立春のミントの根っこ

**中医学講座のご案内**
(株)Buddyリレーション様主催で、中医学の講座をさせていただきます。
テーマは『アンチエイジング』

中国最古の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)』には、
女性の体は7の倍数で変化していく様子が書かれています。

古代の医学書からエイジング(老化)を学び、
無理のないエイジングケアをご紹介いたします。

「中医学、なんか難しそう…」と思う方も、大丈夫!
初心者向けの、分かりやすい言葉で、お話したいと思ってます。

●開催日:2012年2月20日(月)14時00分~16時00分
●会場:東京都中央区湊2-9-1第1オゾンビル2階 (株)Buddyリレーション内
    (日比谷線・八丁堀駅A2出口徒歩6分 有楽町線・新富町駅A7出口徒歩7分)



興味のあるかたは、ぜひ遊びに来てくださいね。

詳細&お申し込みはコチラ
目指せ健康美人★1dayセミナー
「中医学でアンチエイジング」~女性は7の倍数で歳をとる~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



今日は、立春だ。
それに、ふわさしく?いつもより寒くない~


先日、おやじ祭り終了後に、お友達から、ミントの苗を分けてもらった。
DSC07891_R.jpg

春の講座の時に、ミントのスイーツを出そうかな~と思って。
苺のスイーツに、1枚、ペロッと飾るのも素敵だしね。


このミント、まだ芽や葉っぱはちょっとしか出てないけど、
根っこはすごい!強くて、長い!!


おしゃれなお料理やスイーツのおともに使われることが多いミントだけど、
こういうのを見ると、
「やっぱり、雑草だな~!生命力がたくましい!!
と思ってしまう。


ミントは、喉が痛い時の風邪などにも使われる
中医学では生薬にもなっているものだけれど、

他にも、春にトラブルが起こりやすい、
目や頭などの体の上の方にも効果的!
目や頭が痛い時などの、余分な熱もとってくれる。


ただ、やや体を冷やすので、冷え性さんはとり過ぎにご注意を


今日からの春は、冬にしっかり体内にたくわえた種から、
少しずつ芽を出してく季節。

でも、人間の体の芽が土から出るのは、
もう少し先の、春分くらい。

それまでは、しっかり地中でミントのように根っこをはらないといけません。
このミントの小さい芽は、しっかしした根っこがあってのものだからね。

体にしっかり根っこをはって、春分にしっかりと芽を出せる、
そんな体づくりのお手伝いができるように、
春からもがんばっていきますね~

昨日、しっかり恵方巻きも食べたし~
DSC07972_R.jpg
ハーフだけどね(笑)

いや・・・いつも1本を食べてたんだけど、
結構なボリュームがある~
ということで、今年は半分にしてみました。
半分でもボリューミィーだったなぁ・・・
来年はクォーターか??(もはや恵方巻きではない 爆)


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミントにはお世話になってますよ~、特に春は。
花粉症持ちなので、目や鼻のむずむずの時にはすかさず。。。
後、頭痛の時にも飲んでます。
根を詰めてコンピュータで文書書きをやるので、
どーしても頭が痛くなるんですよねー。(^-^;;;;
家族は苦手としてますが。。。<ミント

No title

ラスさん
コメントをありがとうございます。

すばらしい!春にミントv-353

もちろん、疲れ目などにも一時的には、ミントはいいのですが、
コンピューターなどでの目の消耗の、根本的な対策には、
ぜひぜひ、「血」を補ってださいね~

特に春に異常になりやすい肝臓は、「血」がないとちゃんと働けませんから~

赤いものと、黒いものを意識してくださいねv-392

我が家も、家族は苦手としてます~v-356
緑茶とブレンドすると、少しだけど、飲みやすくなるかな?

No title

緑茶と混ぜて、砂糖を入れるとモロッコで飲まれてるお茶的ですよね。
私は好きだな~♪
ミントの種類は違うのかもしれないけど、その辺のことは気にしない(笑)

No title

ピントさん
へ~?モロッコでは、ミントと緑茶・・・と、ここにも砂糖が入るんですね??

菊花茶や金銀花茶にも、氷砂糖が入っていたりしますし、
ピントさんが、中国食材屋さんで買ってくれたお茶も、氷砂糖が入ってますよね?

どうも、甘味とお茶のブレンドの想像がつかなくて・・・・・v-356
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: