さぁ~むい~夜だ~か~ら~♪  あったかごはん

あったかグラタン



遅い話題ですが(なんせ機械オンチなもんで)、日曜日の雪は、びっくりしましたね

子どもたちは喜び、庭、駆け回っていましたが、大人は、体のしんから、ひえひえ~


そんな夜は、あったかごはんです。

今日のあったかごはんは、『マカロニグラタン


えっ、えっ~?グラタンって薬膳なの??
薬膳って中華料理じゃないの???(・・・と、ワタシは勉強するまで、ずっと思っていた
いえいえ、薬膳は、中華だけでなく、洋食も、和食も、イタリアンも、エスニックも出来ちゃうんです



食材には、体を温かくしてくれるもの・冷やしてくれるものがあります

寒い時には、体を温かくしてくれるものを、暑い時には、体を冷やしてくれるものを食べるのが基本です。

もちろん、こんな寒い夜は、体を温かくするチカラの食材をいっぱい使って、あったかごはんをつくりましょう


このグラタンのポイントは、なんと!フライパン1つで作れること

洗い物も少ないと思うと、主婦は嬉しいですねぇ フフフ・・・



 レシピ

<材料  4人分>
玉ねぎ 中1個 ・ バター 大3 ・ 小麦粉 大1.5 ・ 牛乳 3カップ ・ 
マカロニ(早煮タイプ)100g ・ 鶏肉 200~300g ・ じゃがいも 中1個 
塩 小1/2~1 お好みで ・ コーン缶、とけるチーズ 適宜 


1. 火をとおし易くするために、玉ねぎは繊維に直角に切る。じゃがいもは1cm角に切る。
  鶏肉も食べやすく切る。

2. 玉ねぎ、鶏肉をバターで炒める。
  玉ねぎがしんなりしてきたら、ここに小麦粉をいれ、牛乳を入れる。

3. 塩を入れ、じゃがいもを生のまま加え、マカロニを茹でずに入れる。

4. マカロニを袋の表示より、1,2分余計に茹で、味をみて足りないようなら塩を加える。

5. コーン缶を加え、耐熱皿にうつし、上からとけるチーズをかける。

6. オーブンでキツネ色に焼けたらできあがり
  (オーブンがない方は、ガスのグリルでもO.K.)



ちなみに、食材の欄の赤字のものが、体を温かくするチカラのあるもの。
牛乳・バターは乾燥にきくチカラが、
コーンはむくみをとり、を高めるチカラが、
玉ねぎには、安眠効果があり、冬のあったかごはんにピッタリ

  鶏肉→えび   じゃがいも→かぼちゃ にしてもおいしい!!

どちらも、体を温めるチカラがあり。
えびは、腎臓に効くチカラが。 かぼちゃは、肺を潤し、から咳などに効くチカラがあります。
冬のグラタンは、どちらかというとこっちのレシピの方がいいかも

でも、家の子どもたちは、どっちも食べないから、鳥&じゃがで・・・。
食べなきゃ、どんなにいい食材も、なんのチカラにもならないしぃ・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: