春は血を補って、いい芽をだそう♪

神奈川でも、雪なんか降っちゃって、
まだまだそんな気もしないけど、
暦の上では立派な春。

体も知らずに、冬仕様から春仕様に変わってきてます。

人間の体は、寒い冬は、種のようにじっとしていていて、
体に必要なものをため込んでおきます。
だから、このブログでも、
「冬は種をとろう!」と記事にしていました。


それでは、春は?
自然界では、芽を出す季節。
今はまだ寒く、土の上には芽はでてないかもしれないけれど、
地中では、種は少しづつふくらみ、ちっちゃな芽がでているかも!


人間の体もそんな風になってきます。
今まで、体の内側にギュッとつまっていたものが、
だんだんと、外向きになっていきます。

外向きになる動きは、「気」の流れです。(「気」って?はコチラ)
「気」がスムーズに流れてもらうには、臓の働きがちゃんとしてないとダメなんです。

では、臓がちゃんと働くには?
前記事にも書きましたが、「」がたっぷりないと、
臓はちゃんと働いてくれません。

特に女性の体は「」でできているといわれてますので、
検査では貧にひっかからないけど・・・くらいの数値では全然足りないんです。

PCや携帯で目を酷使することも多いでしょうし、
検査ではひっかからないけど、
生理中は、
肌が乾燥気味だったり、からせきがでやすかったり、
前記事のように、まぶたが痙攣したりするのは、
が少ないのかもしれません

一年中、補うべき「」ですが、
この時期は、男性も女性も、特に補うようにしてくださいね。

DSC06381_R.jpg
これは、ある日の我が家の夕食です。

・鶏と卵のさっぱり煮
・ほうれん草のごまあえ
・野菜とトマトのスープ


とりたてて特別なメニューではないけど、
鶏肉、卵、ほうれん草、黒ゴマ、トマト、
ぜ~んぶ、を補うものです

鶏を煮混むときに、
お肉の消化を助けるサンザシ(手前)と、
自分の消化器(臓)の働きを元気にしてくれる陳皮(奥)をプラス
DSC06388_R.jpg


せっかく、血を補うものを食べても、
自分の消化器が不調だと、無駄なものになっちゃうからね。

それから、せっかく食べたものをしっかり血にするためには、
やはり、早めに寝ないとね!
ホントにしつこいけど、
ゴールデンタイム(夜9時から夜中の3時)の間に、どれだけ眠ったかで、
血の作られ方も違ってくるんだから。


冬にしっかりためた種から、いい芽をだして、成長させてあげましょうね



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

寝れません(汗)

夜型で早く寝る習慣がないのはいつもなんだけど、
そうじゃなくて咳がひどくて眠りにつけません(涙)
咳って横になるとひどくなりますよね?
眠くなってくると咳き込み、また一から・・・という状態。
こうなると長いんですよね、私・・・

薬膳茶、どのくらい飲めばいいのかを今日はお聞きしたくて。
ペースと量、教えてください!!!
あぁ、咳のし過ぎで頭も痛い・・・(涙)

こんばんは。

今、梅崎和子先生の陰陽調和料理本を読んでいます。

トマトでエっ!と思いましたが
やはり熱を加えることでこの時期の身体に合うごはん作りをされているんだなぁと思いました。

なんて言いながら、我が家の夕べのごはんはカレーでしたが。
スパイスが熱をとるものなんて初めて知りました。

逆にぴりぴり辛いから身体を温めるものなんだと思っていたお馬鹿な私・・・ もっと勉強せねば!

No title

ピント さん
相当ひどくなってしまいましたね~v-393
もちろん、お茶や食材での解決が一番ですが、眠れないほどだと、やはりお薬のお世話になった方がいいかもしれません。

薬膳茶ですが、ハンダイカイ以外は、直接咳止めや痰だしの効果はないです。(のど痛にはいいのですが)
お薬の補助的なものとして飲むのはもちろんいいと思いますが、もう少し咳止めの効果が高いものがいいと思います。

咳は、痰がからんでますか?痰の色は何色でしょうか?
咳が止まらなくなっていると、肺も炎症を起こし、熱をもってきてしまうので、黄色っぽいですか?
熱をもつと、ますます体に必要な水を消耗し、痰が煮詰まり、出にくくなってしまいますので、しっかりと、いい水分(これ大事です!冷たいものでなく、もちろん薬膳茶でもいいですし、スープやおかゆでも。山芋は体に潤いを与えるので、スープやおかゆに加えてもいいですよ)をたくさんとってくださいねv-392

ちなみに、ピントさんの苦手な金銀花も肺の熱をとってくれます。

量ですよね?喉が乾いた時に無理のないペースでがいいですが、体を冷やす薬が多いので、胃がやられないようにしないといけません。

薬の種類が多いと、それだけ胃腸にも負担をかけるので、水分を取る意味で、調節できるなら、金銀花やハンダイカイオンリー茶でいかがでしょうか?

お大事にしてくださいねv-392

No title

私も明日は鶏肉と玉子を・・・と思いつつ・・・
11時半を回ってシマッタ、おやすみなさい。

春が・・・

着実に近づいているな~と風のにおいで感じます。
あ!花粉症ってことではないんですよ~

冬の養生から春の養生に切り替えて、楽しい春を迎え入れたいと
思っていまーす★

No title

のりたまちゃん、こんにちは♪

なるほど、やっぱりどんな良い食材を摂ったとしても良い睡眠が得られていなければ何にもならないって事なんですね。。

ゴールデンタイムは10時から深夜の2時と聞いていましたが、深夜2時から3時の間にもまた別のホルモンが出る良い睡眠時間があるように聞きました。
9時から3時だったんだ・・・
その時間に殆ど眠っていないわたし。。
これではどんなに頑張っても(頑張ってなかったし^^;)改善されないわけね。

ほっこりしたこんな家庭的なお料理と睡眠、基本的な暮らしを大切にすることの大切さですね。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

v-380たくさんのコメントをありがとうございましたv-291
今日は、ちょっと実験をしたくて、エビの殻をから煎りしてました。
いい感じにできたら、記事にしますのでお楽しみに~v-411
気温も、天気も安定しないこのごろ、みなさんも体調にお気をつけてくださいねv-392



ねぇママ さん
梅崎先生ですと、マクロビでしょうか?
「陰陽」や「五行」が出てきても、中医学にそった薬膳と、マクロビはまったくの別物なんですよv-398

ちなみに、中医学では、トマトは、体を冷やすものですが、血を作ったり、体に必要な水分を作ったり、春に異常になりやすい肝臓の機能を正常にしたり・・・と、いろいろなチカラをもっています。

中医学では、「一陰一陽」という言葉もあり、(ちなみに、この陰陽もマクロビとは異なるものもあります)体を冷やすチカラノもの(陰)に、火を加えることで(陽)、平和な性格のものにするという考え方です。


それから、スパイスも中医学では体を温めるものが多いです。
シナモンやクローブやナツメグなどなど、生薬にもなっているものですが、この温める特性を生かして、漢方薬なども配合されているんですよ。

ワタシは、マクロビはどなたかに師事したこともなく、不勉強で、申し訳ないのですが、似た部分も確かにありますが、薬膳とは全く違うものとお考えいただいた方が理解しやすいと思います。
(これは、大学の先生もよくお話しています)

ねぇママ さんも、ご自身の体の声を聞いてあげて、体調がいいようでしたら、薬膳もマクロビもご自身にあったものだと思いますよv-392


リラさん
ははは・・・早めの睡眠。心がけておくだけでも違いますから~・・・・ってワタシも、気をつけなきゃv-393

今夜の我が家も蒸し鶏でした~
しっとり柔らかく、ジューシーでしたv-398

あとは、早く寝るだけですねv-411v-356


ぐっさんさん
中医学勉強していると、季節の流れや、「気」がはいっているかなどに、敏感になりませんか?
あ、ぐっさんは、トリートメントのお仕事をしているから、それ以前からかしら??

敏感になると、早めに対処できるからありがたいですよねv-392

気持ちも、なんだか新しい気分になり、春ですよね~


Fuwari Funwari さん
そのとおり!です。
ワタシのお世話になる先生にも、病気を治したいと思ったら、まずは睡眠から・・・といわれるくらい、睡眠は大切なんですよv-392

一日の24時間を季節にすると、夜の9時から夜中の3時までは冬になります。冬は、いろいろなものを蓄える季節なんです。
そしてこの蓄えたものが、そのあとの元気のパワーとなり、芽を出し成長していくのですv-398
だから、この時間にしっかりと休んでたくわえないといけないんですよv-392

とはいえ、ワタシもいつも遅くなってしまってv-393
気をつけないといけませんよね~v-356

ははは・・・写真のとりばえもなんにもない、いつもごはんですが(笑)、そんなものでも薬膳にできますよーが伝わればいいかなぁ~とv-411


v-83コメさま
えーっと、最初にメールフォームからいただいたのには、お返事をしましたが、それは届いてますか?
そのあとに、もし送っていただいたとしたら、届いてないようです・・・ちょっとまってみますねv-392

咳、このままひどくならないといいなぁ・・・。
ストレスは肝臓の働きを異常にするのですが、その影響で肺に負担がかかることがあるんですよ~v-393
(講座では時間がなくて、お話しできなかったのですが、五行の関係です)

寒い日に学校から帰ったら、ぬれタオルをチンして、ほっぺたや鼻をおおうようにのせてみてくださいね。(お子さんの顔だと小さいので、顔全体を覆うようでもいいです)
肺に冷えを残さないことも大事ですから・・・。
ほかほかタオルに心もいやされますよ~v-398
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: