胆石と、睡眠の関係

去年の12月に、人間ドッグを受けた。

その時の、お医者さんとの面談で、
「胆石の治療に漢方薬とありますが、漢方薬では胆石は治るわけがない。
まぁ、痛みをごまかすくらいでしょうねぇ・・・」

と言われた。

そこで、お医者さんと、西洋薬と漢方薬の議論を戦わせてもしかたがないので、

いい大人のワタシは、
「そうですか」
と答える。

そんなワタシに、お医者さんは、
「治ると信じて、漢方薬を飲んでいるのに、
治らないなんていうと、がっかりしちゃうよねぇ?」

と。


ワタシは、漢方薬を信仰している訳ではないから(笑)、
別に、がっかりもしないので、
「いえ」
と答えた。


漢方薬で胆石を治す・・・それは西洋薬の考え方。


漢方でも、胆石を出すチカラの薬はある。
金銭草(キンセンソウ)というのは、石を出すチカラの生薬だし、
インチンコウトウという、胆石を出すお薬もある。
実際、これを処方されたこともあった。

けど、今の漢方医先生に、
「あなたには、インチンコウトウはふさわしくない。」と言われた。
誰にでも、石を出すチカラのインチンコウトウがいい訳ではない。

ワタシは、血が少なく、
血が少ないと肝臓がちゃんと働いてくれない。
ということは、血を増やせば肝臓がちゃんと働いてくれる。
肝臓がちゃんと働いてくれると、肝臓についている胆のうもちゃんと働く。
胆のうの働きを良くして胆石をだそうという考え方だ。

インチンコウトウは確かに、石を出す力はあるけれど、
冷やしてしまう薬が多く、
胃腸が弱いワタシには、ふさわしくないと言われたのだ。


ワタシが飲んでいる薬は、胆石の人全員を治す薬ではなく、
「ワタシの胆石」を治すために、ワタシの体の働きを正常にする薬だ。


・・・なんてことも、
面談してくれたお医者さんには、信仰にとられちゃうのかな?


でも、いいんだ。
「ワタシの胆石」を治すために飲んでいるお薬は、
同時に、ワタシの乾燥肌も、長年の便秘も、肌のくすみも解消してくれる。
そして、脂っこい物を食べた後の胃もたれもなくなり、風邪もひかなくなった。

ここ何年かの中で一番体調がいいのは、なによりワタシが一番わかってる。



ただ、残念なことに、エコーにはまだ胆石が映っていた。
薬は飲んでいても、睡眠時間がちゃんとしてないと、
ちゃんと血は作れない。
つまり、まだ肝臓の働きが不十分だということだ。

ちなみにここで書いてある血は、必ずしも血液検査の結果と一致しない。
もともと貧血気味のワタシで、
鉄剤を飲むように注意されたこともあったけど、
今回は、異常なし!

ただ、胆石を出すのには十分ではないということだ。


前記事にも書いたけど、
せっかく漢方薬を飲んでも、薬膳しても、
ちゃんと寝ないことには、せっかくのものが100%のチカラを発揮できないのだ。


・・・ってここまでわかっていたら、やっぱり眠るしかないでしょ~

でもね、わかっちゃいるけど、
血が少ない人って、眠りに入りにくかったり、眠りが浅かったりするの。
そして、寝ないからまたまた血が作れない、負のスパイラル

そんな時には、こんな赤い実を使って・・・
DSC05757_R.jpg
手前はナツメ、奥はクコの実。

中医学では、赤い食材は血を作ると言われている。
特にナツメには、気持を安定させるチカラもある。

これらを、そのままノンカフェインのお茶や、
ホットミルクに入れて飲んでもいい。

後は、軽めの夕飯で、
できるだけ早めの夕飯をこころがけて、
胃腸の働きを休ませるだけだ。


・・・ってこれだけわかってるんだから、実行しろよ!ワタシ
今年は、いい睡眠を目標に頑張ります!
(・・・って毎年書いてるような気がするけど 笑)


みなさんに、今年の人間ドッグの結果が自慢できるように?、
漢方薬でも、十分に胆石に対抗できると、胸を張って言えるように、
生活の養生も気をつけていきます~
(・・・あ、言っちゃったやるしかないよねぇ・・・)



これは、文中にもありますが、「ワタシの胆石」の治療方法です。
「あなたの胆石」には、「あなたの胆石」にふさわしい、治療方法があります。
漢方薬を処方させている方で、効き目がない方は、もしかしたら「「あなたの胆石」にふさわしいお薬ではないかもしれないです。信頼できる漢方薬局さんで、しっかりと体質をチェックしてもらい、ふさわしいお薬をもらってください。
(保険が効かないのですから、なおさらです)
他にも、西洋薬や、手術で取り除く選択もあります。

たった1つの自分の体です。
信頼のできる(ここ大切!)お医者さんと相談し、
後悔のない選択をしてくださいね。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



来年の1/26(水)に、
「簡単!プチ薬膳で免疫力UP」の講座をします。
ぜひ、遊びにきてくださいね。

毎月、15日発行の「かながわ子育て情報局」の
メールマガジンにも、薬膳記事を書いてます。
よかったら、登録してくださいね~

(どちらも詳しくはコチラから・・・)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

漢方薬って長く飲み続けて、
少しずつ体質を変えていくってイメージがあったけど
そういう漢方薬ばかりではない事を最近知りました。
私は年齢的なものか、生理前後にひどく気持ちが
ダウンするようになっていたのですが、
処方してもらった漢方薬を飲むと、すっごく楽になるんです。
即効性があるものもあるんだ~。
そこの病院でも言われましたが、
症状、体質、その他いろいろな条件によって
処方する薬が変わるから、誰にでもこの薬が効くわけではないって。
西洋薬でも、漢方でも、自分にあった治療ってのが大切なんですね。

No title

のりたまさん
明けましておめでとうございます。
今年もゆっくり仲良くしてくださいね。
西洋医学と中医学じゃ考え方が違うので
一概に良い悪いと言えないものですよね。
でも普通の人なら漢方じゃ治りませんよ!
なんて言われると凹んでしまいそうだけど
ちゃんと知識を持っているのりたまさんには
さすがの余裕を感じちゃいました。
どちらの医学も自分にあっているってことが
大切なんですよね。

No title

あぁ、ブルーノの担当医のことを思い出してしまった・・・
彼は西洋医学以外は全く信じない、頭の固い人でした。
自分の息子の苦しみを少しでも和らげようと、霊気を習ったり薬膳に目を向けていたお母さんに、それはひどいことをたくさん言ったものです。

いかん、また気分が滅入るので話題変更。
のりたまさんの対応って賢いと思います。そういう考えの人にいろいろ言っても、堂々巡りでこっちが余計なパワーを使っちゃって、疲れるだけなんですよね。
昔通っていた漢方を処方してくれる医院(保険適用!)での医者の言葉が、なぜか最近よみがえってきた私。今度メールでお話させてくださいね(笑)

わかりますよー

私は、11時ごろに寝て、6時前に起きています。
できたら、10時にはねて5時に起きるよう少しずつシフトしています。

私自身は、寝入りも寝起きもよく、快適。ただ、夢をたくさんみているので、もしかして熟睡できていない???でも、自分自身では、体調不良もまったくないので、いいとしています。

食べ物も大事だけど、睡眠も!やはり、よく寝てよく食べよく遊ぶ!!この3つだわ~と思っております。。。比率は人それぞれかもしれないけれど・・・

のりたまさん
今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

私はいつも疲れがたまってくるとめまいがして、病院に行って血液検査などをしても貧血はないと言われなんだかスッキリしないままで…
体調が良い時の方が多いのであまり気にしないようにしていました。
でも、よい睡眠が出来てなかったってことなんですね!
自分の体のシステムが理解出来てスッキリしました(*^o^*)
私の周りには信頼出来るお医者さまや漢方薬局などがまだ見つかってないので、自分にできる事を今年もコツコツやっていきたいです。
またいろいろ教えて下さいね♪

No title

v-365たくさんのコメントをありがとうございましたv-291
今日は、1/26の薬膳講座の打ち合わせでした。
黒豆茶をお持ちして、主催者の情報局のみなさんに飲んでいただいたところ、とても好評でしたv-291
先月の打ち合わせでお話した、お家でできる簡単薬膳も実行してくださっているようで、嬉しいです。
少しづつ、元気になってもらえるといいなぁ・・・





comichikoさん
そうですよね?漢方って、長く飲み続けるイメージがありますもんね。
もちろん、体質をかえるために、長く飲み続けるものもありますが、即効性のあるものもあります。

西洋薬でも、体質改善の注射なんかですと、長くかかりますから、どちらにしても体質改善には時間がかかるということですもんね。

体質や症状にあわせて処方をしているから、めまいを治すつもりでのんでいる薬が、不眠や動悸も改善されたり・・・ってことになるんですよv-392

うまい具合に漢方薬と付き合っていと、体質そのものが改善され、更年期なども比較的楽に迎えられるといわれているんですよ~


HappyManiax さん
こちらこそ、かわらぬお付き合いを、よろしくお願いします。

HappyManiax さんも経験済みだと思うのですが、喘息の発作とかがあると、やはり西洋薬があってよかった~と、ありがたみを感じます。
漢方や薬膳は、その発作をとりのぞくものもありますが、喘息にならないような体質づくりができます。

西洋・東洋、それぞれ上手く使って元気にいきたいですよねv-392

あはは・・・余裕というより、ワタシ自身の体調が今までにないくらいよかったのでv-411

それから、こういう考え方の西洋医の先生は多いので・・・慣れ??v-356


ピント さん
日本でも、多いですよ~そういうお医者さん。
今の医学部では、漢方は必修ですから、きっと両方理解できるお医者さんがこれからたくさんあらわれてくれると信じてますv-411

実は、漢方薬局などにいる、西洋薬全否定のような薬剤師さんも、ワタシは苦手なんですよ~v-356

ワタシがお世話になっている漢方医の先生や大学の教授は、西洋・東洋どっちもできる方。
どちらにも偏らず、公平な立場でお話をしてくれるから勉強になります。

メール、待ってますねv-392


ぐっさん さん
いつもながら、すばらしいと思います!
ワタシも見習わなきゃなぁ~v-356

いつもお世話になる先生は、どんなことがあっても10時には寝るそう。
仕事で、夜9時に帰ったら、夕飯を食べなくても、お風呂に入らなくても、10時に寝るそう。
そして、ちゃんと8時間睡眠だそうです。
そんな先生曰く、「目ざましで起きているうちはまだまだダメ!自然とその時間に気持ち良く目覚めるようにならないと・・」といいます。

いえ・・・ほどとおい理想の話です(笑)


ゆう さん
こちらこそ、今年もよろしくおねがいします。

そうねんですよね~?数値が異常じゃないと、病気じゃないのが西洋医学ですから・・・v-356

でも、貧血検査でひっかからなくても、めまいは中医学では立派な病気の一つです。

いい睡眠をとると、「気」や「血」が補えますので、疲れやめまいも解消すると思います。

後は、食事にも、赤いものや黒いものをとりいれて血を補うといいですよ~v-392

よく先生が、「いいお医者さんとは、その人とその人の家族の5年後、10年後の幸せを考えられる人だ」といいます。
そんな素敵なお医者様に、出会えますように・・・

ワタシも、そんな人になれるように頑張って勉強します!

No title

自分にあった薬や,食べ物がわかるって大事なことですね。
のりたまさんのように自分の体質を理解していて,
信頼できるお医者さんがいればさらに心強いですね。

(前の記事にも絡みますが)寝ないとダメな体なのは自覚しています。生活が不規則でも,食べなくても,忙しくても多少は平気。
でも睡眠時間が少ないのは何よりのダメージです(^^;)

眠りたいのに眠れない~(>_<)

そう!まれ~に睡魔・・・ならぬ覚魔(笑)がやってくるんです。

この覚魔の一番の餌が「眠らなきゃ~!!!」と言う人間のプレッシャー・・・ここから魔のスパイラルが始まるわけです・・・(T_T)

そこで、やっぱり私はホットミルクに蜂蜜で陰を補って、あとは『寝れないなら寝れなくて良いや。明日は寝れるだろう♪』とホットミルクでホットな気分で、あとは目をつむって横になる(^-^)

これだけでもプレッシャーで肝(交感神経)を興奮させるよりは疲れ方が全然違ったりしますね。するといつの間にか寝てたりします(^-^)

masaお勧めの方法です♪

No title

私には私の・・・賛成です♪
実行しろよ!ワタシ・・・・には心から大賛成です♪ (爆)
と言う訳で(どんな?)これから明日のお米を研いで寝ることにしま~す。
あと5分だ~、ダッシュ! 
で、お休みなさい。

No title

ipu-8 陽子さん
中医学では、人間の体を作る大切なものとして、「気」「血」「水」があります。
中でも、女性には「血」がとても大切なものなんです。
ワタシは、血液検査でもひっかかるような血の少ない人ですが、引っかからない人も、血はとても大切なものなんですよ~。

よく、お世話になっている先生も、食べる者は粗末なものでも、やはり眠ることがとても大切といいます。
陽子さんの言うとおり、寝ないのってかなりのダメージになりますもんね。
お忙しいこともたくさんあると思いますが、無理をしませんように・・・



masa さん
不思議なんですが、いまの漢方薬に変えてから、明らかに体質が変わり、お酒やカフェインに敏感になってしまいました。

いつもよりもちょっとのお酒で満足。
夕飯以降の中国茶やコーヒー、紅茶は、全く眠れなくなってしまったのですv-405

ホットミルクとハチミツは癒されますよね~v-398
なんでもない時に飲んでも美味しい♪


リラ さん
あはは・・・ダッシュ!(笑)

ダンナに、「これだけブログで書いたんだから、当然、早寝するんだろうね~?」と脅されてますv-411

うっ、言い訳できない~

胆石の治療は大変です。

遅くなって済みません。記事の内容については異論はありませんが、夜更かしはよくないので、出来るだけ早寝早起きを習慣づける方が望ましいです。

No title

便秘さん
コメント、ありがとうございます。

そうですね。
漢方薬より、薬膳より、それから西洋薬よりも、
何よりもの薬は、睡眠だと思ってます。

なかなか上手にとれてないので、反省点ですが…苦笑

胆石も、治療法はいろんな選択ができると思います。
やむおえず、胆のうを取り除いてしまうのも、本人が必要と思うならありだと思います。

でも、ワタシは、胆石を学びの石ととらえて、上手に一生付き合っていきたいと思ってます。

No title

はじめて、メールさせて頂きます。千葉県在住の高橋と申します。
胆石について色々と調べているうちにこちらのブログにたどり着き拝読させて頂きました。ありがとうこざいます。
実は私は50代の主婦兼会社員で、数年前から胆石があり数度にわたる西洋医学のお医者さんからの手術した方が良いですよ。簡単ですからというお話(胆嚢摘出が何が簡単なのか?!)をしりぞけ、あれこれ自分なりに東洋医学や自然療法などがないか調べてまいりました。現在は、まずは体重を3キロほど減らし積極的に野菜、青汁をとったり、また足裏健康法である官足法などをして様子を見ているところですが、もし宜しければあなた様のブログでもお書きになっておられるしっかりと体質チェックをしていただけるお勧めの漢方薬局があれば教えていただき、参考にさせていただければと思います。
以上、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

No title

高橋様
コメントをありがとうございました。
高橋様も胆石があるんですね?

まず初めに申し上げておきたいのは、中医学では一口に胆石といっても、人により対処の仕方が違うということです。

ワタシも西洋医からは、胆石手術は簡単だから「なぜやらないの?」くらいの勢いで手術をすすめらててました。

ワタシの場合は、砂状の胆石で、体質的に血が少ないことが原因だったので、漢方医の先生と、中医薬大学の先生に相談したところ、「胆嚢をとってもまったく意味がない」ということを言われて、自分でも納得したため、手術をしないことを決めたのですが、いまだに西洋医の先生には、「そんなので、本当に胆石がなくなるとでも思ってるの?」といわれます 笑

高橋様の体質にもよりますし、胆石が砂状か?ごろっとしているのか??にもよるので、ワタシと同じ方法がよいのかどうなのか?ということはお話しできません。

そして、オススメの漢方医の先生を・・・ということですが、
実は、ワタシの住まいは神名川なので、千葉にはあまり明るくないんですよ~
申し訳ございません。
ただ、1ついえるのは、体質チェックもせずに、ろくに話も聞かずに、漢方薬局なのに、健康食品をすすめてくる・・・というところはあまりあてにならないかな?と思います。

お大事になさってくださいね。

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: