冬じたくの毎日ごはん

前回は、とても素敵な薬膳コースだったけど、
もちろん毎日、そんな特別ご飯を食べてる訳じゃない。

只今、11/8の立冬前の土用真っ最中。

土用の養生は、臓(消化器官)を元気にして、
次の季節を元気に迎えるためのクッションの役目。


だから、臓に負担をかける
甘いもの・油っこいもの・生もの・冷たいもの・味の濃いものなどを
できるだけ避けて、


穀類・豆類・イモ類・かぼちゃ・とうもろこしなど、
臓を元気にするものをとるといいのは、
以前も記事にした。



以前紹介したナツメが、の果だとすると、
の穀は、

粟には、うるち米種と、もち米種があるけど、
うるち米種がベスト。


それから、まもなく来る暦の上での冬に備えて、
黒米を加えて。

以前紹介した、
『白』は秋の色だけど、
『黒』は冬の色。

だから、冬は『黒』い食材をたくさんとるといい。
黒米もそうだけど、黒豆・黒ゴマ・黒きくらげとかね。



という訳で、我が家のごはんはコチラ
DSC07634_R.jpg

これは、2週間くらい前のだったかな?
粟がメインで、黒米はちょっとだ。

そして、最近のごはん
DSC07636_R.jpg
黒米の割合が多くなってるのが、分かりますか??

これは、ダンナのお弁当だけど、
土用にふさわしい、かぼちゃや豆類。
冬の『黒』いひじきも入ってます。

お弁当のごはんは、つい最近まで、
『白』ゴマメインでかけてたけど、
明日は、立冬。
『黒』ゴマにシフトしないとな~とおもってます。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ




11/16(水)10:00~12:00
海老名市大谷のCOOPにて、薬膳講座をします。

小さいお子さんがいらっしゃらなくても大歓迎!
小さいお子さんがいて「ちょっと・・・」という方も、
保育があるかもしれませんので、かながわ子育て情報局さんへご確認を~

今回は、体質改善のための冬の過ごし方のお話もしたいと思ってます。
普段のお料理を薬膳にする秘訣?もお話できたら・・・と思います。

冬にピッタリの薬膳茶も用意して、お待ちしています。

よかったら遊びにきてくださいね







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今晩は~。
我が家は昨日のりたまさん直伝の黒豆ご飯でしたよ。
友人宅2軒にもおすそ分けしました♪
いつも御馳走様です、とってもおいしくて嫁さんも喜んでおります。

今度は黒ね・・・・

黒ゴマ、先日なくなっちゃって。
白ゴマは普通のスーパーでも売ってるところがあるんだけど(!)、
黒ゴマはやっぱり中華食材店に行かないと手に入りません。
今度行ったときはもうすぐなくなる黒きくらげ(子どもたちの大好物)とともに買わなくちゃ。

暦の上での季節の移り変わりって、実際より早いじゃないですか。
スペインでは冬至・夏至と春分・秋分で四季が変わる事になってるけど、
暦の上で・・・のほうがその後やってくる寒さ・暑さ対策が前もってできますね。
これを説明するの、すごい難しいんだけど・・・
旦那が「何その暦の上でってのは!」って納得しないの(苦笑)
中国や韓国ほどじゃないのかもしれないけど、やっぱり日本もいろんなことが生活に取り組まれてると感じます。

No title

v-273コメントをありがとうございましたv-291
今週は、学校行事や、仕事でバタバタしてて、今週末は幼稚園でのバザーだというのに、今朝、「喉がいた~いv-393
・・・ということで、慌てて菊花茶を飲むワタシです。
これから、娘の合唱祭へ行ってきます~



リラ さん
本当に、リラさんには、黒豆をご活用いただいて、ありがとうございます~v-291

おすそわけまでして頂き、みなさんに喜んでいただき嬉しい限りです。

ぜひとも、「冬は黒」とのウンチクとともに、どうぞ~


ピント さん
ゴマもですか??
日本では当たり前のようにある食材も、なかなか手に入らないんですね~v-393

おぉ!黒きくらげが大好物なんて、頼もしいおこちゃんたちv-354
黒きくらげ同様、もつものですから、ぜひぜひお買い求めを~

実は中医学でも、冬至・夏至・春分・秋分は、陰陽的にとても大事な時期なんです。

「暦の上・・」これも、日本の考え方なんですね~?
薬膳では、次の季節も考えて養生するといいので、早めくらいがちょうどいいのかもしれませんね~
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: