素敵な先輩たちと、ハーバリスト倶楽部

このブログでも、たくさんの素敵な人生の先輩と仲良くさせていただいてますが、
今年は、お仕事関係でも、50代、60代、70代と、たくさんの素敵な先輩とお会いする機会をいただきました。

カルチャーの生徒さんのお言葉、
「一度の人生だから、せっかくだからいろんなことを知りたいじゃない?」と。
大先輩からのお言葉は説得力があります。

ワタシが研究科に通う、北京中医薬大でも、
大先輩の方々が、元気に前向きに学ぶ姿勢にはいつも頭が下がります。

紀元前からの歴史をもつ中医学。
勉強すればきりがなく、一度、足を踏み込んでしまったら、
浮気を許さない?・・・いやいや浮気の余裕のない学問です。

みなさん、中医学なんて勉強しなくても、その道のスペシャリストなのに、
更に学ばれる探究心は、本当に尊敬するばかり。
43歳のワタシが、負けてられませんね~笑


そんな中、ご縁があって出会った素敵な女性、小山先生。
カモミールという、世田谷でアロマとハーブの学校をしてらっしゃいます。

今年、ハーバリスト倶楽部を立ち上げたそうで、
来年から、ワタシも、そこで講師をさせていただきます。
DSC09268_R.jpg

いわゆる薬草としてのハーブだけでなく、
工作(クラフト)をしたり、お料理したり、園芸したり、歴史を学んだりと
多方面から植物を学ぶ倶楽部です。

個人的には、歴史の分野に興味シンシン。
昔、ヨーロッパでは、薬草を上手に使って病気を治す人を、魔女と言っていたそうです。

先生の、その年齢を感じさせない美しさ&元気は、まさに魔女。
メールをいただくたびに、ワタシも元気をいただく貴重な方です。

修行中の魔女のワタシは、中医学&薬膳の切り口から、薬草(ハーブ)を担当させていただきます。

たくさんの素敵な先輩たちは、 ワタシのこれからの目標になります。
本当に心から、感謝したいです。

ワタシも学ぶ気持ちをずーっと忘れずに、
いつか、みなさんが元気になる魔法をかけることができたら・・・と思っております。
薬草を上手に使えるように、浮気しないでがんばらなきゃ! 笑


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



さてさて、新年早々の講座のお知らせです。

薬膳&漢方美人塾・冷えとり薬膳
「冷えは体質だから・・・」とあきらめていませんか?

冷え体質を改善できたら知らないうちに風邪や花粉症予防もできちゃった?!
・・・そんな都合のいい?China Magic(中医学)をご紹介します。

普段の食事とオリエンタルハーブ(生薬)で、いつものごはんを薬膳に変える!そんなアレンジ方法もご紹介します。
※冷え取り薬膳茶付きです。

日時:2013年1月12日(土) 10:00~12:00
場所:カモミール 世田谷区宮坂2-26-24-1F (小田急線豪徳寺駅 東急世田谷線山下駅)
参加費:会員3,000円/非会員3,500円
 
お申込み&お問い合わせは、お電話にて 03-5426-2123 
申込み締め切り:2013年1月5日(土)

コチラのHPに詳しくは掲載されております。ハーバリスト倶楽部
今回は、いつもよりも薬草についてのお話をさせていただこうと思っております。
ぜひ、遊びに来てくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title


のりたまさんカッコよく進化してますね~☆

小田急の豪徳寺近くでお教室なんて10年前なら小田急線沿いに住んでたから行けたのに~~。

くやしー(笑)

講師頑張ってくださいね。

追伸☆お忙しいのに私のブログにコメントを残して下さってありがとうございます。



No title

kayoさん
ありがとうございます!
いえいえ、活動はぼちぼちで・・・・。
ただ、「こういう女性になりたい」という方に出会えることは、とても感謝してます。

小田急線沿いに住んでらしたんですね~う~ん、残念v-356
ワタシも今年は、都内や千葉遠征が多く、比較的近場で講師をさせていただけることに、とても感謝しています。

寒い日が続きますが、ご自愛くださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

のりたまさん!はじめまして。
いつも感動しながら読んでいました。私も、家族のために薬膳を学び、魔法使いをめざしています(*^^*)

元エステティシャンで、今は主婦ですが、時々私も講師を頼まれます。
のりたまさんみたいに、これから色々活動の場を広げていきたいので、本当にのりたまさんほ憧れです。なにより伝え方が上手!

これからも勉強させてもらいます~(*^^*)

No title

のりたまさん、はじめまして!
いつも楽しく拝見しております。
クックパッドのレシピから、こちらのブログを知りました。
薬膳にとても興味があり、参考になり嬉しいです。

質問があるのです。 冬は豚肉が良いのでしょうか?
2011年12月19日のブログを拝見して豚肉が良いと思ったのですが、
冬の薬膳や体を温める薬膳に鶏肉の料理が多く、体質も関係するとは思いますが初心者の知識のない私にはよく理解できないのです。
お手数をおかけしますが、教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

No title

v-83コメさま
はじめまして!コメントありがとうございます。
中医学とハーブ、切り口は違うけれど、共通点はたくさんあって、ワタシ自身も勉強になります。

滞りがちですが、更新、がんばりますね~v-411


こけしさん
コメント、ありがとうございます!
こけしさんも、魔法使い修行中の方ですか~v-411

元エステシャンさんでしたら、からだの外からのアプローチはスペシャリストですね?
薬膳で内側からなんて、ホントに素敵~!!

ワタシが憧れなんて、大変光栄ですが、目標が低すぎです 笑

伝え方も難しいですよね?私は、初心者向けの講座では、専門用語をできるだけ使わないようにしてるんですよ。「気」とかもね。

修行の道は、長く険しいですが、お互いに頑張りましょうね!


めい子さん
クックパッドから、来てくださったんですね。
ありがとうございます!

めい子さんも薬膳を勉強中でしたか。
過去記事まで読んでいただき、本当にありがたいです。

そうですよね、ワタシも薬膳を大学で学ぶ時には、冬は鶏肉や羊肉などの体を温める食材を・・・と習ったのですが、勉強していくうちに、豚肉の方がオススメということが分かりました。

ここまで書いて、もしかしてめい子さんと同じように疑問に思われる方も多いかもしれないので、次回の記事にすることにします。

お待ちくださいね。

No title

早速、お返事を頂きありがとうございます。
薬膳は奥が深いのですね~!!

次回の記事を楽しみにしております。
よろしくお願いします。

めい子さん
薬膳は奥が深いですが、毎日続けるには、難しく考えないことも大切です。

多分、今回、アップした記事だけでは、めい子さんが知りたいことに足りないと思うので、その2をお楽しみに〜

No title

のりたまさん
年末のお忙しい時に、豚肉の記事をアップして頂いて
ありがとうございます。

その2も楽しみにしております。

No title

めい子さん
その2、アップしましたよ~。
年末年始のお忙しいのがすみましたら、チェックしてみてくださいね~。

めい子さんのききたいことに、ちゃんと答えられてるといいのですが・・・。
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: