2012年、ありがとうございました☆

2013年の薬膳講座のご案内です。
薬膳&漢方美人塾・冷えとり薬膳
「冷えは体質だから・・・」とあきらめていませんか?

冷え体質を改善できたら知らないうちに風邪や花粉症予防もできちゃった?!
・・・そんな都合のいい?China Magic(中医学)をご紹介します。

普段の食事とオリエンタルハーブ(生薬)で、いつものごはんを薬膳に変える!そんなアレンジ方法もご紹介します。
※冷え取り薬膳茶付きです。

日時:2013年1月12日(土) 10:00~12:00
場所:カモミール 世田谷区宮坂2-26-24-1F (小田急線豪徳寺駅 東急世田谷線山下駅)
参加費:会員3,000円/非会員3,500円
 
お申込み&お問い合わせは、お電話にて 03-5426-2123 
申込み締め切り:2013年1月5日(土)

コチラのHPに詳しくは掲載されております。ハーバリスト倶楽部
今回は、いつもよりも薬草についてのお話をさせていただこうと思っております。
ぜひ、遊びに来てくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



2012年も、あとわずかで終わろうとしております。

今年は、ありがたいことに、たくさんのお仕事のご縁をいただき、
ここ何年かで、こんなに1年が短く感じる年はなかったくらいです。

2月に、企業で薬膳講座をさせていただいたことが、つい昨日のように思えます。
3月には、東関東大震災の復興イベントに協力をさせていただいたり、
カルチャーセンターや、エステサロン、カフェ、幼稚園、自治体と、
いろんなところで薬膳講座をさせていただきました。

参加していただいたたくさんの方々、お忙しい中、ありがとうございました。

中には、西洋医学の手を尽くしたけど、なかなかよくならないというかたもいらして、
1回の講座で全てを伝えるのは難しいですが、
「中医学という世界もあるんだ」「薬膳という解決もあるんだ」と、
少しでも、世界を知っていただき、気持ちが楽になっていただくお手伝いができたら、
とても嬉しく思います。

今年の年頭に立てた目標で、
今年は辰年。龍は万能に見えるけど、耳は聞こえない・・・
だから、辰年は、勢いだけでなく、他人の話に耳を傾けたい、と。

今年は、たくさんの人から、いろんなことを教わり、そういった意味では
他人の話をよく聞けたかなと思うけど、どうだろう・・・。

来年は辰年ではないけれど、とても大切なことなので、
引き続き目標を持ち続けたいと思います。


DSC09361_R.jpg
毎日、我が家で使っている生薬、
実はナツメ
ごぼうみたいのはオウギ
ミカンの皮の陳皮

胃腸を元気にして、余分な湿気を外に出し、胃もたれ防止の素敵な組み合わせ。

もちろん、お正月のお雑煮や煮ものにも大活躍!
こんな風にお茶パックに入れて
DSC09362_R.jpg
これは、お雑煮のお出汁。
ルクルーゼで作ると、ナツメがやわらか~くなっちゃうから、
お出汁が濁らないように、今回はナツメもお茶パックに入れました。

お餅のネバネバは、消化器官に負担をかけるから、
お腹の流れを良くする陳皮も忘れずに。
大量に入れると薬臭くなっちゃうから、ほどほどの量で。
長く時間を入れると、これまた薬臭くなっちゃうから、ほどほどの時間で!

(今年、お仕事を一緒にさせていただいた、大先輩の管理栄養士さんには、
「ほどほどはダメよ!」と怒られそう


「そんなこと言っても陳皮はないわ!」という方は、
香りのものも、巡りをよくしてくれるので、
お雑煮には、ぜひ三つ葉や、ゆずなどを添えてくださいね~

DSC09363_R.jpg
今年のお花見薬膳弁当にも入れた、しいたけ煮。

自慢ですが(笑)ワタシのしいたけ煮は、美味しいと大好評!
だって、今年は、野菜ソムリエの「干ししいたけ講座」にも行って、
干ししいたけのチカラを最大限に生かす方法を教わったんだもん~

干ししいたけをもどす時に、ナツメも入れとくと、
自然の甘さも出るから、お砂糖やみりんのあまさも控え目にできる

来年は、こんな簡単な薬膳食材の使い方講座もできたらいいなと思ってます。

今年もなかなか更新もままならない、
コチラのブログに遊びに来ていただいたみなさん、
応援して下さったみなさん、ありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

あと数時間ですが、よいお年をお迎えくださいませ。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

麻生泰AGAのコメント

はじめまして。麻生泰AGAです。
心と身体のケアは重要ですからね!

No title

龍って、耳が聞こえないのですか???!!!初めて知りました!

腎が弱いようには見えないのに・・・


今年は生のナツメをたくさんもらう予定ですが、今あるのは輸入ものの甘いドライフルーツになっているものです。ちょっと甘すぎて使いづらいのですが、のりたまさんは、いつもどちらからナツメをお求めですか。いつも艶々のナツメをお使いですよね♪


お正月は五色なますとデトックス雑煮を作りましたよ!

No title

麻生泰AGA さん
はじめまして。コメント、ありがとうございます!

からだだけでも、心だけでも不十分なんですよね。
両方の元気のお手伝いができたらと思ってます。
よろしくお願いします。


こけしさん
ふふふ・・・確かに腎が悪いようには見えませんが、ただ、腎虚の症状の1つにもなる「耳聾(じろう。耳が聞こえにくくなること)」には、龍の字が使われてるのは、この意味だそうですよ。

一見、万能にみえるものでも、なにかしら苦手なことはあるということでしょうか・・・。

甘いドライフルーツだと、お料理には使いづらいでしょうか?
ワタシは、中華街や、漢方薬局で買ってますが、ネットなどでも買えますよ~。

五色なますと、デトックスお雑煮ですか?美味しそうですね~

No title

明けましておめでとうございます。
今年のブログも楽しみにしております。

年末は、その2もアップして頂きありがとうございました。
薬膳超初心者の私には、難しいですね~(汗)

冬至が過ぎたので少しずつ陽のものを取り入れたら良いのですね。

これからもよろしくお願いいたします。
遠方に住んでおりまして、のりたまさんの講座に参加できる方が
うらやましいです。 いいな~!!!

No title

めい子さん
あけましておめでとうございいます!
今年もよろしくお願いいたします。

さてさて、その2も読んでいただきありがとうございます。
そうですよね。ちょっと難しいかもしれませんv-356

でも、初心者の方なら、とりいれやすいところからで全然OKだと思います。
ワタシも初めはそうでしたし、今も、簡単な薬膳ばかりです。
毎日のごはん、あまり気にし過ぎていても、長続きしないですもんね。

薬でなく、食材を使うので、即効性はあまりない代わりに、続けることに意味があるのが薬膳ですから~

そうです。
冬至を過ぎたので、陰の根菜などをベースに、これから少しずつ陽のものを取り入れていくといいと思います。

例えば、我が家のお雑煮は、昆布とかつおで取ったお出しに、大根やニンジンなど陰のものを入れて、ちょっとの鶏肉などの陽のものを加えると言った感じです。
こうして見てみると、意外と簡単でしょう?
鶏肉と根菜の筑前にでもいいのですから~

また、分からないことがあったらお気軽にご質問くださいね~

No title

のりたまさん
いつも早々にお返事を頂きありがとうございます。

鶏肉のお雑煮、おいしそうですね!
筑前煮も好きなので、作ってみます。

薬膳に出会うまでは、大根は生も加熱した物も普通に食べていました。
のりたまさんに笑われてしまいそうですが、実はカブが体を温めるとの事で、最近は大根をカブに置き換えてお料理しておりました。

どうも私の薬膳のとらえ方は、ズレているようです。(汗)
陰の物も取り入れた方が良いのですね。勉強になります。

また、分からない事があれば質問させて下さい。
よろしくお願いします。

No title

めい子さん
ふふふ・・・ずれてなんてないですよ~

めい子さんの大根とカブのようなこと、ワタシも昔はよくやってました 笑

陰陽のお話は、薬膳で言う四性(体を温める食材・冷やす食材)のとらえ方とはまた違います。
四性だと、カブはからだを温めるものになりますが、温める冷やすというよりも、日のあたらい陰の食材をゆっくり火をかけて陽を加えることで、やわらかく消化しやすくたべましょう!ということなんです。

でもね、所詮は食べ物。
陰陽を間違っても、四性を間違っても、薬と違うので、そう大きな差はありません。

一番いけないのは、「自分の体質はこれ!」だからといって、1つの食材にこだわりすぎないことだと思います。
1つのものを多く取りすぎて、バランスをくずしてしまうと、それこそ「すぎたるは及ばざるがごとし」ですから~

ちなみに我が家は、「冬の大根」は1日に1回はどこかで食べますが、あとはやや陰多めに、今は、ちょい陽という感じです。
こんなゆるゆるでいきましょうね~v-411
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: