マイナーなスグレモノ?金針菜

薬膳や中医学をやってる人には、かなりメジャーだけど、
一般の人には、かなりマイナーな食材がある。

この金針菜(きんしんさい)もその1つ。
DSC08747_R.jpg

茶色くて、干からびてるけど(乾物だから当たり前 笑)、
これは、ユリ科のお花のつぼみ。

生の金針菜が中華料理に入っていることもあるけど、
それはきれいな緑色をしていて、形もユリのつぼみの形です。


この金針菜、とってもスグレモノ。

まず、血を補うチカラにスグレテいる。
それから、体の余分な湿気をとりのぞき、ムクミ解消にもスグレテいる。

梅雨時期、多湿の夏にピッタリの食材だ。

同じく、血を補う黒きくらげ・ナツメ、
除湿&むくみ解消の昆布と一緒にもどしてます。

DSC08748_R.jpg
これで、スープにするつもり。


それから、このスグレモノの金針菜、
もう1つ、素晴らしいチカラがある。

この金針菜は、別名「忘憂草」。
憂鬱やくよくよを忘れる!素晴らしい名前だと思いません??

梅雨時は、雨が続くと憂鬱にもなりやすい。
そんな時は、気持ちも元気に、ムクミも解消なんてありがたい~


それから、手ものと資料をみたらびっくり~!!!
天然のメラトニンのような物質が多く含まれてるんですって~

メラトニン・・・そう!セロトニンのところでも出てきた人間の体から作られる自前の眠り薬。
DSC08638_R.jpg

セロトニンはメラトニンを作る原料になるから、
セロトニンを作ることは大事ですよ~と話しましたが、
もちろん、大事だけど、食べ物でもメラトニンのようなものがとれるなんて、ありがたい~


憂鬱と、ムクミを解消して、しっかり寝て、血を補うと、
ココロと体が元気になり、夏バテの予防にもなります。


残念なのは、マイナーな食材のため、
一般のスーパーでは売ってないことも多いです。

でも、バーミ●ンなどでは、金針菜入りのメニューもあるので、
行く機会があれば、お試しを~



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




こちらは、講座のお知らせです!
こちらの試食でも、金針菜をつかったスープをお出ししようと思ってます。

*My 塩糀を作ろう!*
日時:6/20(水)10:00~12:00(9:30より受付)
場所:国分南コミュニティーセンター
   海老名市国分南4-14-1
参加費:1,000円(材料費・資料代込み)
持ち物:500mlのタッパーを1つ・エプロン・タオルなど
保育費:300円
定員:20名

お申込み&お問い合わせは、かながわ子育て情報局さんまで
〆切6/15です。

もちろん、ご自身で塩糀を作ってもらう他、
夏の養生・中医学的な便秘の解消法
・塩糀や他のすぐれた発酵食品の薬膳的なとらえかたなど、
内容も盛りだくさんです。


当日は試作を重ねた、『塩糀ドレッシング』と、『塩糀スープ』の試食もあります。
DSC08589_R.jpg

DSC08591_R.jpg

この『塩糀ドレッシング』、意外といろんな食べ物に合う~
目から鱗の食べ方、オススメしますね~

もしかして、情報局さんからお申込みいただくと、
お子さんの年齢とか書かなくてはいけなくて、
「あら?小さい子がいるママ限定??」と思われるかもしれませんが、
今回は、どなたでもご参加O.K.です!

お申込みフォームでなく、メールからでもお申し込みできると思うので、
そちらからもどうぞ~

ぜひ、遊びに来てください!
お待ちしております~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

金針菜、韓国ではナムルになっていますね。チャイナタウンのお店では、スープによく入っています。これ自体あまり主張しないようなので、薬膳の観点から使用しているんでしょうね。

No title

minさん
中華では、とてもポピュラーな金針菜ですが、韓国でもナムルになってるんですか~
金針菜、もちろん除湿の効果もありますし、血を補って、ストレスでおかしくなりやすい肝臓のチカラを取り戻したり、不眠やうつにも効果的ですから、日本ももっとお気軽に手に入るといいんですけどねぇ…

そうなんですよね。味もそんなに主張しないので、きんぴらや煮びたしなど、和食にも使いやすいんですよねv-398

復習中

これ、くよくよを忘れる効果もあったのか!
早速食べるべきかも、私(苦笑)

No title

ピントさん
そうそう、湿もとってくれるし、血も補ってくれるから、ピントさん家には嬉しい食材かもv-354

くよくよしてます?ちょっとさびしい??
もともと「忘憂草」という名前もあるけど、科学的にもその効果がしょうめいされているようですよ~
お試しあれ!
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: