ヨモギのお風呂

**『はじめての薬膳』講座のお知らせ**

「薬膳って、ホントのところどんなもの?」「薬臭いの?難しいの??」
という、薬膳初心者の方向けのイベントです。

まず、薬膳ディナーをお召し上がりいただき、
そのあと座学になります。

お仕事の都合で、「19:00に間に合わない~」という方も、大丈夫。
薬膳ディナーをお召し上がりいただきながら、講座を聞いていただいてもO.K.です!

日時:4/25(水)19:00~21:00
会費:5000円(薬膳茶・薬膳ディナー・プチ薬膳ギフト付)
定員:10名
場所:Watanabe Naoko Private salonにて (日比谷線・東西線茅場町より徒歩8分)

お申込み&お問い合わせは、「くすいむんごはん」のブログのメールフォームまたは、直接サロンまで

前回、「平日の夜だったら・・・」とのお声もありました。
働く、忙しい方にも来ていただけるように・・・と、
夜の時間に設定しました。

今回は、ついつい遅い時間にお食事になってしまう方に、
夕食の食べ方の、中医学的にみた、ワンポイントアドバイスもお話しようと思っております。

からだにいい夕飯を食べながら、遊びに来ませんか?

今回は、ワタシがブレンドした薬膳茶をプチプレゼントさせていただきます。
よろしければ遊びに来てくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



少し前の話ですが、3月の終わりに参加した、
東日本大震災復興イベント『こころとからだの健康フェスタ2012』で、
素敵なものをゲットしてきました。

DSC08323_R.jpg

どっさりのヨモギと、紅花、それから生薬の当帰(トウキ)
実は、ヨモギも紅花も中医学ではお薬です。

ヨモギは、を補い、下腹部の痛みや冷えをとってくれる、女性に嬉しいもの。

紅花は、の流れをよくして、生理痛などにも効果的。

当帰(トウキ)もを補ってくれる。

女性にありがたい組み合わせだし、
これに麻袋までついて、500円とはなんてお安い!

韓国の物を取り扱うブースで見つけたのだけど、
あまりにお安いので、ワタシ達のブースにきていただいたお客様にも、
「絶対、買った方がいいですよ~」と、セールス

使い方は、一握りくらいを麻袋に入れ、毎日のお風呂にいれて『薬浴』に~

下腹部がいつまでもポカポカするので、生理痛のある方や、
お腹の冷えが気になるか方にはオススメかも~

暦の上での季節は、そろそろ春も終わりで、
5/5の立夏にむかってます。

ちょっと体の発散にもいいときなので、
ヨモギはそんなお助けもしてくれます。


ただし、発散のチカラが強いヨモギ。
夜9時以降のお風呂にはあまり適しません。

ヨモギ湯にする時には、9時までにお風呂を済ませてくださいね。
もし、9時を過ぎてしまう時には、長湯は禁物です。

先生は、「朝風呂に~」と言ってたけど、
いやいや、朝はそんなに優雅に過ごせませんから~(笑)

いやいや、のびのびと、ゆったりと過ごすのが春の生活の養生。
朝風呂をする気分で過ごすのが、理想的か・・・・


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



実は、今年の春先、何年かぶりに春先に蕁麻疹になったワタシ
ワタシのタイプの蕁麻疹には、ヨモギの薬浴がいいと、
いつもの中医師先生にアドバイスをいただいたので、
ちょこっと追記に載せておきました。
ちょいと、中医学の専門的なお話。
興味のある方は、どうぞ~





実は、今年の春先、何年かぶりに春先に蕁麻疹になったワタシ
原因は、分かり過ぎるくらいわかってた。

もともとが少ない体質な上、生理直後。
が無いとちゃんと働けない臓に、
更に過度のストレスがかかり、臓の働きが悪くなる。

がなくて隙間はできて、
臓の働きが悪くなることで、体の隅々まで、ちゃんとがいきとどかない。

特に、臓は、曲がったところもすらすらと流してくれるチカラがあるのに、
そこがちゃんと仕事をできないことにより、
中医で言う、関節にかゆみが生じてしまうんです。
例えば、手首、ひじの内側、脇、足の付け根、ひざの裏、足首。

ワタシのようなこんな状態を、
中医学では、「虚生風(けっきょせいふう)」というのですが、
が少ないことにより、風が体内に発生してしまう。
風は、かゆみを伴うことが多いです。
しかも、風は動きが早い。
ここかと思えば、またまたあちら・・・で、かゆみが移動します。

そんな時、根本的な解決は、血を増やし&ストレス解消なので、すぐには無理だけど、
いまのかゆみの症状をやわらげるためにと、
いつもの中医師先生から、「ヨモギの薬浴」を教わりました。
患部を手浴、足浴する感じ。


「蕁麻疹は冷やすもの 」
とばかり思っていたし、西洋医の先生は、冷やすことをすすめるから、
正直、ヨモギに??

先生に質問すると、
「血が少なくて、かゆみが生じている時は、血のめぐりをよくするのが解決方法」とのこと。

自分の体で、半信半疑に実験すると、
かゆみがおさまるじゃ~ありませんか~

目から、ぼろっと鱗が落ちました。


ワタシの症状をきいて、「あ、ワタシと同じだ!」と思われた方もいるかも。
でも、独自に判断せずに、信頼のおけるお医者様や、薬剤師さんの相談を受けてくださいね。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あれね。

私、どこかにおいてきちゃったのか、帰宅して探したら
ないんです。とほほ・・・

あんなにお勧めしたのに。。。とほほ。
お灸は鞄にいれていたので大丈夫でしたけどね。

先方からの連絡をまっているところです。情報あったら
連絡しますね。

ヨモギ

実は草もちが食べたくて、日本で買いたい物リストに入ってるんですが(笑)
もちろん私は粉末のなんだけど・・・食べてもいいのかな?

お風呂か~、湯船に入る事が全然ないからなぁ・・・
ヨモギ入れる以前の問題(苦笑)

No title

ぐっさん さん
え?本当に??
ちゃんと、お灸と一緒にお持ち帰りになったのかと・・・

お得なセットだけに、残念~v-393
ワタシも、どこからか連絡があったら、連絡しますね!


ピント さん
ヨモギ、乾物屋さんで粉末のも売ってますもんね~
長持ちもするし、いいと思いますよ!

お会いしてからお話しますが、
ピントさん家の娘さんにもいいかも~v-353

そっか~、スペインでも湯船につからないんですね?
雪が降る寒い日もあるのに・・・って、これが日本人の発想ですよね(笑)

おはよ~!

ちょっと、なんてタイムリーな!!

今日さ、お嬢が生理痛で学校休んでるのよ!
(私は無痛無感なので、全くつらさがわからない)
頭とお腹が痛いらしいけどね。

ヨモギ、取りあえず草餅食べさすんじゃダメかしら?
お風呂にするには乾燥させなきゃいけないよね?

だーーーーー!
ひさしぶりにコメント残して質問攻め!
メールしろよ!って話だわね^_^;

No title

ぷみ ちゃん
大丈夫?・・・って大変なのに、ぷみちゃんがそこで話してるみたいでわらっちゃたよ~

ヨモギ、お風呂に入れるなら、乾燥ものがいいけど、今日はお天気だし乾かしちゃう?もしくはレンジで?(笑)
ワタシが買ったものも、半生?くらいだったよ。
長期保存には、パリパリがいいんだろうけど・・・。

そうそう、飲んだり、食べたりでも大丈夫だから、
もし嫌じゃなかったら、ヨモギ茶でもいいし、(フェスタの時に、「ヨモギ茶が好き!」と、マイボトルに入れてた人がいたよ。抹茶っぽくって飲みやすいって・・・ほんとか?)
草もちでもいいよん。

あと、今日は暑くなりそうだけど、1日、冷たい食べ物&飲み物は控えてね!あと、生野菜とかの生ものも。
冷えると、子宮の血のめぐりも悪くなるから、(子宮周りの血管は細いものが多いので)より痛みも強くなるのよ~

これだけでも、全然違うと思うので~
お大事にねv-392

No title

こんにちは。ヨモギって草もちとお灸以外使用方法がわからなかったのですが、
お風呂に入れるとすごい力があるんですね。
勉強になりました。




No title

kayo さん
スグレモノですよね~ヨモギ!v-353

食べるのも、ヨモギ茶で飲むのもいいですが、くせがあってちょっと・・・という方は、お風呂でもいいですよね。

ぜひ、機会がありましたら体感してみてください。
お腹の中まであったまってる気がしますよ~

No title

よもぎですが・・・生葉を抱えて(笑)入るのはどうでしょうかね?
やはり乾燥でしょうかね?

No title

リラさん
すっかり、お返事が遅くなり、ごめんなさい~

ヨモギですが、ワタシが漢方薬局で買っているものは、全乾燥。
フェスタで買ったものは、生乾きくらいでした。

生でもいいのかもしれませんが、
天日やレンジで乾燥させてもいいのかもしれません。
持ちもいいですしねv-290
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: