薬膳で復興支援のお手伝い

2013年1月の冷えとり薬膳講座のご案内です。
〆切は、1月9日です。
まだまだ間に合いますので、ぜひ、遊びに来てくださいね~


薬膳&漢方美人塾・冷えとり薬膳
「冷えは体質だから・・・」とあきらめていませんか?

冷え体質を改善できたら知らないうちに風邪や花粉症予防もできちゃった?!
・・・そんな都合のいい?China Magic(中医学)をご紹介します。

普段の食事とオリエンタルハーブ(生薬)で、いつものごはんを薬膳に変える!そんなアレンジ方法もご紹介します。
※冷え取り薬膳茶付きです。

日時:2013年1月12日(土) 10:00~12:00
場所:カモミール 世田谷区宮坂2-26-24-1F (小田急線豪徳寺駅 東急世田谷線山下駅)
参加費:会員3,000円/非会員3,500円
 
お申込み&お問い合わせは、お電話にて 03-5426-2123 
申込み締め切り:2013年1月9日(水)

コチラのHPに詳しくは掲載されております。
ハーバリスト倶楽部

もしかして、こちらのご案内からアクセスしてくださった方、ごめんなさい
ハーバリスト倶楽部のHPが新しくなっていて、もしかしてアクセスできなかったかもしれません。
今度は大丈夫なので、ぜひアクセスしてみてくださいね!

今回は、ハーバリスト倶楽部さんなので、ハーブ(薬草)好きな方も多いかと、
いつもよりも薬草についてのお話をさせていただこうと思っております。
ぜひ、遊びに来てくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



さて、昨日は、プライベートでの2013年の目標を書いたワタシですが、
今回は、お仕事の話を。

実は、昨年から、東日本大震災の復興支援のボランティアへの協力のお話をいただいてました。

昨年も、3月の終わりに、浜松町での復興支援イベント、
「こころとからだの健康フェスタ2012」に参加させていただきましたが、
今年は、千葉の仮設住宅での支援イベントです。

このブログを、以前から見てくださってる方は、ご存知かもしれませんが、
実は、ワタシ、東日本大震災の直後、中医学&薬膳のお仕事や勉強をやめようと思ってました。

日本での医師免許をもたないワタシは、実際に、医師や薬剤師、看護師さんのように、
被災者の皆さんに何かしてあげられる訳ではない。
医療関係でなくても、美容師さんなどのいろんな資格を持つ方が、
自分のもつ技術や知識で、復興に協力しているのに、ワタシは何もできない。
「困った人を、微力ながらも助けたいと思って始めた中医学。
こんな時に、何の役にも立たない勉強なんて、してる意味があるのかしら・・・?」と。

でも、その時にいろんな人に、
「きっとそのうち、役に立てる時が来る。その時までできることを無理なくすればいい」と
はげまされ、中医学の道をすすみ続けることにしました。


そんな中、昨年、いつもお世話になる、セラピストの方からお話をいただいたんです。

仮設住宅に住んでいる人の、こころとからだのケアを本格的に取り組むことになり、
セラピストさんはからだの外から取り組むので、
ワタシには、からだの内側からのケアをお願いしたいと。

薬膳のお仕事をさせていただき、
やはり、からだの調子の悪い人は、こころもどこか調子が悪いと感じることが多い。
「うつ」などの病名がつかなくても、
「なんとなくだるくて、やる気がないな」とか、
「なんとなく疲れて、人と話したくないな」とか、
前向きな気持ちになれないこととかね。

逆に、こころが調子が悪くなることで、からだの調子が悪くなる人もいる。
数値に表れなくても、ここのところPMSや生理痛がひどいとか、
眠れないとか、食欲がないとかね。

こころとからだはつながってるから、切り離しては考えられない。

仮設住宅でイベントをしても、参加するのは、比較的、こころもからだも元気な人が多いそうで、
本当に、ケアが必要とされている人は、そういったイベントにも出てこないそう。
でも、「食べ物」がからむと、「ちょっとたべてみたい」と思ってもらえるかも。
それが、こころとからだを元気にする薬膳ならなおいい・・・ということで。


本当は、年明け早々にもお願いされてたのですが、
なにぶん、仮設住宅は遠く、できの悪い受験生をかかえる母としては、
受験が終わるまでは自由に動けないと、わがままをいわせていただき、
本格的な活動は、4月以降になりそうですが、

昨年の12月には、イベントにつかう薬膳茶をブレンドさせていただき、
ほんの少しだけご協力。
DSC09320_R.jpg
いつものごとく、写真が悪くてよくわからないかもしれませんが、
発送時に、郵便局の方から、毎回、「きれい~!ポプリですか?」
と言われるくらい、見た目にもきれいな薬膳茶。

見た目からも、元気になってほしいですもんね

こんな風に、少しづつでも、ワタシのお役に立てることがあるなら、
本当に中医学をやめなくてよかったと、心から思います。

今年はこれ以外にも、微力ながら、中医師・薬膳師としてご協力できるお仕事をいただいております。
ご縁に感謝して、こころをこめてお仕事をさせていただきたいと思います。

40過ぎですから、もう惑いません 笑


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

四十にして惑わず!
カッコいいっ!

No title

3がつうさぎさん
育児では、惑うことも多々だけどね 笑
論語を、見て、泣きそうになってます~。
いい話(か?)だな~って。

遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

そうか!

この記事の最後の部分を見て、思ったことが。
私は先日39になったんです。
ここ数年いつも思っていたのが
「数(年齢)だけは増えていくけど、中身が伴わない」
なんかこう、子どもの成長って目に見えるじゃないですか。
でも自分は、ただただ年をとっていくだけで、
なんだか成長が見られないなぁ、って。
あ、衰えは目に見えるんですが(汗)

でも「もう40だから迷いません」っていうのを読んで、
「そうか、今年一年はまだまだ迷っていいのか!」って。
あれ、そういうことじゃないの?←とぼけてみる(笑)
とにかく、なんとなく気が楽になったみたいです。
よ~し、この先の人生分、今年は迷おう!
この先「もう迷わない」って言えるのって、
今年どれだけ迷うかにもよるのかも!なんて思ったりして。
しかし、迷わないって言い切るのも大変だけど、
迷ってる状態も苦しいですからね・・・どっちが良いのか(笑)

人間って、こんな些細なことで力をもらったり出来るんですね。
良かった、さかのぼって読んで♪
ありがとうございました!

No title

ピントさん
もう39ですか~?早いですね(だから、親戚じゃないって 笑)
すっごく偉そうですが、長くピントさんとお付き合いしてて、
お子さんのことで、悩んだりして、一緒に成長してるのがわかります。

ワタシもそうだけど、子育ての真っ最中には、きっと気づけないのかな?成長って。
でも、ふりかえると、以前に比べて成長したな~と。
30代のワタシ、なんだか恥ずかしいもん 笑
いやいや、20代はもっとv-356違う意味で 爆

「もう迷わない」って書くと、すごそうだけど、実際、中医学は奥が深すぎて、「迷えない」が正解v-411

底なし沼に足を突っ込んじゃったから、あとは沈むのみ?って感じ 笑
でも、「それでもいいや」って思うものに出会えたのは、とてもありがたいと思ってます。

ピントさんも、迷って迷って、素敵な1年にしてくださいね。
ワタシも、子育ては迷いすぎて迷宮入り 爆
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: