春は花茶♪

むか~し、むかし、今から5千年くらい昔のことじゃった。
中国に、神農(しんのう)氏一族がいたんだそうな。
この一族は、毎日、朝から晩まで山の中に入り、
さまざまな野草・樹木・果実・種を食べて、どの植物が食べられるか、どんなチカラがあり薬になるかを、自分たちの体を実験台にして調べていたそうな。

当然、見ず知らずの野草などを食べるのですから、1日に何度も毒にあたったそうな。
その際に、神農一族はお茶の葉で毒消しをしていたそうなんじゃ。


今回は、中国昔話ではじまりました。

この一族の体をはった努力は、後に漢方薬学の基礎となるのですが、
同時にお茶のチカラも中国全土に知られることになりました。


以前、「じゅんばん、じゅんばん」のところでも書きましたが、
お茶は、利尿作用が高く、脂肪・老廃物・毒物など無駄なものをおしっこと一緒に外へ出してくれます。
他にも、
・消化機能を高める
・虫歯予防・・・食後にお茶を!
・二日酔いの予防に・・・お酒の後にどうぞ!アルコールの分解・排出を促します。
・便秘の解消に
・キモチに活力を与え、肉体の疲労回復にも


一言に「お茶」といっても、その性質により、チカラはさまざまです。


お茶にも体を温めるチカラのもの、冷やすチカラのものがあります。


体を温めるお茶

紅茶(温)


体を冷やすお茶

緑茶(寒)
白茶(寒)・・・白牡丹茶など
青茶(涼)・・・ウーロン茶など
黒茶(涼)・・・プーアール茶など


ということは、あつ~い緑茶は、どんなにあつ~いお湯で煎れても、緑茶のもつ性質で、体を冷やすものとなるのです。

日本の冬の風物詩といえば、こたつにみかんと緑茶ですが、
「寒い、寒い」と言って、体を冷やす性質のみかん&緑茶をとるというのは、不思議なもんです。
ただ、みかんも緑茶もビタミンは豊富。
風邪予防としてはバッチリなので、一概に「よくないもの」とはいえません。
一緒に体を温めるものをとってください。


以前、お話したように、
熱タイプの人は、体を冷やすチカラのお茶を。
寒タイプの人は、体を温めるチカラのお茶をのむのがベストです。



が、自分のタイプがいまいち分からない。・・・と言う人もいるでしょう。

そんな人は、季節によってお茶を使い分けてみるのも・・・

春は、花茶
夏は、緑茶
秋は、青茶(ウーロン茶)
冬は、紅茶

が、よいといわれています。


今は、春なので、花茶です。


ジャスミン茶(平)・ハマナス茶(温)・菊花茶(涼)など。


ジャスミン茶  

 ジャスミンティー 2



ジャスミン茶には、体を冷やす、緑茶ベースのものと、ウーロン茶ベースのものがある。
ジャスミンの花は体をあたためるチカラがあるので、ジャスミン茶としてはそのどちらでもない平性になる。


沖縄では、「さんぴん茶」といわれ、すごくポピュラーなお茶。
コンビニでも、ペットボトル入りのものがたくさん売っている。
我が家では1年中飲むので、いつも棚に並んでるのを全部買い占めてきちゃう(笑)

   DSC01392.jpg



水出しで、冷蔵庫にいつも入れておき、油っこいものを食べた後、口をサッパリするために、
疲れている時や、ボーっとしている時の「気つけ薬」に大活躍




ハマナス茶
 
バラ科のお茶。
ビタミンCが豊富で気や血のめぐりをよくし、しみ、くすみなど美肌に効果あり。
気分の落ち込みぎみな時に。


甜茶などバラ科のお茶は、花粉症にもいいとされているので、まさに春にぴったり!




菊花茶

   菊花茶 その1


こちらは、すでに紹介済みですが、「」にもとつながっている目にも効果があり、
こちらも春にピッタリ。


いずれも中国茶の「花茶」は、ハーブティーのような効果があり、リラックス効果が高いです。
ストレスが溜まりやすい春は、花茶





ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お茶にも寒、涼、温などあるのは知りませんでした。
紅茶も身体を冷やすとずっと思っていました。笑
思い込みっていけませんね。
春の花茶ってなんだか嬉しいです。
さんぴん茶、ジャスミン茶より美味しそうに聞こえますね。
沖縄でも作られているんでしょうか。
また勉強になりました。

またまた御無沙汰していました~
やっと遊びにこれました~
そしたら、またためになることが!

私、緑茶大好きなんですけれど、温かい緑茶でも
結局は身体を冷やすわけになるっていうのが、まずビックリでした!

沖縄に行った際、たくさんの「さんぴん茶」が自販機に並んでるのに驚きました!
私は大好きだったから、いろんな種類を買っては楽しんで飲んでました(笑)

そしてこのピンクのパッケージと同じものを購入して帰ってきて、家で沸かして飲んでいた気が・・・

ハマナスと菊花茶はまだ一度も飲んだことありません。見たこともないかも。
ちょっと探検してこようと思います!

>Fuwari Funwariさん
そうなんです。お茶もその性質やチカラがさまざまなんで、中国では、体質改善など薬用に用いられることも多いそうです。
ジャスミン茶は、中国語でおなじみの「茉莉花茶」のほかに「香片茶」(シャンピエンチャー)と言うそうです。
それが、沖縄ではシャンピエンチャー→さんぴん茶となるそう。 メリケン粉みたいなもの?(笑)
沖縄のさんぴん茶は、台湾・沖縄原産と書いてありました。
確かに沖縄は台湾に近く、公設市場近くには、台湾からの中国茶の安く売っているお店もありますが、沖縄でつくられてるのなんか見たことないぞ・・・v-394
(どこで作られているのか知ってる方は、おしえてください。)
ま、沖縄の「てーげー主義」(適当)ということで許して?ください(笑)


>鹿乃子♪さん
そうなんです。緑茶は、体を冷やすものの中でも寒なので、とっても冷やしてしまいます。飲んでる時は熱いのですが、後でブルッときます。今度試してみてくださいv-290
実は、ほんとのオススメはピンクのパッケージの筒状(円筒形というか)のなんですよ~。お値段は、写真のト変わらず安いのですが、そっちの方がワタシは好きです。・・・が、もう全部飲んでしまっていて、写真にとれず(笑)
これからの梅雨の季節などの湿気とり、ジメジメしたキモチを盛り上げる気つけ薬としても大活躍してくれます。
役員の集まりにもペットボトルに入れてもって行き、話が難航している時に、キモチを鎮めるために飲んだりしてましたv-218
中国茶もなかなかいいですよ~。ぜひ、いろいろお試しくださいv-290

こんばんわ♪
blogに遊びにきてくださってありがとうございます。

私も、薬膳はずっと興味があり、
知っている効能などを料理やお茶等を食し
たまにですが、試してみたりしてます。
なので、フムフムと楽しく読ませていただいてます。
babyがうまれ、お顔のほっぺが赤く湿疹がなかなかよくならなかったりしてます。
来月から離乳食をスタートしますが、
根気よく、babyのアレルギー探しも手探りながら
がんばって&楽しんでいこうとおもいます。
中国茶やお茶と名がつくものは大好きです。
これからも楽しく遊びに寄らせてください。
また遊びにいらしてくださいね♪

havivyさん、コメント、ありがとうございました。
家も、子どもたちはアレルギー気があり、娘は喘息、息子も気管支が弱いのですv-393
娘や息子の友達も、アトピーや鼻炎、喘息とアレルギー気のある子が多く、アレルギーネタも勉強していろいろアップしていきたいと思いますので、また遊びにきてくださいねv-392
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: