点心のお教室~肉まん~

ご縁がありまして、参加させていただいている点心教室、KonaHouseさん。

粉ものは、薬膳アレンジもしやすい。
お子さんたちと、薬膳肉まん作りのイベントなんかいいな~
それには、基礎を学ばなきゃ!
・・・と、通い始めて、今回で3回目となりました。

今回は、待望の肉まん!
皮からもちろん手作りです。

先生の手さばきを見ていると、超簡単そうで、自分でもすぐにできちゃいそうなんだけど、
これが、結構難しい~

実家で、和菓子のおまんじゅうを包む方が簡単だったりする
・・・って、きっと習うより、慣れろなんですよね(苦笑)

DSC08371_R.jpg
じゃ~ん、
「なんだ、のりちゃん、プロが作ったみたいにきれいじゃない~?」と思ったでしょ?

それもそのはず、こちらは先生が試食用に作ってくださったもの

先生のは、ひだが均等によっていて、ということは、食感がぼってりしたところがなくて、
いつかはこんな風に作れたらいいな~

他にも、いろいろなおかずをご用意してくださいました。
DSC08374_R.jpg

・鶏肉の豆鼓蒸し
・きゅうりと白きくらげのあえもの
・あさりの紹興酒蒸し


DSC08377_R.jpg
白きくらげは、を潤してくれるから、つやぷるお肌にありがたい~
スープやデザートでというイメージが強かったけど、
これは、いいアイディア!

ちょいピリ辛な手作りラー油がきいております。

特筆したいのは、あさりの紹興酒蒸し
DSC08376_R.jpg

これ、普通の酒蒸しや、ワイン蒸しよりも、断然美味しいかも~
ワタシは貝類から出るお汁が大好き~
この汁をつまみに、お酒が何杯もいただけますわ(笑)


そして、茶芸師でもある、先生のいれてくれるお茶は、
いつもお楽しみの1つ。
DSC08378_R.jpg

今回のお茶は、金桂単そう。
金桂とはキンモクセイのこと。

人工的につけた匂いではなく、お茶を作る段階で、
キンモクセイに近い香りになります。

金桂烏龍茶は、我が家にもあり、お馴染だけど、
金桂単そうはお初。
台湾のお茶だそうです。

さすが、先生がいれてくれると、お茶の甘味がぐ~っと
香りのよいお茶は、リラックス効果も抜群!


これを、今回のスイーツの杏仁豆腐と一緒にいただきます~
DSC08380_R.jpg
生クリーム入りで、リッチな味わいでございました~

杏仁豆腐についても、貝についても、もっと書きたいけど、
あっという間に長くなってしまいましたので、また次回~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




さてさて、次のイベントのご案内です~

**『はじめての薬膳』講座のお知らせ**

「薬膳って、ホントのところどんなもの?」「薬臭いの?難しいの??」
という、薬膳初心者の方向けのイベントです。

まず、薬膳ディナーをお召し上がりいただき、
そのあと座学になります。

お仕事の都合で、「19:00に間に合わない~」という方も、大丈夫。
薬膳ディナーをお召し上がりいただきながら、講座を聞いていただいてもO.K.です!

日時:4/25(水)19:00~21:00
会費:5000円(薬膳茶・薬膳ディナー・プチ薬膳ギフト付)
定員:10名
場所:Watanabe Naoko Private salonにて (日比谷線・東西線茅場町より徒歩8分)

お申込み&お問い合わせは、「くすいむんごはん」のブログのメールフォームまたは、直接サロンまで

前回、「平日の夜だったら・・・」とのお声もありました。
働く、忙しい方にも来ていただけるように・・・と、
夜の時間に設定しました。

今回は、ついつい遅い時間にお食事になってしまう方に、
夕食の食べ方の、中医学的にみた、ワンポイントアドバイスもお話しようと思っております。

からだにいい夕飯を食べながら、遊びに来ませんか?



エステサロンでの講座だと、あとあとセールスがうるさかったり、
提携している化粧品をすすめられたりするのかしら??
・・・と思われる方。

また、
「都内のエステサロンだと、オサレなOLさん御用達でしょ?
ワタシのイメージとは違うわ~」
・・・と思われる方。

コチラのサロンは、そう言ったところではありません。
何度も、打ち合わせなどでも行かせていただいてますが、
なんともいえない、「癒しのいい気」が流れていて、
何時間でもいられそうな雰囲気~

実際に、施術後のお客様も、まったりとお過ごしになられて帰るそうです。

ぜひ、その「癒しのいい気」を体感していただきたく、
そして、体の中からも薬膳ディナーで元気になっていただけたら・・・と思います。


今回は、ワタシがブレンドした薬膳茶をプチプレゼントさせていただきます。
よろしければ遊びに来てくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いやいや・・・

肉まんって、本当に包むの難しいですよね。
でもおっしゃるとおり、習うより慣れろだと思います。
いつも作ると、最後の方は結構納得の行く仕上がりになるけど、
次回作るとまただめになっています・・・あうぅ(涙)
そして今回の写真を見て、切実に蒸篭が欲しくなってしまった(笑)

いいなぁ、私もきちんと習いたいなぁ。
そのためにものりたまさん、頑張ってくださいね!(笑)

No title

ピントさん
その気持ち、本当にわかります!

皮作りも、最後がホントに上手くいくんですよね?そしてその頃終わる(笑)

先生の包み方は、均一方向に均一のひだ。
上手に包めると、その後の食感が全然違うんですよね~

ワタシも、帰宅してから、ティッシュで練習しました(笑)

せいろ、いいですよ~v-353
我が家も、蒸し野菜によく使うのですが、火にかけっぱなしでいいので、便利すぎてしまえません~

No title

薬膳肉まん!おいしそう。
具が気になりますぅ。
私も家で肉まん作るのですが、ワイルド過ぎる出来栄え(笑)です。
写真のようにお上品に作りたいものです・・・。


No title

kayo さん
薬膳肉まん、お粉にも陳皮をいれて~、消化を助けるものもいれて~・・・なんてアレンジききそうでしょう?

ワタシも、いつか先生のようにお上品に作れるようになりたいです。

いつか、 kayo さんのお子さんたちがお粉を包めるような年齢になる頃には、『お子さんと一緒に薬膳肉まんを作ろう!』なんてイベント、素敵だと思いませんか?

その日に、ちゃんと教えられるように、今はティッシュでせっせと練習です(笑)
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: