絶品!?めんつゆと、簡単活用法

自分が妊婦の時によく食べていた食べ物は、まんまお腹の子の好物になる。
・・・ホントかどうか、そんな話、聞いたことありませんか


息子がお腹にいた時は、つわりがとてもひどくて、ほとんど何も食べられず
6,7か月にあたる夏は、本来ならつわりも治まり、そこそこ食べられるはずだけど、
そうめんくらいしか、受け付けなかった

実家の母にも、「そんなにそうめんばかりじゃ、何の栄養にもならないよ!」と
言われたけど、食べられないもんはしかたない。それがつわりだ。


予想通り?、息子はそうめん好きとなった。


夏のお昼ごはんの定番のそうめんだけど、
冷やし過ぎてしまうのが、ちと困る。

夏はお腹の中は、冬よりも冷えているからね。(え?そうなの??はコチラ)
子どもは臓(消化器官)も弱いことだし、ますます余分な湿ができてしまう

ということで、今までは市販のめんつゆを、
陳皮やナツメなどで煮だしたお湯で割っていた。
(陳皮ってなに?はコチラ)


でも、今年は薬膳講座で紹介しようと、めんつゆを作ってみた
試作品は、上出来!
いつものごとく、「ワタシって天才じゃない?」の自画自賛(笑)

DSC06743_R.jpg
手前は陳皮、右がナツメ、奥がオウギを使って。

陳皮で、冷たいもので発生する湿を乾かして、臓(消化器官)を元気にし、
ナツメは気を補う力の他に、ドライフルーツなので、自然の甘味も嬉しい♪
オウギも同じく、気を補う、薬膳では有名過ぎる生薬。
どれも、体を温める生薬なので、そうめんの冷やし過ぎをフォロー


出来上がっためんつゆは、家族にも評判がよく、
そうめん好きの息子はもちろん、
そうめん嫌いの娘も、めんつゆにつられて、そうめんを食べる始末

実は我が家ではめんつゆは大活躍
簡単、なすの煮びたし風も作りました!
DSC06861_R.jpg

Cpicon お弁当にも!レンジで簡単★なすの煮びたし by のりたま@くすいむん

レンジでチン!して、めんつゆにひたすだけ~
あっという間に出来上がりだけど、こちらも家族の大好き料理。
なすは、体を冷やすから、体を温める生姜をトッピングしたり、
つけ汁のめんつゆに生姜をいれておいてもいいかも~

前に日に漬けておいて、次の日に、汁気をキッチンペーパーでよく拭き取り、
すりゴマやかつお節をたっぷりまぶして、更に汁もれを防ぎ、お弁当にも◎
お米を研いでいる間にできちゃうから、ラクチン♪

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


先日、試作品を、子育て情報局の方に食べてもらい、O.K.がでたので、
多分、6/22(水)の薬膳講座でも紹介予定です


6/22(水)9時30分~12時
神奈川県海老名市の大谷コープ


「簡単!プチ薬膳でクールダウン」
~暑さに負けない体作り~

中医学的には、春が寒かった分、
夏がイッキに取り返そうと、暑くなるかも??と言われています。
神奈川では、輪番停電も気になるところ。
無理なく、体の中から涼しくなり、夏だけでなくその先の季節も元気に過ごそう!


お申込み・お問い合わせはコチラから


ちなみに、息子がお腹にいた時は、
最後まで、ほとんどリンゴとスポーツ飲料の毎日。
ワタシ自身が特に好物でもないけれど、
一番、吐いた時にさっぱりしていたから。(お食事中の方、失礼します
どちらも、そうめんと同じく、今の息子の大好物だ。
やはり、その話は、一理ある??

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

正反対なんだけど・・・

1月生まれの次男。つわりは夏だった。
私はトマトが食べたくて食べたくて。
でも次男は15歳になった今もトマトがキライ。はっはっは~

他の子のつわりの時は、りんごとかチョコケーキとか、普通に子供が好きなものが食べたかったから、つわりとの関係は不明。

棗とオオギ…。

気がつけば使い切ってて、どちらも無いなぁ…。

買わなきゃ!…と思うケド、近くには買える場所もない…。

こりゃまた通販だなぁ…

メンツユは私は干し椎茸を入れて一晩冷蔵庫へ入れておきますね~。味もおいしくなるし、補気にもなるしそこにツナ入れて補血で今の私にピッタリ!

生薬を使いたいけど、なかなか手に入らなくて、一般の人への紹介が難しい…

No title

つわりって不思議な現象ですね、ってウン十年も前の話ですが。
ただ吐き気だけで特別食べられない物、食べたい物ってなかった様な。
出産間近、来る日も来る日もとろろが食べたくて・・・ハハハ、なので?息子はとろろ好きに。
嫁さんは家庭菜園のミニトマトが好きでお弁当にも持って行くくらいでした・・・なので孫はトマトが好きですよ。

No title

v-383コメントをありがとうございました。
今日は、息子のサッカーの試合でした。そんなに晴れてはなかったのに、やや熱中症になったワタシv-393
お家にあった漢方薬で事なきを得ました。
まだ、そんな熱くないから油断をしていましたv-393
みなさんも、お体にお気をつけてお過ごしくださいね。



おっちーさん
トマトかぁ~男子は苦手な子が多いよね?
うちの息子もトマト嫌いだわ~(苦笑)
弁当が地味~v-411

つわりと、好物の話、聞かない??
ワタシは、どっかで聞いて、「なるほど~」と思ったんだけどなぁ~



masa さん
ワタシのめんつゆにも、干しシイタケの冷蔵庫で戻したお出汁が入りますv-398

家は、近所に生薬を量り売りしてくれる薬局があるので、もちろん紹介をするつもりですが、(あ!薬膳で使われる程度の物の紹介ですが)、もちろん、手に入らない人にもそれなりに気を補ってもらえるレシピになってますv-398

あ、そんなことを言えば、ワタシの愛する陳皮もこの時期には一般の人は手に入れることは難しいですよね?
温州ミカンはもちろんないし、他の柑橘類も、無農薬とか、減農薬のもを使いたい・・・と思うとなかなか。
こちらも、漢方薬局のお世話になっちゃってますv-398

日本も、韓国や中国のように、ちょこちょこ手に入るといいんですけどね。


リラ さん
もしかして、お嫁さんが妊娠中にお話ししたかもしれませんが、つわりって、実は、赤ちゃんが下に下がってしまわないように、「気」が引っ張り上げているんです。
そのため、気の流れが上向きになり、吐き気となってあらわれるそうv-393

ワタシはホントにつわりがひどくて・・・これを妊婦中に聞いたら、どんなに励みになったんだろう・・・と思いましたv-393

おぉ!とろろ好きの息子さん!!日本人にはピッタリの食材ですね~v-353
お孫ちゃん、もうトマトが食べらるようになったんだ~早いですね~・・・なんだか親戚のおばちゃんのようです(笑)

うちもめん好き

久しぶり♪
2年ぶりかの風邪をひいてしまい、のどの痛みから熱はそんなに高くはないんだけど、身体がやたら重い感じがずっと続いてました。。。
主婦は熱がないと習慣のように家事をこなして、気が付くと具合が悪いのをさらに悪化させて寝込んでしまうんだよねv-12

我が家でも旦那、息子二人は大のめん好きで、ちょっと手抜きしたいときに大助かりなメニューになります。残念ながら、めんつゆは手作りではないけれど…。なすの煮びたしはよく作ります。生姜と万能ねぎをたっぷり入れて、なすも細かく刻んでめんつゆに入れて一緒に食べます。なす嫌いな下の子がこれだと食べてくれるんだぁ。
近所に小豆島出身の友達がいて、そこの生うどんを通販で買います。これがまた絶品なのよv-10

No title

次の世ではつわりの仕組みを良く知って・・・励まされますよね。
そう言うことを産婦人科で聞いておきたかったなぁ。

先程縁日から帰宅しましたが例年通りコンピューター解析の手相見のおじさんから見てもらったところ95歳までボケずに長生きなんですって。
たしか去年は94歳までと言われたんです。
と言うことは・・・次の世はまだまだはるか先になります。(笑)

No title

れーこさん
コメント、ありがとう~・・・って大丈夫??
体が重い感じ・・・多分、「湿」の仕業ですね~v-393
もう、よくなったのかな?
「気」を補うものと、「湿」でやられやすい消化器官を元気にする、山芋がオススメです~v-354
年とともに、なかなか治りにくくなるけど、無理せずに、しっかりと治してくださいねv-392

なすを細かく刻んでめんつゆにいれて・・・って美味しそう!我が家も真似っこするわ~
我が家も、娘はなすが好きなんだけど、息子はなす嫌いなのよ~[絵文
字:v-393]

・・・って小豆島の、生うどん!美味しそう~!!!
素敵な知り合いがいるな~v-353


リラ さん
ワタシも、自分が妊婦の、ものすごく辛い時に、つわりの仕組みを聞いていたら、どんなに励まされたか~と。

さすがに、もう1人、産む元気はないので(笑)、かわりに、一人でも多くのつわりで苦しむ人に伝えたくて・・・

お!リラさん、1歳、寿命が延びましたねv-353
これは、黒豆茶のおかげ?(な~んて 笑)

ワタシも、占いで、90まで生きると言われました。
そうすると、まだ半分も生きてないことに!v-405
まだまだ、ひよっこです~

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: