薬膳教室とメルマガ

一昨日、大学で通訳をしてくださっている、新井先生の薬膳講座へ行ってきた。
「ママとキッズ」向けだったから、妊婦さんや赤ちゃん連れのママがたくさん。

そんな中、元妊婦さんで、元赤ちゃん連れのママだったワタシが、
場違いにも?参加。

ちょうど先週は、我が家の子たちも立て続けに誕生日があり、
ママたちのお悩みを聞いていたら、ワタシもこんな時期があったなぁと懐かしく思いだした。


どちらの時も、とても悪阻がひどく、
とても安産で生まれたのはよかったけど、
一人は、喘息。
もう一人も、気管支が弱く、扁桃腺で熱ばかり出している。
毎日のようにお医者通い。
お医者通いはとても疲れる。特に子どものことではなおさらだ。
咳や発作がおさまらず、横になると苦しいから、
たて抱きにして、ひと晩中起きていたあの日。

「苦しいの代わってあげたい」とか、
「なんで家の子だけが?」とか、
「こんな体質に産んじゃってごめんね」とか、
いろんな感情が湧いてきた。


薬がきれてくると、苦しくなるから、
次の薬の時間が待ちどおしかった。

なにかいい方法はないか・・・
それが、ワタシを薬膳に向かわせたきっかけの一つだった。


中医学を勉強すると、
なぜワタシが悪阻がひどかったのか?
なぜ子どもがお腹の中で大きく育たなかったのか?
なぜ食が細く、眠りが浅かったのか?
そして、なぜ病気がちだったのか?
理由がちゃんとあることがわかってくる。
そして、今更ながら、どうすればよかったのかもわかってくる。


そして、病気がちに産んでしまった我が子を、
少しづつでも、強い体質へ変える方法もわかってきた。


そして、なによりも体調が悪い子を看病するママの気持ちは、よくわかっている。


ワタシのそんな経験を少しでも生かせたら、
「病気がちな子に産んじゃったのはワタシのせい」と、
自分を責めるママの気持ちを少しでも楽にできたら、とても嬉しい。


リンク先の
「かながわ子育て情報局」さんで、メルマガを発行しているけど、
ワタシも、その中に薬膳の記事をちょこっとだけ書かせてもらえることになった。

子育て中のママはもちろん、
ママやお孫ちゃんに、いい情報を伝えたい、おじいちゃまやおばあちゃま。
よかったら、登録してみてくださいね。

こちらからとんでもらい、「キラリめ~る」で登録してくださいね。



講座は、講師の先生により雰囲気が全然違う。
新井先生の人柄か、とても穏やかないい空気が流れていた。

101124_1143321_R.jpg
こちらは、先生作の「かるかん」
「ちょっと、失敗しちゃった」といっていたけど、
その、ほんのりの甘味と優しいお味。
「ママの味でした~

ワタシも、そんな風に伝えていけたらいいなぁと思った。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中医学のことを学ぶと、日々の暮らしのこともだんだんとわかる部分もあって、とても役立ちますね。

新井先生とは週末にイベントをしますが、ママ向けと学生向けではまたちょっと違うかな・・・

いろんな角度から、はいっていける中医学!
多くの人と共有できるといいなぁと思う最近です。

No title

ぐっさんさん
ラッキーなことに、講座の後に、新井先生とランチをすることができました。

とても魅力のある人だったので、きっと週末の講座も素敵なものになるでしょうね~

とても残念ですが、今回、ワタシは行くことはできませんが、ぜひぜひ後でお話を聞かせてくださいねv-392

ぐっさんさんも、準備でお忙しいでしょうが、体に気をつけてくださいねv-392

そうなんですね~!

のりたまさんの、過去を振り返っての気持ち。
詳しい説明はないけれど、興味深く読みました。
うちは妹が先日二人目を出産したけど、二回ともつわりのひどさは半端なかった・・・今回産んだ産院が気に入って「もう一度産みたい!」と言ってるけど「妊娠中は変わってもらいたい・・・」ですって。お産はラクラクで、「次回は自宅でも産めますね!」と助産婦さんに言われたくらいらしいけど、あのつわりは・・・と恐れているわけ(笑)
母親って、子どもの体質とかで責任を感じるものですよね。私もそのうちの一人・・・(苦笑)なんかこの記事を読んで、自分も勉強したくなってきちゃったなぁ!

No title

ピントさん
実は、9月から婦人科の授業があったり、たまたまいろんなところで、中医的な妊娠&出産などの勉強をする機会があり、いろんなことが腑に落ちたんですよ~。

ワタシも、妹さんと同じパターン。
つわりはものすごくひどいけど、産む時は楽なんですよ。
ほんとは3人子どもが欲しかったけど、周りからあまりのひどさに猛反対を受けましたv-393

実は、つわりは、子どもが下からおりてしまわないように、気を上に引っ張り上げているんですよ。気が上にあがるので、吐き気となってあらわれるんです。


妹さん、3人目チャレンジするなら、少しでも楽になるようにお手伝いできたら・・・と思いますので、お知らせくださいねv-392


親は、目に見えるものも、見えないものも、子どものことでは、「わたしのせい?」と、後悔することばかりですよね・・・でも、親にも子にも学びはあるので、前向きにいかないとね!
ピントさんの考え方は、ワタシはとても好きですv-398
見習わなきゃと思うことも。これもめぐりあわせの縁ですね~

お疲れ様!

一度書いたけどうまくアップしてないみたいですね~。
もう一度。いろいろ話できて楽しかったですね。
また、あーいう機会をもてると良いですね。
ママとしての経験がしっかり活かされた
よい講座ができると思いますよ。頑張ってください!!

No title

yucariさま
とーってもためになりました。
それに、何度も言っちゃいますが、空気がホントに良かったですv-398
先生の人柄からでしょうが、ワタシも見習いたいなぁ・・・と思いました。

毎週のように聴講に行っているクラスメイトもいますが、母の辛さで?毎週家をあけられず、なかなかお会いできませんが、またぜひぜひお話をしたいですv-398

今日は、対談でしたよね?
お疲れ様でしたv-290
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: