豚肉でおもてなし薬膳☆

まだまだひっぱる、豚汁カレー.

根菜がいいのはお話しましたが、
豚肉も、肉類の中では陰の多い食材で、この時期にオススメのもの。
(陰ってなに?はコチラ)

でも、陰の多いものは、体を冷やすものが多い。
ワタシの愛する沖縄でも、豚肉はよく食べられているけど、
暑い気候にはピッタリ

でも、今は寒い冬。
体を冷やしすぎないためにも、ゆっくり、じっくり火をとおしてあげましょう
火をとおす時間が少ない、
揚げものや炒めもの、焼き物などは、この時期にあまりふさわしくありません。
できたら、スープや、煮混み料理などがオススメ!


という訳で、こんなのを作ってみました~
DSC05939_R.jpg
「とろとろ焼き豚」
Cpicon 薬膳ノススメ!簡単♪とろとろ焼き豚 by のりたま@くすいむん


りんごや梨(あれば)を入れて、ちょっと甘めのタレがおいしい~



我が家では、消化器官(脾臓)に負担をかけないように、
DSC05927_R.jpg
お肉の消化をよくするサンザシ(手前)と、
消化器官(脾臓)を元気にしてくれる陳皮(奥)を、お茶パックに入れて一緒に圧力鍋へポン!

サンザシは、輸入食材屋さんなどでも手に入るけど、
たま~に、ドライフルーツなどと一緒に、観光地のお土産屋さんの片隅で売られていたりするから、
チェックしてみてください

写真のは、中華街で購入したものですが、
ドライフルーツとして売っているのは、ピューレ状にしたものを
長方形(のものが多い)に固めたものです。


そして、陳皮は、今が旬の温州ミカンの皮を天日干ししたものです。
消化器官(脾臓)の弱い我が家では毎日使う食材なので、生産が追い付かず、
我が家では漢方薬局で購入してますが・・・笑
(使えるヤツ!陳皮についてはコチラ・・・)


簡単だけど、おもてなし料理にもピッタリなので、
これから、宴会の増える時期に、
ウンチクつきで(笑)お客様にもいかがですか?


「ガッツリ、お肉を食べたけど、胃もたれしなかった~♪」
なんて言われたら、嬉しいじゃないですか?


次回は、またまた豚肉を使った一品を!



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



来年の1/26(水)に、
「簡単!プチ薬膳で免疫力UP」の講座をします。
ぜひ、遊びにきてくださいね。

毎月、15日発行の「かながわ子育て情報局」の
メールマガジンにも、薬膳記事を書いてます。
よかったら、登録してくださいね~

(どちらも詳しくはコチラから・・・)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おいしそうですね、でも圧力なべがなくて・・・残念。
シャトルシェフではダメでしょうね。
陳皮・・・只今乾燥中です♪ ミルサーがないのですり鉢で試してみましたが無理。 なので手でちぎってお茶に浮かべましたが、お茶パックで煮だした方が良さそうですね。

そうだった!

みかんの皮は捨てちゃダメなんじゃない!
危ない危ない、家族間に徹底させなきゃ!

焼き豚美味しそうだねー♪
時間をかけた豚料理ね、気にしておこう。
最近は鶏ばっか食べてるような気がするけど、鶏はどうなのかしら?

焼豚

美味しそう・・・

手をかけて作るお料理は、これまた美味しくていいですね♪

スペインも!

こちらはただお肉として食べるだけでなく、生ハムをはじめとしていろんな豚肉の加工品もありますから、豚肉の消費量は相当かと(笑)
でもあの加工品たちは、冬の間はやめた方がいいってことですね。基本的に生ですからね、あれ・・・気をつけます♪
ところで、みかんの皮はそのまま干して粉砕していいんですか?白いところも一緒にって事でいいんですよね?
今年こそは作ろう・・・去年は乾く前にカビが生えちゃったからな・・・その後、やる気がうせちゃったんですよね(涙)

No title

v-16お返事が遅くなり申し訳ないですv-393
たくさんのコメント、ありがとうございました。

今日、来年の1月の薬膳講座のリハーサルを兼ねた打ち合わせがありましたv-290
初めて講座にきてくれる人もいるから、薬膳の基本「気・血・水」や「五行理論」「陰陽」などを入れずに、できるだけわかりやすい言葉に変換しました。
ここのところ、その作業でバタバタしてましたが、主催の情報局さんには好感触でホッとしましたv-398

ホッした途端、喉がやや痛い?菊花茶を飲まなきゃ~



v-83コメさま
大変だったんですね~?もう体調はいいですか?
いつものことながら、病気の後は、水分の多いおかゆやスープなどをこころがけて、しっかりの水分をとると、体力の回復が早いです。
しっかり体力を回復させないと、咳などが長引いてしまったりしますので、お大事にしてくださいね。

「豚汁カレー」作っていただいたんですね!嬉しいです。
しかも、それはもはや「薬膳カレー」ですしv-353
体が元気でないと、心も元気になれないので、せめてもの応援で元気になれるごはんを作ってあげたいですもんねv-398
薬膳焼き豚もぜひ~

沖縄の妹さん、うらやましい~♪
ワタシもそちらに行って、暑さを堪能したいですv-411



リラさん
我が家には、シャトルシェフがないのですが、持っている人にきくととても使えるらしいですね~v-353
ワタシはいつも煮豚や焼き豚は圧力鍋で作ってしまうのですが、煮混む時間をながくすれば、その方がより理想的ですので、もしシャトルシェフでもできそうなら、チャレンジしてみてくださいね。

陳皮、ミルサーだとパウダー状になりますが、フープロでもある程度は細かくなります。
お茶として煮だしてもいいですし、ワタシは、酢飯を作る時は、お茶パックに陳皮を入れてごはんを炊きこんじゃいます。
それから、煮込み料理にもお茶パックに入れて煮混んじゃいます。
いろいろとお試しくださいね。


ぷみさん
そうよ~!花粉症でお悩みのぷみさんなら尚のこと!!
この乾燥した天気はありがたいと、せっせと干してくださいねv-392
ちなみに、我が家のベランダにはシイタケが干してありますv-411

鶏ね~・・・実は、冬至まではできるだけ避けた方がいいお肉なのよ~v-357
前記事にも書いたけど、陽を体に保存するために陰をとらないといけないのだけど、鳥は空を飛べるから、パワー(陽)をたくさん持ち過ぎてるのv-393
まぁ、食べても病気になるということではないけれど、できるだけ避けて。特に夕食には!
今の時期は、豚だよ~v-353


ぐっさんさん
ははは~、圧力鍋なので、手間がかかっているとはいえないですが・・・v-411v-356
しかも、陽である火をゆっくり、じっくり通さなくちゃいけないのに、圧力鍋で短時間でどうか・・・ってことですが(笑)

でも、家族には好評だったし、ソースにも陰のものが多かったしで、「ま、いいかぁ~」ですv-398


ピント さん
生ものをとる時は、他のものでバランスをとってくださいね~

陳皮、レンジでチンして作る人もいるようです。
あと、ネットにいれて、干して作る人もいるそう。
ワタシは、そのままベランダに干しておいて、よく風にとばされてます~(笑)

No title

陳皮を・・・・・今日は朝の味噌汁、昼の鶏ごぼう丼やかきたま汁に入れてみました。  とても香りが良くて嫁さんも喜んでおります。 花粉症のこと・・・ご記憶頂き恐縮です。 昨年の結婚以来我が家の七分搗きご飯、三年味噌はじめ自然に近い調味料類や梅干しなどを喜んで食べていますのでいずれ丈夫になってくれるのでは・・・と期待しています。
これからも宜しくお願い致します♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この前は詳しく教えていただき、ありがとうございました。

今はまた、門脈(肝臓より)に炎症がありまして、その影響でめまいも継続しております。

コメントを読ませていただいてて、
今の時期、鶏肉ってあんまり摂らない方が良い食材なんですね。
勉強になります。

私自身は今は肉類は一切摂れない(欲しくない)のですが
これからクリスマスシーズンですものね。
メニュー変更をした方がよさそうですね♪

No title

リラさん
すっかりお返事が遅くなり、ごめんなさい。
陳皮、気に入ってもらえてよかったです。
昨日も、花粉症のお友達のところで、ミルサーでひいた陳皮を置いていたところですv-398

お嫁さん、幸せですね~
お味噌も、調味料も、梅干しも美味しそう!v-344
授乳中はなかなか薬も飲めませんから、食べ物で予防が心強いですもんねv-392



v-83コメさま
もう、と~~ってもお気に入りで、毎日使ってます。
「これ、おかあさんの大事なものだからね!」と言っているので、食器洗い担当になる娘も、丁寧にあつかってくれてますv-398

特別な紅茶は、ゆーっくり味わえる時間にいただきますね~
今週はバタバタしてたので、まだ味わってませんv-356
そのうち、感想も記事にさせてくださいねv-392


ねぇまま さん
めまい、大丈夫ですか?
お大事にしてくださいね。

そうなんです!先生曰く、特にこの時期は鶏肉は控えた方がいいんですよ~v-356
逆に卵はオススメ!卵も種ですからね・・・いい種が作れるんですよ。

そういえば、クリスマスは、鶏肉ですよね?
でも、我が家も鶏肉を食べます。
我が家のモットーは無理のない食生活!
基本は食べたい時に食べます。もちろん、イベントの時も。
クリスマスに、チキンを食べる経験も、食養生と同じくらい大事なことと思ってます。
そして、また次の日から養生ですv-398

長続きには、ゆるーくですからv-392
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: