咳止めごはん

今朝も、せっせとオレンジをしぼるのりたまです。
この、ジュース作り、「大根あめ」をこどもにだましだまし飲ませるためですが、
オレンジのいい香りに、ワタシの「」もながれて、朝からスッキリです


おとといの夕ごはんのことを書きます。
おとといは、熱タイプの娘も寒タイプの息子もタイプは違えど
2人して、ひどいをしてました。


こんなタイプの違う2人のために、ポイントは、5つ。

1. 体を冷やす過ぎず、温めすぎない
2. 体のバリアを強くするため「」を補う(
3. 食べ物のチカラを吸収しやすいように、「」を補う(
4. 体の余分な湿をだす(湿)
5. にいいものをとる(

で、こんなごはんを・・・
食べ物の性質を、体を温める温熱、冷やす寒涼、、どちらでもない平
食べ物のチカラを、上のポイントにあてはめて


白菜と玉ネギのスープ

白菜と玉ネギのスープ


 レシピ


<材料>
白菜 ・・・ 平  ・湿・
玉ネギ ・・・ 温熱  湿・
牛乳 ・・・ 平  
ハム ・・・ 平  
ウインナ、固形スープの素、塩

1.白菜、ウインナを食べやすく切る、玉ネギ、ハムを千切りにする
2.水と1を火にかけ、固形スープの素をいれ、野菜がとろとろになすまで煮る
3.2.牛乳をいれ、塩で味を調える


 
野菜やハムなどの量は適当でいいです。冷蔵庫のあまりで(笑)
家の子達は、白菜を食べないので、好きなスープにしました。




DSC01271.jpg

ツナサラダ

 レシピ 

<材料>
ツナ缶 ・・・ 温熱  体力増強
きゅうり ・・・ 寒涼  ・湿
コーン ・・・ 平  ・胃・湿
マヨネーズ 適宜


 
作り方を書くまでもないですが、ツナの温める性質ときゅうりの冷やす性質で、バランスをとる。




DSC01273.jpg

きんぴらごぼう


 レシピ  

<材料>
ごぼう ・・・ 寒涼  を補う
人参 ・・・ 寒涼  気・胃・湿
白ゴマ ・・・ 平  体を潤す




DSC01268.jpg

銀だらの味噌漬け焼き


 レシピ

<材料>
銀だら ・・・ 平  気・胃
漬け汁(味噌、みりん、酒適宜)


プラス
熱タイプの娘には、体を冷やし、余分な湿気をとるハトムギ茶を。
寒タイプの息子には、体を温めてくれる、ジャスミン茶を。


そして、「大根あめ」をお口にあ~ん!


するとその晩は、前の日の咳がうそのように、咳込まない

そして、うれしいおまけに、次の日は家族そろって、快便(笑)


次の日(昨日です)は、咳の数は減ったものの、ゼロではないので、
引き続き、「大根あめ」を朝・昼・晩と1日3回なめています。
日に日に、咳が減っていく様子を見て、
大根あめ」意外と、がんばってくれてるな~と感心してます。

喘息ぎみの方、熱タイプの方、オススメですよ
自分で、どっちのタイプか分からない方も、たかが大根とハチミツ。
どっちも毒も副作用もないので、お試しあれ!







ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

今日も昨日に引き続き、遊びにきてしまいました~。

そしたら、そしたら、またまた喘息持ちの私に為になるお話がた~くさん!
嬉しいです。

少し薬膳は興味あり、妊婦時代や、
喘息がひどいときなどネットで検索して調べたことがあったんですが、
簡単に書いてあるところが少なくて、
すぐには実践できなかったりで断念していたので、
かなり嬉しいです!

ただし、全然知識ないまま読んでるので、自分がどのタイプだとか、
言葉の意味があまりよくわかってないので、
時間ある際に過去エントリー遡ってお勉強させていただきたいと思っています。

でも『大根あめ』があなどれないのが、
こちらでも証明されつつあるので、
『パパくさい』といわれつつも頑張ってる私には嬉しいお話でした。

お子様もこのまま快復されるといいですね。

ここで質問です!
咳に『蓮根』がいいと聞くのですが
薬膳としては、どうなんでしょうか??
体を冷やすとかそういうのが絡んでくると意味ないのかな?とか
読んでいて、いろいろ思ってきてしまい、
のりたま先生にお聞きしたくなり質問させていただきました。

お時間ある際でかまわないので、
レクチャーしていただけたら嬉しいです
(過去エントリーされていたらごめんなさい。
そしたら自分で遡って読むのでOKです^^)

りんりん♪さん、コメントありがとうございます。

喘息、つらいですよねv-390
何度、娘と一緒に眠れない夜をすごしたことか・・・。

一時よりも、だいぶよくなったとはいえ、やはり、季節の変わり目や低気圧が近づいている時などは、要注意です。

体質のチェック、難しいですよね。よかったら、以前書いたものを参考にしてみてください。

娘は、熱タイプで、一番よかったのは、毎日「どくだみ茶」(体を冷やすもの)を飲んでいることです。
人によって体質は違うので、娘にいいものがりんりん♪さんにいいとは限りませんが、一般的に、喘息の人には、百合根・梨・びわ・落花生・杏仁・ぎんなんなどがいいといわれています。

あとは、低気圧が近づく時は、余分な湿気が体にたまらないように、出してあげることです。ハトムギ・豆類などが○

レンコンは咳の薬といわれてますが、生では体を冷やすもの。火をとおすと体を温めるものにかわります。
娘には、さっと茹でて甘酢づけが、寒タイプの息子にはレンコンチップスがいいかんじです。

生のレンコンをすりおろして梨のすりおろしたのと混ぜるなんて飲み物もありますが、ワタシ的にはあまり飲みたくない・・・v-393
おいしく続けることが、長続きの秘訣ですもんねv-290

ワタシは全然、先生じゃなく、的確な答えをできずにすみませんv-436
でも、身近なところに、いい実験材料(娘のことです 笑)があるので、いろいろ試して、ブログにしていこうと思いますv-391
もっともっと勉強するので、一緒に考えていかせてくだせいねv-290

のりたまさん、おはようございます♪
昨日オジャマしたのですが、
じっくり読み込まなくては
いけない内容深いものでしたので、
再度伺いました。
なるほど、薬膳は思いのほか奥が深いです。
日頃健康の為にと食べていたものが
実は自分には逆効果だったりするのですね。
少しづつ勉強したい内容です。
ぽちしてかえります。

Fuwari Funwariさん
ありたがいお言葉、恐縮ですぅv-436
ほんとに、薬膳って奥が深いですよねv-290
特別じゃない普段のごはんだけど、体調に合わせて食材を選ぶと、少~しづつ、丈夫な体になってきて、驚いてます。 さすが、4千年の歴史ですよね(笑)
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: