夏太りと咳の解消法・2 湿出しスープ

このごろの更新頻度に、「ワタシってすごーい」って自画自賛をしております 笑

さてさて、前回の記事で、
夏太りした方、
今、咳や、喘息、気管支炎、乾燥肌に悩まされてる方、
「体にたまった余分な湿が原因じゃないですか?」とお話しました。

そして、これ以上、「湿」を作らないためには、
食べない選択もありですよ~と。 (こちらの記事です)


ではでは、既にたまってしまった「湿」はどうしたらいいのか・・・。
それは、もちろん、外へ出せばいいのです。


瓜類や、ハト麦、、海藻類、豆類には利尿効果があります。

瓜類の中で、特にオススメなのは、冬瓜
ただし、瓜類は体を冷やすものが多いので、スープや煮物などの温かい状態で食べるのがオススメ。

中国の言葉で、
「痩せてる人は冬瓜を食べちゃダメ!」というような言葉があります。
ということは、痩せたい人は、冬瓜をたべなさい・・・と。

冬瓜というと、和風の味付けが思い浮かぶと思うけど、
ミネストローネや、ミートソースなんかに入れてもいい。
冬瓜自体は、癖のない味なので、洋風のお料理にもいい感じです~

DSC05376_R.jpg

それに加えて、同じく利尿作用もあるけど、
臓(消化器官)を元気にしてくれる、ハト麦もプラスするのもいい。
またまた、ハト麦もやや体を冷やし気味なので、スープなどのとりいれた方がよい。
DSC04942_R.jpg

ハト麦は、中医学では、「ヨクイニン」というお薬の1つ。
漢方薬局で買ってもいいし、大きな乾物屋さんで買ってもいい。

DSC04944_R.jpg
ツブツブの入ってるのがわかりますか?
これがハト麦です。

このスープ、残ったら、次の日に余りご飯を入れて、リゾットにしてもいいしね。
DSC05151_R.jpg
これが、またまた美味しいんだ~

もちろん、リゾットも、水分が多いから、
お料理からでも、体に必要な水がとれます。

よく煮込んだスープのお野菜も、リゾットのごはんも、
臓(消化器官)の負担が少なくてすみますから~。

特に、夕飯には、このスープだけでもいいくらい。
夕食を軽くすると、睡眠も深くいいものになりますから~

前記事にも書きましたが、
「睡眠に勝る薬なし!」
ですから~


今日は、神奈川では雨が降ったり、朝晩冷えたり、とよくわからないお天気。
「暑いのか、寒いのか分からないお天気」は、体調を崩すもとなりますので、
こんなときの一番の予防も、よい睡眠です。

体調を崩さないようにお気を付けくださいね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



講座のご案内
10月23日(水)16:30~17:45 「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」 
10月23日(水)18:30~19:45 「マイボトル薬膳茶」

10月27日(土)10:00~11:15 「まんまる美人塾・アンチエイジング」
10月27日(土)17:00~18:15「まんまる美人塾・つやぷる肌の秋薬膳」

を予定しております。
ぜひ遊びに来てくださいね~
開催日2日前に〆切です。お早目のお申込みをお待ちしております。
お問い合わせ、お申し込みはコチラまで




それから、こちらの会場は海老名市です。
かながわ子育て情報局さんで、薬膳講座をさせていただくことになりました。

11/21(水)10:00~12:00

場所や、詳しい内容は未定となっておりますが、
決まり次第、またご連絡させていただきますね。

こちらのお申込み&お問い合わせは、
かながわ子育て情報局さん まで。

小さいお子さんがいなくても大丈夫ですよ~
ご参加、お待ちしております。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私です、私・・・
喘息と副鼻腔炎の治療中です(汗)
昔から咳がすごいのも普通の状態な私、
本当に苦しくなるまで問題視しないんですよね・・・
これからはまず意識改革をしないとだめだ、と痛感。
だって、顔と奥歯まで、全部が痛いんだもん。
中が化膿してるだろうって話です(大汗)

喘息・・・これを治したくて、体質改善を目指して、
こちらのブログにたどり着いたのが3年ほど前?
なのにまったくだめじゃん、私!
久々に吸入薬とか使ってるし(涙)
しかもはと麦、なぜか行方不明でないし・・・

あー、しかも!飲んでる抗生物質の副作用で、下痢もなの・・・
最低です、本当に。

でも一番悪いのは、こんな時間に起きていること。
0時に抗生物質を飲まないといけなくて、
咳で弱ってるから眠いんだけど頑張って起きてると、
すっかり目が覚めちゃうんですよね。毎日同じ。

No title

ピントさん
大丈夫ですか?
咳や鼻水が出てるのが普通の状態になると、つい意識するのが遅くなりますよね。
でも、一度、元気になってしまうと、「こんなに楽だったんだ~」と。

顔や奥歯が痛いなんて、よほど熱がたまってしまってますね。
お大事にしてくださいね。

ピントさんは、ハト麦はどこかに行ってしまったものの(笑)、
食事にもとても気をつけてると思うので、あとは、
できるだけゴールデンタイムの睡眠時間の確保と、
運動のし過ぎが問題かも・・・。
いやいや、運動はいいのですが、もしかしてピントさんの許容量以上の運動量??
しかも、体調が悪い時も、しっかり運動ですから、気がますます消耗してしまうのでは・・・と。

これから、スペインは寒くなると、ただでさえ、気が消耗しやすいので、気をつけてくださいね。

午前0時に飲む薬・・・。時間指定なんですね。
しかも、きびしい~v-393
ほんとうにお大事にしてくださいね。

あ、あと、口からとらない方法の1つに、アロマもありますよ~
弱った脾臓だと、食べたものからますます湿が作られてしまいますから~
得意分野じゃないですか~☆

No title

冬瓜を食べちゃダメな人でないのが残念ですが(笑)
またまたいいこと聞いちゃいました。

私の乏しい料理知識の中では、冬瓜は和風の煮物しか思いつきませんでした。
ミネストローネ、是非作ってみたいです。
スープならたくだん食べられますものね。
リゾットもぜひ食べたいので、多めに作ってみます。
ハトムギは美肌にも良さそうですね。

ありがとうございまーす!

のりたまさん、お忙しい中、夏太り特集ありがとうございまーす!!
症状が見事に当たり過ぎてて怖いです(苦笑)。
から咳が出るわ、アレルギー症状が出るわ、肌がかさつくわ。。。orz
ダメダメすぎて困ります(涙)

食べちゃダメなんですね。でも食いしん坊の私にはそれがつらーい!(爆)
って、元々胃が弱いから、食べ過ぎはよくないことはわかってるんですけどね(苦笑)
ハトムギ、肺と皮膚が弱い子供のためにお茶には使ってたけど、
自分にも使わなきゃ♪ということで、早速買おう(笑)
冬瓜も、もらい物をそのまま放置していたので、今晩か
明日にでも料理に使おうっと♪
後、緑豆もOKですか?雑穀ごはんに使ってるんですが。

No title

冬瓜が好きっ
少し前に豚バラと一緒に中華風スープにしたのに、ウチの連中は誰も喜ばない(怒)
残り半分は知らんぷりして豚汁に入れました。誰も気づかないまま食べちゃった。ほーほほほっ(高笑)

No title

コメントをありがとうございました。
朝晩、かなり冷えるようになりましたね。それと、乾燥もすすんでるぅ~v-356
体は温度調節でも「気」を使い、疲れやすくなったりします。
しっかりのよい睡眠をこころがけて、体調を崩さないようにしてくださいね。



ipu-8 陽子さん
あはは~ワタシも、そうです 笑
そうですよね?冬瓜って、日本料理で使われることが多いですし、
和食のイメージや、中華スープなどのイメージですが、
実は、あまりくせのない味なので、洋食にも使えるんですよ~

ぜひ、お試しくださいね!

そのとおりです!「ハト麦」は別名いぼ取りといって、肌にもいいんですよ~。
ただ、体をやや冷やしますので、あったかい状態でお召し上がりくださいね~。

リゾットもぜひ!v-392


ラス さん
かな~~~り遅くなってしまい、申し訳ありませんが、ちゃんと覚えてましたよv-411

体調はいかがですか?
ラスさんはお忙しいので、なかなかゆっくりと治せないと思いますが、ご自愛くださいね。

さてさて、ハト麦も緑豆も冬瓜も体をやや冷やすんですよ~
だから、夏の湿とりにはとても向いてますが、だんだんと寒くなってきますので、スープやお粥などの温かい状態で食べていただくのと、
全部一緒に出すと、冷え冷えじゃないですか~ 笑
だから、適度にネギや生姜などを加えて温めるのもいいですよ。

ごはんに入れて毎日食べるなら、緑豆の量を少し減らして、黒米や、粟(もち種でない)などを加えてみてはいかがでしょうか?


おっち~さん
不思議と、冬瓜って好き嫌いが分かれるよね~。
あんまり味もしないし、クセもないんだけどね・・・・食感??笑

豚肉とも相性がいいけど、うちもみんな食べないよ~
だから、細かく切ってミネストローネv-411

豚汁もいいよね~
どのやさいか分からないし~ 笑
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: