春の「邪気」、風邪のおはなし

桜が綺麗に咲いてますね~
それにしても今日は寒かったですね。
三寒四温とは、いかにも!と思ってしまいます。


自然界との結びつきが深い中医学では、
季節ごとに、特徴のある候と結びつけて考えています。

春はです。


その季節の特徴ある候が体の適応範囲を超えると、「邪」が現れ、
の素となるのです。


「風」+「邪」で「風邪」(中医学ではふうじゃと読みます)
よくいう「風邪」(かぜ)もこの一部になります。
風邪は、春に限らず、1年中ある病ですが、
今回は、この時期に流行る、かかりやすい風邪についてお話します。


大きく分けて、タイプは2つ
風熱(ふうねつ)型」と「風寒(ふうかん)型」です


それぞれの特徴は・・・

風熱型」の主な症状
 
・ 熱っぽく、寒は少ない
・ のどが赤くはれ、痛む
・ のどが乾き、水を飲みたがる
・ くしゃみ・黄色っぽい鼻水・鼻づまり
・ 黄色の痰がでる



風寒型」の主な症状

・ ゾクゾク寒気がする
・ 手足が冷える
・ 背筋が寒く、肩が凝る
・ 関節痛
・ サラサラ水のような鼻水
・ 水分はあまり欲しくない


風熱型」は晩春に、「風寒型」は早春にといわれてますが、
今週初めのように、半そでの人もいる温かい日や、今日の寒い日があると
いちがいにいえません。


実は、おとといの朝、ワタシはものすごーーくのどが痛かったのです
流行に敏感な(笑)ワタシは、どうやら「風熱型」の風邪にかかったようです。


おとといは、お世話になった先生の送別会があり、休むわけにいかない!


「どうしよう・・・」と、いつもはここで即効性を求め、お医者からもらった「消炎鎮痛剤」を飲むのですが、せっかくだから薬膳の実験をしてみよう!!!とおもいたちました

まず、取り出したるは菊花茶

菊花茶 その1



菊の花でできたお茶ですが、この匂いがすごいのなんのって
春菊をもっとキツクしたような匂いで、こんな飲み物はとてものめないっ!
だってぇ~、春菊苦手だしぃ・・・
                -いいわけ劇場-


でも、実験です。いきます!!!


DSC01045.jpg


お湯に入れると、きれいなんですよ~。 春らしくお花が咲きます。
でも、匂いはう~ん

でも、むすめが、「こんなの、鼻をつまんでイッキに飲めばいいんだよ!」
と、躊躇するワタシの前で、男らしい飲みっぷり
ここは、母として負けてはいられません。 
 

ごくっ


ん?飲んでみると、そんなにまずくない!
ハーブティーみたいでおいしいかも? 
と、結局、味わって2杯も飲んじゃいました(笑)


そして、大根あめをお湯にといて2杯。

すると、なんだかのどの痛みが和らいでる


実験、大成功です。

菊花の他にも、「風熱型」には、薄荷、ミント、葛湯などがオススメです。




しかし、せっかく調子がよくなったワタシに、更なる試練がぁ

今日のこの寒空の下、息子のサッカーの付き添い3時間
サッカーをしている息子は、「暑い暑い」とどんどん脱いだ服を、
母は、「寒い寒い」と体に巻きつけ、ガタガタ震えていました。


体の芯から冷え切ったワタシは、
これはマズイ! 次は「風寒型」か?


と、予防のため、帰ってきたら、温かい「生姜紅茶」をいただきました。



風寒型」には、生姜の他、ネギ、紫蘇、シナモンなんかがオススメです。


それと、いずれの風邪も「気」を補うことを忘れずに!
三寒四温で、体調を崩しやすい時です。お体にお気を付けを。








ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

家の子たちも、春は苦手です。 毎日のように、どちらかが調子が悪く(未病ですが・・・)、まいってますv-393
菊花茶、ワタシも何人かにすすめましたが、匂いをかいで、「あ、菊だね~」と、事実のみの感想(笑)誰も「いい匂い」といわないv-356 中で一人だけ、「カモミールティーみたい」と。言われてみれば、そうかも!
飲んでみるとおいしいし、春にいい食材なので、上手い摂り方を考えねばと思ってますv-290
今日も冷たい雨、masaさん、風寒に気をつけてくださいね!

治りかけたと思った風邪が
また悪化して昨日はまたもやダウンでした。

私は今回は、風熱+風寒の悪いとこどりだったような上、
声が全然でなくて会話が成り立たなく、まいりました。

また軽い喘息発作もでてしまい、この週末は散々でした。

でもこの「菊花茶」の実験。
はじめはどうなることかと思いましたが、実験成功でよかったです。

今日の体調はいかがですか?
温かい生姜紅茶のお陰で、大丈夫だといいのですが・・・

私は「ミント」のアロマを焚いて、鼻の通りと気分スッキリに頑張ってます

りんりん♪さん、
コメント、ありがとうございます。
やはり、週末、つらかったですか~v-390 喘息もちの人には、急に寒くなり、天気が悪くなる、最悪の天気ですもんね~。
娘は、大根あめと菊花茶でのりきってましたv-290
ワタシも「生姜紅茶」の効果があったのか、風邪をひかずにすみました。
正直、のど痛になった時は、熱が出て長引くと思ったのですが(すっごく痛かったんですv-356)ひどくならずにすみました、
常飲してる、「黒豆茶」のおかげかもしれません。
もしよかったら、以前書いた「気のはなし」を読んでみてください。
もちろん、今ある症状を抑えることが大事ですが、病気やアレルギーの素になるものをよせつけない、強いバリアをもった体になることも大事と思いますv-290
湿度の高い日は、ぜひ、余分な湿気を出してくれる食材を!
「気」を補ってくれるのと、「除湿」の効果がある豆類なんかはいかがですか? おいしいそら豆も手に入ることですしv-392

再コメ失礼します。

のりたまさん、お風邪がひどくならずにすんでよかったです~^^

『黒豆茶』は私も愛飲中です
(他にもいろいろと^^ 基本的にお茶関係が好きなんです)

まだ過去エントリーを読ませていただいていないので、
時間つくって、少しずつお勉強させていただこうと思います^^

だって『豆類』が『除湿』効果あるなんて、知りませんでしたもの。
例のお話で『そら豆』たくさん手にいれてきました^^
なので、明日からよりよい『除湿』効果の食べ方などお勉強して、
少しでも体のためになることをしていきたいと思います^^

りんりん♪さん、再コメ、ありがとうございます。
豆の皮に、除湿のチカラがあるので、ぜひ、どうぞ!
ワタシも、お茶が大好きです!しかも、家族それぞれの体質が違うので、お茶で補ったりしてます。
お茶の話も、近々アップ予定なので、また、いろいろ教えてくださいねv-290
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: