください。03-3818-8531です。
たぶん体験入学の案内などもいただけると思うので、ぜひぜひ参加してみてくださいねv-392


よかったら、感想をきかせてください~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

v-83コメさま
実は、以前から、メールフォームを通じて、大学の授業や学費の質問もあり、中医学や薬膳に興味を持っている方がたくさんいるのだな~と、とても嬉しい気持ちになります。

ワタシが現在、所属しているのは、国際中医師を目指す中医中薬専攻科なのですが、こちらは食べ物というよりも、医学の方を勉強する学科で、3年コースです。(私は、薬膳から編入なので、2年半ですが・・・)

食品を使って、薬膳を勉強したいということでしたら、1年コースの薬膳科をオススメします。
もっと、医学の方を勉強したいと思ったら、編入もできますしね。


そして、気になる学費ですが、気功科などは改定になったとの話を聞くので、この週末大学へ行くので見てきますね。
しばし、お待ちください。

No title

v-83コメさま
メールアドレスの方へ、メールしました。
もし、届いていないようなら、メールフォームを通じて、ご連絡ください。

薬膳

始めまして、薬膳や中医学に興味を持っています。
北京中医薬大は中国語で講義と聞いて、どんな授業なのか、興味を持ちました。
誰にでも、ついていけるものなのでしょうか。
もちろん、やる気と努力によるとは思いますが。
私も、どこがいいのか考えている所です。
ブログ、楽しく拝見させていただきます。

No title

あんぱん さん
初めまして!コメント、ありがとうございます。v-291
薬膳や、中医学に興味を持っていられるようで、とても嬉しいです。

大学の授業ですが、ワタシの通う中医中薬専攻科は、北京中医薬大の本校の中国人の教授の授業なので、中国語です。(通訳がつきます)
テキストも中国語です。そして、3年制です。
こちらは、医学専門です。例えば、「この食材はこういう力があり、ここにいいですよ~」という授業はありません。
漢方薬や、医学的な知識や、診断方法が中心です。


薬膳科の方は、授業は日本語で、テキストも日本語です。
そして1年制です。
こちらは、医学的な知識にプラスして(薬膳でも薬の勉強はします。中医中薬専攻科にくらべると、量はありませんが・・・)、薬膳栄養学や実習などもあります。


どちらの先生も、知識は豊富で、尊敬できる方たちです。
そして、中医中薬専攻科の授業は、隔週の土曜日の夜と、日曜日の1日です。
薬膳科の授業は、隔週の土曜日の午後と、日曜日の1日です。


もし、 あんぱん さんが、医師や薬剤師、鍼灸師さんなどで、研修などで中医学のことを学んだことがある。
もしくは、なんらかの講座などで、中医学を学んだことがあるようでしたら、中医中薬専攻科の授業でも十分理解でき、ついていけると思います。

でも、全く初めて・・・・ということですと、いきなりの慣れない中国語や中医学独特のいいまわしに混乱するかもしれません。
もちろん、全く初めての方で頑張っている方もたくさんいます。
授業は隔週ですが、聴講生として、他の授業にもでることができ、毎週通うことで理解をふかめることや、半年後にはまた同じ授業に出ることもできますので、そういった形で理解を深めている方もいらっしゃいます。
何人かは、途中で休学なのかな?来なくなってしまう方もいます。


もし、全く初めてでしたら、薬膳科をおすすめします。
もっと、医学的なことを深めたい・・・と思ったら、中医中薬専攻科にも編入できますし、ここで、中医学の言い回しなどを覚えると、中国語の授業も、すんなりとはいりやすいかもしれません。


いろいろなところで、中医学や薬膳を勉強するところがありますし、日本では公な資格がないので、その資格もあいまいだったりします。
北京中医薬大で勉強すると、中国の国家資格である、国際中医師や国際中医薬膳師などの試験が受けられる資格がとれます。

なによりも、先生方は、中国の古代の医学書から、最近の医療傾向まで網羅されているので、そんな方たちから学べるのは、貴重な体験だと思っています。

地方から土日に飛行機で通われている方もたくさんいるので、そちらもとても励みになります。

長くなりましたが、またわからないことがあれば、お気軽に質問してくださいねv-392

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

v-83コメさま
コメントをありがとうございます。

まず、資格ですが、国際薬膳師は、中国の日本で言う厚労省のようなところが認定している中国の国家資格です。

それから国際中医師は、民間資格がはびこり、国際的な基準がないと・・・ということで、国際A級ライセンスです。

どちらも日本の国家資格ではないので、治療行為などはできませんが、特に中医師は、ワタシの卒業した北京中医薬大日本校などの専門の勉強する学校を3年くらいかけて卒業しないと受験資格が得られません。

ちなみに北京中医薬大は中国の国立大学です。
日本校を3年かけて卒業し、国際中医師になった人は、中国の本校へ編入することもでき、臨床などの経験を経ると、中国やアメリカ、オーストラリアなど認められた国では医師として働けます。

他の漢方アドバイザーなどの資格は民間資格です。

就職先ですが、やはり資格として持っていたいのは、最低でも、国家資格である国際薬膳師、やはり国際中医師の方は、学校に通っている年月も多い分、知識も豊富なような気がします。

民間資格は、その勉強した機関での講師や派遣講師などをの就職先があることもあるので、確認してみるといいかもしれません。

ワタシの周りの方は、医師・薬剤師・栄養士・鍼灸師などのもともとのキャリアがあり、更にキャリアアップで勉強されてる方が多かったです。

ワタシは、全くそういったそういった資格がありませんが、ありがたいことに、ご縁があって、お仕事をいただいています。

このような回答でよかったでしょうか?
もし、北京中医薬大のことで、ご質問などがありましたら、メールフォームなどからでも、お気軽にどうぞ。





プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: