納得!小豆茶パワー

中薬の授業で、小豆の効能を教えてくれたいつもの漢方医先生。
先生は、中医学も、西洋医学もどっちもできるスペシャリスト
古代の中医学書の理解も深く、とても尊敬できる先生だ。
きっと、逆立ちしても、一生かかっても、ワタシは先生には追いつけない・・・。

でも、先生は、主婦ではない。
必要な生薬や食材の知識はたっぷりあるけれど、
メニューの幅はどうかなぁ~?
(・・・だって、いっつも「卵スープ」ばっかりススメられるし・・・笑)
そこをうまく、毎日のごはんにとりいれられるようにするのは、ワタシの仕事だと思ってる。


先日も、
「先生が授業でお話してた、小豆をお茶にしました~」と話すワタシに、
「え?小豆をお茶に??」と意外そうな顔の先生。


でも、
喘息の娘が、この時期毎年、耳やのどや鼻の奥が痒い感じがするのが、
小豆茶を飲みだしてから、なくなったんですよ~」

というワタシに、ちゃんとわかりやすい理由を教えてくださいました。


何度も記事にしていますが、
喘息の人や、花粉症の人、副鼻腔炎や中耳炎になりやすい人は、
体の中に湿や痰ができやすい人が多い

湿や痰のあるところには、がこもりやすく、
それが乾燥させて痒かったんです。

かゆみや不快感をとろうと思って、
耳や鼻?の奥の方までコソコソやったり、
のどの不快感をとろうと思って、冷たいものでのど越しをさっぱりさせても、
なかなかよくならなかったのは、
その湿もとれていなかったから

でも、この小豆はスグレモノ!
体の余分な湿をとってくれるから、
不快感がさっぱりするのだ!
だから、今まで以上に冷たいものをガブガブ飲まなくてもスッキリだ!


先日、花粉症の友達に、小豆茶をすすめたところ、
「常温のお茶がこんなにのど越しが気持ちがいいとは思わなかった」
と、嬉しいお褒めのお言葉。
でも、先生のお話を聞けば中医学的にも納得でしょ?


そして、先生によると、
「この夏に、体の余分な湿や夏をとっておけば、秋・冬の喘息が深刻化する時期や、
春の花粉症も、絶対楽になる!」
と。

「小豆茶、よく考えましたね。夏の間は続けるといいですよ~」と、お墨付きのお言葉も!

ちなみに、体の暑さや乾燥()はそんなでもないけど、
湿の方が多くって・・・という方は、小豆よりも緑豆がオススメだそう。

でもね、先生。緑豆がいいのは知ってるけど、これまた食べにくいんですよぉ~
豆がとっても青臭くて、味の濃いものにまぜても、子どもたちはどうも苦手~
ごはんに混ぜて炊いても、緑豆だけよける・・・
これもお茶にして、小豆とブレンドでもしてみるかぁ~?
ちょっと怖くてチャレンジしてないけど、チャレンジしたら、報告しますね

ちなみに、昨年沖縄で食べた「緑豆のぜんざい」
DSC04113_R.jpg
この緑茶色っぽい、小さい豆が緑豆です。

これは、ものすごく美味しくできていて青臭くなかったなぁ~
それでも、子どもたちは食べなかった

すでに、耳や鼻やのどの奥に不快感がある方(コメントで「分かる!」と報告をいただいた方はぜひ!)、
花粉症や、喘息や、副鼻腔炎、中耳炎になりやすい方はもちろん、
冷たいものの食べ過ぎで、お腹の中が冷えて、「湿」を作っている方も、
ぜひこのお茶を体感してみてくださいね


詳しい作り方は、コチラ・・・
Cpicon 薬膳ノススメ!夏バテ・熱中症予防に小豆茶 by のりたま@くすいむん


リンクさせていただいている、
オリジナルアクセサリーと布作品ブログ 「ipu-8  石と布」

のipu-8の陽子さんが、ブログの中で、「小豆茶」を紹介してくださりました。
陽子さんは、素敵な手作りの布作品を作っていられます。
素敵なコースターに載せてもらって、この小豆茶は幸せもんです。
陽子さん、ありがとうございました。


ちなみに、
「では、この秋・冬は、体質の変化を楽しみに待っていいですか?」
と、聞くワタシに、先生は、
「楽しみにしていていいですよ」
と、こちらも嬉しいお言葉が。


みなさんも、秋・冬、そして、花粉症の春。
それまで、しっかり養生して、楽しみに待ちませんか??


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぜんざい、とってもおいしそうですね。
今お盆の準備帰省客の準備で忙しくて小豆茶を作ってられません。
お盆が済んだらおいしく作りますよ~。
のりたまさんの御実家の和菓子食べたいな。

飲む!

それは飲むしかないでしょう!
特にまだ不快感はないけどね、間違いなく春先には発症するから飲んでみるっ!
緑豆ってもやしになる前で売ってるの?
…もしかして違うもの?????

ボウズも咳が長引いて今更「喘息の気があります」とか言われたけど効果ありそうよね、騙されてくれるかしら(^^)

養生しておけば次の季節は楽ですよね。

いろんな食材で自分の健康を保つことができるのは、これまた
嬉しいなぁと思っています。

今日は、新井先生のイベントで、望診してもらったり、
秋の養生の勉強をしてきました!

薬膳や中医薬って、勉強すればするほど奥深く、その魅力が
たっぷり。。。

No title

 こんばんは!!
 小豆をお茶にするなんて~~~!!
 今の所、娘達は全く症状が出ていませんが 秋が来るのが怖くて・・・
今は、はと麦茶&コーン茶&陳皮茶を中心に飲んでいますが 小豆茶を作ってみますね!!

 ぜんざいが美味しそう!!

おぉーっ!!!

これはぜひ、作らねば!しかも材料買えるんだし(笑)
症状を抑えたりするだけの西洋医学のお薬と違って、
この先同じことを繰り返さない体を作っていくくすいむんごはん。
すばらしいですよね~!
もちろん緊急で痛みや不快感をとることも大事ですけど。

緑豆、こちらでも普通に売ってるんですよね。
たまに食べますよ、こちらの調理法で(前に言いましたね)
うちは好き嫌いが少ないほうだから参考にならないけど(笑)
みんな普通に食べますよー。
日本でも作りやすいレシピがあるか、探して見ますね♪

No title

v-365たくさんのコメント、ありがとうございました!v-291
昨夜は、近くの花火大会があり、宅配ピザに、つまみに、ビール。子どもたちは、ジュースを飲みまくり、当然「湿」もたまります~v-411v-356

とった湿はじゃんじゃんだすように、昨日、今日と小豆茶を飲みまくる我が家ですv-398



リラ さん
このぜんざいは、緑豆の他、ハト麦もはいってました。
ちゃんと、多湿の沖縄にぴったりになっているもんですv-398

お盆の準備、忙しいですが、お客さんもたくさんで賑やかになりそうですねv-392
ワタシも、実家の和菓子屋に手伝いにいきます~。

リラさんとこのお嫁さん、花粉症さんでしたよね?
ぜひ、小豆茶、試してみてくださいねv-392


ぷみさん
そうそう!花粉症のぷみさんも、喘息予備軍の息子くんも、ぜひ飲んでみて~。
ポイントは、ちょっとやり過ぎかな?って思うくらい炒ること。
そうすると、香ばしくて飲みやすいんだ~v-398

緑豆は、あの緑豆もやしや緑豆春雨のもとの豆だよ~。
市販の雑穀米にもはいってるのもあるよ!
ちなみに売ってます・・・が、漢方薬局とかかなぁ~?
しかも、青臭いのv-393そして、味がごまかせない!!v-393
だったら、小豆茶の方が飲みやすいかなぁ~


ぐっさんさん
「冬の病気は、夏に治す」・・・中医では当たり前の考え方ですが、春の花粉症までよくなっちゃうなら、ありがたいですよね??

ワタシがお世話になっている漢方医先生は、北京中医薬大の教授のお友達なんですよ。どちらもとても尊敬できる方ですが、切り口が違って面白いです。

新井先生の講座もとても面白そうですね~v-291
また、切り口が違うんでしょうね~?

ワタシも、秋の試験が終わったら、いろんな先生の講座に参加したいですv-398


YURI さん
よかった!v-291YURI さんが読んでくれてv-353
ぜったい、YURI さん家のお子さんにもオススメとおもってましたv-411

いろんなお茶をすすめてきましたが、夏のこの暑い時期は、この小豆茶がとても効果的なような気がします。
ぜひ試してみてくださいねv-392
夏のお出かけなど外食の後も、オススメですよ~


それから、お子さんたち体調が良くてホントに良かったですv-398
このまま、秋・冬、元気に行きましょう♪


ピントさん
やっと、スペインでも手に入るものがあった!ワタシも嬉しいですv-353

薬膳は、いろんなものがいっぺんに治っちゃうから、ありがたいですよねv-398

そして、乾燥が強いスペインですから、小豆と一緒に、ナツメやクコの実も入れてみるといいですよ~v-392
のどや耳の爽快感をぜひ味わってみてくださいね~

緑豆・・・食べられるのはツワモノです。
それとも、ピントさんの味付けがいいか・・・。
カチートくんは、もうもの心つくころから、緑豆ですから、しっかり刷り込みができてるのかもしれませんね~
うやらましい・・・

No title

のりたまさん印の小豆茶,先生のお墨付きなんて,色んな人に奨めている私にとっても嬉しいことです。
ブログのご紹介もありがとうございました。
緑豆は食べたことがなくて,春雨でしか知らないので,ちょっと想像が付きませんが豆好きなので興味があります。
(途中まで,緑豆を納豆と読み違えて,なんて斬新!とコメントするところでした(-_-)

No title

のりたまちゃん、こんばんは^-^

のりたまちゃん、凄い!
目の付け所が流石だなぁ~^▽^
中目黒ではカフェで小豆のお茶、茜茶が普通に人気のお茶になっていたよ。
わたしも日頃からのりたまちゃんから小豆が良いってのを聞いていたので、それを見て、夜さっと煮たのをポットに入れて作るようになったの。
緑豆を一緒にすると尚効果があがるんだね。。

この緑豆のぜんざい、くすいむん善哉は健康にも美味しさでも素晴らしそうだね^-^

No title

v-277 今日の神奈川は、朝雨が降っていたこともあり、温度はそれほどでもなく過ごしやすい。でも、こんどは湿気がすごいですね~v-356
こんな日は、あまり冷やし過ぎず、除湿のほうをメインにしてくださいね~
ちなみに我が家の夕食メニューは、脾臓(消化器官)を温める鯛のムニエル、同じく脾臓にいい山芋・コーン入りのポテトサラダ。どちらも、陳皮入り。
ハト麦入りのミネストローネです。

皆さんも体調にお気を付けください。



ipu-8 陽子さん
小豆茶、紹介していただいてるんですね~ありがとうございますv-353
こうして、「薬膳って別にむずかしいことじゃないんだよ」というのが、伝わって言ってくれるととても嬉しいですv-398

納豆・・・それはあまりに斬新な・・・・絶対に漢方医先生も思いつかないでしょうねv-411v-356

ワタシもかなりの豆好きなんですが、緑豆は別物なんですよ~
でも、効果はありますので、見かけたらぜひお試しくださいねv-392

春雨やもやしのもとの豆なので、別にこっちを食べたらいいかぁ~と、思ってしまうワタシですが、やはり薬効としては緑豆の方が高いですから・・・


Fuwari Funwari さん
さすが、Fuwari Funwari さんですね~!やはりよく知っているv-353
中目黒・・・何年も行ってないけど、試験が終わったら、勉強のためにいろいろと出歩かないといけないですね~


「茜茶」・・・きれいな名前。でも、ほんとに茜色ですもんね。
すでに、小豆茶をつくっていたとは、素晴らしい!!
先に、炒る過程をいれると、とても香ばしくなりますよv-398
ぜひ、お試しください。

この緑豆のぜんざいは、どうしてこんなに??って思うほど青臭くなく食べやすかったんです。ワタシには、再現できない・・・v-393

良いですね。

コメントの件、ご心配おかけして申し訳ありませんでした<(_ _)>
どうやら、FC2の不具合が原因の様です。

小豆は本当にこの時期とりたい食材!ですが、確かに甘くするか、ご飯やスープにするか等・・・なかなか時間も手間もかかって、上手い取り方を私も探していた所、コーン茶を眺めていてふと思いついたのがお茶でした(^-^)

私はドロリッチみたいなデザートで一品作るつもりでいます。この前、中国茶教室でプーアル茶でチャイを作ってドロリッチ風のデザートにしてあるのを見て「これに代用できる!!」と思ったので(^-^)

中国茶教室も含めてアップしますね。

小豆パワー実践中

教えて頂いてから即作りました。    私は常温で。   
休みの日は、暑い中で頑張った反動みたいなだるさがドッときます。
それがパターンと言い聞かせていましたが・・・・・
ここのところ違うんです!
何が?  何だか分からないけど。
違うんです!!!  

気管支が弱くてちょっと心配な孫が昨日やってきたので、
作っておいて孫ママに持たせました。
良い事を自分の体に届けている安心感、気分も違います!

No title

初めまして。いつも楽しく参考にさせていただいてます。

緑豆を産直のお店で見つけて買ってきたばかりなのであまりにタイムリーでおもわずコメしました。
ぜんざいにしてほうじはと麦をのせて食べたら家族に好評で小豆ごはんのように炊き込んでも美味しかったです。青臭さはまったく感じませんでしたがひょっとしたら豆が違うのか・・・

その後デパ地下で緑豆を見つけましたが、小豆より大きくてまるまるとしてました。それからすると買った緑豆はまだまだ赤ちゃんのようなくしゃっとした小さなものでした。
効果に違いがあるのでしょうか?

1才の孫がすぐにノドを腫らして熱を出すのですが、薬を飲まないので
日々の食べ物でと、くすいむんごはんを楽しみにしています。

No title

v-381コメントをありがとうございましたv-291
お盆で実家の和菓子屋に手伝いにきているために、返信がおそくなりごめんなさい。


masaさん
緑豆もそうですが、意外と子どもって豆が苦手な子が多いです~v-393
納豆や枝豆は好きだけど、それ以外は・・・という感じ。
小豆や緑豆、料理に隠すことを考えていましたが、だったら豆そのものを食べなければいいんだ~と思い立ったのが、お茶でした。

それが驚くほどの効力!v-353
今年の夏は、あまり暑く感じませんでしたv-398

ドロリッチ風いいですね。ワタシも偶然にも、先日、友達に「薬膳茶でドロリッチ作って!」といわれたばかり・・・。
さっぱりといただけそうですねv-392



mamanさん
ありがとうございます!こちらも実践してくれているなんて、ほんとうに嬉しいですv-291

そして、また体感されましたね!くすいむんパワーv-353
実は、小豆などの豆類は「気」を補ってくれます。
この「気」は元気のもとで、満たされていたら、疲れにくくもなります。そして、病気になりにくくもなるんですよ。

お孫さんにも、勧めていただき、ありがとうございます!
カフェインなどの余分なものも入っていないし飲みやすいと思います。(ワタシも、子どもたちに試飲させ、子ども目線で作っているので・・・・)
お孫さんにも、体感していただけると嬉しいですv-398

クルリンさん
はじめまして!コメントとても嬉しいですv-291

産直で緑豆ですか~?ワタシが購入するのは、漢方薬局などなので、もしかしたら、癖のないのは新鮮さの違い??
大きさも、小豆とほぼかわらないか、それより小さめなので、産直で買われたものと同じような感じだと思います。

それにしても、ぜんざいや緑豆ごはんは薬膳の定番ともいえるメニュー。
我が家はどれも苦手ですが、(赤飯の豆も、ピースごはんのピースも嫌いなのでv-393)食べられるとは、素晴らしい!!

美味しく食べられるなら、梅雨や湿気の多い夏に、毎日のごはんに活用してもいいですよね。
とくに、カレーなど、湿のたまりやすいメニューの時のごはんを緑豆ごはんにするのもお勧めです!v-392

お孫さん、喉を腫らせて熱ですか~つらいですよね。
我が家も息子がそのタイプでした。
もしよかったら、喉痛の時にお勧めのうがい薬を・・・
漢方薬局や中華食材の店で、「金銀花」や「連翹(れんぎょう)」を見かけたらぜひ買ってみてください。そしてそれでお茶を入れます。
そのお茶でうがいをするのです。
1歳だから、上手にうがいをできなくても、多少ごっくんしちゃっても大丈夫!だって、そもそもお茶として飲めるものなんですから・・。(中医学ではどちらもお薬ですが、おちゃとして売られていたりします)
そのどちらも手に入らないようでしたら、ミントティーや菊花茶でもいいです。(ただし、効き目は前の2つの方がお勧め)
こちらももちろんお茶だから、飲んでしまっても大丈夫です!
市販のうがい薬よりも安心してすすめられますので、ぜひお試しくださいねv-392



初めまして

いつも楽しみにしてます。

我が家の子どもたちも アレルギー性鼻炎、アトピー、喘息予備軍などなど・・・。
動物、食物アレルギーも少しあったり、アレルギーは各種取り揃えております!という感じです。

しかも、薬は子どもも飲まないし、私自身もあまり頼りたくない気持ちもあり、こちらのブログは とても参考になります。

それで、緑豆なんですが、「緑豆春雨」ってありますよね?
あれを摂ることでも 効果ありますか?
教えていただけると助かります。

おはようございます

あずき茶好評につき実践継続中
ずっと続きそうです
「金銀花」や「連翹(れんぎょう)」も準備しておかなくちゃ

少し秋の気配   頑張ります!!

No title

のりたまさん、ありがとうございます。

さっそく、大阪の娘に伝えました。娘もくすいむんごはんのファンです。

北九州ではなかなか金銀花や連翹も手に入らないので、以前のブログにあったナスタチュ-ムをさっそく育てています。自分で育てられるものは良いですね。少しづつ健康生活ができるように準備していこうと思います。

豆をゆでる時に羅漢果を少し入れると早く煮えるしアクを気にしなくて良いというので緑豆にも入れてます。
ひょっとしたら青臭くないのはこのおかげもしれません。

No title

v-289 お盆も明けたというのに、この暑さ・・・。
みなさんは体調を崩されていませんか?
コメントをありがとうございます!v-291
実家の和菓子屋を手伝いに行ったり、家族で出かけたりで、お返事や訪問ができずにごめんなさいv-436



ゆいぷりこ さん
初めまして!コメント、とても嬉しいですv-291

お子さん、アトピーや喘息予備軍なんですね・・・。
ゆいぷりこ さんのお気持ち、よくわかります。
発作時や辛い時に、西洋薬の必要性はよくわかる・・・でも、頼り過ぎずにいたい・・・ワタシもずーっとそんな思いでした。
そこで、食べ物のチカラを・・と薬膳を勉強することのがきっかけとなりました。
中医学(東洋医学)は、薬や食べ物のチカラだけではなく、日ごろの生活の養生なども大切なんですよ~。
家庭で無理なく実践できる、養生法を紹介していきたいと思ってますので、これからもよろしくお願いしますv-398

緑豆ですが、緑豆春雨や緑豆もやしの緑豆と同じものです。
もちろん、緑豆をそのものをとることが一番効果的と思いますが、なにしろ青臭い~v-393もしくは、手に入りにくいかもしれません。

その代用品として、春雨やもやしを使うのもいいと思います。
お子さんたちの体質を考えるとスープなどがオススメですが、我が家はもやしをみじん切りにして、ハンバーグに入れたりもしました。そんなに違和感もなく食べられますよ(笑)

この暑い時期、ぜひとも小豆茶も常温でお試しください。
お子さんたちの体質だと、冷たいお茶じゃなのに、スッキリ感が味わえるかもしれません。


mamanさん
小豆茶、好評で嬉しいですv-398
mamanさんやご主人のような方に、実践していただき、体感していただけると本当に嬉しいです!

先日、実家の手伝いに行った時に改めて思いましたが、和菓子屋も実は過酷な環境なんですv-393
蒸気による暑さと湿気v-393なのに、親はなかなか実践しないv-393
のどが渇いたと氷をガンガンに入れて飲もうとするのを見て、注意してきました(笑)
なかなか、いうことを聞いてくれずに困るので、mamanさんのお話をしてきたところです。

娘以外の人の体験談を聞くと説得力があったようで、こちらもホントに感謝してますv-436


クルリンさん
娘さんにもすすめていただき、とても嬉しく思います。
実は、我が家の子どもたちは、2人とも小さいころから体が弱く、もっと早くから薬膳を勉強していたら・・・と後悔することがたくさんありました。
1歳ですと、離乳食も終わり、これから食事をいろいろと覚えていく時、こんな理想的な時期から、実践していただけるとは、お孫さんはほんとうに幸せですよねv-291

ワタシも、少しでもお役に立てるような情報を発信していけたらとおもってますので、これからもよろしくお願いいたします。

ナスタチューム、育てていただいているんですね。
実は、その後、金蓮茶(ナスタチューム)をネットで買えるところがあると知り、今はそちらで購入しています。
ちなみに、金銀花はスイカズラの花のつぼみを乾燥させたものです。
もしかして、お庭にあったりします?(笑)
金銀花、連翹、菊花、薄荷などは、インフルエンザ予防にもなりますので、見かけた時にはぜひ買っておくと便利ですよ。
保存は冷凍庫がオススメです。(無農薬なので、虫がわいたりします)

それと、熱がたくさん出た後は、水分補給が必要ですが、その時にくず粉を使って、おかゆやスープにするといいですよ。
くず粉は体に必要な水分を作り出しますし、小さい子でも食べやすいですから~v-392

熱が高くなり、熱のピークを過ぎるといかに水分を体に作り出せるかが、病気の回復を早めるポイントですからv-353

No title

小豆茶!そうきましたか~。
これはすごく良さそうですねー。
喘息で花粉症の人、それはまさに私です。
喘息はすっかり治ったと思っていたんだけど
お猫さまが来てから再発です。
びわの葉茶を飲んでいるけど、小豆茶の方が良さそうな……?
前記事のコメレス、アドバイスをありがとうございます!
朝フルーツはやめて、瓜の仲間を一杯食べます。
胡瓜もかぼちゃも冬瓜も大好きなので
そっちの作戦でいきまーす。

No title

comichiko さん
コメント、ありがとうございます!v-291

咳が現在出ていないようでしたら、びわの葉茶よりも、小豆茶がオススメかもしれません。
咳がでていたら、ブレンドもしくは、ビワの葉茶にあきたら、小豆茶なんかもいいかもしれません。

もし、ナツメがあるようでしたら、一緒に入れるのもオススメです。

そうそう、小豆はデトックスにも優れていて、薬膳の先生は飲み過ぎた後は、アンパンを食べていたとかv-405
あんこよりも、小豆茶の方が、砂糖が入っていないので、より効果的と思いますよ~v-411
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: