お疲れに、薬膳ちらし寿司

今年の立夏は、5月6日。
立夏をむかえた途端に、夏のような暑さになった神奈川でした。


ちょっと遅くなりましたが、
立夏の日の、夕飯をご紹介~
前日5日は、実家の手伝いでヘロヘロの我が家。
夜中からの仕事や、立ちっぱなしの仕事は、久しぶりだから体がこたえました

若いころは、一晩眠れば治ったのに、
最近は、次の日の方が辛い・・・。
朝、起きると、四十肩やら、坐骨神経痛やら、体のあちこちが痛い・・・。
体の弱い部分が、全部、悲鳴をあげている感じ。


今夜は、息子と約束した、「ちらし寿司」だから、
せめて「」をしっかり補って、体をリセットせねば!
(「気」って何?はコチラ)

我が家の薬膳ちらし寿司をご紹介します。
DSC06743_R.jpg
おなじみ、手前の陳皮と、(陳皮ってなに?はコチラ)
右奥のナツメ、
奥の生薬のオウギ。(←ちょっとズル?苦笑)

これを使いました。


ナツメとオウギは、「」を補ってくれ、
陳皮は、その「」を流してくれます。
補うだけだと、パンパンになっちゃうから、
ほどよく流さないとね



オウギと、ナツメは、具を煮る時に。
オウギは、なんの癖もないし、
ナツメの自然の甘さも嬉しい~

陳皮は、ごはんに入れて炊きこみました。
DSC06760_R.jpg
酢飯になっちゃうから、誰もづかず~
っていうか、具の方も、誰もづかず~

DSC06772_R.jpg
できました~♪

買い物に行く元気もなかったから、
あるもので作った、シンプルちらし寿司。
でも、息子はご満悦

今回は、「気」を補うために生薬のオウギをつかったけど、
手に入らない方も、大丈夫!
シイタケも、「気」を補ってくれる、いい仕事をしれくれますから~

我が家では、戻して使った干しシイタケのじくの部分を、
再び、水に入れて出汁をとります。
DSC06765_R.jpg
こ~んなのが、

DSC06775_R.jpg
こ~んな感じに!(って、色の違いが分からないって? 笑)


このお出汁も、「気」が補えますので、捨てずに活用するといいですよ~

今日で、連休も終わりです。
明日から、疲れも出やすくなるでしょう。
そんな時にも、ぜひ、ご活用くださいね



それにしても、ワタシでこの疲れなのだから、
65過ぎても、いまだ現役で仕事をしている、
実家の父母の疲れは相当なものでしょう。
そんな思いで育ててもらったことを感謝します。
今日は、母の日ですからね



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちらし寿司おいしそうですね。 私はもっぱら巻きずし専門でちらしは作ったことがないんですよ。 反対に姉はちらし派、お互いにやりとりをしてたのしんでいます。

誕生日と母の日・・・二日続きで祝ってもらいましたが一番うれしかったのが嫁さんが描いてくれた私の似顔絵=孫をおんぶして食事の支度をしている時の。 ハハハ、汗かきのリラが首にタオルを巻いているんですよ。

なるほどね~!

軸でまた出汁が取れるとは!!!
うちは先日大量に戻して、その汁すごい色でした(笑)
ちょっとは使ったけど、使い切れなかったんですよね。
なにに使ったらいいのかしら・・・

っていうか、のりたまさんのご実家の話題が出ると、
頭が和菓子のほうにいって他の事忘れちゃう(笑)

ありがたい

こんな時やからこそ実践開始
グットなタイミングです私にとって!!

久々のコメントやのにもう失礼致しますが、
ちゃんと教え守っていますからね

No title

のりたまちゃん、こんばんは^-^

そうだったね、子供の日は柏餅を置く和菓子屋さんのお嬢さんは大忙しだったね^^
お疲れさまでした。

ちらし寿司♪
めちゃめちゃ美味しそう。
ナツメの入ったお寿司なんて、なんともオシャレで健康的だね。
わたしも椎茸は瓶に入れて戻しているよ。
直ぐに使えるし、だし汁もちゃんと取れるしね^-^

No title

かなり、「気」が弱っている私です。とても、勉強になりました。陳皮もナツメもオウギありませんが、干し椎茸が一杯余っているので、明日は食べようと思います e-466

素敵!

私もおうぎをにて、お味噌汁などに入れていますが、
ちらしずし!いいですね~

いつも勉強させて頂いております♪

いい気を入れて、元気溌剌!!!

No title

v-371たくさんのコメントをありがとうございましたv-291
今日は、中国の最古の医学書「黄帝内経」の勉強に行ってきました。
何千年も前の書物に、今の養生に通じるものがたくさんあります。
少しずつ、記事にしていけたらな・・・と思っていますv-398

今日、神奈川は、真夏の暑さでした。
明日は寒くなるそうです。体調に気をつけてくださいねv-392



リラさん
もしや、巻きずしで、お花とか作っちゃう方ですか??
巻きずしも大好きです~v-344
いいなぁ、お寿司のやりとり~

今日の授業で、喜びやお祝い事は、「陽気」(陰陽の)を増やしてくれるそう。
気持ちがウツウツとした状態の時には、ありがたいんですって~
地震後、ウツウツとなってしまう方も多かったですからね。
(リラさんのあたりは、余震も大きかったしv-356

嬉しいプレゼントですね~
これで、汗の夏も楽しみですねv-392



ピント さん
アトピーの娘さん、血を作るには、まず気からですから、干ししいたけの戻し知るもせっせとつかってくださいねv-392

我が家は、今夜の豚汁と、炊き込みご飯に使いましたv-398
出かけてて、ちょっとお疲れだったので、しっかり「気」を補っておきますv-392


ははは・・・和菓子屋って、意外に肉体労働なんですよ~v-356
材料は、粉も砂糖も、小豆も、もち米も重いし、餅をつく時は、中腰だし、蒸気で暑いし、火が消えると冷えるし・・・
和菓子屋の裏話でした~v-411


mamanさん
相変わらず、忙しく充実しているmamanさんv-398
ワタシも、いつも読み逃げでごめんなさい~v-393

お疲れの時には、「気」をしっかり補ってくださいねv-392
この時期の気温の変化にも、「気」がしっかしあればちゃんと体が適応してくれますから~v-392


Fuwari Funwari さん
ホントに、ものごごろついたときから、GWは遊ぶ日ではなく、稼ぎ時。
悲しい、和菓子屋ですv-411v-356

ナツメは、手でちぎってお茶パックに入れて一緒に煮混むんです~
そうすると、ドライフルーツの自然な甘みが嬉しいv-344
もちろん、お砂糖やみりんも入れますけどねv-392

忙しいFuwariさん!さすが~v-353
戻すときから、瓶に入れておけばいつでもO.K.ですもんね~
ワタシも、その知恵いただきます!


duckさん
連休明けでもありますし、「気」も消耗しますよねv-393
そんな時に、気温の差が激しいと風邪をひきやすくなりますもんねv-356

病気から身を守ってくれるのも、外気の変化に適応できるのも、「気」のお陰です。

シイタケもそうですが、いも類・豆類・穀類も「気」を補ってくれます。
ワタシのオススメは、山芋です。
疲労回復にもよいので、ぜひ~v-353


ぐっさん さん
オウギ、くせもないから、ものすごく使えますよねv-392
我が家は、味噌汁に水から入れ、その後煮ものにと、1つのお茶パックに入れたものを使いまわしてますv-411

風邪をひきやすかった息子も、娘の喘息や花粉症にも、一役かってくれてます。
ワタシより、かなり疲れているであろう、実家にもオウギをすすめてるんですよ~v-392



プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: